スポンサードリンク

【今が旬!】千葉のお勧めイチゴ狩りスポット 香取~八千代エリア編

千葉県産のいちご『チーバベリー』が15年ぶり新品種に登録されるなど、ご存じの方なら馴染み深い、千葉の冬=いちご の図式。

引用元:http://sanmu15.com/chi-baberry.html

(↑ 大粒でジューシーながら、甘さと程良い酸味を兼ね備えたチーバベリー)

 

そのイメージ通り、千葉には多数のイチゴ農園があり、またその多くがこの時期、食べ放題などを開催しているにも関わらず、

・イチゴ農園からの情報発信がない(仕方ないといえば、仕方ないが)

・行政も千葉の名産であるイチゴをアピール出来ていない

・ネットで探しても、新しい情報が殆ど出てこない

などの理由から、せっかくの名物でありながら、対外的なアピールがほぼ行われていない。

 

せっかく美味しいイチゴが、この時期食べ放題となるにも関わらず、その情報を外部に伝えられないなんて、なんたる不備…

という訳では無く、単に私が「自分の情報」として、千葉のイチゴ農園に関する話題をまとめたかったことから、本記事では千葉県内のお勧めイチゴ農園の中から、

 

■ 北総、東葛エリア(香取市、香取郡東庄町、八千代市、成田市、柏市)

のいちご農園を地域別にリストアップし、まとめてみました。

 

なお、

成東、九十九里エリア(山武市、東金市、旭市)

中房総エリア(千葉市、茂原市、長生郡一宮町)

南房総エリア(木更津市、袖ケ浦市、君津市、富津市、南房総市、館山市)

上記エリアのいちご農園については、各記事をご覧下さい。

 

スポンサーリンク

八千代、成田エリアにあるお勧めイチゴ狩り農園一覧

梨のイメージが強い八千代市周辺にも、いちご農園は多数。

国道16号沿線からも近く、県内だけで無く都心や埼玉方面からも足を伸ばしやすい地域のいちご農園になります。

 

米本いちご園

東関東自動車道「千葉北IC」から車で30分

章姫、とちおとめ、女峰など、計6種のいちごが30分食べ放題

「道の駅やちよ」のふるさとステーションに隣接したハウス

■ 住所:千葉県八千代市米本4905-1

■ 営業時間: 9:00~無くなり次第終了

■料金:小学生以上1,500円、小学生未満700円

■ 定休日:月曜日

■ 電話番号:090-2461-4814

 

周郷農園直売所 食の広場ピアッツァ

東関東自動車道「千葉北IC」から車で20分

章姫が30分食べ放題

いちごを中心に季節の野菜を栽培している周郷農園の直売所もあり、お土産も豊富

■ 住所:千葉県八千代市大和田新田643-3

■ 営業時間: 10:00~11:30/13:30~15:00

■料金:小学生以上1,500円、小学生未満700円

■ 定休日:木曜日と水曜日の午後

■ 電話番号:047-459-9121

 

島田いちご園

東関東自動車道「千葉北IC」から車で25分

章姫、やよいひめ、紅ほっぺ他、計4種が30分食べ放題

ふるさとステーションの新川対岸に駐車スペース有り

■ 住所:千葉県八千代市島田2076

■ 営業時間: 9:00~無くなり次第終了(平日は午前中のみ営業)

■料金:小学生以上1,500円、小学生未満700円

■ 定休日:月曜日

■ 電話番号:080-1306-9752

 

金子苺園

東関東自動車道「千葉北IC」から車で25分

紅ほっぺ、かおり野が30分食べ放題

直売所も兼ね備えており、同店舗から全国への発送も可能

■ 住所:千葉県八千代市島田台969

■ 営業時間: 9:00~無くなり次第終了

■料金:小学生以上1,500円、小学生未満700円

■ 定休日:無休

■ 電話番号:090-1034-0257

 

成田ゆめ牧場

圏央道「下総IC」から車で2分、東関東自動車道「大栄IC」から車で20分

章姫、さちのか、とちおとめが20分食べ放題

「成田ゆめ牧場」内にあるいちご農園となり、1月中はいちごフェア限定メニューも提供中

■ 住所:千葉県成田市名木730

■ 営業時間: 10:00~

■料金:中学生以上1,700円、3歳~小学生1,300円(別途、牧場の入場料が必要)

■ 定休日:無休

■ 電話番号:0476-96-1001

 

くらもち観光農園

常磐道「柏IC」から車で20分

章姫、紅ほっぺ、やよいひめ、計3種のいちごが30分食べ放題

夏場は枝豆&トマト狩りも楽しめます

■ 住所:千葉県柏市布施下40-1

■ 営業時間: 10:00~無くなり次第終了

■料金:小学生以上1,800円、3歳以上1,500円、2歳以下500円

■ 定休日:不定休(電話でご確認下さい)

■ 電話番号:090-6515-1583

 

スポンサーリンク

香取市、東庄町エリアにあるお勧めイチゴ狩り農園一覧

東庄町を中心に栽培が盛んな「アイベリー」は、1粒数百円と高級な大粒いちごの先駆け。

スポンサーリンク

高級なアイベリーが食べ放題となるいちご園が多いのも、東庄エリアのいちご園ならでは特徴です。

 

いちごの杜 観光いちご園

東関東自動車道「大栄IC」から車で15分

章姫、紅ほっぺが40分食べ放題

温室内はバリアフリーとなっており、車椅子の方でも利用可能

■ 住所:千葉県香取市大角1730-1

■ 営業時間: 9:00~16:30

■料金:小学生以上1,700円、3歳~6歳、70歳以上1,600円、3歳未満600円

■ 定休日:無休

■ 電話番号:0478-70-8221/0478-79-1511

 

さわらリバーファーム

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で10分

章姫、紅ほっぺ、かおり野が30分食べ放題

道の駅 水の郷さわらに隣接したいちご園で、TOKYO MX「明日、どこいくの!?」でも取り上げられました。

■ 住所:千葉県香取市佐原イ 3985-1

■ 営業時間:10:00~15:00

■料金:小学生以上1,600円、3歳~6歳1,200円、3歳未満無料

■ 定休日:月曜日、金曜日

■ 電話番号:0478-52-1515

 

磯山観光いちご園

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で30分

紅ほっぺ、ふさの香、アイベリー、もういっこ、計4種が30分食べ放題

同園の売店ではGWまでの間、いちごパフェ&いちご大福作り体験も可能

■ 住所:千葉県香取郡東庄町笹川い 4539

■ 営業時間:9:00~無くなり次第終了

■料金:小学生以上1,700円、小学生以下1,500円、3歳未満無料

■ 定休日:不定休

■ 電話番号:0478-86-4312

 

イイダ苺園

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で30分

紅ほっぺ、ふさの香、アイベリー、計3種が30分食べ放題

園内はバリアフリーとなっており、車いすやベビーカーでの入園も可能

■ 住所:千葉県香取郡東庄町窪野谷1225

■ 営業時間:9:00~16:00

■料金:小学生以上1,700円、3歳~小学生未満1,500円

■ 定休日:不定休

■ 電話番号:0478-86-2315

 

鈴木いちご園

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で40分

さちのか、やよいひめ、アイベリー計3種が30分食べ放題

いちごタルトとジャムも販売中

■ 住所:千葉県香取郡東庄町小南4150

■ 営業時間:9:00~16:00

■料金:小学生以上1,700円、3歳~小学生未満1,500円

■ 定休日:不定休

■ 電話番号:0478-87-1366

 

林いちご園

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で20分

アイベリーが30分食べ放題

 東庄限定クッキー「苺のかほり」を始め、多数お土産も販売中

■ 住所:千葉県香取郡東庄町笹川ろ 1120

■ 営業時間:9:00~16:00

■料金:小学生以上1,700円、3歳~小学生未満1,500円

■ 定休日:不定休

■ 電話番号:0478-86-1614

 

高橋農園

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で30分

チーバベリー、やよいひめ、アイベリー計3種が30分食べ放題

贈答用のいちごを全国に発送可能

■ 住所:千葉県香取郡東庄町小座15

■ 営業時間:9:00~16:00

■料金:小学生以上1,700円、3歳~小学生未満1,500円

■ 定休日:不定休

■ 電話番号:0478-87-1271

 

高橋いちご園

東関東自動車道「佐原香取IC」から車で30分

アイベリーが30分食べ放題

休憩所も完備されており、贈答用いちごの全国への発送も可能

■ 住所:千葉県香取郡東庄町高部419

■ 営業時間:9:00~16:00

■料金:小学生以上1,700円、3歳~小学生未満1,500円

■ 定休日:不定休

■ 電話番号:0478-86-4040


以上が、千葉県北部のお勧めいちご狩り農園、地域別の一覧となります。

イチゴの食べ放題は4月上旬まで開催されていますが、1~2月が最も美味しい【旬】となりますので、ぜひ週末などご家族揃ってイチゴ狩りに行ってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、いちごの栽培状況は気温や天候に左右されるため、定休日も不定期となります。

来園する前に、営業時間やいちご栽培の状況を電話にて確認した上で訪れることをお勧めします。

 

なお、

成東、九十九里エリア(山武市、東金市、旭市)

中房総エリア(千葉市、茂原市、長生郡一宮町)

南房総エリア(木更津市、袖ケ浦市、君津市、富津市、南房総市、館山市)

上記エリアのいちご農園については、各記事をご覧下さい。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。