スポンサードリンク

千葉駅徒歩3分 居酒屋 高(たか) 個人店居酒屋の「らしさ」が溢れるランチ

しばらくラーメンorパスタのランチが続いてしまい、久々に白米をガッツリ食べる、定食系ランチを欲しだした、とある日。

所用で、千葉駅近くまで足を伸ばしたついでにランチのお店を散策し、久々、みゆき通りの「野本」へ向かおうとしたのですが、時刻は11:10。

野本のランチは11:30からとのことで、まさかの20分待ち。

 

この空腹を逆算するに、20分を耐え凌ぐことは不可能と判断し、

野本のお隣「居酒屋 高(たか)」のランチを覗いてみることに。

 

店外に出ているランチメニューを見ると、

居酒屋らしい、旬の魚介を使った定食が多数。

 

加えて、カレーや皿うどん、更には焼きそばまであり、このレパートリーが示す懐深さは、実に私好み。

という訳で、この日のランチは、富士見町のみゆき通り沿い「高」へ訪問してみることとなりました。

スポンサーリンク

居酒屋ランチと言えばガッツリイケるご飯モノ? それとも定食…??

こちらの「高」ですが、夜は活きイカやカワハギの活け作りを提供してくれる、千葉駅近郊では数少ない「気の利いた居酒屋」となります。

これまでも、夜には幾度と訪れているのですが、ランチ帯での訪問となると、実はこれが初めて。

夜帯にはバイトとおぼしきスタッフさんが居るものの、ランチ帯は店主さん1人でのワンオペの様子。

お一人で接客~調理まで手がけているからか、清掃が行き届いていない部分が目に止まりますが・・・この雑多な感じも含めて、雰囲気ある居酒屋に思えてしまいます。

 

ちなみに、この日の入店時刻は、開店から10分が経過したばかり。

ランチと呼ぶにはまだ早い時間ながら、既に奥の座敷には4人組のOLさんが来店中。

居酒屋営業帯同様に、ランチ営業時間も人気のあるお店である様子がうかがえます。

 

さて、肝心な注文ですが、

店内のランチメニューに目を向けると、表で見つけた以上の品数を発見。

旬の刺身や海鮮丼、更には中華丼やスパゲッティ(パスタでは無く、敢えてのスパゲッティ)なども揃っています。

ちなみに、同店の居酒屋営業帯にも、上記のスパゲッティが提供されており、〆にナポリタンやインディアンを頼むのが一時、私の習慣だったりしました。

 

ガッツリとご飯を食べるに際し、最もふさわしいのは・・・

定食もアリだが、丼も捨てがたい

でも、肉も食べておきたい今の私を、最も満たしてくれるのは一体・・・

 

と、思考を巡らせた結果、居酒屋ランチの定番「カツカレー」をオーダーすることに。

スポンサーリンク

チキンカツに妥協できず、牡蠣フライ定食を頼んでみてものの、大誤算…

メニューの幅広さから悩むこと5分、意を決して「カツカレー」をオーダーすると

 

「スイマセン、今日、豚を切らしちゃってて

 チキンカツのカツカレーなら出来るんですが、どうしましょうか?」

と、まさかの返答が。

 

鶏肉に対して悪意は無いものの、チキンカツと豚カツは、全く別の存在。

ここに来て、チキンカツで妥協する位なら、私を散々悩ませた、他のメニューへ鞍替えする方が正解に決まっている。

(ここまでの思考に掛かった時間は、0.2秒)

 

予想だにしなかった「豚カツ、品切れました」へのアンサーソングに、

「じゃあ、牡蠣フライ定食お願いします」との答えを反射的に導き出すものとなりました。

(この反射運動が、この後残念な結果に繋がるとは露知らず・・・)

※ ちなみに、このとき同席していたうちのかみさんは「お刺身定食」をオーダー

 

注文を終え、店内のPOPに目をやってみると、早くも忘年会のお誘いが。

要予約ながら、ここ「高」では、千葉じゃ珍しいあんこう鍋、すっぽん、ふぐ料理なども出してくれております。

残念ながら、こちらの鍋コースは頂いた事が無いのですが、日頃の鮮魚の美味さを知る立場としては、どれも間違いなさそうなコースばかり。

しかも、飲み放題が付いて5000円であんこう鍋を始めとしたコースがが頂けるのなら、なかなかのお値打ちじゃないでしょうか。

 

そんな忘年会のコース料理に目を向け、様々なシミュレーションを繰り広げてみたものの

「あ・・・忘年会やる様な友達、居なかったわ」

と、日頃の非社交的(良い意味で)な現実を突きつけられ、我に返ること7~8分。

 

まず先に到着したのが、私の注文した「牡蠣フライ定食」となります。

丼サイズの大きなお茶碗に、タップリのご飯。

そうそう、今日はなんと言ってもこの「白米」が食べたくて、ここまで来たんだ。

 

そしてオカズの方は・・・

ハムと柿をあしらえたサラダ、そして、ソコソコサイズの牡蠣フライが・・・3つ。

タップリ盛られたご飯に対するオカズの割合、ちょっと少ない様な・・・

 

それから待つこと数十秒で、かみさんの注文した「お刺身定食」が到着。

せっかくなので、こちらも写真に納めてみるべく覗くと、

盛り方にこそ難があるものの、その品数は1000円のランチでありながら、まさかの8品盛り。

嫌が応にも隙間が目立ってしまう大皿など使わず、1~2周り小さなお皿に盛り付けていれば、だいぶ華やかなお刺身盛りになっていた事でしょう。

 

夜ならこれだけで1500円は頂ける程に、豪華絢爛なお刺身定食。

対し、値段が300円安いものの、ソコソコサイズの牡蠣フライが3つの定食。

数の勝負を挑む訳ではありませんが、私の中で開催された勝負に於いては、完全に刺身定食が圧勝するものとなりました。

 

まあ、そうは言いつつ「美味い方が正義」という訳で、牡蠣フライを頂いてみます。

外観よりも身が詰まっている牡蠣フライは、旬と言う事もあって、かなりジューシー。

肉汁ならぬ、牡蠣汁がたんまり溢れてきます。

 

それを凌駕して目を見張ったのが、タルタルソースの美味さ。

ここ「高」のご主人は、和洋様々な料理の経験者だそうですので、このタルタルも間違いなく自家製でしょう。

牡蠣の殻を使った皿に盛り付けられた演出も素晴らしく、ご飯の進む牡蠣フライであることは間違いありません。

 

ただ・・・3つの牡蠣フライで丼ナイズのご飯を頂くには、ペース配分が実に難題。

結局、かみさんのお刺身を数枚頂いたのですが・・・やっぱ刺身、美味い。

 

牡蠣フライに対して、それはそれで満足したものの、目の前に並ぶ豪華絢爛なお刺身を横目に頂いてしまうと、敗北感が溜りません。

もしもこれがカツカレー(豚カツに限る)であれば、ソコソコの勝負に持ち込めていただけに、瞬間のジャッジが勝敗を分けるランチとなってしまいました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

■ たか

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見1-7-7 富士見広田ビル 1F

■ 営業時間:11:00~13:30 / 17:00~23:30

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。