スポンサードリンク

都町 らぁめん つけめん 粋や 「和」過ぎる冷やし中華が始まってました

LINEで送る
Pocket

先日、私が勝手に「ホームグラウンド」と称している、作草部のまるわを訪れた際、店主さんより

「都町にある粋やの冷やし中華、多分気に入るから食べてみて下さい」と、お勧めの声を。

 

サラッと話を聞いただけでも、一般的にイメージする冷やし中華とはだいぶ異なる模様で、しかも

「炊き込みご飯が、実に合う」と謎のお勧めコメントまで。

濃い味のラーメンならまだしも、冷やし中華のように、ぼんやりしがちな料理と、ご飯がマッチするとは一体…?

 

という訳で、昨年のオープン以来、実に久々の訪問となってしまいましたが

参照:ラーメン粋や(いなせや) 4年の時を経て、都町に復活!  ⇒

都町の「らぁめん つけめん 粋や」へ、冷やし中華を頂きに、いざ出陣!

スポンサーリンク

国道126号 都町で早くも人気のラーメン店、らぁめん つけめん 粋や

実はご近所ながら、通りかかる度に駐車場スペースが満車となっており、なにかと縁の薄かった、粋や。

久々にお店を訪れて見ると、店舗前だけで無く、店舗裏にも駐車場スペースが完備されているとの張り紙が。

早くそれを知っていれば、もっと通ったのに…なんともイケずな。

 

車を裏手の駐車場に止め、いざ入店。

カウンターをみると、まさかの新メニュー。

出た、ワンタン! 私の好物!!

しかも、鶏挽き肉を包んだモチモチの皮…ああ、もう旨い!

 

興奮を抑えきれぬまま、ついでにグランドメニューにも目を向けてみると

こちらは、昨年訪問した際と同じメニューが提供されている模様。

基本メニューが変わっていないと言う事は、それだけ基本メニューが安定した人気を博している証拠。

 

更にここで、前回訪問時にも鶏白湯カレーつけ麺を目にして、気になっていたのを思い出してしまった。

鶏白湯なカレーにつけて食べる、自家製麺・・・ああウマい!

かといってモチモチ皮に包まれたワンタンを諦めきれるほど、私はまだ大人になりきれず。

さあ、どうする、、、カレーかワンタンか・・・

 

そうじゃない。

今日はカレーでもワンタンでもない。

炊き込みご飯が実に合う(らしい)、冷やし中華を食べに来たのだろうが。

その謎を解かずして、今宵、枕を濡らさず眠りにつけるものか?

 

という訳で、カレーワンタンに後ろ髪を引き抜かれつつも、謎を解き明かすべく、冷やし中華と炊き込みご飯をオーダーすることに。

ワンタン&カレーよ、必ず近いうち、迎えに来るからな!!

スポンサーリンク

和食と錯覚するほど丁寧に仕上げられた冷やし中華は、炊き込みご飯をお供に

注文を終え、待つこと6~7分、噂の冷やし中華がいよいよ登場。

ん・・・?

・・・なに!?

 

なんだ・・・と?

(↑イメージはBLEACHの一護風 )

 

冷やし中華のトッピングに、ナス?

更には、油揚げの煮浸し?

漂う香りも、冷やし中華のお酢風味ではなく、鰹系の魚介の香り??

 

「冷やし中華」だというのに、視界に広がるは純然たる、和。

なんなら千利休がたてるお茶の香りや、光秀を殴る信長の怒声すら聞こえてきそうな程に、和じゃないか。

この冷やし中華あらため、冷し和食、果てしていったい?

 

気になる所が溢れかえるものの、まずは麺から。

中太平打ちの縮れ麺、これはアッサリしたスープであっても胸いっぱいに受け止めてくれそうな予感。

では早速・・・

 

うっほ、和だ! 和だ! 和田!!

 

ボヤッとした冷やし中華の酸味強い醤油などではない、魚たちが暴れ回る広大な香り、これは太平洋?それとも日本海?

いや、海の名称など最早、どっちでも良い。

どことなく中途半端さを感じる冷やし中華では、絶対に味わうことが出来ない、魚介の風味。

 

丁寧且つ奥行きある和の香りだが、普通の中華麺ではこの繊細さは受け止められない。

このしなやかな風味をガッツリ受け止められるのも、ワイルドな強さと食感を誇る自家製麺だからこそ!

このスープと麺は、出会うべくして出会った、前世からの縁で結ばれた二人に違いない。

 

そんな麺とスープの相思相愛に心を打たている間に、炊き込みご飯が登場。

こちらの炊き込みご飯、以前にも頂いたのですが、噛みしめる程に広がるお米の甘さ。

そして、鼻を抜ける香りがイヤらしいほどに美味い、鰹節ならぬ鶏節の風味。

 

どちらも高級割烹を感じるウマサではあったものの、それも強いラーメンのスープとセットだったからこそ。

果たして、このあっさり系炊き込みご飯が、冷し和食とどんなコラボを見せるというのだろうか?

まず一口・・・そうそう、この味。

約1年ぶりに味わう、素材の香りと噛みしめる程に奥からジワジワ引き出る旨味。

 

・・・ん? これは・・・もしや?

冷やし中華に席を連ねるアイツとアイツ、これをご飯にワンバンさせてみたら、どうなる?

 

肉食系男子にはお馴染み、濃い口の肉料理をご飯にワンバンさせて掻き込む、通称「バウンド飯」。

その名誉あるおかずに選ぶは、そう。

冷やし中華(和食)の中で異彩を放つ、ナス&油揚げの煮浸し。

 

和食のマナーとしてNGなのは百も承知。

しかし、骨の髄まで冷やし和食の旨味を吸い尽くした二品を、ご飯頭上でワンバンさせ、おかずと一緒にご飯を掻き込みたくなるこの衝動。

抑えきれない、この気持ち今、、、、

 

まずはナスをご飯の頭上にワンバン、そして口の中へ…

ナスに吸い尽くされ、口の中いっぱいに広がる太平洋、そこに鶏を纏った炊き込みご飯をIN!

 

これだ、コレしか無い!

最強過ぎる、〆ご飯(実際は〆どころか5合目くらいだが)が都町に降臨!

 

続いて、油揚げでもバウンド&IN。

ナスとはまた違う、揚げさんならではの出汁の溢れ方が、実にヤバい。

平賀源内も唸らせるような、21世紀の新発明が、よもや冷やし中華から生まれるとは。

 

麺とスープ、そして具材を頂く冷し和食。

この時点で度肝を抜かれる、感動を味わったというのに、それと並んで再び感動を与える炊き込みご飯とのセッション。

冷し和食と冷ナス&油揚げの煮浸し御膳、高級和食(マナー違反は承知の上ですが)を2品同時に頂ける組み合わせは、猛暑を乗り切る最強の和食でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

らぁめん つけめん 粋や

■ 店名:らあめんつけめん いなせや

■ 住所:千葉県千葉市中央区都町3-21-4

■ 営業時間:[月~土]11:30~23:00 [日・祝]11:30~20:00

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。