孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

京成幕張駅前にオープンの中華、CASTLE CHINESE DINING 王様の名にふさわしい、肉汁爆発キング餃子にルーロー丼&麻婆豆腐丼を食べ比べ!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、Twitterの方に新たなフォロワーさんが

 

プロフィールを見てみると、

どうやら幕張へ新たにオープンした中華のお店とのこと

 

他のメディアでは目にしていない新店でしたが

町中華の激戦区とも言うべき幕張にオープンかぁ

 

SNSの説明を読む感じでは、本格的な中華が頂けるお店ながら

店舗の佇まいや雰囲気は、どちらかというとカフェよりに見えないことも

 

いずれにせよ、新規オープンのお店とあらば一度はチェックしたいところで

住所を元にお店の詳細な立地を確認してみると・・・

 

あれ・・・この住所

京成幕張の駅前、というか

松楽の場所じゃないか???

 

松楽といえば、千葉市内でも有数となるチャーハンの名店

参照:京成幕張から徒歩0分!チャーハンの名店、中華料理 松楽 ⇒

 

まさか、松楽が閉店してしまい

そこに新たな中華のお店がオープン??

 

いや、さすがにそんなはずは・・・

だとしても、松楽のすぐ近くに、またもや中華??

 

いずれにせよ、これは急ぎ確認したい情報となることから

カミさんを同伴し、幕張へ

大通りのコインパーキングに車を停めつつ、京成方面へ歩いて5分

京成幕張駅、すぐ目の前にオープンとなった新店

「CASTLE CHINESE DINING(キャッスル チャイニーズダイニング)」となります

 

お店に着くやいなや、すぐ確認したのが松楽ですが・・・

大丈夫だ、こっちはこっちでしっかり営業しております

 

やはり、松楽のすぐお隣に

こちら「キャッスル」がオープンした様でして

 

元より中華料理店がひしめく幕張駅界隈ですので

新たに一店増えたとして、そのせめぎ合いにさしたる影響は無い、ということでしょうか

 

いずれにせよ、数多くの中華が並ぶエリアだけに

他店と差別化した要素は必須となるはず

 

その要因がどこにあるのか・・・

キング・・・餃子??

 

早くも面白そうな1品が見つかった新店

早速、お店の方へ足を踏み入れてみようと思います。

京成幕張駅徒歩0分に11/8オープン チャイニーズダイニング キャッスルを初ランチ訪問

この日、お店に着いた時刻は11:30

営業時間や定休日について、事前の情報では得られず

念のため、電話で確認した上で訪問することに

 

この辺は、日頃より臨時定休をバチバチ喰らっている身故

体験談から基づく、身を守る措置といった所でしょうか

 

店内は5席ほどの小じんまりとした作りにはなりますが

11月オープンしたての新店だけに、店内いずれも綺麗なのはもちろんのこと

中華屋さんではあるものの、やはりカフェのような小洒落た雰囲気が特徴的

 

そんなお店の作りもあってか、すでに先客が2組おりましたが

いずれも女性ばかりとなっており

女性が一人でも入りやすい、そんな印象を受ける中華料理店となっております

 

そんなCASTLE CHINESE DININGのメニューですが、

まずこちらがランチのメニュー

メインとなっているのは4品で

・ルーロー丼

・エビチリ丼

・麻婆豆腐丼

・黒酢酢鶏丼

といった品が提供されております

 

この他にサイドメニューとして、表で見かけたキング餃子

これの水餃子版、といった雰囲気のクイーン餃子

そして、焼売に小籠包、デザートらが頂けるとのこと

 

ちなみに以下は夜のメニューとなりますが、

定番系の前菜には

よだれ鶏や棒々鶏。台湾ソーセージなど

 

お隣点心には、ランチ同様のキング餃子に始まり

焼き小籠包や春巻き、そして可愛らしいパンダの点心も発見

 

次のページに移ると、

ランチメニューにもあったエビチリ、麻婆豆腐に

ニラ玉炒めや油淋鶏、角煮など、お酒のお供が多数

 

ご飯ものは少なめで、豆腐の中華あんかけ丼に

牛すじ麺、ミニルーロー丼となっており

夜はやはり、お酒をメインとしたメニュー構成に見受けられます

 

ひとまず、看板メニューと思しき「キング餃子」は外せないとして

共に頂くメインについて、私はルーロー丼を選択

 

カミさんの方は

「麻婆豆腐丼」を頂くとのことで

それぞれの品を食べ比べてみるものとなりました

 

 

こちらCASTLE CHINESE DININGですが、

ご家族での経営といった印象で、キッチンの方はご両親が

ホールを娘さんと思われる女性が担当されております

 

こちらの女性(娘さん?)がまあ、

思わず二度見してしまう可愛らしさとなるのですが、

そこを2度までに我慢し、とりあえず注文を

 

その後、ランチのセットとして

まずはこちらのサラダ(日替わりになるそうです)が提供

 

もやしに人参らをゴマ油で和えた

ナムルのような味付けとなるのですが、

これが黒コショウをしっかり利かせた、なかなかな1品

 

サラダと言いつつ、しっかり調理を施すあたりに

早くも好印象を受けている中、続く品で更なる驚き、

こちらもランチのセットとなるスープなのですが

これがまた、一口頂くだけで思わず

「お、美味い!!」と声に出してしまう美味しさ

 

優しい味わいの中華出汁に加えて

レンコンのような食感ながら、どこか違うちょっと不思議な野菜

更には、小さくカットされた豆腐にお肉と、見た目以上に具沢山

 

具沢山なだけでなく、優しい味わいながら

複数素材の旨味が詰まった絶品スープとなりまして

私はもちろん、カミさんまでもが早くも胃袋を捕まれるものとなりました。

絶品なのはスープだけじゃ無い! 肉汁爆発キング餃子にルーロー丼、麻婆豆腐と丁寧さが伝わる品々

想定外に美味しいサラダ、そしてスープを頂き

当然こうなれば、メインに対する期待も高まるばかり

 

注文から待つこと10分程で提供となったのが、

こちら、京成幕張駅前の新店

「CASTLE CHINESE DINING」で頂く、ルーロー丼となります

 

大きめの平皿一杯に盛り付けられたご飯

一口サイズにカットされ、見るからに柔らかそうな豚肉とその煮汁

 

脇には、高菜にゆで卵らも添えられており、

盛り付けこそ綺麗に並んでおりますが、安定感あるラインナップとなります

 

その中で、やはり目を惹く存在が、

こちらの柔らかさがしっかり伝わる豚バラ肉

八角の香りも立っており、豊かな風味が伺えます

 

それではまず、豚バラ肉から一口

その見た目通り、しっとりと柔らかく煮込まれた豚肉

煮汁の方は、そこまで濃くなく、甘さを感じます

 

後味には、八角が強く香っており

豚の脂のしつこさを感じさせず、鼻を抜ける香りと共に

豚肉、そして煮汁の甘みが程良く残る味付け

 

お店によっては、辛さを足すところもありますが

こちらの場合は、辛さを感じることはほぼ無く

甘み優勢ではあるものの、ご飯との相性も悪くはありません

 

個人的には、辛みを足したり出来ると

よりご飯との相性が・・・というか、私好みの味付けになりそうですが

まあ、そのあたりは、地域柄もあってのことでしょうかね

 

そんな豚肉、ご飯の付け合わせですが、

魯肉飯と言えば、やっぱり外せないのが高菜

こちらも辛さをほぼ感じない味付けとなっておりますが

程良い塩味がご飯、甘みある豚肉に対するアクセントに

 

玉子らの副菜も付いて、見た目以上にボリュームもあるなど

女性はもちろん、男性でも満足出来る1皿となりました

 

そんなルーロー丼と共に頂くのが

こちら、CASTLE CHINESE DININGの看板メニューと思しき

その名も「キング餃子」となります

 

写真では伝わりづらい部分もありますが

この餃子、1つ1つがまあデカい

 

綺麗な焼き目に思わず惚れ惚れする餃子ですが、

さて、その皮の中は一体どうなっているのか??

 

提供時にひと言、

『餡に十分味付けしてあるので、そのまま召し上がれます』

との説明を頂きましたので、何も付けずに一口・・・

 

・・・爆発!!

 

ブシュッ!!!

と、音を立てながら、皮の中より大爆破!!

 

これは・・・肉汁?

いや、最早スープと呼んでも差し支えないほど

皮をひと噛みすると、中から飛び出してくる大洪水

皮の中を覗いてみると

確かに、お肉の割合多めの餃子になっております

ですが、あれほどの爆発になるとは一体??

 

あまりの勢いに驚きはしたものの

当然、爆発して飛び出てくるのは旨味そのもの

 

ジューシーにも程があり、勢い余って飛び出す旨味が

皮の中一杯に閉じ込められたこちらの餃子

 

その名の通り「キング」の栄冠に嘘偽りない

サイズはもちろん、中から飛び出す旨味に肉感の詰まった餃子となりました

 

 

一方、カミさんがオーダーしていたのがこちら、

麻婆豆腐丼となります

 

エビチリとの二択で悩んでいたものの、

最後は「ご飯との相性」から、選択した麻婆豆腐

 

見た目でも、豆腐の角が立った綺麗な仕上がりで

辛みはそこまで強くないものの、旨味をハッキリ感じる品となっております

 

後半になって、カミさんが食べきれず、

残り1/3ほどを私が担当するものとなりましたが、

麻婆豆腐自体の仕上がりは、オーソドックスなタイプですが

食べ進めることで、ジワジワと唐辛子の辛みを感じます

 

花椒らのシビレは感じさせず

辛みと旨味が折り重なる味付けとなりますが

ねぎの風味が強く出ているのも印象的

 

ちなみに、同品は通常の辛さでオーダーしておりますが

メニューによれば、辛さの変更も可能とのこと

もし私が頼むのであれば、辛さ増しで頂きたい、そんな1皿ですね。

 

 

という訳で、今月8日にオープンしたばかりの新店

京成幕張駅前の中華料理店

「CASTLE CHINESE DINING」での初ランチ

 

ランチのセットとして提供された

サラダ、そしてスープの美味しさ、手の込み様から

期待値を上げて頂く3品となりますが、どれも期待に違わない品ぞろい

 

中でも、あの餃子の爆発力は衝撃的で

これを食べるために、足を運ぶ価値ある

そんな衝撃を与えてくれる、キング餃子となりました

 

また、ご近所にも数多くの町中華がひしめく同エリアですが

お店の雰囲気から感じた印象通り

女性が一人でもふらっと入りやすいお店の作りも、大きな特徴

 

すぐお隣にも、同エリアきっての人気店

「松楽」がありますが、やはりアチラは男性向きというか

女性が一人で足を踏み入れるには、ちょっと敷居高いお店ではないかと

 

それに対し、こちらCASTLE CHINESE DININGは

実際に一人で来店している女性のお客さんもいたりと

女性でも入りやすい、カフェのような雰囲気のお店となります

 

すぐ並びに、町中華の名店が存在してはいるものの

良い意味で差別化された、中華料理の新店のオープン

これを機にまた、幕張エリアのグルメ熱が高まりそうな予感を受けるものとなりました。

 

【名店多数!】幕張で食べる絶品ランチ! 幕張駅チカでオススメ店、厳選9軒をレビュー付き紹介!! ⇒

【名店多数!】幕張で是非とも食べたい絶品ランチ! 幕張駅チカのオススメ店、厳選9軒をレビュー付き紹介!!
千葉市でありながら、他県民には 「え、幕張市じゃないの?」 「千葉市は知らないけど幕張なら分る」 とまで言わしめる程、圧倒的な存在感と知名度を誇る地、幕張 ただ、他県民
2020-01-11 07:48

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

CASTLE CHINESE DINING

■ キャッスル チャイニーズダイニング

■ 住所:千葉県千葉市花見川区幕張町4丁目601-4

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。