スポンサードリンク

西千葉、自家製手打ち麺 粋やに、冷し中華が2年越しでついに復活! 『最高に和風』な冷やし中華が手打ち麺にてパワーアップ!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

お盆を通常通り営業していた飲食店の多くが、遅ればせながらの夏休みに突入

平時よりはランチのお店選びが限られる中、この日私が向かった先は西千葉

 

JR西千葉駅から歩いて3分ほど

本ブログはもちろん、千葉市界隈のラーメン好きの中であれば、最早お馴染みとなる

こちら、自家製手打ち麺 粋やとなります

 

都町から移転してきて、間もなく1年

これまでも自家製麺を提供していた同店ですが、移転に伴い使用する麺が手打ちに変更

これによって、以前よりも味わいを増した麺、それと共に頂く鶏出汁抜群のスープ

 

と、ラーメンフリークならずとも、多くのお客さんを虜にしてきた同店

とは言え、ここ数ヶ月は限定メニューの提供も行われており、そちらを頂く機会が増加

一方、レギュラーメニューについて暫くご無沙汰になっていた事から、先月よりレギュラーメニューを振り返り始めておりまして

 

そんな訳でこの日もまた、レギュラーメニューの醤油ないし塩を頂こうと、粋やを訪れたのです。

西千葉の人気ラーメン店、粋や レギュラーメニューを振り返るべく訪れるも、そこにはまさかの!?

開店時刻となる11時を少し回ったタイミングで、お店を訪れた粋や

この日は、食後にタイ古式マッサージの予約を入れていることから、満腹にはせず、麺のみに控えておこう

そして注文する品も、レギュラーメニューの醤油、ないしは塩のどちらかで攻めよう

 

・・・と、頭の中にイメージを膨らませながら扉を開けると、

私の前に飛び込んで来たのが、こちらの限定メニュー

いやいや、今日こそは心を鬼にして、レギュラーメニューを頼むんだ

例えどんな限定が提供されようとも、浮気すること無い一途な思いを胸に秘め、

そうは言いつつも、やはり気になる限定メニュー

 

一応、どんな限定をやってるのかな?

と、あくまで確認のため「だけ」に目を向けてみると、そこには・・・

 

冷やし・・・中華・・・だ、と!?

 

かつて、都町時代の粋やにて提供されていた、冷やし中華

その姿形は、確かに冷やし中華ではあるものの、既成概念をぶっ壊した

「和食」過ぎる冷やし中華という新たな可能性をもたらした、伝説的な一品でもあります

都町 らぁめん つけめん 粋や 「和」が全力で香る冷やし中華が登場! 出汁感ハンパない茄子はご飯のお供に!!
先日、私が勝手に「ホームグラウンド」と称している、作草部のまるわを訪れた際、店主さんより 「都町にある粋やの冷やし中華、多分気に入るから食べてみて下さい」と、お勧めの声を。
2017-07-20 08:24

 

しかし、昨年の夏は移転に伴い、また夏にオープンが重なったことなどもあって、伝説の冷やし中華はお目見えすること無く、諦めの夏へ

結果、2年間口にすること無かった、粋やの冷やし中華

ですが、今私の目の前にはまさしく「冷やし中華」の一文が並んでいるのです

 

醤油か塩か、と二択に絞り込み

「今日は浮気をしない」と心に決めて入店したものの、ここで事態は急変

 

念のため、この冷やし中華の詳細について尋ねてみると

『都町時代にやってた、アレですよ』と笑顔で回答

 

 

正直に・・・告白します

 

私は今日、浮気をします。

都町を騒然とさせた、あの冷やし中華がパワーアップして復活! 西千葉、粋やの冷やし中華がついに!

予想だにしない展開で、まさかの冷やし中華に再開してしまった、西千葉の粋や

しかし、普段ならば限定メニューの提供について、Twitterで告知がされるものの、今回の冷やしに関しては事前告知が一切無し

 

なぜにこの様な展開で?と気になってしまい、尋ねてみたところ

『お昼時に冷やしの注文が重なると、手が回らないんで・・・』

あぁ、そりゃそうですよね(汗)

 

そんな事情もあり、敢えて告知をすることなく、ゲリラ的にヒッソリと提供が始まっていた冷やし中華

さて、しかしそんな「あんまり伝えたくない情報」を、私がブログにて伝えてしまうのもどうなのかしら??

 

と、気になって確認してみたところ

『どっちにしろ、そろそろ告知しようと思ってたんで、大丈夫ですよ』

とのお墨付きを頂くことに

 

とは言え、前述した通り、お昼の繁忙帯に注文が重なると、手が回らず厳しくなる品とのこと

冷やしをご所望の際には、開店直後の早い時間、ないしは昼のピーク帯を過ぎた時間を狙って注文するなど、協力したいところです

 

 

そんな訳で、まさかの不意打ちながら、2年ぶりの再開となった冷やし中華

いよいよ、その姿をお目見えするものとなったのです

こちらが、自家製手打ち麺 粋やの誇る伝説メニュー

「冷やし中華」となります

 

カウンターの上に姿を現わしただけで、思わず拍手を送りたくなるこのビジュアル

まずは細かくトッピングを見ていきましょう

こちら正面に並ぶのは、

・鶏チャーシュー

・なると

・油揚げ

・トマト

など、食感に旨味、彩りを与える様々な具材が立ち並びます

 

続いては向こう正面へ、

こちらには、

・茄子の煮びたし

・鶏節

・小松菜

そして、登頂には白髪ネギとスプラウト

 

これら数々のトッピングですが、トマトと百歩譲りネギ&スプラウトまでは、他の冷やし中華でも目にする具材

しかし、これらを除いた残る具材は、冷やし中華より、むしろ冷やしそばを思わせるトッピング

ですが、この冷やし中華を一旦口に運ぶと、ラーメン店の本気が伺える冷やしそのものになるのですから、興奮は収まりません

 

それではまず、麺の方から見ていきますと、

こちらの冷やしには、自家製の手打ち麺を使用

西千葉に移転後の粋や、その最大の特徴となるのが、この自家製手打ち麺

ピロッとした食感にツルッとした喉ごしがたまらない、唯一無二の麺となります

 

ただ、それだけに生産数が限られていることもあって、つけ麺などには細麺を使用

その為、この冷やしにも細麺を使用されるものと予想していたので、この麺の登場には驚きを隠せません

 

さあ、この手打ち麺と冷やしのタレとの相性はいかに・・・

 

こんなの、美味いに決まってる

 

手打ち麺から伝わる小麦の風味は健在ながら、和出汁が香るタレとも抜群の相性

ピロッとした食感にツルモチな喉ごしは、冷やしであることにより、いっそう心地よく口の中へ運ばれていきます

 

続いてトッピングの方ですが、

まず注目すべきは、こちらの鶏チャーシュー

粋やのチャーシューは、鶏・豚共に私好みな品となりますが、やはり冷やしには脂の少ない鶏を使用

 

柔らかく仕上がった鶏チャーシューですが、パサつきは一切なくジューシー

噛みしめるごとに、アッサリした味わいの奥から、鶏の持つ旨味も流れだし、しつこさを感じず心地よい味わいを残します

 

さて、お次は茄子の煮びたしへと行きたいのですが、その前に

この日は午後からマッサージ(タイ古式)を予約していたことから、予定では「麺のみ」の注文にするつもりでしたが

(タイ系のマッサージはグイグイ引っ張られるので、満腹だとキツいのです)

 

冷し中華を頂くとなれば、譲ることが出来ず、こちらの鶏皮煮ご飯も注文してしまいました

(せめてもの抵抗とばかりに、ご飯は少なめにてオーダー)

 

鶏の旨味と皮ならではの食感

更にはぷるんぷるんにコラーゲンの詰った同ご飯が、冷し中華の旨味を吸い上げた

・茄子の煮びたし

・油揚げ

と、抜群の相乗効果を見せてくれるのです

 

という訳で、お次に頂くのが、

こちら、なすの煮びたし

 

ちょっと箸で突いただけでも、中からジュワッと音を立てて煮汁が飛び出そうな加減

これはもう野菜では無く、飲み物に分類しても遜色ありません

 

そんな茄子を口に運びながら、それを追う形で鶏皮煮ご飯も同時に口へ

もう、口の中いっぱいに、出汁の旨味が溢れんばかり!!

ソフトに溢れる上品な旨味と、ハードな鳥皮の旨味、更には茄子の食感も加わり、説明の仕様がないエクセレントな味わい

 

今自分が、ラーメン店で冷し中華を食べているという現実を忘れ、

杉下さんと花の里のカウンターで、女将が丹精込めて作る和食を口にしている・・

そんな錯覚すら覚える程に、スッキリとした和出汁と溢れる旨味を感じる、正に日本の夏グルメと言えます。

 

茄子同様に、旨味を吸い上げているのが、

もちろん、こちらの油揚げ

2枚トッピングされる同品の、1枚目は麺と共に

 

そして、最後に残る一枚を、

この様に、ご飯と共に頂けば、極上過ぎるおいなりさんも完成

油分の少ないトッピングが並ぶ中、唯一と言っても良い、強いコクを放つ油揚げ

これもまた、旨味を存分に吸い上げるだけで無く、アッサリとまとまる冷やしの中に、凜としたコクを与えるトッピングとなります

 

これらに加え、ネギや小松菜、スプラウトにトマトといった野菜も、彩りと共に食感や酸味、苦みのアクセントをプラス

麺と共に個々の食材を頂くことで、繊細な味わいに+αを与え続ける、最後の一滴まで口惜しくなる冷し中華となりました。

 

 

といった流れで、入店直後に浮気を決意させた、粋や夏の限定メニュー、冷し中華

2年の時を経て西千葉の地に復活するものとなりましたが、そのクオリティは以前以上

それもこれも、使用する麺が自家製麺に代わった事が大きなポイントとなります

 

独特の食感は、冷やしであっても損なわれること無く、ツルッとした喉ごしはむしろ冷やしにも最適

加えて、他店ではまず珍しい太麺であることで、十分な食べ応えをも感じさせてくれます

 

この麺と共に頂くタレからは、醤油の甘みと出汁感がたっぷり

酸味をあまり得意としない私には、酸味を感じさせないこの冷やしが、やっぱりシックリ来ます

 

お盆を過ぎ、暑さも峠を越えた感はありますが、まだまだ30度超えの暑い日は続くばかり

残暑を乗り切る食欲を掻き立てることはもちろん、清涼感を感じつつも旨味が詰まりに詰った冷し中華は格別な一品

 

8月半ばを過ぎて、ようやくお目見えするものとなった訳ですが、当然の如く

千葉市近郊で頂ける冷やし中華・冷しラーメン・冷しメニュー 厳選12食

こちらのまとめ記事に名を連ねてしまう、高い実力を存分に堪能させて頂きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

自家製手打ち麺 粋や

■ じかせいてうちめん いなせや

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12045037/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2丁目26−9

■ 営業時間:11:00~14:30(夜は一二三屋として17:30~21:00)

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。