スポンサーリンク

千葉市内で頂くとんかつの最高峰、幸町のとんかつ大倉 同店名物「特ロース」を逃すも、とんかつ定食でも満足度は120%だった

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

一週前の月曜日

前日に見ていたTVの影響で

「豚カツ」が食べたいスイッチが入り、翌日に幸町のとんかつ大倉へ

 

・・・出向いたものの、ご覧の有様に

参照:東千葉駅近く、千葉神社並びのとんかつ割烹 武石にランチ訪問 ⇒

 

 

願望こそ満たされてはいないものの

中途半端に豚カツを食べるには食べてしまった結果

豚カツスイッチは、一旦解除する方向に

 

そして、あれから10日が経過した今日

再度、豚カツを頂くには十分過ぎる時間も経過

 

加えて、カミさんとの都合も合ったことから

前回のリベンジを果たすべく、幸町のとんかつ大倉を再訪するものとなったのです

 

 

例え平日であれ、開店前からシャッター待ちが出来る人気店

加えて、同店には先着5名前後しか手にする事が出来ない

あの「超・レアメニュー」も存在します

 

当然、せっかくの大倉ランチであればこそ

あのレアメニューを頂きたく、開店10分前にお店へ到着

・・・したけど、既に5名以上が並んでいるとは

さて、あのレアメニューには辿り着けるのか否か!?

かつては二子玉にお店を構えた名店の味を千葉に継承 美浜区幸町のとんかつ大倉

オープンから間もなく2年になろうとする

幸町の超人気豚カツ店「とんかつ大倉」

 

本ブログでも幾度と取り上げている通り

かつては二子玉にお店を構え、ビブグルマンにも掲載された実力店となります

参照:ビブグルマン掲載の名店、とんかつ大倉が千葉 幸町にオープン!  ⇒

 

ですが、当時のご主人が引退したことを機にお店は閉店・・・

したものの、その味を継承したい息子さんが

ここ幸町にお店をオープンしたのが、2年前のこと

 

以来、我が家でも幾度と足を運んでいる名店ですが

最後に訪れたのは今年の5月

 

しかも店内飲食では無く、同店の販売している

テイクアウト用のお弁当購入が最後でして

参照:幸町の人気店、とんかつ大倉もお弁当販売を開始! 開店1時間で即完売!?ヒレカツ&海老フライ弁当を購入 ⇒

 

 

そんな訳で、久々の訪問となった大倉ですが

前述した通りこちらには、昼夜でそれぞれ5食前後しか提供されない

超・レアメニュー、その名も「特ロース」という品が存在します

 

同店の名物でもある「特ロース」について言えば

最後に頂いたのは昨年の夏が最後

 

当然、本日の狙いもまた「特ロース」ではあるものの

非常に倍率が高いことでも知られる人気メニュー

 

こちらに辿り着けるか否か??

僅かながらの期待を込めて、お店へ到着したのは開店10分前

 

お店の入り口前に掲げられた看板には・・・

「特ロース売り切れました」との一文が・・・_| ̄|○

 

 

残念ですが、ここは仕方ないところ

気持ちを切り替え、列の最後尾(6番目)に並んで開店を待つと

中から出てきてお店の方よりメニューが渡されまして

コロナの影響で座席数を減らしていることもあってか

最近は、入店前にオーダーを受け付けている様子

 

そんな事情もあってか、開店前時点で

特ロースは売り切れとなってしまった様です

 

なお、上記はグランドメニューとなりますが

その他、ランチ帯には

こちらの通り、全4品のランチ限定メニューも提供されております

 

さて、特ロースを逃したものの、この機会とばかりに

普段は特ロースにばかり目が向いてしまい

逆に注文する機会無かった「とんかつ定食」を頂いてみることに

 

また、同とんかつ定食は特ロースに比べると小ぶりになるのでは・・・と予測

その分を埋めるべく、カミさんとシェアする目的にて

サイドメニューとなる「鶏の唐揚げ」も、共に頂いてみるものとなりました。

「特ロース定食」には及ばずも、その美味しさは抜群! 大倉のお勧めメニュー「とんかつ定食」を食べてみた

開店時刻となる11時を迎え、先頭から順に店内へ

久々訪問となる店内は、カウンター各席にしっかり空間が空けられている他

通常なら4人掛けとなっているテーブルを2人用に減らすなどの感染対策が採られております

 

開店と同時に、私たちを含め7組までが店内へ

その後、更にお客さんは来店するものの

前述した通り、席数を減らしての営業となるため、ここからは外待ちになる様です

 

とは言え、入店前にオーダーを取るなど

行列店らしく、効率的な作業が取られている中

 

入店よりおよそ10分、出揃った本日のランチがこちら

美浜区幸町の「とんかつ大倉」にて頂く

とんかつ定食、そして鶏の唐揚げとなります

 

日頃目にしている特ロースに比べると、気持ち?

お肉の厚さが薄めになるのと、脂の少なさが感じられはしますが、

そうは言っても、やはり名店「大倉」のとんかつ

特、ではないロースであっても、ピンク味を帯びたその豚肉は、

見るものを圧倒させる美しさで輝きを放っております

 

そんなとんかつとセットになるのが、

こちらの香の物と豚汁

 

気のせいか、普段ここで頂く豚汁

私の分「だけ」豚肉が少ない気がしていたのですが

今日の豚汁には、早くもたっぷりの豚肉が確認されております

 

揚げたてほやほやで提供となるとんかつ

すぐさまに手を伸ばしたいところですが、即口に運べば、上顎破壊間違い無し

 

悶絶する自分の姿を思い浮かべ、気を引き締めつつ

まずはキャベツの方から頂いていきます

 

ちなみにこちらでは、卓上にドレッシングが用意

ソースでキャベツを頂くのが、あまり好きで無い私的には

ドレッシングを用意してくれているお店、実に有り難いです

 

そんなキャベツで、血糖値の上昇を緩やかに抑えたら、

ここからは、いよいよとんかつの部へ

 

まずは小ぶりなとんかつを、何も漬けずにそのまま一口

柔らかでしっとりした豚肉

噛みしめるごとにジワーっと音を立てて流れ出る旨味

 

脂の乗りこそ、特ロース程ではないものの

豚肉そのものが持つ甘み、旨味は

特では無いロースでも、決してひけを取らない美味しさ

 

揚げる前に、しっかり叩かれた豚肉は、とにかく柔らかく

素材だけで無く、手を加えられたことで美味しさを増していることが、顕著に伝わってきます

 

続いての2口目ですが、

ここで取り出すのが、お店のお勧めとなる塩

 

ほのかに硫黄の香りを含むこちらの塩を振り

とんかつを口に運ぶと、より甘みが顕著に

 

豚肉自体の持つ旨味も、塩が加わることで

よりハッキリと感じられる様になりますが

最低限の塩で旨味が引き出されるのもまた、素材が超一級品であればこそでしょう

 

また、そんな一級品のとんかつを絶品な状態で頂けるのも

徹底管理された油、温度、衣の加減があってこそ

 

どれかひとつでも抜け落ちれば

火が通り過ぎてしまい、お肉がパサついてしまうものの

 

しっとりと旨味を感じさせる柔らかさで、極上の豚肉を頂けるのも

素材だけで無く、ご主人の腕があればこそでしょう

 

素材だけでも、技術だけでも無く

両者が揃えばこそ頂ける、極上とんかつであるのは間違いありません

 

 

前述した通り、塩のみで激ウマとなる大倉のとんかつですが

テーブルにソースがある以上、一口くらいはソースで頂いてみたい所

 

そんな訳で、ソースをひと垂らししてみると、

なんか、とんかつのゆるキャラみたいなのが出来上がったわ

 

ソースはソースで、まあ美味しくはなるのですが

やっぱり、塩味と旨味が強くなりすぎてしまい

素材自体の美味しさを感じづらくなる部分も

 

素材そのもので激ウマなこちらのとんかつは

特ロースであろうと、そうで無かろうとも

やっぱり、塩で頂くのがマストで間違いありませんね

 

 

続いて、本日サイドメニューとして頂いたのが、

こちら、鶏の唐揚げになります

 

大きめのもも肉?に衣を付け、まるっと揚げた唐揚げですが

食べやすく5等分にカットされた状態での提供となっております

 

こちらには、別途渡された胡椒がお勧めとのことでして、

そちらを振りながら頂いてみることに

 

ザクッと音を立てる、良い具合の衣を楽しみつつ

その下からは、ジュワーッと沸き上がる鶏の旨味

 

これもまた、ジューシーな鳥肉となっている上に

鶏皮もしっかり付けたままで揚げられ

皮目の柔らかな食感、脂の旨味も共に流れ込んできます

 

下味はそこまで強くないものの

胡椒なしでも十分に旨味を感じられるタイプの唐揚げ

 

また、お勧めされた胡椒以外に

とんかつでも使用している塩を付けたVerも試したのですが

これもまた、鶏の旨味を強く感じられる食べ方となりました

 

とんかつは勿論ながら、

鶏の唐揚げもまた、格別な1品となり大満足

特ロース無しでも、その魅力が十二分に味わえるランチとなりました

 

 

そんな感じで、久々のランチ訪問となった

幸町の人気店、とんかつ大倉

 

お目当てだった特ロースには間に合わなかったものの

代わって頂いた、とんかつ定食もまた、十分満足出来る1品となりました

 

特ロースに比べ、お値段が400円安いことを考えれば

コスパ面でも十分納得出来るとんかつですし

ロースの脂を得意としない方には、むしろお勧めの1品とも言えそうです

 

また、初めて頂いた鶏の唐揚げもまた、さすがの1品

150gのとんかつ共に頂くには、若干ボリューム過多にはなりましたが

まあ久しぶりの大倉、しかも前回1度フラれた上での再訪ですしね(笑)

 

なお、前述した通り開店直後には満席となる人気店

加えて、特ロースについては争奪戦必至の希少メニューとなりますので

同品を狙う際には、開店時間前の訪問をお勧めします。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

とんかつ 大倉

■ とんかつおおくら

■ 住所:千葉県千葉市美浜区幸町1-15-3

■ TEL:043-376-2876

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:30~20:30

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。