孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉駅近くの登戸二丁目に、麺屋しずくがオープン 個性的なスープ、カエシで頂く特選鶏白湯醤油&チャーシュー丼

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

3年前の夏、登戸二丁目交差点にオープンした麺屋 てい司゛

参照:登戸2丁目、麺屋MASTERPIECE跡にオープンの新店、麺屋 てい司゛に初訪問⇒

 

鶏白湯を主としたお店となり、同時期にはまだ多くのお店で

同系等のラーメンを提供していたこともあり、開店当初こそ話題に上がらなかったものの

 

その後、様々な独自性を突き進めていき

他店では味わえない「麺屋 てい司゛」らしさが見え始めまして

参照:麺屋 てい司゛にて新作ラーメン、「黒白湯」を食べてみた⇒

 

私も定期的に足を運ぶようになっていた同店ですが

この春に蘇我へと移転してしまい、同地は再度の空きテナントに

参照:麺屋 てい司゛が蘇我に移転オープン、 蘇我駅から徒歩1分「麺屋ていじ」にて再出発! ⇒

 

あれから5ヶ月、徐々に準備を進めてきた新店が

ここ登戸二丁目交差点内に、またもやオープンする事に

 

それがこちら

麺屋しずくというお店になります

 

インスタ経由で確認していた事前情報によれば

こちらのお店も麺屋 てい司゛同様、鶏白湯を主体とした構成とのこと

 

ただ、並べられた他のメニュー写真を見る限り

ラーメンはもちろん、サイドメニュー(特にご飯もの)が充実している様子

 

いずれにせよ、ご近所に出来た新店であればこそ、足を運ぶしかありません

そんな訳で本日は、こちらの新店「麺屋しずく」を初訪問することに

麺屋 てい司゛の跡地となる登戸二丁目交差点に、新規オープンの麺屋しずくを初訪問

私の実家からもほど近い、ここ登戸二丁目

 

かつてはカフェモールという喫茶店が30年近く営業しておりましたが

同店が閉店後は

麺ヤ 和田

麺屋マスターピース

・麺屋 てい司゛

 

と、定期的にラーメン店が入居しては・・・を繰り返すテナントに

 

いずれのお店も長くは続いておらず

(麺屋 てい司゛については、蘇我への移転ですが)

 

ラーメン店が営業するには難易度が高いのでは?

とも言われてきた、同テナント

 

そこに4軒目として名乗りを挙げたのが

本日、オープン初日を迎えるものとなった、麺屋しずくとなります

 

 

本来なら、開店時刻を目指して足を運びたかったものの

この日は所用があり、お店に着いたのは12時半を過ぎたところ

 

開店初日、しかも土曜日とあってか

この場所では珍しく、入店待ちのお客さんがすでに3組

 

その後ろ、4番手として列に並ぶものとなりました

並ぶに際し、先に表の看板を目にしますと、

事前にインスタでも目にしていた通り

お店の看板メニューとなるのは、鶏白湯各種

 

塩と醤油、二本立てで提供されておりますが

それ以外にも小さく、特選中華そばやつけ麺、担々麺も確認出来ます

 

列に着けて並んでいたところ、お店の女性スタッフさんからメニューが手渡され

再度、そちらを確認してみますと、

こちらのメニュー表では、全品共に写真付きで掲載

 

パッと見の印象ですが、最も目を惹いたのは

「激辛担々麺」となるのですが・・・

 

鶏白湯をイチオシとしているお店

その初回訪問で激辛担々麺は、あまりに飛ばしすぎ、か(笑)

 

となれば、今日の所は塩か醤油

いずれかで悩むものとなるのですが、この炎天下に鶏白湯もなぁ・・・

 

 

今ひとつ決定打が見つけられずに並ぶこと数分

どうやらカウンター席が先に空いたようで、1人で訪問となった私が先に案内される事に

 

そのタイミングで注文の確認も入りましたので

勢いのまま、特選鶏白湯の醤油、そして鶏チャーシュー丼をオーダーしてしまうものとなりました。

特有の重たさを感じない個性的な鶏白湯に、塩味・酸味の効いたカエシ 麺屋しずくの特選鶏白湯(醤油)

店外で5分ほど待った末に、案内されるものとなった麺屋しずく

 

店内の造りは、以前の「麺屋 てい司゛」を継承したものとなり、

カウンター席に加え、テーブル席が4席ほど設けられております

 

カウンターに加え、壁紙も白で統一されており

内装には多少の手が加えられておりますが、大まかな作りは変わらない様子

 

 

そして、案内されたカウンター席には・・・

 

本日、お店に足を運ぶとは聞いていたものの、まさかのお隣席に

毎週金曜日にclubhouseでご一緒している、よしぞうさんの姿を発見(笑)

 

そして、注文している品は・・・

特製鶏白湯の醤油となっており、私の選択とダダ被り(笑)

 

すでに食べ終えかけているよしぞうさんから、お話を聞きつつ

待つこと10分少々、

こちらが、麺屋しずくで頂く

特選鶏白湯(醤油)となります

 

メニュー写真が全て「特選トッピング」となるため

通常との差異が判断出来ませんが、こちらのトッピングには

 

・チャーシュー(バラ&ロース×2枚)

・鶏チャーシュー(ムネ×2枚)

・岩海苔

・味玉

・刻み玉ねぎ

 

といった品々が揃い踏み

 

またスープについては、醤油の色味こそハッキリ出ているものの

鶏白湯特有の粘度は感じられず、重たさの無いスープを想像させます

 

それではまず、そんなスープを頂いてみますと

見た目の印象通り、サラリとしたスープが特徴

 

色味の感じでも伝わる通り、カエシの主張が強く出ており

塩味、酸味を効かせた、ちょっと個性的なスープとなります

 

コッテリしたコラーゲン質を感じないので

飲みやすい口当たりにはなりますが、反面鶏白湯特有の濃厚さを求めていると、ギャップを感じそうな部分も

 

そんな特選鶏白湯から遅れ、サイドメニューも到着

スープを一口頂いてしまいましたが

鶏チャーシュー丼を迎え入れ、あらためて本日の2品揃い踏みとなりました

 

引き続き、ラーメンの方に戻りまして

今度はこちらの麺から

 

エッジの効いた中太麺が使われており

モッチリした食感が、面白くスープに絡んできます

 

他の品にも同じ麺が使われているのかは分かりませんが

この麺で頂く担々麺やつけ麺も興味が湧きますね

 

逆に、中華そばでこの麺だとどうなんだろうか・・・

もしかしたら、他の麺も用意されているのかな??

 

 

続いてトッピングへと移りまして、

まずは最初にこちら、

豚のロースからとなります

 

柔らかなし仕上がりで、シットリした食感を受け

ジューシーな旨味も伝わって来る、上質な仕上がり

 

そしてもう一方が、

こちらのバラチャーシュー

 

こちらはワシッとした食感が特徴となっており

噛みしめるごとに旨味が増していくスタイルになっております

 

そんな2種の特徴異なるチャーシューに加えて、

もう一種が、こちらの鶏ムネチャーシュー

 

パサつきの無い、柔らかな仕上がりとなり

これもまた、面白い味わいを感じさせてくれます

 

三種のチャーシューが揃い踏みとなる同品ですが

いずれも異なる個性を持っており、それでいて各品共に美味

 

同店を運営するのは、富里にある焼肉店との話ですので

お肉の扱い、調理には高い技術を感じさせます

 

なにより、これらチャーシューにひと味を加えてきたのが、

こちら、鶏白湯ながらにたっぷり入った刻み玉ねぎ

 

酸味が強い、個性的なスープになるのですが

そこに甘みをもたらす玉ねぎが、絶妙にマッチしてきます

 

そして、私の大好物でもある

こちらの岩海苔も忘れる事無く頂きまして

ちょっと不思議で個性的な鶏白湯を味わうものとなりました。

 

 

一方、サイドメニューとしてオーダーしたのが、

こちらの鶏チャーシュー丼

 

その名の通り、鶏満載となる丼ですが

先ほどの鶏ムネチャーシューを、ほぐした状態でご飯にトッピング

 

中央に鎮座する、卵の黄身がなんとも言えない輝きを放っております

早速、チャーシューと共にご飯を頂いてみますと

鶏チャーシュー自体の味わいは、先に頂いた通りの美味しさ

ですが、そこに拍車を掛けてくるのが、共に盛り付けられたネギ

 

こちらのネギにはごま油らで味付けが施されており

この香りにコクある味わいが、鶏チャーシューの美味しさを引き上げております

 

また、その輝き通り、卵の黄身も濃厚な味わいをもたらし

鶏にごま油風味のネギ、双方としっかりマッチ

 

普段なら、ここにスープなどを加えてご飯を頂くものの

そんな一手間を加えずとも、しっかり完成されたサイドメニュー

 

このご飯目当てでも、再訪してみたい

そう思わせる絶品仕上がりとなっておりました。

 

 

という訳で、開店初日に訪問となった麺屋しずく

塩と醤油で悩んだ末、鶏白湯の醤油を特選トッピングにて頂くものとなりました

 

前述した通り、鶏白湯特有の重たさは感じられず

サラリとしたスープに仕上がっており、夏場に頂くにはむしろ嬉しい誤算に

 

ただ、更に個性を感じさせたこちらのカエシについては

塩味、酸味共にしっかりしており、意見が分かれそうな特徴を感じさせます

 

また、こちらのスープから感じられた香り

その理由、正体は分かりませんが、これもちょっと気になる所に

 

ただ開店初日ながら、お店のオペレーションは非常に良好で

店内のスタッフさんだけで無く、外待ちするお客さんにまでしっかりとした気配りが

 

外待ちも出る混雑の中で訪問したにも関わらず

そのスムーズな接客には、好感を得るものとなりました

 

いずれにせよ、本日頂いた醤油だけでは判断付かず

塩、担々麺、更にはつけ麺も頂いてみたい所

 

ご近所のお店という事も含め

今後も定期的にチェックしていきたい、そんな新店のオープンとなりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

麺屋しずく

■ めんや しずく

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸2-3-15 川村ビル1F

■ 営業時間:

■ 定休日:

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。