スポンサーリンク

東千葉駅近く、千葉神社並びのとんかつ割烹 武石にランチ訪問 薄付きの衣で食感良好、ボリューム満点なロース膳を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

昨晩、半沢直樹(生放送SP)を見てから

その流れで撮りためていた番組(8割は食べ物関連)の試聴へ

 

それらを解消していく中で、私の中には

・天ぷら

・ふぐ

・カレー

・ハンバーグ

と、次なるランチ候補が浮かび上がる中

 

最終的にとどめを刺してきたのが、そう

「とんかつ」だったのです

(番組内では、高田馬場の「とんかつひなた」を紹介)

 

結果、私はもちろん

それを横目で見ていたカミさんにも豚カツに対する熱い思いが伝染

翌日のランチは、滞ること無く「とんかつ」を求めることに

 

 

さて、とんかつとは言ってみたものの

割と市内にも候補に挙がるお店が増えてきた同品

 

しかし、とんかつひなたとの比較に耐えうる

間違いの無い豚カツとなれば、そう

幸町の超・人気店「とんかつ大倉」を外すことは出来ず

 

意気揚々と開店5分前にお店に着いたものの

そこには、日頃より目にする開店待ちの列では無く、閉じたシャッターのみ

 

もしや・・・と、嫌な予感を察知し

すぐさまお店のインスタアカウントを確認してみると

 

 

・・・まさかの定休日

 

日曜定休に加え、月に数度の月曜休みを取っている様で

正にこの日が、その月曜日に

 

さて、、ここから一体どうしたものか

代替案となる豚カツと言えば、すぐ近くの梨果園・・・もしくは岡本庵か

 

そうこう悩んでいる所にカミさんよりひと言

「千葉神社近くのとんかつ屋さんってどうなの??」

 

千葉神社近くの豚カツ・・武石、か

最後に足を運んだのは7~8年前ですが

私の中での印象としては、可も無ければ不可も無い、そんなお店

 

ただ数ヶ月前に本ブログでまとめていた

東千葉駅周辺のテイクアウト情報」に際して

同店をお勧めする声をいくつか頂いておりまして

 

長いこと足を運んではいないものの

あちらもあちらで、千葉に古くからお店を構える老舗

 

せっかくならば・・・と本日の予定は急遽変更

東千葉駅近くのとんかつ割烹 武石へと足を運ぶことに。

東千葉駅からすぐ側、千葉神社並びにお店を構えるとんかつの老舗、武石へランチ訪問

幸町から急遽車を移動し、向かうこと10分程

11時を少し回った頃にお店へ着くものとなった、東千葉の豚カツ店、武石

 

お店に隣接する駐車場へ車を停めて店内へ向かうと、先客が1組

ホールを担当しているのは女将さん?でしょうか

女性一名が忙しそうに走り回っている中、店内へと案内されることに

 

早速、メニューについてですが、

まず店外で確認できたのはこちらの通り

全品1000円均一で、ロースからひれ、ミックスに焼き魚などが提供されております

 

以前は11:30オープンだった様に記憶しているこちら

久々に足を運んだところ、開店時刻は11:00からになった様子

 

また、ディナーの営業時間も短縮されている反面

表にはテイクアウトに関する詳細も記されておりまして

そちらの販売との兼ね合い?で、営業時間も若干の変更が伴われているようです

 

続いて、店内で目にしたメニューの方ですが、

こちらも、先ほどと同じメニュー揃いとなるものの

そのお値段は、全品共に+100円された1100円とのこと

 

どうやら、表のメニューは税別

店内のメニューは税込み、といった違いになる様ですね

 

加えて、店内メニューの方では、

・ランチ

・膳

と、2種のパターンが記載されており

その価格差は400円ながら、膳になるとお肉が1.5倍になるとか

 

 

ただ、ロースカツ&ヒレカツ膳については理解出来るとして

焼き魚ランチを焼き魚膳にした場合は一体・・・??

 

まあ、とんかつに関して言えば膳の方が1.5倍になることは間違い無し

ステーキなどの肉料理であれば

大きければ大きい方が美味しい、と言われる訳ですし

 

ここはとんかつもまた、大きい方が美味しい・・・筈

と仮定し、本日はロース膳を頂いてみようと思います

 

そして、カミさんの方は

ヒレと海老フライを頂ける、ミックスランチを選択し

それぞれを注文する運びとなりました。

薄めの衣で軽い食感 冷や奴に茶碗蒸しと惣菜豊富なロースカツ膳を食べてみた

前述した通りの注文を終えた時点で、

私たち以外には先客が1組2名となる店内

その後、もう1組1名のお客さんが来店となり、店内は3組に

 

見た感じでは、そこまで忙しそうに思えない店内ですが

ホールを担当している女性(奥様?)は慌ただしくしている様で・・・

 

厨房の方からはグラスが割れる音がしたり

鳴り響いた携帯電話(お店の方の電話)に対し

『今忙しいんで、後でかけ直します!!』といった応対をされていたりと

 

 

店内を見る限りでは、そんなに忙しいだろうか?

と感じるものの、あのバタつき様

裏では実は、テイクアウトの注文が殺到しているのでしょうか??

 

いずれにせよ、なにか慌ただしい空気流れる店内ですが

注文から待つこと15分程でまずはカミさんの方に

こちらのミックスランチが到着となります

 

それを追う形で、続いての提供となったのが、

こちら、私の注文した、

とんかつ割烹武石で頂く、ローズカツ膳となります

 

メインのロースカツは確かに大ぶりなサイズで、食べ応えありそうな一品

また、メインだけでは無く、

冷や奴に小鉢、茶碗蒸しに香の物もセット

こちらのセットは、御膳・ランチ問わずとなりますので

1100円のセットでこの品数は、ちょっとお得さを感じさせます

 

さて、メインとなるとんかつですが、

店内に記載のある説明によれば

同店で使用しているのはいも豚とのこと

 

綺麗なピンク色で均一に火が入っており

衣が薄付きとなっているのも特徴的です

 

まずはこちらのとんかつを、何も付けずそのまま一口

脂は少なめとなっていますが、相応に甘さを感じさせます

帯する赤身の部分は、ちょっと火が入りすぎているのか

パサつきを感じ、また甘みも無く、素材からの味わいも控えめですね

 

となればやはり、ここはソースの出番

卓上のソースと共に、和辛子を一塗り

うん、まあそれなり・・・でしょうか

 

やはり、とんかつからはしっとりした感じは無く

お肉のパサつきが目立ってしまいます

 

衣が薄付きなのは好みなものの

火を通しすぎなのか、そもそも素材によるものか

ちょっと期待していたとんかつには及ばない、といった印象になりそうです

 

そんなロースを、カミさんの注文したヒレと1枚交換

代わって頂いたヒレはこんな感じで、

ヒレだけに脂は無い部位となりますが

肉には柔らかさを残した加減で仕上がっております

 

ただこちらも、パサつきこそありませんが

赤身特有の旨味が感じられると言った程では無く、やはりソースがマストとなりそうです

 

あと、特筆すべき点を挙げるとするなら

こちらの茶碗蒸し

セットのオマケ的な位置づけながらも、

・筍

・かまぼこ

・銀杏

・椎茸

と、意外な程に具だくさん

(私的に椎茸は不要でしたが)

 

そしてお味噌汁ですが、

  

とんかつと言えば、赤だしのお店が多い中

こちらでは、合わせ味噌を使用したなめこ汁が提供

 

幸い、なめこの量は2つ程と少なく

きのこ類をNGとしている私でも、安心して頂く事が出来ました。

 

 

といった具合に、7~8年ぶりの訪問となった

東千葉駅近く、中央区院内のとんかつ割烹 武石

 

ボリューム面では十分なサイズを誇る

ロースカツ膳、そしてミックスランチを頂くものとなりました

 

肉質、揚げ加減については好みに至らず・・・となりましたが

それもこれも、近年美味しい豚カツ店が増えていることと

それらと比較してしまえば、と思うところも少なからず

 

昔ながらの豚カツ店で

昔ながらの素材を変わらぬ調理法で提供している

と思えば、これはこれで、納得出来る品とも言えそうです

 

 

そんな豚カツについてはさておき

どうしても気になってしまったのが、店内の様子でして

 

お会計をすべく、レジに向かったところ

レジの裏とは言え、お客さんから見ても目立つところに

男性ものの洋服、上下が脱ぎ捨てられておりまして

 

広い店内、わざわざそこに脱ぎ捨てなくても・・・

と思う部分に加え、その辺に意識が回らない程の忙しさだったのか

 

いずれにせよ、私の立場からでは分かりませんが

敢えてひと言、付け加えるとすれば・・・

「落ち着こう!!」でしょうかね

 

やっぱ、大倉の代替案は

大倉以外では解決できそうにありません(笑)

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

とんかつ割烹 武石

■ とんかつかっぽう たけいし

■ 住所:千葉県千葉市中央区院内1-8-1

■ 営業時間:11:00~13:30 / 17:30~20:00

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。