孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

2020年にオープンした千葉市内の新店セレクション もう一度食べたい千葉の新店12軒を一挙まとめて紹介!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

オリンピックイヤーとして年を開けた2020年

しかし、2月より徐々に感染の広がった新型コロナの影響により

3月、そして4月には緊急事態宣言が発令

 

その後、約一ヶ月の自粛期間を経て飲食店も再開し

夏場には一度、収束に向かったもの・・・と思いきや、更なる拡大へ

 

そして誰もがご存じの通り、この2021年を迎える年末年始は

歴史上でも類を見ない、不安に満ちた幕開けとなりました

 

 

ですが、その間にも多くの飲食店がお店を開き

私たち、千葉の住人に向けて様々な料理を提供してくれている

 

そして本ブログの本懐は、そんな飲食店を応援すると共に

同じく千葉に住む皆様に、対し

「こんな絶品グルメが千葉にだってあるんだ!!」と伝え共有したい、その一点となります

 

さて、年明け早々、暑苦しいご挨拶となりましたが

今年もまた例年に倣い、昨年を振り返り

この一年の間にオープンした新店の中から

 

【ぜひまた足を運びたい!!】

と思わせてくれた名店の兆しを見せるお店を、一挙ご紹介するものとなります

 

※ 年末年始で開いているお店が少なく

記事を更新するネタが無いとか、そんなんじゃないからね

 

2020年はコロナ渦の影響で、新たにオープンする新店以上に

営業を辞める、休止するお店の多い

飲食店にとっても厳しく、私にとっては心苦しい一年でもありました

 

が、そんな中でも、私たちに絶品グルメを提供し続けてくれるお店に対し

何かしらの力になれれば、と例年続けている企画になりますので

お店選びに悩んだ際など、本記事が参考になれば幸いです

 

なお、本記事の選考理由は

「私の独断と偏見によるもの」となりますので

その点だけは、ご了承頂いた上でご覧頂ければ幸いです

激辛ラーメンの雄がついに千葉市へ! 蒙古タンメン中本千葉店

3年前、船橋にて千葉初上陸を果たした

激辛・ウマ辛ラーメンの雄、蒙古タンメン中本

 

同店が柏に次ぎ、我らが千葉市へもこの1月、ついにオープン!!

開店初日こそ大行列となった同店ですが、広い店内も幸いしてか

開店直後の早い時間に訪問すれば、並ぶこと無くスムーズに入店が可能に

 

同店名物と言えば、辛さと美味さのマリアージュ

更には、野菜もたっぷり摂取できる「蒙古タンメン」となりますが

私のお気に入りはなんといっても、

そのウマ辛さに身を委ねたくなる、「北極ラーメン」に他なりません

 

また、以前の船橋店などに足を運ぶ場合は

「わざわざ足を伸ばしている」からこそ

どうしてもレギュラーメニューやお気に入りメニューに手が伸びたものの

いつでも足を運べる、ご近所にオープンしたことで

様々提供される期間限定、店舗限定メニューを頂ける機会が増えたのも至高の極み

 

凍える寒さの外気を忘れさせる

真冬に心地よい汗が流れる、ウマ辛な一杯が勢揃いするお店となります。

参照:千葉中央駅近く、蒙古タンメン中本 千葉店がついにオープン! ⇒

 

蒙古タンメン中本 千葉店

■もうこたんめんなかもと ちばてん

■ 住所:千葉県 千葉市中央区 富士見2-14-1 千葉EXビル1F

■ 営業時間:11:00~

■ 定休日:4月より無休

千葉市にもついに、ガッツリG系の波が到来!? 雷 千葉駅前店

続くお店も、千葉駅近くとなる富士見町

上記した蒙古タンメン中本千葉店のオープンから、更に1週間後

 

これまたすぐご近所にオープンとなったのが、

こちら、雷 千葉駅前店となります

 

こちら雷 千葉駅前店は、千葉県民ならお馴染み

つけ麺日本一にも幾度と輝いた名店、松戸の「中華蕎麦 とみ田」のグループ店

 

とみ田とは異なるコンセプトで、

いわゆるガッツリ、G系ラーメンが味わえるお店でして

麺、スープ、そして肉が織りなす濃厚・コッテリに酔いしれる品ばかり

(といいつつ、上記はスープの無いまぜそばですが)

 

また同店に加え、この6月には千葉市にもついに

「ラーメン二郎 千葉店(千葉神社近く)」がオープンするなど、

(行列が苦手なため、未だに足を運べておりませんが…汗)

 

コロナにも負けない過熱ぶりを感じさせる千葉駅界隈の新店ラッシュとなりました。

参照:富士見町に中華そばとみ田ブランド、雷 千葉駅前店がオープン! ⇒

 

雷 千葉駅前店

■ かみなり ちばえきまえてん

■ 住所:千葉市中央区富士見2-5-18

■ 営業時間:11:30~23:00

■ 定休日:当面は無休とのこと

京成千葉駅から徒歩5分、ランチながら予約殺到の人気店、FISH&WINE UMIラボ

2020年の1月(2月?)にオープンとなった次なる新店

京成千葉駅からすぐ、モノレール沿いとなる登戸1丁目に

こちら「FISH&WINE UMIラボ」がオープンとなりました

 

店名通り、海鮮・魚介を味わえるお店となるのですが

その創作ぶりは凄まじく、

上記の様な、溢れんばかり(実際の所、少し溢れてる)の

辛ウマスープに包まれた海鮮パスタや、特大オムリタンなど

食べてはもちろん、目で見ても楽しめるSNS映えする品が揃うお店となります

 

当然ながら、コンセプトの通り、

お魚らの素材が持つ味わいを楽しめる品も多数

 

カフェの様な雰囲気も相まって、ランチであれども

予約した上での訪問をオススメする人気店となります

参照:FISH&WINE UMIラボ 千葉店 予約必須な人気店で頂く、絶望パスタ ⇒

 

FISH&WINE UMIラボ 千葉店

■ フィッシュ&ワイン うみラボ ちばてん

■ URL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12048559/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-13-22 CITY5 1F

■ 営業時間:16:00~23:00(土、日、祝日は11:30~23:00)

■ 定休日:無休

京成千葉駅前に4月オープン、Fresh pasta&grill restaurant CUEVA このオムライスは歴史を変える1皿に

続いてのお店は、緊急事態宣言の最中となる4月

恐らく、全飲食店にとってもっとも厳しい時期に新規オープンとなった

こちら、京成千葉中央駅前の新店

「Fresh pasta&grill restaurant CUEVA」となります

 

オープン当初は、店名通り

パスタや肉らのグリル系を中心に提供していた同店ですが

9月よりランチメニューにオムライスが多数追加

 

そのオムライスが、とにかく

とにかくとにかく美味すぎてしまい

幾度となくリピートを重ねたお店となります

※ 上記は私の中でもNO1となった「至福のうにのオムライス」

 

とは言え、絶品なのはオムライスだけに留まらず

もう一つの看板メニュー、パスタはもちろんのこと

肉を中心としたグリル系もどれを食べても文句なしの品々

 

また最近では、野菜を多めに摂取でき

且つ炭水化物を少なめとしたヘルシープレートランチが提供されるなど

多彩な絶品料理を頂ける、駅チカのお勧め店となります。

参照:千葉中央駅前、CUEVAで至高のオムライスに遭遇! ⇒

 

Fresh pasta&grill restaurant CUEVA

■フレッシュパスタ&グリルレストラン クエバ

■ URL:https://www.hotpepper.jp/strJ001244963/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区本千葉町7-11 三恵9ビル101

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~翌0:00

■ 定休日:なし

JR蘇我駅から徒歩7~8分、香り豊かなお蕎麦に天ぷらも絶品 手打ちそば処 空

続いてのお店は、千葉駅から2駅離れたJR蘇我駅

同駅から徒歩7~8分程となるお蕎麦屋さん

3月にオープンとなった「手打ちそば処 空」となります

 

店内には蕎麦打ちのブースが設けられており

その雰囲気からしても、美味しい蕎麦が味わえる事、間違い無いお店

 

ですので、お蕎麦はどれを頂いたとして文句なしとなる中、

ここでむしろ、注目してみたのは

お蕎麦と共に頂く、サイドメニューの方でして

 

天丼にカレー、とろろご飯と並ぶ中

初訪問時に私が着目した品がこちら、

白えびあられ揚げ丼、となります

 

ツヤツヤと光り輝くお蕎麦

その脇で存在感を放っているのが、白えびの天ぷら

小丼とのことですが、十分なボリュームを兼ね備えた丼となります

 

風味豊かなお蕎麦はもちろん

共に頂く天ぷら、丼にも極上が詰まっており、

今後も定期的に足を運びたくなる新店の1つとなりました。

参照:蘇我駅近くに3月オープン、手打ちそば処 空を初訪問 ⇒

 

手打ちそば処 空

■ てうちそばどころ

■ 住所:千葉県千葉市中央区南町2-21-12 1F

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:30~20:00

■ 定休日:水曜日、第2火曜日

西千葉駅前にオープンの台湾料理店、高田家 マーラータンに加えての新メニューがお気に入りに

これまたコロナ渦の4月にオープンとなったお店

JR西千葉駅を千葉大側に出てすぐ、ロータリー内にお店を構える

台湾料理が味わえるお店、高田家となります

 

台湾料理といっても、中華料理店の様なスタイルでは無く

こちら、自身で好みの具材を選び、辛さ等もカスタマイズ出来る

「マーラータン」をメインとしたお店になりまして

(上記は辛さMAXの場合で、通常はもっと辛さを抑えて頂けます)

 

具材の豊富さ、カスタマイズの幅広さから

女性層の人気(特にウチのカミさん)を集める一方

 

私が同店に惹かれた理由となるのは、

こちら、少し前よりメニューに加わった新商品

「牛肉煮込みラーメン」の存在となります

 

マーラータン同様、薬膳・スパイスを活かした滋味深いスープ

そこにトッピングされる、巨大な牛煮込み

更には、平打ちで食感良好な麺も存在感を見せるなど、他店ではなかなか味わえない1品に

 

ただ専門店では無い故、麺とスープの絡みや

総量、器などのバランスに荒削りな部分が見えるものの

これらが研ぎ澄まされた時、更なる進化を見せた1品が味わえる予感も。

参照:西千葉駅前高田家に新メニュー! 旨辛スープにホロホロ牛肉入り、牛肉煮込みラーメン⇒

 

高田家

■ たかだや

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区弥生町2−20

■ 営業時間:11:00~20:00

■ 定休日:日曜日

都賀駅西口より徒歩2分、都賀である事を忘れさせる非日常空間、クリスタルヒーリングカフェ

続いてのお店も、千葉駅より2駅離れたJR都賀駅へ

 

駅周辺にはチェーン店が多く、個人経営の飲食店が根付かないイメージ強い同駅

しかも、店舗の減少著しい西口側に、この夏突如オープンしたのが、

こちら、クリスタルヒーリングカフェとなります

 

雑居ビル1F、しかも入り口に並ぶのは看板のみ

カフェと言われても、若干入りづらさを感じる店構えながら

ひとたび扉を潜ると、その中は非日常的な空間がお出迎え

 

いわゆる「洞窟カフェ」の様な作りとなる同店ですが

その雰囲気だけで無く、頂く料理も異次元クラス

日替わりメニューを始め

・サンドイッチ

・カレー

・丼

などが、およそカフェ飯とは思えない特大ボリューム

 

しかも、肉に野菜が所狭しにモリモリ味わえてしまう上

量の多さだけに留まらず、素材への拘りはもちろんのこと

中でも肉の扱いは、超級の絶品料理揃い

 

日によっては、ジビエ料理も味わえたり

お客さん毎のリクエストにも応えてくれるなど

 

料理はもちろん、ホスピタリティでもレベルの高さを感じさせてくれる

良い意味で「都賀らしくない」新店のオープンとなりました。

参照:西都賀の新店、クリスタルヒーリングカフェで頂く肉盛り沢山カレー⇒

 

クリスタルヒーリングカフェ

■ クリスタルヒーリングカフェ

■ 住所:千葉県千葉市若葉区西都賀3-2-3 INGビル1F

■ 営業時間:10:00~17:00(今後は夜も営業とのこと)

■ 定休日:月・火曜日

千葉中央、きぼーる1Fにオープンとなった雰囲気良好なカフェ、cafe and …

続いてもカフェの新店となりますが

こちらは朝から営業する、テイクアウト&イートインOKなカフェ

京成千葉中央駅から徒歩5分

きぼーる1Fにこの夏オープンとなった、cafe and …となります

 

官公庁始め、オフィスの多い土地柄ながら

昔ながらの喫茶店は数あるものの、今風なカフェの少ない同エリアにオープンしたcafe and …では

上記の様なフルーツ、オカズ系のサンドイッチを中心に提供

 

全品共に、店内で頂けるのはもちろん

テイクアウトにも対応しているお店となっております

 

しかも、ただサンドイッチが食べられるだけでは無く、

使用される具材はもちろん、パンに至るまで絶品

 

加えて、朝から営業しているのも嬉しいポイントでして

モーニングを食べられるお店が少ない千葉に於いて、

希少な朝ごはんを担うお店として、重宝させて頂いております。

参照:京成千葉中央、きぼーる1Fの新店 cafe and …(カフェ アンド)で朝ごはん⇒

 

cafe and …

■ カフェ アンド

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる 1F

■ 営業時間:8:00~16:00

■ 定休日:日曜日、祝日

京成稲毛駅、すぐ目の前 柴犬のももちゃんがお出迎えする「しばいぬ酒場」

続いてのお店は、京成稲毛駅のすぐ側

カフェのようにも見える、こちらのお店

「しばいぬ酒場」となります

 

その店名通り、お酒を頂くお店となっているのですが

土日に限りはランチ営業も行っており、同店を訪問

 

ランチメニューは週替わりとなっておりまして

カレーや肉料理、ナンを使ったピザなど、4種類程が提供されております

 

またこちらのランチでは、

上記の様なメインのお料理が頂けるのはもちろん

 

その前に前菜として、

上記の様な、5品もの盛り合わせが頂けてしまうのです

 

酒場、とあってか

上記をおつまみにしながら、お昼からビールを頂く

そんなお客さんの姿もチラホラ見受けられる同店

 

ですが、やはり一番の目玉?と言えるのは、

こちらの看板娘、モモちゃんの存在ですね(笑)

 

猫より断然、犬派の私としては

ほっとけない存在感を見せてくれたお店となりました。

参照:京成稲毛駅近く、しばいぬ酒場を初訪問! ⇒

 

しばいぬ酒場

■しばいぬさかば

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区稲毛東2-16-38

■ 営業時間:月〜金 17:00~24:00 / 土・日 12:00~24:00

■ 定休日:水曜日

千葉中央に10月末オープンとなったスリランカ料理専門店、シーギリスリランカ

続いてのお店は、旧パルコ裏手となる千葉中央エリア

同地へ2年程前にオープンした

「The hideout」というスリランカ料理のお店があったのですが・・・

 

そちらが閉店してしまい

代わってオープンしたのがこちらのお店

まさかのスリランカ被せ、となる

「シーギリスリランカ」となります

 

スリランカ料理の専門店、ということで

カレーが味わえるのは当然ながら

(ちなみにこちらは、ドライカレー(辛さ★4))

 

これまた見事にSNS映えしそうな1品、

バナナの皮で包み込んだ、スリランカの定番お弁当

「スリランカランプライス」が頂けるのも、同店ならではの特徴

 

皮の中で蒸されたご飯らから一気に立ち上がるスパイスの薫りは

そうそう余所では目にすることの出来ない1食となります

 

とは言え、定番のカレーもまた侮れない1品でして

スパイスで炒められたチャーハンと共に頂く、辛み・スパイス芳醇なカレーも絶品

こちらもまた、再訪して他のメニューを食べ比べたい新店の1つとなりました。

参照:千葉中央に10月末オープンのスリランカ料理専門店、シーギリスリランカ ⇒

 

シーギリスリランカ

■ シーギリスリランカ

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-15-3 朝日プラザ千葉中央 1F

■ 営業時間:11:30~16:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:なし

京成幕張駅より徒歩0分、駅真ん前にて絶品餃子が頂けるカフェ風中華、CASTLE CHINESE DINING

続いてのお店は、11月にオープンしたばかりの新店

京成幕張駅の真ん前にお店を構える

「CASTLE CHINESE DINING」

という中華料理店になります

 

パッと見の雰囲気はカフェを思わせるおしゃれな造りで

女性でも一人で入りやすい雰囲気が特徴となる同店

 

ですが、頂く料理は本気の中華三昧となっており

ランチ帯には丼を中心に提供が行われております

(上記はルーロー丼となります)

 

メインが美味しく頂けるのはもちろんのこと

その前に提供されるスープ、前菜に至るまでもが驚きの美味しさ

 

そして何より、同店の看板メニューとされるのが、

この特大サイズが艶めかしい

「キング餃子」となります

 

餡に十分過ぎる味付けを施したこちらの餃子は

ひと噛みすると、弾ける様な爆発音と共に肉汁が大放出

 

最早スープと呼んでも差し支えない、大爆発を引き起こすのですが

その後に広がる、肉と野菜が織りなす旨味マリアージュは必食の1皿となります。

参照:京成幕張駅前にオープンの中華、CASTLE CHINESE DINING ⇒

 

CASTLE CHINESE DINING

■ キャッスル チャイニーズダイニング

■ 住所:千葉県千葉市花見川区幕張町4丁目601-4

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00

■ 定休日:火曜日

12月上旬、千葉中央にオープンと同時に行列を作るラーメン店へ その名も「 」(屋号無し)

最後にご紹介するお店は、

つい先日オープンしたばかりの新店

 

千葉中央駅から徒歩10分程

千葉劇場の並びにオープンしたラーメン店

「 」(屋号は無し)となります

 

なんと呼べば良いのか、未だ掴めない部分だらけとなるこちらのお店

実は、船橋にあった超人気店「零一弐三(すうじ)」の新店となります

 

今年1月、惜しまれつつも閉店した零一弐三ですが

あれから10ヶ月の時を経て、ここ千葉中央にて再オープン

 

頂けるラーメンは、零一弐三を人気店として知らしめた

「中華そば 煮干し」となります

(上記は特製トッピング)

 

フワッと薫る、滞在時間長めな煮干しの風味に

その旨味を残しながら漂うカエシとのバランス

 

そして、小麦の香りが抜群に伝わる麺の美味しさ

更にはトッピングのチャーシューも3者3様絶品と、言うこと無しの一杯

 

加えて、その麺の美味しさがより顕著に感じられる

「味付き替え玉」も頂けば、ボリューム面での満足はもちろん

麺、スープらの拘り抜かれた味わいを、余すこと無く堪能出来る1食となりました

 

加えて、こちらの新店では

零一弐三時代には限定としてしか提供されなかったつけ麺を

レギュラーメニューとして頂く事が可能に

 

オープンから日が浅いお店ながら、開店直後より行列が出来るその姿にも納得

超・実力店が千葉にオープンするものとなりました。

参照:千葉中央に新規オープンのラーメン店、その名も「 」(池田です?)を初訪問!⇒

 

  (屋号無し)

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3丁目9−14(推定)

■ 営業時間:11;00~(推定)

■ 定休日:不定休?


以上12軒が2020年にオープンした千葉市内の新店の中で

「是非もう一度、足を運びたい」そんなお勧め店の一覧となりました

 

上記以外にもオープンした新店はまだまだありますし

また、私の記憶違いで忘れているお店が無い、とも言い切れず・・・

 

いずれにせよ、現状記憶する限りでの範囲となりますので

ご意見、ご感想様々あるかとは思いますが、温かな目で参考に頂ければ幸いです。

 

 

また本年でブログ運営から丸5年を迎えるものとなりますが

これまでSNSを通じた繋がりこそ多少はあったものの

読者さまやお店の方々とは、密な繋がりを作らない距離感でブログ運営を行ってきました

 

ですが、昨今の新型コロナ感染拡大を始め

飲食店経営者さまはもちろんのこと、それらお店を利用する側にとっても

不安ばかりが募り、先行きの暗い時間が続いているかと思います

 

そんな日常に対し、私如きが何が出来る?

と言われれば、たかだか知れているものの

せめてもの力になれれば、と考えまして・・・

 

従来のブログとは別途の形で

【読者さんやお店の方々と、より近い距離感で気軽に繋がれる】

【読者さんとお店の方々が、私を介して相互にも繋がれる】

そんな関係を作れるプラットフォームを用意していこうと考えております

 

その手始めとして、まずは

ブログとは別の情報発信(LINEかな?)について

準備を進めておりますので、こちらも合わせて楽しんで貰えたら幸いです。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。