スポンサーリンク

みつわ台大通りに6/11オープンの中華料理店、來來來(さんらい)を初訪問! クラシカルながら実直、キンキンに冷えた冷やし中華を発見!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

勝田台から始まり、四街道を経由して家へと帰る道中

みつわ台方面を家路へと走る、その途中に・・・

 

見つけてしまった。

 

みつわ台の大通り、長生精肉店の2軒程隣にて

少し前から、看板を設置し、新規オープンを匂わせていた中華料理店

そこになんと、新装開店のお花を見つけてしまったのです

 

お店の名前は、「來來來」と書いてサンライ

ちょうどこの日が、開店となるのでしょうか?

 

少し前より開店準備を進めていたことは確認していたのですが、流石に開店日までは確認が出来ず

さて、どうしたものか

 

すでにこの日のランチは、四街道の「司奈そば七七三」にて頂いてきたばかり

そこに来て二軒目が中華料理店

 

お店のシステム等は分からないものの、このタイミングでオープンする訳ですし

おそらくは大陸系の方が運営する中華と思われ、そうなると必然的にボリュームも多め

 

今の胃腸は6割か7割か・・・

待て、店の前に冷やし中華のノボリがあったが・・・それならイケる

 

そんな訳で、本日2食目のランチを頂くべく

みつわ台の大通りにオープンした新店、來來來(サンライ)を訪れてみるものとなりました

 

なお、お店駐車場の有無については未確認ながら

同店を右手に見て50m先の信号(長生肉店の所)を右折

そこから更に100mほど進むと、コインパーキングがありますので

本日はこちらに車を停めつつ、お店へ向かうものとなりました。

6/11、みつわ台の大通り(長生精肉店並び)にオープンの中華料理店、来来来(さんらい)にて初ランチ

すでにランチは終えてきたものの

・新規オープン

・冷やし中華

の2文字に負けてしまい、勇気ある一歩を踏み出すものとなった、みつわ台の新店「來來來(サンライ)」

 

この日、お店を訪れた時刻は12時少し前

今日が開店初日なのか、それともすでに数日が経過していたのか

その辺は分からずも、すでに店内には先客が多数

 

店内はテーブル席のみとなっており、4人掛けテーブルが3組

2人掛けテーブルが3組となっております

 

各テーブルの隙間は必要以上に広く開けられており、ソーシャルディスタンスを確保

今後は卓数を増やすものと思われますが、現状を鑑みた対策もしっかり採られております

 

店内に入ると、出迎えてくれたのは年配の女性

奥の厨房には、旦那さん?と思われる年齢の男性もいますので、ご夫婦での経営でしょうか

 

新規にオープンする中華=大陸系の方が経営するお店

といった印象が強いというか、実際そういったお店ばかりでしたが、こちらはそうじゃない様子

 

とは言え、新規に、しかもみつわ台でお店を開けるにしては

失礼ながら、だいぶ年配な気も・・・

いわゆる「町中華」を思わせるお店が、新規にオープンしたということでしょうか??

 

なんとも不思議というか、珍しい事態に要領を得ずも

私が一人である事を確認した奥様?から、丁寧にご案内を請け一人席へ

早速、メニューに向かってみますと

まずはランチメニューが2品

 

こちらはラーメン&餃子、そしてデザート

もしくは、ラーメンがチャーハンに変更となるセットで、各種800円

 

そのお隣は一品料理のメニューとなっており

品数こそ中華料理店にしては多くないながら、

海老チリやレバニラ炒め、麻婆豆腐ら要所要所を押さえた品揃えとなっております

 

続いて裏面に進むと、

ここでもまたもや、ランチセットが登場

今度はメインが、タンメンもしくや肉野菜炒め

餃子ないしライスに加えて、デザート付きでお値段900円

 

安すぎもしなければ、高すぎもしない

まあ順当な価格帯と言えそうですが

いわゆる格安&大ボリュームをウリにした中華では無い、ということが伺えます

 

そのお隣メニューは麺類、そしてご飯もの

こちらも見渡す限り、クラシカルな品揃えとなっており、決して派手さや目を惹く要素は無いものの、それ故の実力をどことなく感じさせるメニュー

 

この手の王道メニューを見つけた時、その力を発揮するであろう品は

・チャーハン

・餃子

・タンメン

といった品々になる事でしょう

 

が、既に一杯食べ終えてきた身にチャーハンやタンメン

ましてやセットメニューは流石にキツい

 

クラシカルな中華料理店で注文するには、若干リスキーな気もしますが

ここは初志貫徹、冷やし中華を頂いてみようと思います。

王道、クラシカルなメニューが並ぶ中から選ぶは夏の代名詞、キンキンに冷えた冷やし中華を大発見!!

私がお店を訪れた時点で、時刻は12時少し前

この段階で先客は3組5名といった賑わいを見せる、みつわ台の新店「來來來(サンライ)」

 

ひと組が退店したと同時に、次のお客さんも来店

と、開店したばかりのお店ながらに、想像以上の盛況ぶりを見せております

 

写真掲載の無いメニューだけに、他のテーブルがどんな料理を食べているのか

そのビジュアルを確認したいものの、あいにくのソーシャルディスタンス

 

他のテーブルの料理に、あと一歩目が届かず、様子を見れずに悶々とする中

私のあとに入店したお客さんの元へ、一足早く味噌ラーメンが到着

 

料理によって、提供に掛かる時間が前後するのは当たり前の事

特に気にせずいたのですが、そんな私にホールを担当している奥様(?)から

『冷やし中華、遅くなっちゃってスイマセンね、もうすぐ出ますので』との一言が

 

開店したばかりのお店であっては、そうそう飛び出さない一言

間違い無く、どこかでお店をやってた

とは言え、いったいどこからの移転なのか・・・しかも、みつわ台って。。。

 

ますます謎が深まるものの、先ほどの会話から遅れること1分程

こちらが本日の二食目となるランチ

みつわ台の「來來來(サンライ)」にて頂く、冷やし中華となります

 

醤油ベースのスープにしめた麺

細切りされたキュウリにチャーシュー、そして登頂には白キクラゲ

具材の多さはそこそこですが、店内のメニューや雰囲気から感じた通り、クラシカルながら王道を感じさせる冷やし中華となります

錦糸玉子や紅ショウガを使わず、敢えての白キクラゲ

なかなか面白い組み合わせにはなりますが、果たしてその味わいやいかに

 

まずは麺の方から一口頂いてみると・・・

うん、王道

 

お手本とも言うべき、冷やし中華の原風景

しっかりしめられた麺は冷たくなっており、それでいながら美味しく啜れる、ツルッとした喉ごし

程良い食感が感じられる茹で加減で、冷たい麺がスルスルと進んでいきます

 

共に頂くスープもまた、余計な遊びを加えない実直な仕上がり

しっかりした酸味に醤油の味わい、程良く甘みも感じられるのですが

ここの素晴らしさは、このスープに至るまで、キッチリと冷えていること

 

巷に冷やし中華は溢れているものの、その大半は

冷やしきれていない、ヌルめの冷やし中華ばかりなのですが

この冷やし中華、麺はおろかスープの方まで、キッチリキンキンに冷えているんです

 

程良く油分もありつつ、それが冷えたスープでも美味しく頂けるバランス然り

茹でた後にしっかり冷やしても、食感を損なわず頂ける麺の美味しさ然り

派手さや独創的なアイディアは存在せずも、1つ1つの仕事を丁寧にこなす、職人の織りなす冷やし中華と呼べるひと品じゃないでしょうか

 

共に頂くトッピングの方も、

麺と同じ細さに切り分けられた、こちらのチャーシュー

冷やしで頂く具材ながら、しっとりと柔らかく、旨味もしっかり伝わります

これもまた、冷やし用にアレンジして仕込んでいるのだとしたら、これは大層な仕事じゃ無いかと

 

続くトッピングの

白キクラゲ、キュウリもまた、麺と馴染むサイズ感

各々の食感の違いもアクセントとなっており、各素材が自分の持ち味をしっかり楽しませてくれます

 

様々な冷やし中華が提供される昨今

見た目の華やかさはもちろん、具材の豊富さや意外性

更には味付けに至るまで、バリエーションの幅も広がっている中

 

こちら、來來來(サンライ)の冷やし中華は

昭和の原風景を残した、クラシカル、王道的な冷やし中華に分類されることでしょう

 

しかし、その王道を実直に丁寧に研ぎ澄ました

質実剛健、といった言葉がシックリ来る、確かな実力を感じさせる1皿と言えそうです

 

 

ただ、このレベルの冷やし中華を食べられるお店が

旧来からの町中華では無く、新規に(しかもみつわ台に)オープンする

この妙なアンバランス感こそ、解き明かしたい謎

 

帰り際に、その辺を聞いてみようと

「お店って、いつからオープンですか?」

と尋ねた所、

『昨日オープンしたんです』との返事が

 

それに続き、お店の歴史についても聞こうとしたら・・・

ここでお客さんが来店w

 

更なる疑問を解き明かすこと無く、モヤッとしたままお店を後にするものとなりました

 

なお、帰宅後に「來來來(サンライ)」という店名のお店について調べた所

市川にて2年程前に閉店したお店の情報を発見

 

同情報によれば、お店の方が体調不良?

かなにかで、お店を閉めたとのことでして

 

同店のメニュー写真などを見比べてみると・・・

確かに、みつわ台の來來來とも、メニュー構成、フォントに至るまで良く似てる

(微妙に安くないあたりを含めw)

 

確認が取れた訳では無いものの

市川で長らく培ってきた、実力派の町中華が

このタイミングで、私の地元みつわ台に移転してきた、ということになるの・・・でしょうかね

 

同店から徒歩ですぐとなるみつわ台5丁目には

らーめん 吉ちょう

・竜花

と、同様のスタンスを誇る町の中華屋さんが並ぶ他

 

更に駅の方に進めば、千葉を代表するレジェンド級の家系ラーメン「千葉家」を筆頭に

億人隊長

ごろう商店

など、ラーメンの専門店も多数並ぶみつわ台大通り

 

ここにまた、新たな中華の専門店が登場し

みつわ台エリアが活気づきそうな、予兆を感じさる新店のオープンとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華料理 來來來

■ さんらい

■ 住所:千葉県千葉市若葉区みつわ台5-30-16

■ 営業時間:11:00~

■ 定休日:不明

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。