スポンサードリンク

cafe Sari 水郷の町 佐原でお洒落な庭園付きカフェ発見!

先日の週末。

天気の良い日曜日ということで、ドライブを兼ねつつ香取神宮へ。

 

その足で、ランチを食べに向かったのが佐原の水郷エリア。

小江戸とも呼ばれる、風情ある町並みが続く同観光スポットだが・・・

とにかく、駐車場が少ない。

 

そして、同エリアにはいくつものお店が建ち並んでいるものの、昼時になるとどこも満席ばかり。

また、店舗数はそこそこにある筈ながら、風情ある町並みの体裁を守るためだろうか

どこが「お店」なのかが、パッと見で分らない店ばかりで、入りづらさこの上ない。

 

仕方なく、せっかくの観光エリアである水郷周辺からは離れつつ

ネット検索を頼りに向かったお店がこちら

カレー&ケーキのお店「cafe Sari(カフェ サリ)」です。

スポンサードリンク

住宅街に突如出没する、豪華絢爛な庭園 cafe Sari

佐原の観光エリアからは徒歩で5分ほど離れた住宅街に位置するcafe Sari(カフェ サリ)。

元々はお庭の広い一軒家と思われるのですが、店主の奥さんがガーデニングにこだわっており、その庭園を利用したカフェスタイルのお店となります。

 

カフェと言っても、ランチメニューも取りそろっており、

そのメニュー数は決して多くないものの、

・インドカレー

・ドライカレー

・オムレツカレー(甘めなので子供でもOK)

・インド&ドライカレーの盛り合わせ

・インドネシア風シーフードカレー

・ナシゴレン

・きのこカレー

・ミーゴレン

といった様に、東南アジアを中心としたカレーメインのメニューが取りそろっております。

スポンサードリンク

自家製ハーブをたっぷり使ったスープ&シーフードカレー

他店ではあまり見かけないメニューが取りそろっている、cafe Sari(カフェ サリ)。

佐原ともなると、そうそう足を運ぶことが出来ないエリアになるので、一発ツモれるような堅いところを抑え、好印象を持ち帰りたいところ。

 

とはいえ、気になるメニューが多い事も確かで、相当悩みに悩んだ末

「インドネシア風シーフードカレー」をオーダーすることに。

 

同注文を終え、待つこと5分、

スープとサラダがまずは到着。

スープの方からはレモングラスの良い香りがタップリ漂う。

 

恐らく、ガーデニング好きの奥様が自家栽培したハーブが使われている模様。

よく店内を見渡すと、奥様が取材を受け、掲載されたガーデニング系雑誌の切り抜きがチラホラ。

ガーデニングに関し、全く知識無い私には分らなかったが、同業界ではもしや著名な方なのかも知れません。

 

サラダとスープを堪能し、そこから待つこと20分。

ご主人&奥様の2人で経営されているお店のため、少し待ち時間は長かったものの、ようやくメインメニューが登場。

こちらが「インドネシア風シーフードカレー」となります。

一見すると、シーフード感は伝わりづらいものの、カレールーにはたっぷりと魚介の旨味が凝縮。

魚介の旨味を損なわないためか、スパイスはそこまで絡みが強くない反面、自家製ハーブが非常にいい香りを発揮しています。

具材の海老、イカなども、固くならない程度に火が入っており、同じく魚介の旨味がタップリ詰ったカレーとの相性は当然バッチリ。

 

ただ、カレーや具材の量に対し、ご飯の量が少ないことや、サラサラ系カレーながら平皿に盛られているため、若干の食べづらさを感じました。

また、ご夫婦で経営されている為、調理に時間が掛かるのも仕方なくは思いますが、そこそこの時間を待ったからこそ、お腹いっぱい食べたい感が強くなるだけに、ボリュームの少なさに対し、どうしても不満が高まってしまうところも。

 

まあ地域がら、こちらのお店帰りにお土産などを食べ歩くことまで想定するなら、この量でも申し分は無いんですが(笑)

cafe Sari(カフェ サリ)一食で考えれば若干の不満を感じるも、その後のスケジュールまで想定するなら、このくらいのボリュームが程良いとも言えそうです。

 

佐原という観光地柄、日本蕎麦や鰻といった和食店が多い土地だけに、本格的なカレーを始めとしたアジアン料理が食べられるcafe Sari(カフェ サリ)、手入れの行き届いたガーデニングを楽しみつつ、美味しく頂きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

cafe Sari

■カフェ サリ

■ 住所:千葉県香取市佐原イ-2643

■ 営業時間:11:00~21:00

■ 定休日:木曜日

スポンサードリンク

 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。