スポンサーリンク

千葉のラーメン系譜を語る上で外せない名店、みつわ台の千葉家を久々訪問! ラーメンの美味しさはもちろん、駐車場完備で益々パワーアップ!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

本日は午前中に空き時間が出来た事から

月一で通う都賀の病院まで、薬をもらいに受診

 

病院からの薬受取までが完了し、時計の針は10:50

お昼をどうしようか・・・と考えた所で、今の時間は11時10分前

 

この時間なら、ギリギリ並ぶこと無く迎えるのでは!?

と、ふと思い浮かんだ先、それがみつわ台の「横浜ラーメン 千葉家」となります

 

今更、私が説明せずとも、千葉のラーメン好きなら

誰もが知ってる、みつわ台の超・人気店「千葉家」

私も20年来通っている、千葉を代表する横浜家系ラーメンとなります

 

新型コロナ渦の緊急事態宣言中は、お店を休み

その後、再開した折にも足を運ぼうとしたものの

開店直後から出来ていた長蛇の列を目の当たりにして断念すること3回

 

ただし今日であれば、現在の都賀からみつわ台まで、車で5分

開店前にはお店に着けるものと判断し、急ぎみつわ台へ

 

お店の駐車場へ車を停める前に、チラ見でお客さんの列を確認しますが・・・

よし、並んでいる様子も無い!!

 

これなら開店後の1周目に入店出来るはず

急ぎ車を停め、こちら千葉家へ久々足を運ぶものとなりました。

通い始め気付けば20年、千葉の家系を牽引してきた名店、みつわ台の千葉家へ久々訪問!

駐車場へ車を停めるに際し、ちょっとバタついてしまい

お店の前に着いた時刻はちょうど開店時刻となる11時

 

車から目にした店先には、並んでいるお客さんがいない・・・

と、見えていたのですが、そこは読みが甘かったようで

 

お店の脇に設置されている、コカコーラの自販機に隠れ

しっかりお客さんは並んでいた模様

 

私が着いた時点では、すでに店内は満席

その後にも、3名のお客さんが自販機の裏に潜み、並んでいたようです

 

ほんのタッチの差でしょうが、開店直後の1周目には間に合わず・・・

さて、どうしたものか、と悩んだものの

すでに車を停めた後だし、何より本日の舌はすでに家系モード

 

この状態から解き放たれるにはもう

千葉家にありつく以外、解決策は見当たらず

回転の速い同店を信じ、久々店先に並び、入店を待つものとなりました

 

私がここ、千葉家に通い始めたのは、気付けば20年近く前

その後、みつわ台に住んでいた頃には月2ペースで通っていたものの

みつわ台から引っ越してしまい、今度はご近所に杉田家がオープン

 

結果として、家からも近く

且つ駐車場も完備されている杉田家が便利となってしまい

千葉家へ足を運ぶ機会は、めっきり数を減らすものとなりまして

 

今では年に1~2回のペースとなってしまい

更には、本年に限ってはこれが初訪問

 

とは言え、私が足を運ぶ機会を少なくしていた原因の1つ

お店に駐車場が無い、と言う問題は現在既に解消済みでして

上記の通り、お店を左手に見て

1つ手前の信号を左へ曲がった先に駐車場を完備

 

また、この駐車場が

上記の通り、しっかり広い作りとなっておりまして

車も10台以上停められる様になり、近隣にコインパーキングが無かった問題も解決するものとなりました

 

さて、そんな駐車場の紹介を終えたところで、再びお店の方へ

私が着いた時点で、外待ちするお客さんは3名

 

4番手として、お店の前に並ぶものとなったのですが

そんな私を、隣で迎え撃つのは、

まさかの室外機(しかも2台)

 

ただでさえ、外気温は30度を越す真夏日

加えてこの位置はちょうど、アーケードからも外れ、直射日光を浴びるポジション

更に隣からは、熱風が吹き付ける絶好過ぎるポジション

 

お客さんの回転が速い千葉家ではありますが

果たして、上から横から押し寄せる灼熱の波状攻撃に、私はあと何分耐えられるのか・・・。

ライトながらに素材の旨味がぎっしり詰まったスープに、ツルツル食感の中太麺 これぞ千葉の家系ラーメン!

照りつける日差しと、室外機から流れる温風

両者の狭間で待つこと5分、ようやく1人目のお客さんが退店となり、列が1つ進むことに

 

ひとまず室外機の温風からは逃れられたものの

まだ直射日光からは迫り来るポジション

 

しかし、ここからが千葉家の真骨頂

前述したお客さんを追うかの如く、立て続けに3名が退店

 

一気に店内へと導かれるものとなり

本日の注文は「中盛りチャーシュー 残りは普通」をオーダー

 

こちら千葉家のメニューですが、本日は他のお客さんがいる都合上

写真に撮影することが出来なかったので、2年前の写真を掲載させて頂きますが

こちらの通り、ラーメンは

・並

・中盛り

・大盛

の3種から選択するものとなります

 

残りは全て追加トッピングとなり

チャーシューや味玉、もやしらの追加が可能となっております

 

※ なお、上記は2年前の価格となっておりまして

現在は消費増税の兼ね合いからか、ラーメン各種は上記より

20円アップしておりますのでご注意下さい

 

なお、初見でここ千葉家を訪れたお客さんの多くが

目を丸くして驚かされるのが、こちらご主人の奥様の接客術でして

 

これも同店の名物の1つとなるのですが

これは都度触れている部分となりますので、以下の記事をご参考に

参照:千葉を代表する2大家系、横浜ラーメン千葉家 元祖家系のスタイルを貫く不動の美味さ! ⇒

 

 

そんなこんなで注文を終え、

表には先ほどに輪を掛けたお客さんの列が出来る中

席に着き、約5分で提供となった本日のランチがこちら

みつわ台の千葉家にて頂く

「ラーメン(中) チャーシュートッピング」となります

 

器一杯に並々注がれたスープ

そこから顔を出す海苔にチャーシュー

ほうれん草の隙間を縫って、見え隠れする中太麺

 

家系ブランドが千葉に浸透してから、気付けば20年

やはり私にとっての家系ラーメンと言えば、やはりここ千葉家でしょう

(末広家も譲れませんが)

 

溢れんばかりのスープはもちろんのこと

真上から見ることで、よりくっきりと浮かぶ鶏油の海

注がれた油が見事な蓋となり、湯気ひとつあげずに熱を閉じ込めております

 

そんなスープの蓋を突き破るかの如く、レンゲを一刺し

そしてすくい上げるは、このスープ

 

見るからに濃厚そうな風合いながら

その実は意外にライト、それでいながら素材の旨味は詰まっており

過不足を感じる事無く、五臓六腑に染み渡っていきます

 

鶏油の甘みに醤油の塩味もバランスが良く

家系と言えば・・・のパンチを強くは感じませんが

それであればこそ、老若男女に広く愛されるラーメンとも

 

余談ですが、家系ラーメンと言えば男性客が大半

といったイメージが強い中、ここ千葉家は女性のお客さんはもちろん

お子さん連れで訪れる、ご家族での訪問も多いお店

 

土地柄もあるかとは思いますが

そんなお客さん層の事情あってか、こちらのスープはライト目なのが特徴

 

このライト感が私は好みとなるものの

そうでないお客さんですと、

味濃い目や油多めでの注文が多いのも、千葉家らしさなのかと

 

 

さて、再びラーメンの方に戻りまして

お次は麺の方へ

日頃、同店では「固め」で麺を注文するのですが

今日は気分を変えて「普通」にてオーダー

 

ツルッとした舌触りに、噛みしめるとモチッとする食感

程良い太さでスープをすくい、また短めの麺でスルッと口の中に収まるこの感じ

 

やはり、家系のスープを100%美味しく味わえるのは

同スープに馴染む、酒井製麺の麺ならでは

 

麺の長さや太さは真似できようとも

この特徴的な舌触りや、心地よい柔らかさは

他の麺では味わえない、同麺ならではでしょう

 

そして、追加のトッピングとなるのが、

こちらのチャーシュー

 

見た目的にも、薄めのカットとなるチャーシューですが

その薄さからは予想できない、肉々しい強い食感

 

肉が硬い、と言う訳では無く、弾力があるとでも言うべきか

薄くカットされていながらも、強い歯ごたえを感じさせてくれます

 

その食感であればこそ伝わってくるのが

噛みしめるごとに増す、素材ならではの旨味

 

薄めのカットで食べやすくなっているにも関わらず

満足度も高く、更に肉の味わいも感じるのもまた、このチャーシューの特徴

 

若かりし頃なら、このチャーシュー

そして海苔と共に、当たり前のようにライスも頂きましたが

今となっては、そこまでの食欲も発揮できず

 

加えて本日は病院帰り

いつもよりも、若干ながら血圧も高くなっており

そこまで気にするものでは無い・・・と分かってはいるものの

 

やはり、押し寄せる加齢とそれに伴う肉体の変化を考慮すれば

この絶品スープを飲み干す、そんな勇気も沸いてこず

 

せめてもの抵抗、とばかりに

にんにくと生姜、胡椒を一振りし、味変したスープを頂き

十二分の満足を得るものとなりました。

 

 

と言う訳で、約一年ぶり

久々の訪問となった、みつわ台の千葉家

 

今でこそ数ある、千葉市内の横浜家系ラーメンですが

その礎を作ったのは紛れもなく、ここ千葉家と末広街道沿いの末広家

この2軒であるのは間違いありません

 

20年近くが経とうとも、変わらない味はもちろん

お客さんの盛況ぶりすら、今も変わらない同店

 

観光地化する家系ラーメン店が多い中

地域に根付いた、地元でも愛される数少ない、

横浜家系ラーメンの味を再確認

 

同通りで、同じく地元に根付いていたごろう商店や

千葉家すぐ並びとなる億人隊長など、このコロナ渦で次々と閉店が続いていますが

変わるお店もあれば、変わらないお店もある、その強さを垣間見た気がします

 

 

なお、これは私だけ??

かどうか、ちょっと気になる所で

 

普段は絶対、コーラを飲むことは無いというのに

ここ千葉家の帰りに限って、妙にコーラが飲みたくなる

 

そして、そんな私の心の声が漏れていたのか

お店の前にはコーラの自販機、そして思わずコーラを購入・・・

 

これって・・・、私だけ?

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

横浜ラーメン 千葉家

■ よこはまらーめん ちばや

■ 住所:千葉県千葉市若葉区みつわ台4-17-22 106号室

■ 営業時間:11:00~20:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は、翌々水曜日)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。