孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

ラーメンショップ みつわ台店をランチ訪問 旨ネギたっぷりなネギみそラーメン&絶品チャーハン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ブログの更新としては3日ぶりとなりますが

私個人の食べ歩きとしては、実に10日ぶりとなる本日

 

10日ぶりに頂く外でのランチだけに

渾身の一撃をとさまざま模索することに

 

食べ歩き出来ずにいた、この数日を振り返り

今の自分に不足、いや身体が求めているものはなんなのか

 

あらためて振り返った結果、思いついたのはやっぱりラーメン

しかも家庭やカップラーメンでは再現出来ない品が欲しい限りで

 

それを近場で頂くとなると

辿り着いた結論は、やっぱり家系でして

 

 

ここは原点回帰を志し、末広家

ないしは行列覚悟の千葉家へと向かおうか

 

と、Twitterで2軒の情報を確認したところ

千葉家はおろか、まさか末広家までお休みとのこと

 

ならば、と次なる選択肢に浮かぶのは

西千葉の武蔵家となるのですが、こちらは生憎の定休日

 

かといって杉田家で行列を待つほどの余裕も無く

家系を諦める代わり、更なる原点回帰へと遡ってみることに

 

そして向かった先は車・・・では無く

チャリで自宅より10分となるこちら

1987年創業となる、みつわ台大通りの風物詩

「ラーメンショップ みつわ台店」を訪れてみるものとなりました。

10日ぶりの食べ歩きに原点回帰 10数年ぶりの訪問となるラーメンショップ みつわ台店へ

という訳で久々の外食ランチに選んだ先となるのが

みつわ台の大通り沿いにある、ラーメンショップ みつわ台店

 

住所的には殿台町となるこちらのお店ですが

隣接するスペースが駐車場なのか、なんなのか

 

創業から35年が経過するものの

未だ分からない事が多い事でも知られる同店

 

私も学生時代のバイト帰り、

みつわ台の坂をチャリで汗かきながら同店を訪問

 

バイトにチャリにと疲れた後に食べる

同店の醤油ラーメンとその安さには、幾度と救われたものでして

 

当時の自分に今一度原点回帰すべく

本日は10数年ぶり、久々となるみつわ台のラーショを訪れることに

 

 

前述した通り、車の停車に謎多き同店ですので

本日は自転車にてお店を訪問

 

到着した時点で、時刻は11時を少し回った所でして

すでに店内には3組のお客さんが来店中

 

カウンターのみ10数席を有する同店ですが

その趣ある佇まいに、カウンター越しでガン見えする厨房内のご様子

 

そして、賛否意見は分かれるものの

調理に仕込みにと忙しいためか、清掃にまでは手が回っていないご様子もまた相変わらず

 

そんなカウンター席よりメニューを手に取ろうとするものの

油汚れが接着剤の如くベリッと音を立てるのもまたご愛敬でして

 

あらためてメニューを見ていきますが、

各種原材料が高騰している今を以て

それでも変わらず500円にて提供される、同店のラーメン

 

ネギチャーシューにネギ味噌チャーシューらは

さすがに900円と以前に比べ、値上げされている様ですが

 

それであっても、ラーメン各品は500円

たっぷりボリュームの中盛りであっても600円と、そのリーズナブルさは健在

 

続く裏面はセットメニューとなっており、

かくしゅらーめんに餃子、ないしチャーハンを付けることが可能

 

また、ラーショの代名詞とも言うべき

ネギをふんだんに使った「ネギ丼」が頂けるのもまた、同店の魅力となります

 

ラーメンは醤油に塩、味噌と基本の3品が並ぶ同店

しかし、ここで食べるならばやっぱり欲するのはネギ味噌ラーメン

 

本日はそこに、これまた隠れた絶品料理となります

チャーハンをセットにて、頂いてみようと思います。

たっぷりの旨ネギに背脂で幸せに包まれる、ラーショならではの味噌ラーメン そして絶品チャーハンも健在

私が入店した時点では、まだ先客3名となっていた

ラーメンショップ みつわ台店

 

しかしながら、お昼が近付くに連れてお客さんは増加

いずれも男性1人のお客さんとなる上、常連さんも多く

 

創業35年、そして公共の交通手段では足を運びづらい立地ながら

それでも尚、人気を誇る同店らしさが垣間見える瞬間でもあります

 

そんな店内にて、調理の様子を眺めつつ

注文より待つこと7~8分

 

熟れた手際で早々に提供される、本日の2品

ラーメンショップ みつわ台店にて頂く

味噌ネギラーメン&チャーハンになります

 

さて、まずは久々に食べる外でのラーメン

その希少な1食として選んだこちら、

味噌ラーメン、と言っては見るものの

そこまで味噌感を感じず、またたっぷりの背脂が特徴的なスープ

 

ネギもこんもり盛り付けられ

ワカメに細切れされたチャーシューも少々

 

早速、そんなスープを頂いていきますが、

獣骨感をしっかりと伝えてくれるスープの旨み

そこに味噌の香りは乗ってくるものの、存在感はやっぱり控えめ

 

しかしながら、スープの旨みが強く出ているので物足りなさは無く

また、後乗せされた背脂のもたらす甘みも、スープに深みを与えてくれます

 

続いて頂く麺ですが、

使用されるのは中細に、やや縮れを宿したこちらの麺

噛み切る瞬間に感じる、ポクッとした食感が良好

 

スープとの絡みも申し分無い上に

麺と絡んで上がってくるネギ、ワカメの食感も嬉しい限り

 

そして、なんと言っても

ラーショを語る上で欠かせないのが、

この万能過ぎる味付けを施されたネギ

 

メニューこそお店によって異なれども

多くのラーショで共通するのが、このネギの存在感

 

シャキッとした食感の中に、

甘みあるタレで独特の味付けを施されておりまして

 

このネギがスープに加わる事で

その旨みが1段階引き立っていることも間違い無し

 

ネギラーメンと呼ぶには、少し量が控えめではあるものの

それでも十分な程に、存在感を見せつけてくれるトッピングで間違いありません

 

そんなネギの主張が強すぎる故か

その他トッピングは、いずれも控えめとなっており、

申し訳程度に盛り付けられる

こちらチャーシューの切れ端

 

そして、ワカメに海苔

更には味噌ラーメンに限り、ニラも少量ながらトッピング

 

この組み合わせでありながら、

デフォではお値段650円というリーズナブルな設定

 

そして後半からはお待ちかね

卓上に常備される

おろしニンニク、そして豆板醤を投下

 

両者が合わさることで旨みに拍車が掛かるのは言わずもがな

そのジャンクさにも磨きが掛かるものとなる、これぞ懐かしの味

 

35年もの間、長く続くお店ながら変わらないその1食

学生時代より長く食べ続けてきた懐かしの味を前に、自身の原点を噛みしめるものとなりました

 

 

一方、そんなネギ味噌と共に本日オーダーしているのが、

こちらの半チャーハンになります

 

実はこのチャーハンもまた

私の中では同店にて欠かすこと出来ないご馳走の1つ

 

中華鍋にて調理されるチャーハンながら

油多めでの調理からか、シットリ目に仕上がっているのが特徴でして

 

いわゆる本格中華の様なパラッと仕上げでは無いものの

シットリしたお米の中には、各種調味料が満遍なく行き渡っております

 

その味付けには、一切の過不足を感じさせず

量も手頃となっているハーフサイズ

 

程よく付いた焦げ目もアクセントとなっており

シンプル仕上げながらも、味付け加減に大満足するチャーハン

 

これもまた、ラーショみつわ台店を語る上で

外す事の出来ない、マストなサイドメニューとなります

 

 

という訳で、10日ぶりの外食を

まさかの近場、ラーメンショップ みつわ台店にて迎えるものとなった本日のランチ

 

久々の外食、更には同店を訪れることすらも10数年ぶり

しかし、ブレること無く貫かれた、各品の美味しさは健在

 

そして魅力の1つとなります

お値段の安さも変わらずのものとなりまして

 

また、同店のもう1つの特徴

店内のそこかしこに刻まれた、油汚れもまた名誉の勲章・・・の様なもの

 

最後の1点については同意が得られづらい部分となるでしょうが

同点さえ気にならなければ、お値段リーズナブルで頂く品々も満足の品ばかり

 

駅から少し離れた立地となる上に

近隣にコインパーキング無いのは難点・・・

 

となりますが、そこを推して

敢えてチャリにて足を運びたくなる

 

私にとっての学生時代を振り返る

原点回帰と呼ぶには相応しい一食となりました。

 

  

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ラーメンショップ みつわ台店

■ ラーメンショップ みつわ台てん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区殿台町397-7

■ 営業時間:11:00~21:00

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。