スポンサードリンク

小倉台 雷神屋に久々訪問 牛ハラミ丼のパンチがハンパない件

LINEで送る
Pocket

以前に投稿した

冬に食べたい、千葉の激辛&旨辛ラーメン 厳選8店!

でも取り上げたものの、個別での紹介をせずにいたままのラーメン店

千葉都市モノレール 小倉台駅のすぐ側にある【雷神屋】。

いわゆるG系ラーメン店ではありながら、定番だけに留まらない

攻めのメニューが豊富なラーメン店で、私が定点観測しているラーメン店の一つとなります。

という訳で本日は小倉台の【雷神屋】をご紹介してみようと思います。

 

スポンサーリンク

角ふじ(麺やこうじグループ)系ラーメンと思いきや、ポテンシャルの高いメニュー多数

G系ラーメンがメニューの中心となる【雷神屋】。

ということで、千葉ラーメンに精通している方ならご存じであろう、麺やこうじグループの角ふじ系ラーメン店である

と、私もつい先日まで思い込んでいたのですが、同グループの店舗一覧を見ると【雷神屋 小倉台店】の名前は無し。

 

この辺の事情は、詳しく分からないものの、【雷神屋 小倉台店】のメニューについては

引用:https://tabelog.com/imgview/original?id=r1119933138310

この通りとなっており、蘇我にある【雷神 角ふじ】と、ほぼ同一のメニューとなっております。

 

とは言え、蘇我の【雷神 角ふじ】も麺やこうじグループからの独立店、と記載されているので、実際の関係は良く分らず。

かといって、その関係性を店主さんにわざわざ聞くのも野暮な話に感じてしまう以上、

『もうラーメンさえ美味ければ、それで良い』のでは無いかと。

 

また、【雷神屋 小倉台店】の店主さんは、過去に焼き肉屋さんの経験があることから、同店には、

・辛ホルモン

・ピリ辛ジャン

・カレージャン

・牛ハラミ丼

など、ラーメン店ではあまり見かけないトッピングやサイドメニューがあるのも特徴的となります。

 

スポンサーリンク

「雷神」の名に恥じない強烈なパンチの稲妻そば&牛ハラミ丼

という訳で、どんな大人の事情があったとしても、

『美味いは正義』であると信じて疑わない私が、この日オーダーしたのはこちら。

まずは、焼き肉店を営んでいた店主さん、ならではのサイドメニューとなる牛ハラミ丼。

下味を付けてあるハラミをタップリのにんにくで焼き上げた、『ガッツリ漢(おとこ)飯』と呼ぶにふさわしい。

 

肉の品質自体は、お世辞にも高ランクでは無いものの、下処理、味付けで見事に欠点が補われています。

お値段も350円(記憶が曖昧ですが)ながら、肉、ご飯の量ともに十分なボリューム。

もし『男塾』に学食があるとしたら、間違いなくサイドメニュー人気NO1の地位を譲ることは無いでしょう。

 

そして、丼を平らげた頃に登場する真打ちはこちら

「稲妻そば」となります。

ベースとなる「ふじそば(G系豚骨みそ)」に、ラー油を中心とした旨辛味付けを施された挽き肉がトッピング。

ベースのスープについては、甘さが前面に出ており、これが旨辛ダレの辛みを引き立て、至極のマリアージュを引き起こします。

 

辛いながらも後を引き、気が付けば完飲・・・までする勇気はないものの

(やはりカロリーと血圧、塩分が気になってしまう)

グラスの水を片手に、退店する最後の一歩を踏み出す、その瞬間まで幾度と後ろ髪を引かれてしまう

それ程まで、強烈なパンチがクセになってしまうスープとなります。

 

直球的なG系ラーメンの様な、ガッツリ&コッテリ背脂&塩度濃いめの味付けではなく

全体を通じマイルドなラーメンではあるものの、辛挽き肉が追加されることで

他のG系には無い、唯一無二、一撃必殺クラスの破壊力を携えた一杯となります。

 

小倉台という立地だけに、なかなか足を伸ばす所用が見つからないものの

『雷神屋のみを目的に、敢えて足を運ぶ』

それだけの価値ある一杯を堪能出来るお勧め店でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

雷神屋 小倉台店

■ らいじんやおぐらだいてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区小倉台2-1-7

■ 営業時間:11:00~15:00 / 18:00~22:00

■ 定休日:木曜日

 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。