スポンサーリンク

蒙古タンメン中本千葉店で頂く、北極ラーメン背脂トッピング ランボーコラボ終了の悲しみを癒やす、白と赤のコントラストに身悶えてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、千葉・富士見町のビストロレコルトを訪れた日のこと

この日は天気も良く、開店までに少し時間があることから、ご近所をふらっと散歩していたところ

 

思わず声を挙げそうなチラシを発見

元グリーンベレーの真骨頂

史上最強の頭脳戦がはじまる

 

と告知されたその下にて赤く燃える一杯

その名も「嵐蒙(ランモー)」

 

なんのダジャレかと思うも、見ての通り

蒙古タンメン中本にて提供される、期間限定メニュー

ランボーとのコラボラーメンになるのです

 

これまでも、中本では様々な限定が提供されていた様ですが

わずかな期間の限定を目指し、船橋まで足を運ぶのは正直・・・

 

となって諦めていたものの

こちら、千葉・富士見町に中本がオープンしたことにより、その存在はすっかり身近なものに

 

今までならば諦めていた限定も、

思いついた時にサッと足を運べる手軽さになったことこそ

中本が近所にオープンした、最大の利点かも知れません

 

そんな訳でこの日のランチは、店内で頂くのは久々

蒙古タンメン中本千葉店を訪れてみるものとなりました。

千葉中央に1月オープンの蒙古タンメン中本千葉店 3度目の店内飲食は初の限定メニュー「乱蒙」狙いへ

今年1月のオープン、その翌日に初訪問を果たした、蒙古タンメン中本千葉店

その際に頂いた無料券を利用すべく、その後に1度

 

そして、2ヶ月程前にはテイクアウトの麻婆丼を購入と、

蒙古タンメン中本 千葉店にて初のお持ち帰り 頂くは勿論、激辛ごはん「麻婆丼」も、実は蒙古タンメンや北極らもテイクアウト可能になっていた!
テイクアウト一辺倒となった生活も、間もなく一ヶ月 本ブログでテイクアウト情報を発信する関係上、多くのお店を調べてきたことから、対応しているお店はもちろん 各店の個性や特色あ
2020-05-02 08:16

これまでに3度の利用があり、これが4度目の訪問

 

今回のお目当ては、もちろん先日にした限定のコラボラーメン

中本とランボーのコラボを楽しみに、お店へと向かってみたところ・・・

 

あれ?

先週通ったときに目にした、コラボのポスターが・・・無い

 

早くも暗雲が立ちこめるも、すでに気分は中本一色

今更、他の代用など思い浮かばないのもまた、中本が持つ中毒性でして

 

微かな可能性に期待し、店内へと入店

入り口でしっかり、アルコール消毒をしつつ券売機に向かうと

 

『検温をお願いしております』

と、スタッフさんからの体温チェックが行われます

 

こちらを問題なくスルーし、あらためて券売機へ向かってみると

券売機周りにもPOP等の掲載はありますが、ランボーの文字は見当たらず

 

検温を担当してくれたスタッフさんに尋ねてみたところ

『限定は、先週で終わってしまい巻いた』とのことでして

 

6月後半から提供で、7月3日は終了

限定・・・し過ぎだなあ

 

とは言え、ここでアフガンに怒りを覚えたところで始まらず

何より、私の後にもお客さんが入店しており、私の食券待ちが既に2名

 

券売機を前にして焦らされると、正当な判断も付かず・・・

ここはもう、反射運動とも言うべき速度で「北極やさい」をプッシュ

 

毎度代わり映えのしない北極を押してはみたものの

ここでふと、過去の記憶が脳裏に浮かんだのです

 

そういえばどこだったか・・・

北極に「背脂」をトッピングするのをお勧めしてる人がいたな、と

 

お釣りボタンを押すその前に、トッピング一覧をチェックしてみたところ・・・

あったぞ、背脂!!

 

最初に投入した1000円では足らず、追加の100円を投入

北極やさい950円に、トッピングの背脂70円

合計1020円にて、食券のお買い求めが完了

 

かくして、ランボーコラボを頂く予定が一変

中本と言えば、の定番「北極やさい」に背脂トッピングの組み合わせを、初注文するものとなりました。

お目当てのランボーコラボラーメン「乱蒙」はまさかの終了も、北極×背脂トッピングのウマ辛紅白に大満足!!

そんな訳で、限定メニューの終了に涙を流しつつ

現場にて急遽注文変更を迫られるものとなった、蒙古タンメン中本千葉店

 

ランボーに思いを馳せ、腰をかけたカウンター席には

なるほど・・・中本は登山、か

言われてみれば、北極までは幾度と登ってきたけど

その最高峰とされる「冷やしミソラーメン」の頂は、まだ登頂してなかったなあ

 

ただ、つけ麺ともなると

辛さはともかく、よりいっそう跳ねそうで怖い・・・

 

そんなカウンター席ですが、席数そのものは変わってないものの

お隣席との間には、クリアボードが設置

各席毎に仕切りが作られ、さながら一蘭の様な作りでコロナ対策が取られております

 

その分、2席に1つずつ置かれたお水が取れない(or取りづらい)

といった部分が気になるものの、最悪水なしで乗り切ろう

 

と、決意を新たにした私の前に、いよいよ本日のランチが到着

こちらが、蒙古タンメン中本千葉店にて頂く

北極やさいラーメン 背脂トッピングとなります

 

真っ赤に染まった唐辛子ベースの味噌スープ

深みのある深紅のスープとなるのですが、

その上に、これまたたっぷり盛り付けられた白い背脂

 

お店によっては、無償でトッピングされる背脂ですが

ここ中本では、別料金の70円にて追加トッピング

その料金に見合う形で、たっぷりの量が盛り付けられております

 

それにしても、真っ赤なスープに相対する真っ白な背脂

まだ7月だというのに、早くも紅白歌合戦を先取ったかの様な一杯ですね

 

これほどの背脂がトッピングされることで

パンチ力抜群の北極スープが、甘みを帯びるのか

それとも、コクと旨味を増すことに繋がるのか

 

いずれにせよ、北極の新たな境地に辿り着けることは間違いなし

まずは背脂の少ないエリアからスープを一口

その色味に一切の偽りを感じない、キレッキレの辛味を感じさせます

 

ジワジワなんて野暮ったいことをせず、一撃で口内に炸裂するその辛味は、これぞ中本!といった味わい

もちろん、暴力的な辛味では無く、多様な旨味が伝わってくるのも中本らしさですね

 

そんな辛味120%のスープに絡むのが、

こちらの中太麺

この日は割と固めの茹で加減になっており

しっかりした歯ごたえをも感じさせる仕上がりとなっております

 

緩やかなウェーブが、しっかりスープを絡めており

スープ単体で頂くのと変わらず、全面に広がった唐辛子をすくい上げてきます

 

ただ、先ほどスープのみで頂くよりも、気持ち甘みとコクが増している様な

これが背脂の効力でしょうか

 

背脂を全面には広げていないものの、それでいながら、この味変

やっぱ背脂の効能は偉大だ

 

続いては、もう一つのトッピング

「やさい」の方へ

通常の北極ラーメンでは加わってこない

「タンメン」部分のトッピングとなるのが、こちらのやさい

 

くたくたに煮込まれたキャベツやもやし達が、

これまたしっかりスープと絡まり、爆発的な辛味に優しい甘みを合わせてくれます

 

深紅に染まったスープに対する、ほんの一時の小休止

程度の力しか発揮はしないものの、

(むしろ野菜は野菜で、しっかり辛い)

 

麺とスープのみで頂く以上に、旨味が増した様にも感じますし

なによりこの

豚バラ肉がトッピングされることで、おかず感が急上昇

ついでに半ライスないしは、プチマーボー丼を注文しておけば良かったなあと、ここでちょっと反省

 

そして、後半に差し迫ってきたところで、

 

いよいよ背脂を全面に広げ、改めてのスープを一口

 

紅白が入り乱れることによって、辛味が抑えられるのか

といえば、さすがにそれほどの力を白組は持たず

 

紅組の圧倒的優勢な状況は変わらずですが

そのまま頂くよりも、旨味が増した様に感じますね

 

見た目のビジュアルは、正直・・・ですが(笑)

北極への背脂トッピング、これは今後マストになるかも

 

 

そんな感じで、初の試み「背脂」を試すものとなった、蒙古タンメン中本千葉店

今までは、遠方まで足を伸ばす都合上

細かな調整を加えない、デフォの味わいを楽しむ

 

といった食べ方しか出来ずにいましたが

ふと思いついた時に足を伸ばせる距離に中本が出来たことによって

訪問の絶対数を増やせることから、様々なトッピングとの組み合わせを楽しめる様になった

 

これこそが、近所にお店が出来たことによる、最大の利点となりました

 

また、今回の到達地点も、最高峰の1つ手前となる北極止まり

更にその上となる「冷やしミソラーメン」という、真の頂上が次の目標

 

更には、北極や冷やしミソの辛さ増しなど、まだまだ目指すべき先の多い中本ですが

自分なりの「美味しい辛さ」を見極めるべく、今後も精進していきたい所です。

 

なお、激辛・ウマ辛好きな方は、是非こちらの記事も合わせてご覧下さい

冬だからこそ暖まりたい、千葉市内で食べられる激辛&旨辛ラーメン⇒

【激辛!】冬だからこそ暖まりたい、千葉市内で食べられる激辛&旨辛ラーメン 厳選7食を一挙大公開!
本ブログ内でも人気記事の一つである「千葉の激辛ラーメン特集」 https://barconcertvienne.com/osusume/585/ こちらは、2016年夏に回
2017-12-05 10:22

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

蒙古タンメン中本 千葉店

■もうこたんめんなかもと ちばてん

■ 住所:千葉県 千葉市中央区 富士見2-14-1 千葉EXビル1F

■ 営業時間:11:00~

■ 定休日:4月より無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。