孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

美浜区幸町の人気店、とんかつ梨果園の上ロースと特上ロース豚カツの差は? 同時に食べ比べる事で、お値段以上の開きが発覚!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

前日にインスタの更新準備などを進めており

その影響からか、朝から豚カツを食べたいモードに突入

 

豚カツを思い浮かべた際に、まず浮かび上がるのは・・・、そう

美浜区幸町の人気豚カツ店「大倉」の姿となります

千葉市内で頂くとんかつの最高峰、幸町のとんかつ大倉 同店名物「特ロース」を逃すも、とんかつ定食でも満足度は120%だった

 

ただ、この日は土曜日

平日であっても開店待ち行列が出来る大倉ですので、相当の並びが予想される次第で

 

子供は朝から外出しており、そちらの気遣いは無用となるものの

共にランチへ向かう予定のカミさんもまた、10時半頃まで小仕事があり、そちらを終えてからの出発

 

大倉へ早く到着したとしても、11時ジャストが限界

ワンチャンあるか否か、微かな可能性に望みを託し、お店の前まで向かってみると・・・

 

・・・撃沈

余裕の瞬殺となるレベルで、開店待ちの列が既に20名ほど

 

中には土日にしか足を運べない方だって居るはず

これはもう、土日組に枠を譲るものとし、私たちは代替案へと向かうことに

 

そんな豚カツ恋しな状況から、この日選んだ代替案がこちら

同じく、美浜区幸町にお店を構える老舗レストラン

「とんかつ梨果園」を訪れるものとなりました。

千葉みなと駅から徒歩7~8分 豪華おばんざいが食べ放題でお馴染み、梨果園へランチ訪問

今でこそ「大倉」や「岡本庵」といった選択肢が浮かぶものの

ほんの数年前まで、千葉で豚カツを頂くとなれば、真っ先に名が上がったのはここ「とんかつ梨果園」

 

本ブログでも幾度と紹介しているとおり

私以上に、我が家のカミさんがお気に入りとしているのが同店でして

 

というのも、看板メニューであるとんかつやハンバーグ

それ以上に、同店の魅力を際立たせているのが、こちら

様々な大皿が並ぶ、同店ならではのおばんざい食べ放題

 

豚カツ店らしく、キャベツのせん切りがたっぷりなのはもちろん、

レタスらを主体としたサラダやきんぴら、中華風の春雨炒めやパスタのサラダ

 

白菜の浅漬けやら煮物、更にこの日は豪華な豚肉料理まで並んでおり

こちらのおばんざいのみでも、おかず役を果たせてしまう豪華な布陣が取り揃うのです

 

しかも、こちらと共に頂けるドレッシングも全5種類用意されており

これらの味変を加えてしまえば、そのサラダのバリエーションたるや、もう・・・

エンドレスに席とおばんざいブースを行き来したくなる、そんな豪華な食べ放題こそが、同店の魅力でもあります

 

加えてランチ帯には、

コーヒーや紅茶だけで無く、ジュースまでもが頂けるドリンクバー付き

 

そんな梨果園に辿り着くや否や

早速頂くのが、こちらのおばんざい、となる訳ですね

 

まずはサラダを中心とした盛り付けとなるものの、

 

この通り、おかずとしても十分なポジションを得られる豚肉もたっぷり

 

唯一の欠点は、このおばんざいが豪華過ぎてしまう故

メインの到着を待つこと無く、満腹を迎えてしまうことも少なからず。。。

梨果園の人気メニュー「豚カツ」には上と特上があるものの、どれ程の違いが? 食べ比べる事でその差が発覚!!

さて、普段の記事とはちょっと異なる流れで

いきなりおばんざい紹介から始まった、本日のランチ「とんかつ梨果園」

 

まあ、同店についてはコレまでにも幾度と紹介しておりますし

約1年ぶりの訪問にはなりますが、

メニューに関しましても、表記が「税込み」となった以外に

大きな変更点は見当たらないものとなります

 

上記したメニューは、ランチ限定価格で提供される各品々となりまして

その他メニューの方は

ハンバーグや豚カツ各種、

そこに様々なオプションのおかずが付いた品々の紹介となる一方

 

この日、私とカミさん二人がメニューを眺めている際

とある疑問が浮かび上がるものとなったのです

日頃、豚カツ以外の豚肉料理を食べることが多い同店

(特に私、豚のにんにく焼きを一押ししております)

美浜区幸町のとんかつ梨果園で頂く、柔らかジューシーなにんにく焼き定食 大人気のおばんざい食べ放題は、騒動に負けず今も健在!

 

その為、同店の豚カツメニューをマジマジ吟味することは無かったのですが

冒頭でも触れたとおり、本日は豚カツ食べたさに訪れるものとなりまして

 

当然、視線の向かう矛先もまた、同店の豚カツメニューになるのですが

こちら、ランチでは無い通常メニューを見ておりますと、

同店の豚カツには、ランチメニューとして提供される「ロースかつ」

 

それ以外に、

・上ロースかつ

・特上ロースかつ

と、全3品のグレードが存在する事が発覚

 

※ 正確には、これに加えて「黒豚」の上、特上も並ぶのですが

黒豚の方は2,000円以上とお高め価格になりますので、本日は候補から除外しております

 

 

通常のロース(ランチの豚カツ)は幾度と食べてはいるものの

上ロースと特上については、これまで食べた事があったか・・・どうだったか

 

上と特上での価格差は220円となっていますが

この差額もまた、微妙な所となります

 

なにより、どっちがどの程度、どうだったのか

これはその場で食べ比べない限り、まず気付きづらい(覚えてられない)差異

 

 

この違いを検証するには、現場で同時に食べ比べるしか無いのではなかろうか??

 

そんな結論に達したことから、本日はカミさんと二人

「上ロースかつ」と「特上ロースかつ」をそれぞれ頼み、両者の間にある差額【220円】の正当性を検証するものとなったのです

 

そんな訳で、まずこちらが

とんかつ梨果園が誇るグレード最高峰の豚カツ(黒豚は除外)

特上ロースかつになります

 

一方、こちらの豚カツが

特上よりは220円お安い、上ロースとなります

 

サイズについての比較では、特上の方が大ぶりになっているものの

それを補うかのように、上ロースの方が厚みあるカット

 

この見た目の差であっては、どちらにも軍配は挙げづらいところとなります

 

となればもちろん、判断材料となるのは豚カツを食べての差

まずはこちら、特上ロースから頂いてみます

衣の感触は粗めとなっており、厚みはあまり感じさせません

 

衣を見る限りも、上と特上に差は感じられませんが

まずはソース、そして辛子をチョロッと載せて一口

 

一口噛みしめ、顕著に感じるのが肉質の柔らかさ

薄めのカットである事を差し引いたとしても、ホロッと繊維がほどける柔らかさが伝わってきます

 

続いて肉自体の持つ旨味が届き、それを追って脂の甘みが到着

脂もしっかり付いた豚肉となっておりますが、甘みこそ感じるもののスッと溶ける質の良さ

 

特上、と名付けられた看板に嘘偽り無く

上質な豚肉を使用し、その持ち味を十分に感じさせてくれる豚カツとなります

 

 

一方、それより220円お安く提供されているのが、

こちら、同写真の上に位置するのが上ロースとなります

 

特上ロースと並べることで、そのカットの違いがより顕著に伝わるものの

さて、この2品の間にどの程度の違いが存在するのか

 

比較を終えた所で、こちらもソース&和辛子と共に一口

 

まず、肉質の柔らかさについてですが、これは明らかに特上が上

上ロースはどちらかと言えば肉肉しい食感を宿しており、噛みしめるごとに旨味を増すタイプとなります

 

肉そのものが持つ味わいには、そこまでの差を感じませんが

明らかに異なる差を感じさせたのが、上ロースの脂の部分

 

特上ロース同様、しっかりとした脂が乗っているのですが

食べ比べるとハッキリ、上ロースの脂の方が重みを感じるのです

 

特上ロースでは甘みを感じさせるも、心地よく口溶けていくのに対し

上ロースの脂は、いわゆる「脂身!」といった質感を与え、ドロッとした濃厚さを残します

 

私は脂を苦手としませんので、このドロッとした質感も嫌では無いものの

脂身を苦手とする方であれば、上のこの感じは、敬遠される所がありそうですね

 

 

なるほど、これが220円の差か・・・

その場に並べ、食べ比べる事で顕著に伝わる上と特上の違い

 

それらをしっかり噛みしめると共に

同店名物、食べ放題のおばんざいも2周目に突入

 

今度は野菜を中心に盛り付けてきたものとなるのですが

見ての通り、オーロラソースのドレッシングを不必要なほど多めに盛り付けております

 

というのも、こちら2周目にて収穫してきたドレッシングは、

それ(ドレッシング)を纏っていた野菜共々、豚カツ皿に盛り付けられたキャベツの上へシフト

これによって、豚カツの付け合わせとなるせん切りキャベツも、好みのドレッシングと共に頂けてしまいます

 

これら味変の多彩さもまた、とんかつ梨果園ならでは

メインの豚カツにサラダ、おばんざい各種共々、しかと堪能させて頂きました

 

 

という訳で、久々のランチ訪問となった幸町のとんかつ梨果園

ここまでお伝えしてきた通り、今回の目玉となったのは、同店で提供される上ロースおよび特上ロースの食べ比べとなりました

 

両者のカット、サイズ感など見た目でも違いは生じていたものの

その違いは、価格差を決定づけるほどには至らず

 

しかし、両者を共に口に運んだことで、その差異をハッキリ確認

 

さて、どちらに軍配を・・・ですが

220円という差額で見るなら、私&カミさん共々特上に軍配を挙げるものとなりました

 

 

肉質の柔らかさについては、差額の範囲を超えるほどにはならずですが

明らかに明暗を分けたのは、その脂の甘みと口溶け感でして

 

良質な脂で甘みをしっかり感じ、且つしつこさを残さない特上に対し

同じく甘みは感じるものの、口の中に残る脂に重たさを感じたのが上でして

 

この差はお値段以上の違いを受けるものとなりまして

これ程の違いを220円の差額で選べるなら、私&カミさんは特上を選択・・・との結果に

 

もし両者の価格差が、更に開きを得るものなら、上ロースでも十分満足出来るものの

220円という微細な価格差であるなら、これは是非とも特上を

 

と、多くの方にとっては、非常にどうでも良い調査であるのは重々承知

それを踏まえた上で、とんかつ梨果園のメニューを眺め、感じた僅かな疑問を解決に繋げる、我が家にとっては大きな発見を得る1食となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

とんかつ梨果園

■ とんかつ りかえん

■ 住所:千葉県千葉市美浜区幸町1-30-1

■ 営業時間:ランチ 11:00~14:30 / ディナー16:00~22:00

■ 定休日:不定休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。