スポンサードリンク

千葉のNO1焼き鳥 やのまこと(本サイト調べ) 鉄板でお勧めしたいETC10本セット

LINEで送る
Pocket

千葉駅近郊の美味しい店を知る地元民達が、こぞって口を揃え

「本当に美味しい焼き鳥を食べられる」

と、名前が都度挙がるお店、それが「やのまこと」

 

今から10年近く前に、国道357沿い(登戸1丁目)にオープンし、現在は汐見丘(千葉駅と西千葉駅のちょうど中間地点)へ移転。

また、昨年からは店舗が改装され、隣のテナントまでを店舗としたため、収容数も大幅にアップした人気店。

 

本ブログでも過去に、

知ってれば千葉グルメ通!友達に ドヤ顔出来る千葉の隠れた名店、厳選6店を紹介!

上記記事でいの一番に取り上げたことがあったのだが、実は積極的に紹介する事を、意図的に控えていた節があります。

 

その理由は・・・

「本当に好きな店だからこそ、あまり教えたくない」

といった次第でして。

 

少し前まではお店も小さく、数組で埋まってしまう規模だったので、「人に教えたくない」気持ちがあったものの、

最近はお店も広くなり、収容数も増えたので、記事にすることの心配も薄くなったため、今更ながら紹介してみようと思う次第です。

スポンサーリンク

本当は教えたくない、千葉NO1の焼き鳥が食べられるお店「やのまこと」

2016-06-28-18-18-20

JR千葉駅から線路沿いに西千葉方面へ進み、松波陸橋(総武線の高架下)を過ぎてスグ、に位置するこちらのお店。

周囲は一軒家ばかりの、完全なる住宅街に、1軒のみぽつんと光を点しているのが「やのまこと」。

 

千葉県内でも、限られた店舗でしか取り扱っていない(そもそも生産している養鶏所が少ない)「千葉シャポン」を始めとした、レアすぎる地鶏の数々を、様々な調理法で堪能出来る焼き鳥店となります。

 

同店での注文は、串のセット(5~10本)がマストとなるのですが、私が必ず注文するのは「ETCスペシャル」。

10本セットでお値段、1人前2200円と、普通の焼き鳥店に比べて、気持ちお高めではあるものの・・・

同コースでしか食べる事の出来ない1品があるからこそ、この「ETCスペシャル」がマストなんですね。

 

ETCスペシャルをお勧めするなんたるか、を伝えるには、全10本を写真に記録し、伝えることが一番。

とは思うものの、古くより

「天ぷらは揚げたて、寿司は握り立て」

と言われるものと同じく、焼き鳥も焼きたてを即、ほおばることこそが一番。

(要するに、写真を撮ることも忘れかぶり付いてしまった)

 

我を忘れること無く、記録の残っている串をご紹介しますと、

 2016-06-28-18-35-19

こちらは、チーズつくね。

こりっとしたなん骨入りのつくねに、溶けたチーズがベストマッチ。

子供も喜んで食べる人気商品ですね。

 

2016-06-28-18-24-08

記憶は曖昧ですが、確かシャポン鶏のもも肉・・・だったような。

恐ろしいばかりの弾力で跳ね返ってきますが、堪らないプリップリ感が味わえます。

(この辺のコース内容は日によって異なります)

 

2016-06-28-18-31-07

梅しそ焼き。

こちらの練り梅は自家製なんですが、ヤバい美味い。

遠方から来た友人を連れて行くと、ほぼ必ずお土産に持って帰るほど。

(練り梅はテイクアウトでの販売もやってます)

 

そして・・・

私が、ETCスペシャルを注文する、最大の理由がこちら

2016-06-28-19-33-17

通称「幻のレバー」と呼ばれる、レバーと名乗りつつも、レバーの域を遥かに超えた一品。

単品で注文する際には、1本800円と高額なレバーではあるのですが、それが10本2200円のコースにのみ含まれます。

 

過去、やのまことに連れて行った友人・知人の中には

「レバーは苦手・・・」

と語るものも少なくありませんでしたが、その全員に

「幻のレバーは、レバーとは別物だから、1口だけでも食べてみ」

と話し、お勧めした結果、100%の確率で

「これは美味しい!!」との返答を頂いてきた一品。

 

まあ、本音を言えば

「やっぱり苦手・・・」と残して貰えるものなら、私が頂きたい所なのですが。

なんにせよ、どんなレバー嫌いをも虜にする、それがこの「幻のレバー」なのです。

上記した串以外にも、様々な鶏料理が頂けるのですが、私のお勧めは

2016-06-28-18-28-57

最近ようやく「通常メニュー」に入れて頂ける様になった、鶏餃子。

鶏皮に餃子の具が入っているだけ、と思いきや、肉のジューシーさがタダゴトじゃあ無い。

 

また、餃子に掛かっているソースも日替わり(最近はようやく一本化された?)となり、肉だけで無くソースとのマリアージュも楽しみの1つだったり。

スポンサーリンク

〆といえば、やのまこと丼 お昼時にはお弁当の販売も開始

串焼きにせよ一品料理にせよ、お勧めどころの多い「やのまこと」ではありますが、忘れていけない名物がこちら。

2016-06-28-18-27-13

お客さんの大半が「〆」に注文してしまう(食べずには帰れない)、「やのまこと丼」となります。

ご飯の上に、自慢の炭火で焼かれたほくほくの焼き鳥、鰹節&しその葉、そして自家製の練り梅と新鮮プルプルの玉子が乗っかった丼。

これを一気に混ぜて頂くと・・・夢にまで出てくるほど、忘れられない体験が味わえます。

 

上記はシングル(標準の丼サイズ)となりますが、ミニ~ギガントまで様々なサイズがあるので

(サイズの表記はじめ、メニューの説明など、初見では意味不な点が多いと思いますが、質問すれば丁寧に答えて貰えます)

人数やその日の食欲に合せ、サイズを変えて注文してみましょう。

 

なお、最近はランチ時に店頭でお弁当の販売を行っており、上記した「やのまこと丼」を始め、そぼろ丼などもお持ち帰りできるとのこと。

ただ、やのまこと丼の真骨頂は、炭火で焼かれた、焼き立ての柔らかい鶏肉でこそ100%のポテンシャルを発揮するもの、

となるので、お弁当はそぼろ丼の方がお勧めかも知れません。

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

やのまこと

■ やのまこと

■ 住所:千葉県千葉市中央区汐見丘町18‐1

■ 営業時間:ランチ (お弁当のみ販売、営業時間は未確認です)

ディナー :18:00~23:00

■ 定休日:日曜日、祝日

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントを残す

CAPTCHA