スポンサードリンク

千葉中央駅ナカのアクア エ スオロ 子供連れでも安心な、カジュアルイタリアンランチ

この日は週末ランチ、という事で子供と共に。

リクエストを聞いたところ、今度は

「ピザが食べたい」と、いっちょ前の発言をして来たことから、

こちら、千葉中央駅の駅ビル?Mio内にある、イタリアンレストラン

「Acqua e Suolo(アクア エ スオロ)」にてランチを頂くこととしました。

スポンサーリンク

千葉中央駅ビル、ミーオ内の本格派イタリアン Acqua e Suolo(アクア エ スオロ)

ピザやパスタを中心としたイタリアンのお店は、

・カジュアル系

・本格派

に二分されがちな業種ですが、こちら「Acqua e Suolo(アクア エ スオロ)」は、両者で言えばカジュアル派に分類されるお店となります。

 

例えカジュアル系であれ、イタリアンのお店には子連れで訪問がしづらい雰囲気があるものの、

こちらのお店は「お子様歓迎!」を公言しているイタリアンになっております。

子供用のメニューが取りそろう訳ではないものの、パスタやピザであれば、子供でも食べられるものが多く、よほどの偏食で無い限り心配も少ないのでは。

 

また、子供や家族連れだけに傾倒している訳でもなく

しっかりとしたコース料理も提供されており、加えてよそでは見かけることの少ない

「生ハム食べ放題」なんてプランの用意もあったり。

※ 生ハム食べ放題については、~17:00となっております

 

では、メニューの方ですが、ランチでは原則として、

・ピッツァ

・パスタ

の2系統に分類されたランチが提供されております。

 

ピッツァの方は、

・マルゲリータ

・マーレ(シーフードモリモリのピッツァ)

・カプリチョーザ(日替わり)

・フォルマッジ(4種のチーズ&はちみつ)

と、定番から攻めのメニューまでが取りそろう形に。

 

対し、パスタの方は種類が豊富で、定番を中心に10数種がラインナップ。

全メニュー共に、セットかコースでの注文が可能となるのですが、この日は子供と二人という事で

・ピッツァ → マルゲリータ

・パスタ → ペスカトーレ

を注文し、子供の残したピッツァを私が頂く事で、パスタだけでは不足しがちなボリューム面を補うこととしました。

スポンサーリンク

ピザからは定番マルゲリータ、パスタは攻めのペスカトーレをそれぞれオーダー

「Acqua e Suolo(アクア エ スオロ)」のランチは、セットorコースから選択が可能となっており、それぞれの違いは

・セット → サラダ、ドリンク

・コース → 前菜三種、サラダ、ドリンク、ドルチェ2品

といった副菜等を、好きなピッツァ&パスタに組み合わせる事が可能となっております。

 

空腹をこじらせた男性には敬遠されガチなイタリアンですが、こちらではパスタを大盛りへ変更したり、単品でのピッツァやその他副菜のオーダーも可能となっているなど、メニューの選択肢が広い点が特徴的でもあります。

 

ひとまず、コースによる注文という事で、

まずは一品目のサラダよりスタート。

具材は、レタス、人参、大根とシンプルにまとまっており、ドレッシングは酸味の効いた玉ねぎベースとなっております。

 

続いて、先に提供されたのは、

マルゲリータのピッツァとなります。

トマトにモッツァレラチーズ、バジルとシンプルではありますが、チーズのとろけ具合が食欲をそそりますね。

スポンサーリンク

子供用に注文したからか、バジルが控えめになっているなど、細かい所にも配慮頂いております。

 

子供に取り分けつつ、パスタが到着するまでの腹ごしらえに一枚頂いてみると、とにかくモッツァレラチーズが美味い。

ピザ生地はクリスピー系の薄い生地ながらサクフワ食感、トマトの甘みと酸味も活きているものの、なによりチーズ。

生地の上へふんだんに盛り付けられた、モッツァレラチーズが、甘みとコクを織り成し、ボリューム感も与えています。

 

久々のピッツァにニンマリしたところへ、今度は

ペスカトーレが到着となりました。

具材には、エビ、イカ、タコ、そしてムール貝と定番所がてんこ盛り。

トマトソースがベースながら、「ピリ辛」を現わす唐辛子もしっかり加わっており、食欲をそそります。

 

では、パスタの方も頂いてみましょう。

麺は細めながら・・生パスタ、でしょうか。

モッチリした歯ごたえが好きな私としては、もうちょい太い方が好みだったりしますが、ソースとの絡みを重視するなら、これ位が妥当なのかも知れません。

 

要となるソースの方はと言うと、先ほどのピッツァ同様に、トマトの甘みと酸味がドップリ。

そこに加わる赤唐辛子が、思いのほか積極的に攻めの姿勢を見せており、見かけ以上にピリ辛感を演出しています。

 

注文時にホールスタッフさんから

「辛いですが、大丈夫ですか?」

と尋ねられたので、子供に取り分けることを心配されたのかと思ったものの、これは大人でも納得の辛さ。

 

カジュアルなイタリアンなので、舐めてかかりましたが、辛いものが苦手だと、敬遠する方が無難なレベルに辛味が整えられています。

とは言え、各海鮮にもしっかりソースが絡んでおり、辛味と甘み、酸味のバランスが取れた仕上がり、駅ナカのお店とは思えない、十分過ぎるクオリティですね。

 

今回、私は子連れだったので、子供の残すピッツァを貰う前提でパスタを通常サイズにしましたが、もし1人での訪問であれば、男性には少し小ぶりに感じるかも知れません。

まあそこは大盛りにするなり、サイドメニューの注文で補うなど、選択肢がある点も使い勝手の良さに感じます。

 

加えて、こちらのお店では現在、LINE@に登録する事で、ドルチェがサービスとのこと。

お言葉に甘えて登録したところ、

こちらのガトーショコラをサービス頂きました。

ほろ苦系で、子供には厳しいかな・・・と思いきや、甘みがシッカリしており、余裕の完食。

サービス品のため、小ぶりではあるものの、食後の箸休めにサービスとして頂けるのなら、全然アリですね。

 

なにより、ホールで接客されていたスタッフさんが、終始子供に笑顔で対応していた点が好印象でした。

帰り際にも声を掛けてくれるなど「お子様歓迎!」を公言しているお店らしい歓迎ムードが感じられ、居心地の良さを受けます。

お昼に美味しいパスタを食べたいものの、子供が小さく敬遠しがちなお母さんにとって、こういったお店は有り難い存在ですね。

 

なお、後日同店から送られてきたLINEによると、本年7月中旬に移転&リニューアルするとのこと。

移転先ですが、同じく千葉中央駅前(富士見町側)に、現在建築中のダイワロイネットホテル、そちらの1Fになるとのことです。

現在のお店は、駅改札から徒歩0分であることを考えると、信号を渡る分、若干距離は伸びますが、今より広く、オシャレにリニューアルされるそうです。

また、ランチだけで無くカフェとしても利用出来るメニューが増えるそうなので、7月中旬のリニューアルも楽しみなお店となります。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

Acqua e Suolo

■ アクア エ スオロ

■ 住所:千葉県千葉市中央区本千葉町15-1 ミーオ内

■ 営業時間:千葉県千葉市中央区本千葉町15-1 ミーオ内

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。