スポンサーリンク

西千葉に最高の『冷やし』が凱旋! 自家製手打ち麺 粋やが誇る、最強夏メニュー『冷やし中華』が早くも登場!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

6月の中頃よりカミさん同伴でのランチが多く

なかなか自由な店選びが出来ない中

 

今週に入り、カミさんの方に多くの予定が入ってきたことから

私一人でのランチ機会が続出

 

そして、ここぞとばかりに、ラーメンを食べ歩く日が増えている中

この日もまた、近日中に足を運ばなければ・・・

と、タイミングを待ち構えていた、西千葉のあのお店を訪れることに

 

あのお店とは、そう

本ブログでもお馴染み、

JR西千葉駅より徒歩3分

線路沿いの最早名店の一角、自家製手打ち麺 粋やとなります

 

連日、Twitterにて限定メニューが投下される粋やですが

実はこの数日前より、毎年夏にお世話になっている「あのメニュー」が早くも登場しているとのこと

 

これはもう、嫁を質に入れても・・・

な勢いを携えながら、粋やを訪れるものとなったのです。

西千葉が誇る、最高の冷やしメニュー 粋やの冷やし中華が今年は7月より早くも限定復活!!

前述した通り、6月以降はなかなか自由なランチ機会が作れず

お店を訪れるのも、地味に久しぶりとなった西千葉の粋や

 

久々となる以上、レギュラーメニューも当然気になるのですが

やっぱり、私にとって「限定」というキラーフレーズが持つ力強さには抗えず

 

しかも、先日より提供の始まった限定は

都町時代より長らく続く、粋やと言えば・・・で思い浮かぶ、夏の代名詞

冷やし中華、となります

 

本ブログでも毎年取り上げている、粋やの夏メニュー

醤油ベースの和出汁を基調とした冷たいスープ

そこに盛り付けられる具材は、和出汁を潤沢に吸い上げた品々

 

そして、そんな出汁と共に頂く、モチモチ食感の自家製麺

頭の中でシミュレーションするだけでも、夏の暑さが吹き飛ぶ清涼な1皿

 

この情報をTwitterで見つけた数日前より、カミさんのスケジュールをチェック

ようやく見つけた、隙間時間をしっかりたぐり寄せ、ついにこの日を迎えることに

 

冷やし中華の上に名を連ねる

「濃厚煮干しそば」が気にならない、といえばこれもまた嘘になるのですが

 

今日ばかりは、なんとしてでも冷やし中華を頂くべく、煮干しに別れを告げ

心を鬼に、限定ボタンのCを押し込むものとなりました。

上品な和出汁に今年は酸味もアップ!? 粋や夏の名物、絶品手打ち麺で頂く冷やし中華!!

この日、お店に着いた時刻は11時を少し回ったところ

ランチ帯にはまだ早い時間ながら、私が訪問した時点で空席は2席を残すのみ

 

店内はソーシャルディスタンスを取るべく、隣との間隔を開けた席にレイアウトされ

各席の間には仕切りも設けられており、コロナ対策にも万全を期しております

 

前述した通り、すでに先客が多数につき、この日のランチはワンオペ

少し長めの待ち時間となりましたが、のんびりドラクエウォークをプレイしながら待つこと10数分

 

色とりどりの具材で盛り付けられた、冷やし中華なのに和風なアイツが今年も登場

こちらが、西千葉を代表する冷やし中華、こと

自家製手打ち麺 粋やで頂く、冷やし中華となります

 

来たぞ今年も、このグレイトなビジュアルの冷やし中華

冷たいスープに盛り付けられる、たっぷり具材

その下から、ひょっこり顔を覗かせる、モッチリ食感の自家製麺

 

和製冷やし中華、と呼ぶに相応しいその具材には、

なるとに青菜、茄子の煮浸し

ネギにスプラウト、更には鰹節ならぬ鶏節もトッピング

 

続いて、反対側へと移っていけば、

これまた出汁感詰まった油揚げに自家製鶏チャーシュー

そしてトマトもトッピングと、夏の暑気払いにうってつけの具材達となります

 

まずは一口、スープの方から頂きますが

こちらは醤油をベースにした、和の趣を感じる味わい

 

昨年までに比べると、今年のスープは

酸味が強くなった気がしますが、、、正確にはどうだったろう??

 

1年ぶりの再開ともなれば、記憶の方も曖昧ですが

でもこの酸味だって全然悪くないし、スッキリ感は高まっていますね

 

そんなスープと共に頂くのが、

この唯一無二な、ピロピロとした食感が味わえる自家製手打ち麺

 

麺幅の広い平打ちに加え、これでもか!?と言う程のウェーブ

茹で上げ後にしっかり氷でしめられるも、モチッとした食感は変わらず健在

 

小麦の風味をしっかり感じるこの麺が

スッキリした味わいのスープと良く馴染み、冷たさという爽快感を口へと運ぶ

これぞ日本の夏、粋やの夏と声高々に宣言したい組み合わせ

 

そんな冷やし中華を、より味わい深く仕上げるのが、豪勢に盛り付けられたトッピング達

まずはこちらの、

温かいラーメンでもお馴染み、粋やの自家製鶏チャーシュー

 

しっとりとした食感に柔らかさを兼ね備え

噛みしめるごとに、優しい鶏の旨味が広がります

 

冷やしらしく、細めにカットされてはいるものの

チャーシューの食感を損なわない、このサイズ感

脂が少ないながらに、しっかり旨味を与えてくれる、冷やしに最適な取り合わせですね

 

そしてお次は、粋やの冷やしを「和」たらしめる存在、

こちらの油揚げ

 

醤油ベースに酸味のあるスープを、潤沢に吸い上げた揚げさん

これはもう、トッピングでは無く、純然たる「おかず」な美味さでして

 

そう言えば、粋やで冷やしを頼む時っていつも

この揚げさんを一緒に食べる為に、鶏皮煮ご飯を頼んでたっけ

 

・・・しまった

1年ぶり過ぎて、ご飯頼むの忘れていた

 

そんな揚げさんと人気を二分する、同冷やしのトッピングとなるのが、

こちら、茄子の煮浸しにございます

 

こちら、粋やの冷やし中華に初めて出会ったのは、今から3年前

当時私は、そこまで茄子が好きではない・・・

というか、むしろ苦手な食材の1つに挙げていた程でした

 

が、当時この煮浸しに出会ったことで世界が一変

「茄子、美味いじゃ無いか」

と、初めて私に感じさせてくれたのも、この冷やしとの出会いがあったからこそ

 

あれから3年、様々な形で茄子を頂いておりますが

やはり、当時の感動は今を以てまだ健在

 

揚げさん同様、いやそれ以上に

和出汁の旨味をたっぷり吸い上げ、こじらせ気味なほどに美味しく仕上がった茄子

 

これもまたご飯が欲しくなるトッピング

いや、おかずとしての機能を果たす逸材として、存分に堪能するものとなりました

 

 

昨年は8月中旬より、短い期間限定での提供でしたが

西千葉、自家製手打ち麺 粋やに、冷し中華が2年越しでついに復活! 『最高に和風』な冷やし中華が手打ち麺にてパワーアップ!!
お盆を通常通り営業していた飲食店の多くが、遅ればせながらの夏休みに突入 平時よりはランチのお店選びが限られる中、この日私が向かった先は西千葉 JR西千葉駅から歩いて3分ほど
2019-08-22 06:58

今年は7月の序盤より限定メニューに並ぶものとなった、西千葉粋やの冷やし中華

 

冷たいスープに浮かぶ、豪華なトッピング

それらを束ねる自家製麺との組み合わせは、

まさしくここ、粋やでしか味わう事の出来ない、唯一無二の冷やし中華

 

いや、中華にカテゴライズすることが正解なのか?

これは私が思うに、和食では無かろうか??

 

そんな疑念も、この冷やしの美味さを前にすれば

「どっちでもいい」

美味さこそが正義である事を、再確認できる1皿となります

 

なお、同品が限定メニューである事から、念のために確認したところ、

今年は8月いっぱいまで、冷やし中華を提供して頂ける、との事でした

 

また、今後は更なる冷やしのバリエーションを考えている・・・

なんて裏話もキャッチ

 

これもまた、西千葉を震撼させそうな、危うい冷やしになる予感

定期的にTwitterをチェックし、X DAYの訪れに備えていこうと思います

 

 

なお、昨年のものにはなりますが

粋やの冷やし中華も名を連ねる、夏のお勧め冷やしメニュー

千葉市近郊で頂ける冷やし中華・冷しラーメン・冷しメニュー 厳選12食

こちらの記事も合わせてご覧下さい。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

自家製手打ち麺 粋や

■ じかせいてうちめん いなせや

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2丁目26−9

■ 営業時間:11:00~14:30(夜は一二三屋として17:30~21:00)

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。