スポンサードリンク

ステーキ丼の土佐屋、冬季限定の牡蠣丼始まりました

京葉道路の各インターからアクセスが良い事から、県外からわざわざ訪れるお客さんも多い、土佐屋。

炭火で焼き上げているステーキ丼が名物で、都賀エリアでも人気のあるお店です。

 

また店内で食べるだけで無く、お持ち帰りの弁当販売も行っており

(作り置きでは無く、注文が入ってから1つ1つ焼いてます)

最近はもっぱら、持ち帰り弁当を食べていたのですが・・・

 

先日、ネットで同店の新着情報を見ていたら

「冬季限定で牡蠣料理を始めている」との話題を発見。

 

限定という言葉が三度の飯の、ちょっと下くらいに好きな私は即行動に移し、

dsc_0165

曇り空の中、都賀の土佐屋まで行ってきました!

※ 目立っては居ますが、焼き芋屋さんではありません

 

スポンサーリンク

最寄りは都賀駅? 土佐屋 冬季限定の新メニュー、牡蠣小屋で作り上げる蒸し牡蠣の数々

道路を挟んだ向かいの駐車場に車を止め、信号を渡り店頭に着くと

dsc_0164

おお、噂通り!

自家製の看板にはBBQ(炭火焼きステーキ)だけでなく、カキ小屋の文字を発見!

 

寒い店外でメニューを眺めるのもなんなので、店内に入りあらためてメニューを拝見。

dsc_0167

通常メニューは恒例のステーキ、チャーシュー、黒豚となるが

それらに加えて追加されている新メニューとなるのが

・カキ丼

・牡蠣(1個から注文可能)

これら、10月~3月の期間限定メニューとなる。

 

一見、生牡蠣と見間違えそうな写真ではあるが、話を聞くとこちらの牡蠣は全て蒸し牡蠣とのこと。

単品メニューの牡蠣は、蒸した牡蠣にポン酢等を好みで浸けて食べる

対し、カキ丼は同蒸し牡蠣を醤油だれで味付けしたものが、丼一面に盛られてくる、

まさに牡蠣三昧と呼ぶにふさわしい丼のようだ。

 

これは・・・季節限定のカキ丼に行くか

いや、単品でも牡蠣を食べられるとなれば、メインはやはり・・・

 

限定メニューの物珍しさと、外から店内にまで流れ込んでくる、和牛より滴る脂が放つ香り。

相容れることの無い二者択一に思考を張り巡らした結果、

dsc_0171

単品の牡蠣を頂く事に。

生牡蠣については好き嫌いが分れるもので、私もそこまで生牡蠣に対する執着は無い。

水っぽさというか、ネットリし過ぎた食感が、あまり好みに合わず、どちらかと言えば火の入った牡蠣の方が好きなのだ。

 

そんな私にとって、こちらの蒸し牡蠣は、

・生牡蠣ならではの美味さ(ミルキーな味わい)

を残しつつも、

 

・臭みを感じる水っぽさ

が蒸されたことにより抜けており、非常に食べやすい仕上がりになっている。

 

しかも、注目すべきはこの牡蠣が、一個260円であること。

通常、居酒屋などで生牡蠣を注文しようものなら、1個5~600円はする高級品。

 

こちらの牡蠣は、生でこそ無いものの、生と変わらぬ味わいを堪能出来ながら、臭みなどを無くした一手間が加わっている。

それでいながら、お値段は約半額、となれば無限ループも止まないほどに食の進む料理だった。

 

スポンサーリンク

都賀の土佐屋といったらやっぱり・・・諦めきれない和牛ステーキ丼!!

上記の通り、期間限定のカキ丼に代わり、牡蠣を単品注文した。

ということは、どういう結果をもたらすのか、というと・・・

 

dsc_0168

結局、メインに注文したのは和牛ステーキ丼、となってしまった。

(しかも、少し奮発し和牛サーロイン丼を選択)

 

だって・・・仕方ないよね、この黒光り

否! 正しく呼ぶのなら肉光りとも言える脂の煌めき!!

 

健康的に育てられた、上質な牛のみが名乗ることを許される「A5」の戴冠。

その中でも、わずか一握りの部位にのみ授与される「サーロイン」の頂。

 

それを惜しげもなく、炭火で焼き上げ、店内に立ちこめる脂と炭のマリアージュ。

叶うものなら、毎夜でも夢で会いたい神々しさ。

私にとってはお前こそが「黒のダイヤだ!」と説き伏せたいほどに煌めきを放つステーキ丼。

 

これほどの画ヂカラを持つ肉の描写に、私から伝える説明は必要無いことでしょう。

見た目通りの柔らかさ、見た目通りの肉の質感、見た目通りの脂と肉の旨味。

 

全てが、ビジュアル以上になる事はあれど、ビジュアルを下回ることの無い逸品。

それが、土佐屋の誇る「ステーキ丼」なのです。

 

ちなみに、この日私はA5サーロイン丼を注文しましたが、1つ下のランクである和牛ステーキ丼も絶品美味いです。

ただ、肉の脂が苦手、胃もたれを感じる方には、サーロイン丼の方が食べやすいとの意見もありますので

(私にはまだ肉の脂が苦手、という日本語を翻訳する機能が付いておりませんが)

そう感じる方は是非、サーロイン丼にチャレンジしてみて下さい。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

土佐屋

■とさや

■ 住所:千葉県千葉市若葉区貝塚町1106-19

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:00~20:30

■ 定休日:月曜日

 

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

CAPTCHA