スポンサードリンク

【画像あり】フレスポ稲毛のファーマーズキッチン ノンストップでも紹介されたオシャレ過ぎるカフェ

以前に、本ブログでも取り上げたことのあるフレスポ稲毛

参照:フレスポ稲毛内にある八葉のランチバイキングが案外凄かった  ⇒

こちらは、家族連れ(特に小さい子供)が遊べる施設や、飲食店が多く、土日ともなると子供がそこかしこを走り回っているショッピングモール

 

そのフレスポ稲毛内に、新しい施設?飲食店??がオープンしたとのこと

しかも、今年3月にオープンしたばかりだというのに、フジテレビの「ノンストップ!」で特集されるなど

にわかに注目を集めだしているお店とのことなので、ひとまず足を運んでみました

 

スポンサーリンク

千葉に新規オープンとなった、ザ・ファーム・ユニバーサル内ファーマーズキッチン

フレスポ稲毛の駐車場に車を止め、噂のお店「FARMER’S KITCHEN(ファーマーズキッチン)」を探すが・・・無い

 

いや、正確には森? 林? 植物園?? 園芸屋???

とおぼしき建物と、陳列されている様々な植物は目に入るものの

ファーマーズキッチンなる飲食店らしき建物は、視界に全く入ってこない・・・

千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ,

が、上記した園芸屋とも植物園とも覚束ない敷地の看板に「ザ・ファーム・ユニバーサル」なる名前が

 

もしやこの中に・・・?

と近づき、手元にある地図に目を向けてみると、

2016-07-06 11.30.31

あった、あった

この広大な植物園の敷地のど真ん中に、「ファーマーズキッチン」なる名前が。

 

千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ,

どうやら、この植物に囲まれたエリア全体の名前が「ザ・ファーム・ユニバーサル」であり

その中に隣接するカフェが「ファーマーズキッチン」なのだそうだ。

 

後に調べて見た所、この「ザ・ファーム・ユニバーサル」というのは、大阪を拠点としたガーデンセンターらしい

大阪の本店についで、昨年には銀座三越に2号店が

そして、3号店となるのがこちら、フレスポ稲毛内にオープンしたお店とのこと

(大阪 → 銀座 → で、その次に何故、稲毛を選んだのかはサッパリだが)

 

店内の内装には、これまたメディアでちょくちょく見かける、二子玉川の蔦屋家電を手がけている斎藤太一さんなる方がディレクションしていたり、

同ファーマーズキッチンの料理についても、アンチエイジングや食育のプロ(らしい・・?)関口絢子さんがプロデュースしているだとか

いずれにせよ、千葉にありながら、千葉らしくないオシャレなお店、となる。

 

同敷地内には、カフェだけで無く、

2016-07-06 11.30.51

子供を遊ばせられる広場(砂場やプールもアリ)や、魚が泳いでいる池や

植物園の如く、陳列されている花々も購入出来たりと、いわゆる「自然大好き!」にとっては

楽しくて仕方ない、オシャレな空間となっている

※ 文面からも分かる通り、私はさほど自然に興味が無いw

 

スポンサーリンク

ファーマーズキッチン(フレスポ稲毛店)のランチメニューは

さて、肝心なランチのメニューですが

千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ, 千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ,

千葉産の野菜をふんだんに使った料理が中心となっており

・ハンバーガー(2種)

・サンドウィッチ(3種)

・その他メニュー(カレーなど 3種)

・各種スイーツ

・その他、一品もの(ポテトやサラダなど)

がランチ時にはオーダー可能

 

それぞれ、単品とセットがあり、

セットの場合は、サラダ、ドリンク、+1品(メニューにより異なります)といった内容に

 

店内を見渡しても、近所の奥様達が数名で連れ合っていたり、若い女性数名がキャッキャしていたり

中にはカップルでの男性も数名見かけるが、その大多数は女性

といったターゲットからも分かる通り、成人男性がガッツリ食べる、といったメニューでは無い

 

果たして、これで今日の空腹が満たされるのだろうか・・・

と、一抹の不安を抱えた私は、

・メンチカツバーガーセット

と、単品にて

・カレーチキンサラダ

をオーダー。

 

千葉には似つかわしい、オシャレ過ぎるカフェだというのに

注文の内容と来たら、まるでマクドナルドだ(笑)

 

同店は、テーブルを先に抑え、オーダーを決めたらレジにて注文し

再びテーブルにて注文の品の到着を待つ、というフードコートの様なシステム

お水なども全てセルフサービスとなっており、煩わしく店員さんが走り回らず

落ち着いてカフェランチを楽しんだり、植物に囲まれた空間に癒やしを求める、ことが出来る様な出来ない様な

※ 要するに、空間がオシャレ過ぎてしまい、男の身としては居心地が悪いのである

 

待つこと数分、オーダーの品がテーブルに到着

そして、ここで2回目の後悔が訪れるのだった…

千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ, 千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ,

※ 写真上がメンチカツバーガー、下がカレーチキンサラダ

 

女子供の好む、小さくてカワイイ且つヘルシーなカフェランチ

と思いきや、ハンバーガーもサンドウィッチも、思いのほかデカい(汗)

 

どちらも、セットで注文すればそれのみで十分なボリューム

と言えそうな程に、バンズ、具材共に相応のボリュームを誇っている

 

とはいえ、所詮はパン

この程度、どうにかなるはずと、まずはメンチカツバーガーから

近くで見ると良く分かるのだが、こちらのバンズ、上だけで無くしたのバンズまで、全身ゴマづくし

ゴマ団子よりも大量のゴマに包まれたハンバーガーだが、メンチカツはジューシーに仕上がっおり

ゴマをこぼさずに食べる事は至難ながら、女性なら十分過ぎるボリュームのハンバーガー。

 

上記ハンバーガーで、腹6分まで満たされたものの、サンドウィッチを残す訳にはいかない

こちらのパンは、黒糖を練り込んでいるらしく、ほんのりでは無く、しっかり甘さを感じるパン

が、中の具材は風味だけで無く、スパイス感も伝わってくる本格派カレーソースになっており

しかも、ヨーグルトやレーズンまでがトッピングされている

 

ひと言で言えば

「生まれて初めて食べる、サンドウィッチ」

としか表現の仕様がない、斬新でありながらも食が進む、そんな一品だった

 

更に、ハンバーガーのセットであるフライドポテトも、他店では見ることのない

細めの作りになっているのだが、素材の鮮度が良いからこそ成せる業なのか

この細さであっても、しっかりした歯ごたえが残っている

惜しむらくは、ケチャップ等の付け合わせが無いために、ポテト単体を食べ進めると

後半になって飽きが来る、点くらいか

 

なお、本日は天候が微妙だったために店内で食事をしましたが、ファーマーズキッチンの敷地内には

千葉,グルメ,フレスポ稲毛,ザ・ファーム・ユニバーサル,ファーマーズキッチン,関口絢子プロデュース,ランチ,

こちらの様なテラス席も多数あり、日差しを浴びながら、大量の緑に囲まれランチを頂くことも可能になっています

 

他にも、紹介すべき施設のウリは多数あるのですが

本ブログはあくまで「食」にこだわるため、割愛させて頂きました

 

緑に囲まれた涼しげな空間で、ランチの一時を過ごし、お茶を楽しみたい

そんな女性達にはうってつけの、自然食が頂けるカフェランチとなりますので、

是非足を運び、ご自身の目で確認して貰えればと思います

 

追伸:

ファーマーズキッチンを探し歩いている際に、こんなのを発見

千葉,グルメ,フレスポ稲毛,すぐそば,蕎麦,蕎麦カフェ,ランチ,

来週月曜日オープン「すぐそば」なる、蕎麦&カフェのお店とのこと

千葉では珍しい十割蕎麦もあるとのことなので、近日中にこちらへも行ってみたいと思います

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

FARMER’S KITCHEN(ファーマーズキッチン)

■ ファーマーズキッチン(フレスポ稲毛内 センターコート ザ・ファーム・ユニバーサル内)

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区長沼原町731-17 フレスポ稲毛

■ 営業時間:10:00~19:00

■ 定休日:不定休

稲毛区長沼のショッピングモール「フレスポ稲毛」のセンターコート

同敷地内で、もっとも植物に囲まれた場所を探せば見つかります(笑)

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

CAPTCHA