孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

若葉区桜木のお寿司屋さん、千成寿司をランチ訪問 房総の鮮魚満載、地魚にぎりとランチ限定メニュー 華ちらしを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年秋以来、半年ぶりにまたもや開催となった

都賀の「お座敷ダイニングカフェ醍醐」あらため

 

「ダイニングカフェ 醍醐」のオムライスフェア

※ お座敷席がテーブル席に変更となり、それに伴い店名も変わったのです

 

同イベントの第1弾は

「ドライカレーオムライス 国産牛すじのハッシュドビーフ」から幕を開け

おなじみ、ふわとろ卵を纏ったハッシュドビーフ

更にはご飯がドライカレーになってしまう豪華な1食よりイベントがスタート

 

当然今季も、全4品のコンプリートを目指そう・・・

と心していたものの、家庭内のイベントやら新店のオープンラッシュ等も重なり、続く2週目、3週目を逃す結果に

 

そして訪れた第4週

今度のオムライスは、私の好物でもあるアメリケーヌソースを纏ったエビ三昧な1品

 

これを逃す手は無い、とカミさんと二人、醍醐へと向かったものの

なんとこの日は、予約で全席満席とのことで、敢えなく撃沈…

 

 

こんな日に限って予約を入れずに足を運んでしまった

ツメの甘さを悔いはするものの、今更ながらの後悔に過ぎず

 

なんにせよ、代替案となるランチを探さなければならないのですが

本日は日曜日、オムライスに代わるご近所のお店と言えば・・・

 

小倉台のペリカンくらい・・・だよな

モノレール小倉台駅近くの老舗洋食店、ペリカン 週替わりランチの豚カツを頂くも、ホタテのソテーと温野菜の美味しさに思わず絶句…

 

気を取り直し、車を小倉台方面へと走らせ出したその時

国道51号に差し掛かる所で、カミさんからひと言

 

「ねえ、そこのお寿司屋さん、ランチやってるよ」

カミさんが指さした先にあるのは、同じく若葉区桜木にお店を構える千成寿司となります

 

お店の存在については以前より存じていたものの

やはりお寿司屋さんとあって、ランチに足を運ぶのは気が引けたまま、早数年

 

これまで足を運んだ事の無かったお店ですが

念のために一度車を向けてみた所、店外にリーズナブルな価格帯のランチメニューを発見

 

つい数分前まで、オムライスを頂く気満々だったところに

まさかのお寿司が飛び込んでくるとは、私の胃腸もさぞ驚きを抱えるものでしょうが

急場の予定変更より、本日のランチはこちら

若葉区桜木の「千成寿司」を訪れてみるものとなりました

 

ちなみに、同店の裏手には駐車場が完備されておりますので

車での訪問時には、上記地図にならい、お店裏の駐車場をご利用下さい。

国道51号近く、若葉区桜木のお寿司屋さん 千成寿司へランチ初訪問

オムライスの予定をペリカンに変え

それを更に、カミさんの思いつきからお寿司へと変更するものとなった本日のランチ

 

そして辿り着いたのがこちら、若葉区桜木北の千成寿司となる訳でして

 

メディアやTwitter等で幾度と目にはしてきたお店ですが

実際に足を運ぶのは今回が初めて

 

お店裏手にある駐車場へと車を停め、暖簾をくぐると

『はい、いらっしゃい!!』と、ご主人が愛想の良い笑顔を振りまきながらお出迎え

 

地元に根付いた、ご近所さんに愛されているお寿司屋さん

そんな表現がシックリ来る、お店と言った印象を受けます

 

店内はカウンター席6席に加え、テーブル席も4卓ほど

すでにカウンター席には常連さんと思しきお客さんが2組来店中

 

私とカミさんは、カウンターからは少し距離をとったテーブル席へと案内されることに

 

さて、まずはランチのメニューからとなりますが

表面には全4品

 

店長のオススメにぎり(1,700円)から始まり、房総の魚を使った地魚にぎり

いわゆるばらちらしのような「海鮮丼」に、大ぶりな魚介が使われている華ちらし

 

続く裏面をめくると

自家製の漬けダレを使用しているとの説明がある「ヅケ丼」

そのヅケ丼のミニサイズに、5品のにぎりを付けた「ミニづけ丼とにぎりのセット」といった6品が提供されるものとなります

 

上記はランチ用の限定メニューとなる一方、

以下はレギュラーメニューとなっており

こちらも8~12貫で組み合わさったセットメニューが中心

お値段は1600円~3900円と幅広いものの、家族等でちょっと足を運ぶには使い勝手の良さそうな価格帯となっています

 

中でも、私が目を惹かれたのは、

こちらの贅沢海鮮丼

 

その名の通り、雲丹にマグロに様々な海鮮が詰まった丼ですが

それでいながら、お値段は2000円と、手を伸ばしやすい価格帯

 

また嬉しいのが、そのお隣に並ぶ「お子様寿司」で

こちらは握りに巻物らが付いて、お値段は900円

 

次回は子供にお子様寿司を食べさせながら

私はビールやお酒片手に、贅沢海鮮丼を・・・

 

なんて妄想も膨らむ所となりますが、ひとまず本日はランチでの訪問

夢広がる将来の妄想よりも、まずは今の空腹を満たすことに専念

 

・私 → 華ちらし

・カミさん → 地魚にぎり

を、それぞれオーダーするものとなりました。

青魚に白身たっぷりま「地魚にぎり」に、鮮魚に穴子ら8品が詰まった「華ちらし」を食べてみた

この日、お店に着いた時刻は11:30を少し回った所

 

前述した通り、すでにカウンター席には先客が2組

いずれも常連さんといった様子で、日曜日のランチらしくビール片手におつまみを堪能されております

 

そんなお客さんと談笑するご主人もまた、愛想の良い笑顔を浮かべており

お喋りの雰囲気含め、ご近所で愛されているお店である事が伺い知れるほど

 

近所にあれば、チョロっと足を運びたくなる、この雰囲気良いなぁ・・・

などとカミさんと話ながら待つこと数分

 

まずはこちらが、カミさんのオーダーしました

地魚にぎり(1,100円)となります

 

本日使用しているネタに関する説明はありませんが

見た所、鰯に鯖、小鰭に鯛、そして奥の光りものは・・・サヨリでしょうか

 

更には、イカに穴子らを加えた全8貫のにぎり

男性であっては少し物足りなさを感じますが、女性なら程良いボリュームになりそうです

 

そちらのにぎりと、時をほぼ同じくして提供されたのが、

こちら、若葉区桜木の千成寿司にて頂くランチ限定メニュー

「華ちらし」となります

 

ランチのメニューは全品共にお椀、食後のドリンクが付いてくるとのことで

メインとなるちらし寿司にに加え

こちらのアラ汁もセットに

程良く浮いた脂が、早くも良好な出汁の風味を感じさせてくれます

 

それでは早速、ちらし寿司を頂こう・・・

と、醤油に手を掛けた所

こちらのお店では、刺身用と寿司用、2種類の醤油が常備

 

カミさんの方はにぎりとなるので、寿司用の醤油で問題ないとして

対する私の品は、ちらし寿司というか海鮮丼と呼ぶべきか

 

さてこちらの品は、さしみなのか、それとも寿司用なのか・・・

ご飯が酢飯みたいだし、寿司用でいいのか・・・な?

 

醤油の使い分け、判断に悩む所となりましたが

取りあえずは、海鮮丼の方にシフト

 

まず最初に手を付けたネタとなるのが、こちら鰤・・・いや、カンパチか?

提供時には小ぶりに見えたものの、その実は丸め込まれていただけで、見た目以上に大ぶりな同品

 

程良く乗った脂が甘みを感じさせ、当然ながら鮮度にも申し分無しなネタでして

となれば、やっぱりご飯と共に掻き込みたくなるのが必然

そんなご飯ですが、こちらはちらし寿司ながらもシャリを使用しております

 

ただ、お酢の影響なのか、仕込んでからの時間経過か

シャリは少し固めの状態で提供されているようです

 

続くネタは

海鮮丼と言えば、やっぱり・・・なマグロの赤身

こちらも旨味をしっかり蓄え、ご飯との相性も申し分無し

 

そしてもう一枚のお魚をご飯と共に運び、

ここまでに都合、3枚の鮮魚を頂くものとなりました

 

残る具材は以下の通りで、

 

穴子にイカ、いくらにエビ

そして、かまぼこに玉子焼きといった面々

 

頂く素材はそれぞれ、相応に満足出来るネタを使用されておりましたが

ボリューム的には、ちょっと軽めかな、といった印象に

 

また、私の頂いた華ちらし同様に

カミさんが食べていた「地魚にぎり」についても、シャリは固めだったとのこと

 

これらが、ランチメニューである故なのか

たまたまなのか、ちょっと分かり兼ねますが

 

ネタが良好だっただけに、シャリと共に味わう美味しさの部分に

少し不足感を得るものとなってしまいました

 

 

そんな訳で初訪問となった、若葉区桜木のお寿司屋さん「千成寿司」

ご主人らの愛想も良く、お値段もお手頃価格

 

加えて、おつまみも豊富に用意されている上、お子様メニューも完備

ご近所なら、家族連れで足を運ぶのにももちろん良好ですし

 

家族が出払った際などには

一人カウンターでの飲んでつまむなど、多彩な用途で活用出来るお店といった印象になりました

 

今回はランチメニューからの注文となりますので、その全容には至らずも

また機会があれば、今度はぜひ夜に、お酒を頂きながら足を運んでみたいところです。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

千成寿司

■ せんなりずし

■ 住所:千葉県千葉市若葉区桜木北3-19-3

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:水曜日、不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。