孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

小倉台駅前の二郎インスパ店、雷神屋の夏期限定メニュー 旨味と甘み満載、絶品冷やしラーメンにハラミ丼

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は土曜日、ということで

子供およびカミさんを連れてのランチを予定・・・

 

していたものの、急遽

「病院(といっても耳鼻科)に行きたい」と言い出すカミさん

 

これによって、家族でのランチ訪問からはお役御免

土曜日ながら、突如放牧の身となった私

 

ですが、あまりに突然の出来事となってしまい、心の準備が整っておらず

夏の終わりも近いことだし、ここぞとばかりに宿題としていた冷やしメニューを吟味

 

まず候補に挙がったのが、京成八千代台にある

「味噌屋凸凹」となるのですが・・・

 

Twitterで詳細を確認したところ

見事、本日は臨時休業とのこと

 

家を飛び出す前に気付けたのは、せめてものラッキーと言わざるを得ませんね

さて、次なる候補は何があっただろうか・・・

 

気になる所としては、前日のclubhouseで話題に挙がった「オタ異世」か

もしくは本日、津田沼にオープンとなった「夢を語れ 千葉」か

 

夢を語れ 千葉のTwitterを見てみたところ・・・

ダメだ、朝8時から並んでる猛者までいる

 

かと言ってオタ異世なら、敢えて今日足を運ばずとも

次回のジム帰りなど、足を運びやすいタイミングは他にもあるし…

 

 

引き続き、Twitterを吟味していたところ、目に留まった投稿となるのが

モノレール小倉台の駅前にある、雷神屋の冷やしメニュー

 

冷やしラーメンとされる同店の夏季限定メニューですが

こちらの投稿をみると、なんと9/11で提供が終了とのこと

 

ちなみに今日は・・・9/11!!

願ってもないラストチャンスをたぐり寄せた結果、

本日のランチはこちら

久々となる小倉台の雷神屋さんを訪れるものとなりました

 

恐らく、3~4年ぶり訪問となる同店ですが

参照:小倉台駅前のG系インスパ店、雷神屋 パンチの効いた肉味噌たっぷり「稲妻そば」⇒

 

久々すぎて記憶が定かではないものの

ここ雷神屋を訪れる際は、毎度同店並び(100m)にある千葉興銀のコインパーキングを利用していたはず

 

本日もその記憶に倣い、同駐車場へ車を停めてお店へ到着したのですが

そこにはなんと、お店の駐車場についての案内を発見

 

同地図によれば・・・

お店前のモノレール沿いとなる大通り

こちらの向かい側にある駐車場が、雷神屋の駐車場とのこと

 

事前に同情報へ気付いていれば・・・

ですが、車の中からでは目にすることが出来ないサイズ

 

次回はこの情報を忘れる事無く

モノレール沿いにある駐車場へと車を停める様にしないと、ですね。

小倉台駅目の前、個性際立つG系ラーメンのお店、雷神屋を久々訪問

という訳で、Twitterの投稿に導かれ

数年ぶりに明日を運ぶものとなった、小倉台得駅前の雷神屋

 

オープン当初からちょくちょく足を運んでる同店ですが

その店名からも想像が付く通り、雷神角ふじ系を彷彿とさせるG系ラーメン(?)のお店でして

 

同店との繋がりは定かでは無いのですが、

お店で使用している麺はこの通り

千葉が誇るあの名店が手がける、心の味食品の麺を使用

 

まあ、どんな事情あれ、

ご近所で美味しいラーメンが食べられるなら、それ以上は詮索せず

 

本日もまた、ガッツリ頂くべくお店の中へ

まずはメニューのチェックからとなりますが、

3~4年ぶりの訪問とあって

各品共に数十円単位の値上げはありますが、メニューに変更は見当たらず

 

看板メニューとなるふじそばに始まり

チャーシューこと豚を増量した豚そば

 

ふじそばに辛味トッピングを加えた

「稲妻そば」は過去にも何度か頂いてきた、同店お気に入りの品になる他

それぞれのつけ麺Verもしっかり提供されております

 

上記写真メニューに収まりきらない分は、

こちらの券売機より確認が可能

 

また、同店の店主さんは過去に焼肉店を経営されていたとかで

当時のスキルがいかんなく発揮されている、牛ハラミ丼があったりと、個性際立つラインナップが特徴でもあります

 

しかしながら、本日の目当ては冒頭の通り

Twitterで目にして来た、本日までとされる夏季限定メニュー

それがこちら、1日10食限定となります

その名も「冷やしラー麺」ですね

 

当然、本日のオーダーはこちらの冷やしラー麺

麺量が中盛りまで無料となりますが、ここは敢えての並盛りをチョイス

 

その代わり、ここ雷神屋を訪れれば絶対食べたいあのご飯

牛ハラミ丼を共に頂いてみるものとなりました。

個性的な甘みに旨味が押し寄せる冷たいスープ 食感良好な麺も絶品、雷神屋の冷やしラー麺

本日、お店に着いた時刻は11:00を少し過ぎたばかり

 

土曜日とは言え、早い時間を狙っての訪問となりましたが

この時間をして、既に先客は4名入店中となる同店

 

多くのお客さんは、同店の看板メニューとなります

稲妻そばやふじそば(野菜マシ)をオーダーし、その大ボリュームを堪能している模様

 

対する私は、夏の名残を惜しむかの如く

1人、冷やしメニューを待つことに

 

注文から10分少々が経過したところで、本日のオーダーが到着

こちらが、小倉台駅前の雷神屋にて頂く

冷やしラー麺とハラミ丼になります

 

9月も中旬となる、残り僅かな夏を満喫すべく頂く、

こちらの冷やしラー麺

透き通ったスープに乱反射する光

トッピングには、キュウリのお漬物にキムチ、そしてネギ

 

味玉もしっかり染み入った色味を見せており

肉感強そうなチャーシューにメンマをも携えております

 

その下に眠る麺の見え隠れする様も気になりますが、

まずはその味わいを確かめるべく、スープから一口

金色に輝きを放ちながら、ゴマにキムチの辛味も浸透するスープ

 

早速頂くと・・・これが予想外

しっかりした甘みを感じさせるのですが、なんだろう、この甘みは

 

ベースになるスープの旨味は伝わって来るも

それを踏み台にするかの如く、ドクドクと伝わってくる甘み

 

かといって、その甘みが嫌みにはならず

自然体のような、そう・・フルーツの様な甘みを感じさせます

 

味の構成としては、焼肉店で頂く冷麺のスープの様ですので

ベースとなっているのは牛骨、でしょうか

 

ハッキリ断言できる味わいでは無いのは

よそではそうそうお目に掛かることのない、独特の個性故ですね

 

そんなスープと頂く麺ですが、

この通り、ツルッツルの心地よさが目で見ても伝わって来る仕上がり

太麺でありながら、茹で上げ後にしっかり締められ、パツンと来る食感を味わえます

 

風味もしっかりした麺になりますので

これがまた、優しい甘みにスッキリした味わいのスープと良好に絡みまして

 

冷たいラーメンとしては珍しい程の太麺ですが

爽快な味わいながらも、しっかりした食べ応えを与えてくれます

 

さて、そんな独特の風味をもたらすこのスープ

前述した通り、冷麺に近いその味わいとなりますので、

同品にトッピングされた、キムチとキュウリ

日韓二種のお漬物となるこれらが、スープに混ざり合うことで変化を見せることは確定的

 

早速、両品を全体に行き渡らせ、再度スープに口つけると

いやあ、これは面白いぞ、実に面白い

 

前述した通り、甘みを基調としたスープになるものの

ここへキムチの辛味、キュウリの酸味が広がる事で、深みが加わってきます

 

甘さをしっかり伝えて来はするもの

それがしつこくもならず、それでいて麺とも良好な関係を生む

 

なんとも言い難い、というか正体の見えてこない独特な味わいですが

これを端的に表現するならひと言、美味いわ、かなり。

 

また、スープ同様に個性を光らせていたのが、

こちらの味玉

 

何故か多量のゴマを受け止めていたのですが

ここに染み入る味わいが、これまた秀逸でして

 

しっかり固められた白身に、7割近くまで火の入った味玉

ですが、そこには存分なほどに下味が染み入っており、他の具材には無い旨味を抽出

 

冷やしとは言え、ここまで拘りの味玉をみるのは

そうそう無かった気がしますので、これも大きな発見となりました

 

そして、お次のトッピングが、

こちらのチャーシュー

 

冷たいスープへのトッピングとなりますので

脂が少ないチャーシューを使用しているのも嬉しいチョイス

 

固めの食感にはなりますが、その肉感が赤身らしい旨味へ

スープの甘みとも良好なバランスを作り上げており、これも文句なしの1品に

 

その他、キュウリにメンマ

酸味や甘みを与えてくれる各具材に加えて、

たっぷり投入されたネギもまた

スープに変化をもたらす見事な存在感

 

9月も半ばとなってしまった上

Twitterで目にした情報では、本日が提供最終日となる同品

 

なぜこれ程の冷やしラー麺の存在に

この夏、ここまで気付かずにいたのか!?

 

と、思わず頭を抱えてしまうほど

私的には内角いっぱいにえぐる様なストライクとなる、そんな冷やしラーメンとなりました

 

 

一方、共に頂くべくオーダーしたのが

こちらのご飯、牛ハラミ丼となります

 

大ぶりな丼での提供となりますが

その全面を覆い尽くす、これまたたっぷりの牛ハラミ

 

下味となるタレをしっかり染みこませて焼かれた品ですが

しっかりとした肉厚ながらも、柔らかな食感

噛みしめるごとに、タレの旨味と素材の風味を一気に放出します

 

ちょっと濃い目に感じるタレの味わいですが

それもまた、白米と一緒に頂くにはうってつけの味付け

 

ハラミ特有の、ちょっとしたクセを感じされますが

それもタレと折り重なることで、むしろ旨味へと変化

 

ご飯にもしっかりタレが染み入るものとなりまして

大ぶりな丼いっぱいのご飯ながら、余すこと無く大満足を得る1食となりました。

 

 

という訳で、Twitterで目にした情報を元に

限定メニューの提供最終日に足を運ぶものとなった、小倉台の雷神屋

 

前述した通り、一瞬は冷麺を思わせる味わいながら

そこだけには収まりきれない、説明難易度の高い味わいながら

 

もう最後は、考える事を放棄

ただただ美味い、そのひと言を伝えたくなる冷やしラーメンとなりました

 

とは言え、こちらの品が頂けるのは9/11までとのこと

もしかしたら、なにかチャンスが生まれやしないか・・・

 

と、人見知りながら勇気を振り絞り、帰り際ご主人へひと言

「この冷やしラー麺、いつまで提供されるんですか??」

 

と訊ねてみたところ、まさかの答えが

『本当は明日(12日)までの予定だったんですけどね

 意外と好評なので、もう1週間くらいやろうかな・・・と思ってます』

 

来たぞ、まさかのチャンス到来!!

という訳で、予定では9/12(11?)までの提供だった同品ですが

 

そこからもう1週間、延長して提供されるとの事

とは言え、残り時間は少なく&1日10食の限定メニューとなりますので

お求めの際には、急ぎ足を運ぶ事をお勧めします。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

雷神屋 小倉台店

■ らいじんやおぐらだいてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区小倉台2-1-7

■ 営業時間:11:00~15:00 / 18:00~22:00

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。