スポンサードリンク

作草部の麺処まるわ 2017年の総決算は最後までさすがの「まるわ」だった 

この1年を振り返ると、2月にスタートした

暴食の文法」を皮切りに、様々なコラボラーメン、限定ラーメンを提供し続けてきた、作草部のまるわ。

 

その殆どを私も完食してきましたが、次から次へと繰り出される「ラーメンの新境地」には、驚愕するばかり。

当然、レギュラーメニューも秀逸なだけに、一切の飽きを感じること無く通い続けた1年となるのですが・・・

 

その1年の集大成とも言うべき年末に、これまた新たなコラボラーメンと限定ラーメンがスタートしました。

スポンサードリンク

2017年 最後のコラボは、イタリアン香るクリスマスカラーな「スモーブの初恋」

まずは12/19よりスタートした、最新のコラボラーメンがこちら。

「JKハルは異世界で娼婦になった」という、タイトルからして様々な想像を掻き立てる小説。

同作品とコラボを果たしたラーメンとなるのが「スモーブの初恋」となります。

 

同小説を読んでいない私には、その世界観までは計り知れないのですが、初恋の持つ甘酸っぱさや、淡いなにか?を表現したラーメン・・ではないでしょうか。

いずれにせよ、まるわの手がけるラーメンに死角は無し!!

 

早速、案ずるより食べるが易しなノリで頂いてみました。

という訳で、登場しました「スモーブの初恋」がこちらとなります。

 

リア充爆発!!を掲げているまるわながら、どうでしょうかこの美しさ。

金色に輝く鶏×豚骨の白湯スープに、深紅のドライトマトと青ネギのコラボレーション。

12月にリリースという状況も相まって、完全にクリスマスカラーで統一されている様にしか思えません(笑)

 

オリーブオイルが高く香るスープからは、地中海の風すら感じますが、まずはスープから。

ベースは鶏×豚骨ではあるものの、そこにジャガイモの濃い旨味がふんだんに加わり、いわゆる濃厚系ベジポタな仕上がりとなっています。

 

そこに、具材としてトッピングされる青ネギから流れるオリーブオイルが少しずつ流れ込んで来る為、イタリアンなテイストには近づくものの、最後の一線を鶏×豚が守ることにより、ラーメンとしての牙城はしっかり保たれています。

 

しかし、ここにドライトマトが加わってくると、またもや一変。

紅茶漬けされたドライトマトからは、想像以上の甘みと酸味が溢れ出ており、まるで果物の様。

 

店長曰く、「ドライトマトを紅茶漬けにするとチェリーの様な味わいになる」とのことですが、正にそれ!

濃厚一辺倒になりがちなベジポタスープに、ジェノバソースの爽やかさとチェリーの様な甘酸っぱさが加わることで、飲み口柔らかくエンドレスに飲めるスープへと昇華してしまいます。

 

当然ながら、麺との相性にも死角は無し。

旨味、酸味、塩味、甘味を兼ね備える重厚スープをしっかり拾い上げ、途中絡むジェノバソースによって、時折パスタを頂いているような錯覚にも陥ります。

トッピングのチャーシューも肉厚でジューシーさを発揮しており、女性向けに洗練された様な一杯ながら、肉食男子の胃袋も逃さない傲慢さを併せ持ちます。

 

良くも悪くも、ワガママが過ぎる「スモーブの初恋」に見出された私は

私のワガママボディも、この魅惑にはあらがえず、気付けば全て完飲してしまうものとなりました。。。

(でも、野菜タップリだからカロリーは抑えめ・・・だと信じたい所存ですw)

スポンサードリンク

そして・・本日限定! 蒲田発 伝説のタンタンメンが、ここ作草部にてまさかの復活!

ワガママすぎる重厚な旨味を完飲してから数日・・・

本日は12/24、世のリア充が浮き足たつクリスマスイブ、となります。

 

そんな聖なる夜に、当日のみの限定ラーメンとして、まるわが送り込んできた次なる刺客がこちら。

クリスマスイブだというのに、たっぷりのガーリック&唐辛子が投下されたタンタンメン。

そこから溢れ出す食欲そそる香りは、濃厚な旨味と中毒性を帯びているものの、言葉通りリア充爆発な一杯と言えます。

 

ですが・・・・

実はこれこそ、私が長らく追い求めていた、かつて蒲田のガード下にあった名店「ミキみーる」に代表される「京浜式タンタンメン」なのです!

参照:千葉駅西口の新店 アジアの料理が大概揃う好好(ハオハオ)にて、思い出深きタンタン麺に再・・会?  ⇒

 

世の「非リア充」にとっては、リア充爆破なラーメンではあるものの、私にとっては10数年追い求めてきた、記憶のスキマを埋めてくれるONE PIECE。

 

これを食せずして、果たして2018年を無事に迎えることが出来ようか!?

と、1か月以上前から準備を整え、ついに訪れた12/24、決戦の場へいざ赴かん!!

開店と同時に店内へ入店し、いざ決戦の場へ。

席に座り、店長から掛けられた言葉は

「辛さとニンニクの数、選べるけどどうしましょうか?」

 

辛さはともかくとして、ニンニクの数を選べるラーメン・・・

前代未聞ながら、正に「リア充殺し」!!

 

辛さについては耐性があるので、そこそこイケる自信はあるものの、いかんせんニンニクの数については検討が付かず、ここはお勧めに従い『3つ』をオーダー。

ちなみに、辛さはTwitterのフォロワー限定で調節できる仕様となっており、

「中辛、大辛、紅のエンドレスレイン」の3択が可能となっております。

(私は言われるがまま、紅のエンドレスレインを注文w)

 

厨房から徐々に立ちこめる、ニンニクたっぷりの香りに食欲を刺激され、いよいよ空腹が頂点に達したその時・・・

「クリスマス?何それ美味しいの?」

この一言に全てを集約した、リア充殺し「京浜式タンタンメン」のご開帳となります。

 

深紅に染まったスープ、その上にたっぷりの光を受けて輝きを放つ、溶き玉子。

そして、筆舌に尽くしがたい 魔性の芳香を店内中に放つニンニクの香り。

 

今すぐにでも飛びつきたい画ヂカラを放つものの、辛さは3段階のMAXとなる「紅のエンドレスレイン」。

恐る恐るスープを口へと運んでみると・・・美味さの大爆発。

 

確かに辛味は感じるものの、いわゆる激辛系ではありません。

溶き卵の効果でまろやかさが増しているのでしょうか、確かな辛さがそこにあるものの、ジンワリ刺激を与える程。

そして、辛さを凌駕して伝わってくるのが、たっぷりニンニクを身に纏った挽き肉と、その旨味を閉じ込めた深紅のスープ。

 

麺もしっかりとスープを絡め、挽き肉や玉子との共演により、他のレギュラーメニューには無い独自性を発揮しています。

しかも、ジンワリくる辛さが玉子でまろやかに感じていたのも束の間、食べ進めるにつれて吹き出る汗。

初見に味覚を攻撃しては来なかったものの、真綿で首を絞めるかの如く、徐々に上り詰める辛さのステージアップが、類い希な旨辛感を作り出しています。

 

「紅のエンドレスレイン」には、「鬼殺し」なる特別な一味唐辛子が使われているとのこと。

一撃で突き抜ける辛さを産み出すハバネロ系の辛味とは異なり、序盤は口当たり良く溶け込んでいくものの、その度合いが増すにつれ、体内を巡るカプサイシンが勢いを増す辛さを作り出しています。

 

破壊的な辛さで無いだけに、スープの持つ旨味を壊さず、それで居ながら時間の経過に伴い、体の内側から発汗を促す辛味。

クリスマスイブながら、冷え込みを増す作草部の町に、鬼をも殺すリア充爆弾が降臨したのです。

 

そして、食べ進めるにつれ気付くのですが・・・

このスープ、間違いなく「〆のチーズご飯」と相性が良い(笑)

 

ここは、最後に〆ご飯で合せるべきか・・・

いやでも、今日はクリスマスイブということで、夜はクリスマスの定例行事となる「やのまこと」を予約してしまっている・・・。

今ここで、〆ご飯までをほおばってしまったら、聖なるディナーに差し支えること間違いない・・・

 

悶々と〆ご飯の注文を悩み続けた結果、ご飯の注文を我慢することに成功。

正確には、ご飯をどうすべきか悩んでいる間に、気付けばスープを完飲していた為、ご飯を注文せずに済みました(笑)

 

という訳で、私は〆ご飯を頼むこと無く(完飲はしましたが)食べ干した「京浜式タンタンメン」ですが

今宵のスケジュールに文字を刻んでいない方は、是非とも「〆のチーズご飯」で、この京浜式タンタンメンを堪能して頂きたい所です。

 

それともう一つ、最後に大事なお知らせが。

こちらの「京浜式タンタンメン」は1224本日)のみの限定となっております。

ご所望の際には必ず「本日(12月24日)中」にご訪問を。

なお、本記事の前半でご紹介した「スモーブの初恋」については、クリスマス仕様のビジュアルながらも、来年1月21日まで提供とのことです。

 

今年1年を振り返り、様々な限定、コラボラーメンを提供して頂いた「麺処 まるわ」でしたが、最後の最後まで爆発する旨さを堪能させて頂きました。

また来年も変わらずの、ヤンチャさとジャンクぶりを発揮し、作草部の町にカロリーを届けてくれることを期待しております。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

麺処まるわ

■ めんどころ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:00~23:00

[土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。