美浜区幸町で頂く絶品ランチ、味のレストラン えびすや 同店の名物、生鮭バター焼きの美味さに驚愕

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

恥ずかしながらもこの日は、私の誕生日でして

まあ今更、祝われる様な歳でも無いのですが・・・

 

せっかくの誕生日ランチという事で

カミさんの方から、少しリッチなランチをとのお誘いに

 

とは言え当日になって、お店の候補も見つからず

普段使いしやすい中から、少しだけ贅沢なランチを選択する事に

 

思いつく先はいくつかあるのですが

同プランを思いついてからの時間との兼ね合いにより

 

向かった先は、千葉みなと駅から徒歩10分ほど

美浜区幸町にあります人気レストラン

そう、今や千葉市が誇る人気店となります

「味のレストラン えびすや 幸町店」となります

 

孤独のグルメに出演依頼、行列殺到の人気店となった同店

我が家かでも古くから足を運んで来ましたが

 

本日はこちら

「味のレストラン えびすや 幸町店」にてランチを頂くことに。

京成西登戸駅、千葉みなと駅から徒歩10分 孤独のグルメにも出演の人気店、味のレストラン えびすや 幸町店

という訳で、久々のランチに足を運ぶものとなった

美浜区幸町の人気店、味のレストラン えびすや 幸町店

 

千葉市内に3店あるえびすやですが

ここ幸町店と言えば、そう

 

孤独のグルメに出演して以来、行列の絶えない人気店でもあります

参照:孤独のグルメに登場! ニンニクスープが名物、千葉市の洋食店『えびすや 幸町店』⇒

 

とは言え、同放送があったのはもう5年ほど前

さすがに今は、オープン前からの行列・・・

 

とまではならずも、開店時刻ちょうどにお店へ着いたものの

すでに先客は3組ほど、その後にも続々とお客さんが来店

 

オープンから15分ほどで満席を迎えており

いまだその人気ぶりは平日ながら、大盛況となっております

 

奇しくも、この日の数日後からは

孤独のグルメの新作も放送がスタート

 

前回足を運んだ同店でも、同じ様な状況だったような

・・・と振り返ってみた所

 

ちょうど一年前、これまた

孤独のグルメseason9の放送に先駆け、足を運んでいた様です

参照:千葉みなと近く、味のレストランえびすや幸町店で頂くサーロインステーキ ⇒

 

とは言え、前回訪問は土日となり

同日限定のホリデーランチを頂くべく訪問

 

対する本日は、平日での訪問ですので

前回とはまた異なる、ランチメニューを頂いてみようと思います

 

早速、メニューを見ていきますが、

まずこちらが、平日のランチメニュー

日替わりランチから始まり、パスタ各品も提供

 

カニピラフにオムライス、

更には同店名物のにんにくスープを使ったおじやも頂けます

 

ちなみに、この日の日替わりには

「牛バラと春雨の生姜焼き」が提供され、お値段はリーズナブルな900円

 

いずれも普段使いしやすい価格帯となる中

ちょっと背伸びしたリッチなランチとなるのがこちら

平日専用のランチコースとなりまして

同ソースではサラダに食後のデザート、ドリンク、そしてにんにくスープまでがセット

 

お値段はいずれも2000円越えとなりますが

やっぱり、えびすやと言えばにんにくスープ

 

こちらを共に頂けるコースを頂いてこそ

同店を訪問した喜びに浸れるというもの

 

ちなみに、その他アラカルトメニューも提供がありまして

前述したにんにくスープを単品500円でオーダー出来る他

ガーリックトーストやデザート各品もオーダーが可能

 

ここで敢えてのナポリタン

からの「にんにくスープ」なんて組み合わせや

 

にんにくスープのおじやに加えて

ガーリックトーストを頼む、にんにく三昧もアリッちゃアリな選択に思えます

 

が、本日は腐っても私の誕生日

せっかくならばコースにしよう、とかみさんからの提案が

 

カミさんは本日、同コースのヒレステーキをオーダーするとの事

となれば私はハンバーグ、いや生姜焼きも捨てがたい・・・所となるのですが

 

実は、前回訪問時にカミさんがオーダーしていたものの

そちらを一口貰ったのみで、自身では注文していない名物料理が1つ

 

そう、孤独のグルメにて五郎さんがオーダーしていた

「生鮭のバター焼き」を、自身では完食していないのです

 

前回、同品をオーダーしたカミさんは

このバター焼をとにかく大絶賛

 

まだそこまでの温度を感じていない私は

せっかくならばこの機会に、と「生鮭のバター焼き」を頂いてみようと思います。

名物にんにくスープは当然のこと、ステーキに生鮭バター焼き、ソースに至るまで計算し尽くされた絶品ぶり

ヒレステーキに生鮭のバター焼きと

それぞれの注文を終え、暇を持て余した所で

 

そう言えばここ、幸町店には

いまだ夜の部に足を運んだ事が無かったことが判明

 

同店の夜メニューがどうなっているのか気になり

お店の方に拝見させて頂いたのですが、

こちらは土日限定の夜メニューとなっており

ランチメニューの他、ビーフシチューや海老フライらが頂けるとの事

 

上記の他に平日用の夜メニューもあるのですが

そちらでは、更に品数が豊富となっており、ランチ以上に楽しみが満載

 

千葉駅前のお店ならともかく

こちら幸い町店は、我が家からもちょっと距離ある店舗でして

 

それ故に、なかなか夜の部に足を運びづらくはありますが

機会あればぜひ、同店のディナーも食べてみたい限りとなります

 

 

さて、そんなメニューを眺めながら

注文より待つこと10分弱

まず最初にお目見えとなったのが

こちら、えびすやの看板メニューとなるにんにくスープ

 

過去にも幾度と紹介してきた通り

その美味しさについては、今更説明不要のものとなりますが

グッツグツに煮えたぎるスープ

その中で、形をかろうじて留めるほど

 

トロトロに煮込まれたにんにく

これが放つ美味しさは、やっぱり極上のひと言

 

ここに加わる玉子、これを先に崩すか後に崩すかでも

その気になれば30分は論争が繰り広げられる位、意見が分かれるアイテム

 

ちなみに私は、即崩してとろけさせる派ですが

この、しっかり固まったタイプの玉子も絶品

急に冷えだした10月半ばに頂くには、この上ないご馳走となります

 

そんなにんにくスープを頂き終えた頃を見計らい

続いて提供となるのが、

こちら、自家製ドレッシングたんまりのサラダ

 

最近はこちらのドレッシングも店頭販売しているとかで

その人気ぶりは、さすがの1品

 

シャキッと瑞々しい野菜は勿論

ドレッシングの美味しさにも舌鼓するものとなりまして

 

スープにサラダと、前菜2品を頂き

これであっても、十分な満足を得るコースメニュー

 

しかし、それを凌駕する大本命が待ち構えていたとは

そう、こちらが「味のレストラン えびすや 幸町店」にて頂く

生鮭のバター焼きとなります

 

こちらの店舗では、前述した通り

ハンバーグにサーロインステーキ、ヒレステーキなどなど

 

様々な肉料理のランチコースが並ぶ中

それらとほぼ同額に設定されるのが、この生鮭のバター焼き

 

元来、魚と肉が並べば肉を選んでしまう私ですので

ほぼ同額となる中、そうそう生鮭を選ぶことは無く

 

しかしながら、その敷居を超えて同品をオーダーしたカミさんが

とにかく絶品、と太鼓判を押した同品

 

私も一口頂き、その美味しさには驚かされたものの

やはり1人で1皿を食べきってこそ、その感動が伝わるというもの

そこで本日は、ステーキやハンバーグらの誘惑を飛び越え

こちら、生鮭のバター焼きを満を持してオーダーする事に

 

見た目の印象からすれば、やはり

「鮭、だな」と派手さを感じる事の無い同品ですが

 

まずはナイフを入れながら、一口大にカット

タルタルソースも提供されるものの

まずはそのままの味わいを、と一口頂いてみることに

 

そのファーストタッチで、まず驚かされる身の柔らかさ

まるで生魚を食べているのか!?

 

と錯覚する様な、プリンとした柔らかな舌触りに

ジワジワと滲み上がる、鮭の脂とバターの風味

 

更に笑みがこぼれるのが、この鮭の皮目でして

見ての通り、こちらの皮目部分

敢えての縞模様?に皮を残しているのです

 

これによって、残る皮目部分はパリッパリの食感を

皮目を外した部分はシットリ柔らかな舌触りとで

 

同じ鮭の皮目を味わいながら、2種類の異なる食感が広がっていくのです

加えて、滴る脂の美味しさ、それはもうご馳走級

 

鮭のバター焼という家庭料理の延長を想像させる品ながら

これはもう、家庭じゃ到底再現出来ない、プロならではの技術が満載

 

ステーキと肩を並べても、なんら見劣りすることない

いや、こんな極上の鮭料理はむしろ、他店じゃ味わえないここだけの逸品

 

これぞ正しく、スペシャリテと呼ぶに相応しい

極上に輪を掛けた、唯一無二の魚料理に違いありません

 

また、そんなバター焼をより美味しくさせるのが、

こちらのタルタルソース

 

これも恐らく自家製と思われますが

酸味に甘み、コクも加わった極上のタルタルソース

 

鮭単体でも美味しい故に、手を伸ばすのが遅れ

鮭の分量に対し、余ってしまいそうになるのが勿体ないほど

 

許されるならばこのタルタルを持ち帰り

晩ご飯に白身魚のフライと共に食べたくなる

 

これもまた、鮭の美味しさを

更に1ランク高める、絶品なソースとなりました

 

そんなメインだけの留まらず、

共に盛り付けられる副菜までもが

抜かりない、手の込んだ品々となっているのが同店の特徴

 

中でも、パスタの美味しさはピカイチとなり

ちょっと濃い目の味付けもまた、ご飯のおかずに活かせる品に

 

いずれにせよ、前回は一口摘まむだけとなっていた

生鮭のバター焼きを独り占めしたことに感無量

 

数あるメニューの中に並ぶ鮭

自分ならまず選ぶこと無いであろう品の美味しさ

 

これに気付かせてくれた吾郎さん

並びに、孤独のグルメのスタッフさんには賛辞の声を挙げずにはいられませんでした

 

一方、本日カミさんがオーダーしたのが

こちらのヒレステーキになります

 

副菜については、私の方と同等となり

メインのステーキは、ヒレながらもサイズは上々

 

バターをメインにしたソースでしょうか

小洒落た品故に、私のボキャブラリーでは説明出来ないのですが

こちらのステーキを、鮭一口とのトレードで入手成功

 

早速頂いてみますが

これまた、ヒレながらに驚きを隠せないシットリさ

 

サッパリした味わい故に、固さが付きまといがちな牛フィレですが

想像する様な固さは皆無、レアな焼き加減のままシットリした柔らかさ

 

滴る肉汁からは、野性味溢れる味わいに加え

上品なソースの旨みが見事に融合

 

牛肉特有の臭みなどは当然皆無となり

これも、お値段以上に満足得ること間違い無しな逸品となりました

 

そんなメインを堪能し終えた所で、

食後にはドリンク

そしてスイーツもセットとなる同コース

 

本日のメインには、プリン

そしてブラマンジェが1品ずつ提供となり

ブラマンジェの方はカミさんが、私がプリンをそれぞれ頂く事に

 

いずれも大人味の仕上がりにはなりますが

ほろ苦さを感じさせるこの味わいもまた、しっかりした旨みを感じた後には最適

 

足を運ぶ前から分かってはいたものの

本日もまた、その極上ぶりを肌身で感じる最高な一食となりました

 

 

という訳で、約1年ぶりにランチ訪問となった

味のレストラン えびすや 幸町店

 

本日が誕生日という事で、少し贅沢をするべく

同店名物となります、生鮭のバター焼きを頂いてみる事に

 

その美味しさの限りは、筆舌に尽くしがたいほどで

他店ではおよそ味わう事が出来ない

 

ここへ足を運ぶなら、ぜひ一度は食べるべき

と、今更ながらに痛感させられた、会心の一皿となりました

 

もちろん、名物であるにんにくスープや

本日カミさんが頂いた、フィレステーキもまた絶品

 

結局、何を食べたとしてスベることは無し

その中でも敢えて、これは一押しと呼ぶに他ならない

 

そんな鮭のバター焼と出会い、とにかく感激のひと言

この1食を糧に、また次の1年も張り切って仕事をしようと思える1食になりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

味のレストラン えびすや 幸町店

■ あじのれすとらん えびすや さいわいちょうてん

■ 住所:千葉県千葉市美浜区幸町1-18-1

■ 営業時間:11:30~14:00 / 17:00~22:30

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。