スポンサーリンク

四街道大日に3月オープン、司奈そば七七三 四街道店を初訪問! 特濃煮干しのエグミも旨味、極煮干しそばを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日は朝から久々、事務所のある勝田台へ

必要書類を受け取り、その足でランチに出向こうと思ったものの、時間はまだ10:30

 

久々の勝田台だけに、中華ソバ 篤々で上品な煮干しを堪能しようかなあ

と脳裏では描いていたものの、ここからあと30分待つのもいかがなものか

 

気持ちはスッカリ、煮干し寄りとなってしまったため

帰り道がてら代わりになりそうな煮干しが見つからないものか、とTwitterを調査

 

すると、限定メニューながら

「極 煮干しそば」なる品を提供しているお店を四街道に発見!

 

四街道であれば、自宅へと帰る通り道

開店までの30分も、移動時間を考慮すれば程良い時間つぶしになるなと踏み、勝田台から急遽四街道へと移動

 

そして11時を過ぎ、到着したお店がこちら

四街道市大日に、この3月オープンしたばかりの新店

「司奈そば七七三 四街道店」を初訪問するものとなりました。

四街道、大日に3月オープンの新店、司奈そば七七三 四街道店へ三ヶ月越しでようやくの初訪問!!

前述した通り、この3月にオープンしたばかりとなる新店、司奈そば七七三

 

Twitterの方でフォロー頂いており、お店の情報については入手していた他

同店のオープンとほぼ、同時期に

・成田店

・稲毛海岸店

と、3店を一気に展開しているお店となっております

 

三店を同時に開店する流れからして、どこかの企業系ラーメン店と思われますが

Twitterを見る限り、ここ四街道店は少し系統が異なる様子で

 

前述した限定メニューとなるのが、

となるのですが、同品を始め、レギュラーメニュー以外にも様々な取り組みをTwitterにて確認しておりまして

 

これはタイミングを見計らい、足を運ばねば・・・

と開店当初から思っていたものの、ご存じの通りのコロナショック

 

同期間中はご近所を始めとした、市内のテイクアウト調査に精を出していたことから

開店から3ヶ月が経過した今となって、ようやくの初訪問となりました

 

お店の場所は、四街道駅から徒歩で10数分

 

大日の大通り沿いとなるのですが、私が記憶しているだけでも

・麺屋せんいち

・濃厚豚骨醤油 らーめん ハッピー

・麺屋堂々

・恵家

といった具合に、この2~3年だけで5度お店が入れ替わっている店舗となるのです

 

駅からは離れている反面、車の通りは多く、比較的目立つ立地ではあるのですが

いかんせん、近隣にコインパーキングが一箇所もない通り

 

車無しでは訪問しづらい場所となりながら、お店の駐車場も無い店舗

(らーめん ハッピーの時は、並びに駐車場がありましたが)

そんな条件から、どうしても足を運びづらい立地でもあります

 

 

幸い私は、この近所に友人が多く(多いと言っても、実際は二人w)

この日も友人のお店で買い物がてら、断りを入れつつ、そちらに車を停めたまま司奈そば七七三へと向かうことに

 

この日、お店に着いた時刻は11:00を少し過ぎた所

先客は無く、開店1組目として店内の方へ

 

案内されたカウンター席で、まず目にしたメニューが

四街道店限定、と書かれた

「背脂煮干し醤油らぁめん」

 

上品そうな煮干しスープながら、底にたっぷり浮かぶ背脂

タキシードを着込んだキン肉マンの様に、イイ感じのカオスっぷりが私の好みに刺さってきます

 

そのお隣には、これもまた食欲高ぶらせる

「背脂煮干しまぜそば」の姿を発見

 

煮干しの出汁に柚子、だけどやっぱり最後は背脂

体に良いんだか悪いんだか分からない、この瀬戸際を攻める感じ、早くも好きだわ

 

続いてはレギュラーメニューとなるのですが、

こちらでも、まず一番に推しているのは煮干し中華

続く形で、塩の煮干し、濃厚ニボポタらが並んでいくのですが、私が真っ先に選ぶとすれば・・・

 

濃厚ニボポタ、だよなぁやっぱ

そんな意味でも、私の急所にググッと刃を突きつけるようなラインナップですが

 

前述した通り、この日の私が恋い焦がれたのは、そう

Twitterで目にした限定メニュー「極煮干しそば」なる品

 

ただ、そちらはメニュー上には記載が無い模様で

もしかして提供、終わっちゃったのか?

 

初訪問のお店で尋ねるのは気が引けるものの、ここは勇気を振り絞り一言

「Twitterで見たんですが、極煮干しそばってありますか?」

と尋ねてみた所

 

『あれは、昨日までだったんですよ

 ただ、あと1杯なら・・・出来そうですね』

 

おぉ、なんたる奇跡!

普段の私なら首の皮どころか、骨毎バッサリいかれるものの

今日に限っては首の皮一枚残し、ラスト一杯に滑り込みセーフ!

 

面倒ながらも、朝から事務所へ出向くべく早起きしたことが功を奏した様で

早起きは三文の徳とは、正にこのことだな

 

そんな訳で、当然注文するのは、ラスト一杯となった限定

「極煮干しそば」で、こちらを特製トッピングにて頂くものとなりました

 

なお、こちら司奈そば七七三 四街道店ではテイクアウトも行っており

前述した「背脂煮干しまぜそば」はもちろん、

チャーシューにタルタルたっぷり、チャータルドンや豚焼肉丼など、丼物がお持ち帰り可能に

 

仲でも目を惹くのは、悪魔のスタミナ豚丼

悪魔やスタミナってフレーズ、もうこれだけでも白米進むな。

初訪問ながらも、レギュラーメニューすっ飛ばし、ラスト一杯の限定メニュー「極 煮干しそば」を食べてみた

そんな訳で、初訪問ながら

レギュラーメニューに流れず初志貫徹、極煮干しそばをオーダーするものとなった、司奈そば七七三 四街道店

 

前述した通り、ここ四街道以外にも2店舗を展開する同店

稲毛海岸店については、近いうちに足を運ぼうと思っており、以前にメニューの確認を行っているのですが

 

ネット上で目にした情報にはなるものの、レギュラーメニューについてはここ、四街道店と同様となっております

ただ、前述した通り四街道店には、本日頂く「極煮干しそば」他

背脂煮干し醤油らぁめんなど、店舗限定メニューをいくつか発見

 

チェーン展開?する企業系のラーメン店にはなるものの

店舗毎でそれぞれの色や個性があると、蒙古タンメン中本やラーメンショップのように、各店舗を回る楽しみが出てきそうです

 

そんなこんなで待つこと5分少々

カウンター越しに提供された、本日のランチがこちら

司奈そば七七三 四街道店で頂く限定メニュー

「極煮干しそば」となります

 

Twitterで目にした説明によれば

「水と煮干しのみで作った、100%煮干しスープ」とのこと

 

更には「エグミは旨味」との一言も添えられているなど

煮干し好き向け、相当にアクセルを踏み切ったスープになりそうです

 

なお、今回は「特製トッピング(480円)」の注文となるので

・味玉

・海苔(増量)

・チャーシュー(増量)

が追加となっております

 

それでは早速、限界まで踏み切ったであろうスープを一口

・・・おぉ・・・煮干し、だ。

 

ガツンとくるほど、どこまでも煮干し

旨味がゴッソリとスープに詰まっており、芳醇すぎる程に魚介なスープ

その分確かに特有のエグミは存在しているものの、それもまた嫌じゃ無い

 

グッと伝わる煮干しの旨味、その後にフワッとエグミを感じますが

これが苦みと言うよりも、程良いアクセントに感じられ、邪魔にならないんですよね

 

ガッツリと煮干しを使いながらも、重たくならないバランス感

更には、セメント系スープの色味ではありつつも、水と煮干しのみに特化したことで

スープがサラッと入っていき、特有の重たさも感じさせません

 

煮干しマニア向けの味わいであるのは確かでしょうが

そこまでの煮干し信者では無い私をしても、全然食べやすい味わいにバランスが取られています

 

そんなスープと共に頂く麺の方は、

やっぱり、この手のスープによく馴染むのは

全粒粉入り、パツンとした食感が心地良い細麺こそ、濃厚セメント系にしっかりマッチ

 

ただ、このスープにはこの麺がマッチするとして

その他のメニューだといかがなものなんでしょうか?

スープによって麺も変えているのか、これは間違い無く再訪せねばなりませんね

 

続いてトッピングですが、

こちらのメンマ、そしてなるとはデフォ

塩味が強めのメンマ、最近は見かけづらくなりましたが、私は好き

 

そして、この濃厚な煮干しスープに+αを果たすのが

こちら、大根おろしとなっております

 

スープの上に盛り付けられた、こちらの大根おろし

序盤こそ、煮干しのエグミを堪能すべく、敢えて混ぜずに頂きましたが

後半からはスープ全体に大根おろしを広げていくと・・・

 

良いねえ、味わいがしっかり変わってきた

序盤のエグミはだいぶ和らぎ、おろしの効果でサッパリした味わいに変化

個人的には、無しでも全然アリなスープですが、これが入ることで味変を楽しめますね

 

そして、追加トッピング合わせ4枚となったのが

こちらのチャーシュー

ホロッと柔らかな食感ながら、弾力も兼ね備えています

スープが煮干しオンリーだけに、このタイミングで味わう獣肉の存在、やっぱ貴重だな

 

そして、最後に味玉を・・・

と、口にしてみると、何やら異変が!?

 

いや、異変では無い

この味玉・・・燻製じゃんか

 

白身に歯を入れると、フワッと香る薫香

これが煮干しのスープに良く合うんです

 

そんなことなら、もっとスープ残しておけば・・・

と残念に思いつつ、ふとカウンター上を見上げると

 

張り紙にて、本日の味玉はスモークとの一文が

どうやら、常時というわけでは無く、この日限定だった模様

 

しかし薫香漂う味玉と煮干しスープ、この組み合わせはホントに美味い

このマッチングを見るためだけでも、わざわざ四街道に足を運びたくなるほどです

 

 

そんな味玉に呆気を取られた結果、気付いた時にはスープを完飲

初訪問のお店で、完飲するまでハマったスープ、だいぶ久しぶりだなあ

 

思わず飲み干す程に大満足を経た、司奈そば七七三 四街道店

今回は限定メニューとなる「極煮干しそば」を頂くものとなりましたが

こうなれば、残るメニューも当然、気になるばかりで

 

普段は都賀止まり、なかなか四街道までは足を伸ばさないものの

この煮干しが味わえるのなら、これはもう足を運ぶ価値ありな新店となりました

 

次に狙うは、背脂煮干しか

いやでも、まぜそばバージョンも捨てがたい

そうは言いつつ、やっぱり大本命は「濃厚ニボポタ」なのかな

 

確実に、あと2度3度は飽きること無く楽しめる、四街道の新店

唯一の欠点を挙げるとするなら、前述した通り

過去、数軒のお店が入れ替わってしまう原因、駐車場が無い点でしょうか

 

最寄りとなりそうなコインパーキングは、四街道十字路近く

ヨーカドー界隈となりますので、そこから歩けば10分近く

 

あと、お店の近くにある商業施設は・・・

TSUTAYAくらいだしなあ

 

この立地で駐車場が無いのは厳しく感じるものの

幸い私は友人のお店も近いので、そちらに立ち寄りつつ、また足を運んでみようと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

 司奈そば七七三 四街道店

■ しなそばななみ よつかいどうてん

■ 住所:千葉県四街道市大日357-9

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~23:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。