スポンサーリンク

蒙古タンメン中本 千葉店にて初のお持ち帰り 頂くは勿論、激辛ごはん「麻婆丼」も、実は蒙古タンメンや北極らもテイクアウト可能になっていた!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

テイクアウト一辺倒となった生活も、間もなく一ヶ月

 

本ブログでテイクアウト情報を発信する関係上、多くのお店を調べてきたことから、対応しているお店はもちろん

各店の個性や特色あるお弁当、お持ち帰りメニューを頂けていることで、テイクアウト自体には全く不満無い、美味しい品々を頂いているのですが・・・

 

その中で唯一、不足を感じ始めたのが

「辛さ」という刺激

 

カレーのテイクアウトで補うことも考えたのですが、今日の気分は、やはりカレーでは無い

カレー以外のテイクアウトで、辛さというなの刺激を満たすテイクアウト・・・

 

そうだ!!

これまでであれば、わざわざ船橋まで足を伸ばしていたものの

この1月からは、そんな遠出をせずとも「辛さ」という名の刺激を満たせるお店が千葉にも出来たでは無いか!!

 

そんな訳で向かった先は、もちろんお気づきの通り

こちら、蒙古タンメン中本 千葉店となります

 

そんな訳で本日のお持ち帰りは、中本ならではの辛さを自宅で味わえるお弁当

「麻婆丼」を購入しに向かうものとなりました。

京成千葉中央駅近くに1月オープンの、蒙古タンメン中本 千葉店 今回はお弁当のテイクアウトに利用

今年の1月、満を持してオープンとなった、蒙古タンメン中本 千葉店

辛党でもある私にとって、同店の千葉市内進出は願ってもない話

 

もちろん、開店早々にお店を訪れており、

【激辛注意】千葉中央駅近く、蒙古タンメン中本 千葉店がついにオープン! 激辛・ウマ辛党の大好物、北極ラーメンで真冬に滝汗!?
昨年末、千葉の激辛・ウマ辛党に届いた朗報 激辛ラーメンの雄、蒙古タンメン中本が、いよいよ千葉にオープンするとの情報が 数年前までは、都内8店舗ほどしか無かった、蒙古タンメン
2020-01-24 07:44

この通り、同店が誇る最強メニュー「北極ラーメン」を存分に堪能させて頂きました

 

とは言え、現在はコロナ渦による自粛が求められる時期

本音を言えば、店内で北極ラーメンないし、冷やし味噌タンメンを頂きたい所ですが、

今回のお目当ては、中本ならではのお持ち帰り弁当となります

こちらのお弁当は、コロナによるテイクアウトに関係なく、各店舗で随時販売されている品でして

 

辛味の無い野菜丼、

麻婆の辛さとタンメンの具材を合わせた蒙古丼

そして、辛さに辛さを重ねた麻婆丼

といった3品が販売されているものとなります

 

もちろん私の目標は、こちらの「麻婆丼」となり、お店を伺ってみたのですが、

そこでまさかの新発見!

「中本、お持ち帰りラーメン始めるってよ。」

 

おいおい、すっかり麻婆丼一択のつもりだったのに、なんて手段で心を揺さぶりに来るんだ!?

がしかし、お持ち帰り出来るとは言え、そこはラーメン

果たして自宅でも、お店同様に美味しさ・辛さを堪能することが出来るものなのか?

 

ちょっと気になり、説明を詳しく読み上げてみると、

まず麺については、通常とは異なる「伸びにくいお持ち帰り専用麺」を茹でた状態で提供するとのこと

麺とは別?でスープが提供されるらしく、こちらをレンジで3分温めれば、自宅でも中本が再現できるそうです

 

このテイクアウト麺に対応しているのは

・味噌タンメン

・蒙古タンメン

・北極ラーメン

の3品になっており、お値段は800~850円

 

店内で頂くものと、変わらないお値段で自宅でも中本が食べられると聞けば、これは朗報

是非とも一度、自宅で中本を食べてみたい所ですが・・・

 

とにかく腹が減った今、ここで中本の持ち帰り麺を購入し

更に、家へと帰り、3分間に及ぶ温めを待てる自信が持てず

 

今日の所は、購入後に即頂けてしまう

「麻婆丼」を買って帰り、お持ち帰り麺については後日、あらためて頂いてみようと思います

 

というわけで、店内にて食券を購入

出来上がりまで、店先で待つこと3分

思わず「早っっっっ!!」と口走る手早さで提供されたお弁当

 

こちらを大事に抱えながら、車を走らせること10分

本日のランチ、蒙古タンメン中本 千葉店にて購入となった

「麻婆丼(大盛り)」を迎え入れるものとなりました。

中本のお持ち帰りといえば、麻婆丼一択 のつもりが、まさかの蒙古タンメンや北極らも持ち帰り可能となっていた

という訳で、テイクアウトで不足(?)しがちだった辛味の刺激を補うべく

今年1月にオープンとなった、蒙古タンメン中本 千葉店にて、テイクアウト界の激辛メニュー

「麻婆丼」を頂くものとなった、本日のランチ

 

例えごはんであれ、相も変わらず美しい赤さを誇る丼・・・

ですが、やはり丼1つでは気になってしまうのが栄養価

せめて野菜だけでも、何か共に頂きたいな、となり冷蔵庫を覗いてみると

お、前日にテイクアウトした

「パスタ&グリルレストラン CUEVA」のサラダを発見

京成千葉中央駅前の新店、パスタ&グリルレストラン CUEVAでお祝いディナーをテイクアウト! 豪華オードブルに和牛ステーキ、盛り盛りカルボナーラで、ワンランク上の宅飲みに!

※ 子供が頼んだカルボナーラに付いていたサラダとなります

 

かくして、同じく千葉中央にオープンしたばかりの新店

「パスタ&グリルレストラン CUEVA」が蒙古タンメン中本とコラボする

紅白そろい踏み、夢?の共演が実現するものとなりました

 

さて、まずはサラダの方から頂いてみますと

こちらは、お店の方で頂いたものと同じ組み合わせのサラダ

 

シーザードレッシングに温玉をトッピングすることで

個々を頂くのみでは味わえない、驚くべきまろやかさと風味が野菜を包み込みます

 

加えて、こちらのドレッシングは乳製品がベース

刺激的な辛味を口にする際、乳製品に含まれる「カゼイン」という物質が、胃腸を始め辛味による刺激を緩和してくれるとのこと

特に胃腸に対する負担が軽減されれば、身体にも優しい取り合わせとなるので、偶然の産物ながら絶妙なコラボが完成するものとなりました

 

そんなサラダを食べ干した所で、いよいよ迎え入れるのが

こちら、蒙古タンメン中本が誇る最強ごはん、麻婆丼

他の丼の様に、野菜らをトッピングして辛さを中和する・・・

といった優しさは微塵も無く、只ひたすら辛味という名の刺激を与え続ける丼となります

 

一口取り出したるその様だけでも、

目視で確認出来てしまうほど、ハッキリくっきりしたカプサイシンたち

また、この程良いとろみが、各種辛みを余すこと無く口の中へと運び続ける、有能な運搬役を果たしております

 

早速頂く一口目ですが・・・

うん、分かりやすくしっかりと辛い

 

そう、この刺激に飢えていたんだ!!

と、ド直球に味蕾をえぐる、火を噴く様なストレート

 

来る!と分かって身構えていても

イメージする高さよりも、更に手元で伸び浮き上がる

全盛期の藤川球児が投げるストレートの様に、ズバンと音を立てながら辛さが飛び込んできます

 

そんな絶好調の辛味を誇る麻婆を、美味しく感じさせてくれるお供となるのが、

こちら、下にナリを潜めているごはんの存在

単体では刺激高ぶる麻婆ですが、その辛味が故にごはんとの相性がとにかく抜群

 

そのまま頂くのでは、辛さという名の刺激が全てを支配してしまうものの

共にご飯を頂くことによって、辛味の中にある旨味を感じ、それがご飯をより高みへと導くものとなるのです

 

また、同丼にトッピングされている紅ショウガ

これも地味に良い働きをする薬味となっておりまして

程良い甘酸っぱさが時折加わることで、辛味一辺倒の丼内に味変というなの休息を与えてくれます

 

そして、同じく絶妙な箸休め効果を発揮するのが、

こちらのゆで卵

その存在自体は、なんたること無いごく普通のありふれたゆで卵

 

しかし、赤く燃えたぎる麻婆の海に於いては

このゆで卵が、救いの神の如く、一筋の光明を照らしてくれるのです

 

掻き込んだ麻婆で、辛味に満ちた口内

そこにゆで卵がスッと差し伸べる、一輪の優しさ

これを口にすることで、人はまた次なる戦地へと赴く勇気を与えられます

 

そんな麻婆とゆで卵、アメとムチを交互に堪能すること5分

丼の中は、ご飯1粒残さず綺麗に完食

かくして本日の戦いも、無事に勝利を治めるものとなりました

 

 

といった感じに、久々の刺激を求め、テイクアウトに走った蒙古タンメン中本千葉店

現在店頭では、お持ち帰り用のタンメンらも販売されている中、敢えての麻婆丼をテイクアウト

 

そこよりもたらされる刺激は、正にこの日私が欲していた刺激そのままを

完璧に与えてくれる、大満足の辛味を堪能するものとなりました

 

ただ、そんな中本の麻婆丼ですが

食べ終えて僅かに感じるのが、ご飯と麻婆豆腐だけというもの悲しさ

 

店内で頂く麺類であれば、ここにトッピングを加え、自分なりの「満足出来る一杯」を作り上げられるものの

こちら、テイクアウトのご飯に関しては、トッピング等を追加することが出来ず

何かを加えようにも、自身で用意する以外、方法が無い訳でして

 

個人的には、ここにチャーシューなどの肉類を加えられれば

より一層満足度の高まる丼が形成できるのでは?

と思うものの、試したことは無く、その正解もまた分からずじまい

 

もしくは、敢えてご飯を頼まず、麻婆のみを購入

これを、他店のチャーハン(近所の大阪王将とか、面白いかも)などと共に頂く

麻婆チャーハンなんて組み合わせも、興味を掻き立ててくれます

 

いずれにせよ、テイクアウトだからこそ叶えられる夢の共演

近所に中本がオープンしたからこそ、叶えられるコラボは更に増大することに

外出の自粛が求められる今だからこそ、テイクアウトだからこそ為しえる、更なる可能性を追求してみたい所です。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

※ 激辛・ウマ辛好きな方は、是非こちらの記事も合わせてご覧下さい

千葉市内で食べられる激辛&旨辛ラーメン特集⇒

 

蒙古タンメン中本 千葉店

■もうこたんめんなかもと ちばてん

■ 住所:千葉県 千葉市中央区 富士見2-14-1 千葉EXビル1F

■ 営業時間:11:00~

■ 定休日:4月より無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。