スポンサーリンク

餃子の並商のお持ち帰り用、冷凍餃子がお買い得すぎ! けしからん限定メニュー「にぼバターまぜそば」と共に餃子を購入、もちろん「ざめしの具」も!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ゴールデンウィークも後半に突入したものの、外出自粛が続き、連休感は皆無

まあ、そんな生活自体には慣れているものの、やはり困ってくるのが料理のレパートリー

 

ランチについては、連日様々なお店で提供されるテイクアウトを、この機会にとばかりに楽しんでいるものの

夜は飲みに出られないことから、どうしても揚げものに偏った晩ご飯が多くなりがちでして

 

この前日にも、みつわ台にある「長生肉店」にて、各種フライや唐揚げを購入し、満足した反面

そろそろ揚げもの以外を晩ご飯に頂きたくなってきた所

ちょうどカミさんから「餃子が食べたい」との話に

 

餃子、か・・・

千葉で餃子といえば、まず思い浮かぶのは天台にある北葉飯店

しかし、この日は月曜日とあって北葉もお休み

 

次なる一手となる餃子となると、そりゃもうここしかありません

都賀駅から車で5分、四街道方面に向かうその途中

店名でも伝わる、ゴージャスな餃子ぶり

その名も、餃子の並商となります

 

この4月より、テイクアウトのランチ、晩ご飯が増えたこともあり

従来からテイクアウトメニューが充実している餃子の並商は、実に力強い存在でして

 

先日も、まぜそば始め家族分のランチをお持ち帰りした他、

若葉区の人気店、餃子の並商にてテイクアウト タルタルまぜそば&並商餃子、新メニューの「とんかつ弁当」までを一斉食べ比べ!
先日、本ブログで公開した 「都賀~若葉区近郊のテイクアウト情報」 でも、いの一番に思い浮かぶお店となったのが、餃子の並商 現状の緊急事態宣言が発令される以前より、餃子を始
2020-04-18 08:52

その後も、並商ご飯に焼売にもつ煮にと、事あるごとに足を運んでいる同店

 

焼いた餃子については、5個入り400円で購入可能なものの

自宅で焼く用の冷凍餃子であれば、18個入りが1080円で買えてしまう、超破格なのも魅力の1つ

 

とあらば今日の晩ご飯を並商の冷凍餃子を持ち帰るべく、お店へと足を運んだ所

・・・あ。

見てはイケないものを見つけてしまった。。。

都賀~若松エリアにおける、説明不要の人気店 餃子の並商へ、冷凍餃子を買いに行ったはずが・・・

前述した通り、晩ご飯で頂く為の冷凍餃子を求めて、足を運んだ餃子の並商

いざ餃子を購入すべく、券売機の前に向かうと、本日の限定メニューの名を発見

その名も「にぼバターまぜそば」

 

1ヶ月程前にも限定まぜそばとして提供されていた同品ですが、その際は間に合わず、提供が終了

SNSで目にした商品イメージから、間違い無く破廉恥でけしからん

だけど、絶対に美味いまぜそばである事を確信していただけに、無念さが残るものとなっておりました

 

しかし、あれから一ヶ月

またしても足を運んだ並商にて、まさかの「にぼバターまぜそば」を発見

 

しかもこの時点で、本日のランチはまだ頂いておらず

加えて、今日はカミさん&子供のランチは、家でパンケーキを焼くとかなんとか

 

つまり、私は久々ソロランチで自由の身

餃子購入を目的として訪れた餃子の並商ですが

そこで目にした「にぼバターまぜそば」を食べたとして、これは不要不急の外出として咎められるものになるのか否か?

 

・・・セーフ、だよな?

 

まあいずれにせよ、例えアウトだったとしても、この誘惑には勝てず

導かれるまま、限定ボタンを押し込み、店内へと誘われるものとなったのです

 

というわけで、久々店内にて頂くものとなった、餃子の並商

カウンター席の椅子は、通常よりも少なめとなっており、他のお客さんとの間にはソーシャルディスタンスが取られております

また、お店入り口にも消毒用のアルコールが置かれているなど、新型コロナに対しては対策済み

 

店内にも、平時以上に多くのPOPが掲載されており、

モツ煮込みや焼売など、我が家でもお馴染みのレパートリーに加え

17時以降の時間限定メニューながら、日替わりチャーハンのお持ち帰り情報も発見

 

そのお隣に掲載されているのは、

神のご飯でお馴染み、少し前に復活を果たした並商ご飯や

本日のお目当てであった筈(もちろん買って帰ります)の冷凍餃子に関するPOPも

 

日頃と変わらずイェイイェイと活気づいてる店内にはなりますが

席数を減らし、一度に入店できるお客さんの数を制限していることもあってか、普段より店内は気持ち寂しげにも感じられます

 

そんな様子を眺めながら、待つこと10分

来ました、本日のランチ

餃子の並商にて頂く、にぼバターまぜそばとなります

 

ボリュームこそあれども、パッと見の印象では、海苔に大葉がひしめく、ヘルシー風にも見えるまぜそば

しかし、そんなトッピングの中を覗き込んでみると・・・、

やっぱり潜んでいたぞ、破廉恥でけしからん麺が!!

本来の色からは、だいぶかけ離れたセメント色に染め上げられた極太麺

しかも、ちょっと中から姿を見せただけで、空腹に響けとばかり漂い始めるバターの香り

 

煮干しに大葉、そして海苔

同3品の組み合わせまでなら、ヘルシーな和食を彷彿させるというものの

 

そこにバターが加わり、更にはここが「餃子の並商」であるという事実

これらが加味されるだけで、瞬く間にヘルシーとは程遠い、カロリーが支配するダークサイドへと闇落ち

 

まぁ、そんなダークサイドをこよなく愛する私

まずは具材と共に、麺をしっかり混ぜ合わせていくと

いやいや、なんてけしからん姿を見せてしまうんだ

凝視しているだけで、理性が吹っ飛びそうな、ノンヘルシーの世界が幕を開くものとなりました

 

それでは早速、この濃厚な麺を一口

ワシッとした強い食感の極太麺に、満遍なく絡む煮干し&バター

ビターな味わいにバターが混ざり合い、説明不要な程に濃厚な旨味が口の中へと広がっていきます

食べたその瞬間に、血糖値が跳ね上がりそうな、旨味の塊

しかし、これだけ強すぎる旨味が凝縮されれば、普通長続き出来ないものとなるのですが

この強すぎる旨味を、程良く交わし、スッキリした後味を与えているのが、大葉の存在なのです

 

いやむしろ、この大葉こそが、本まぜそばの味の決め手では!?

と思わせてくれる程、濃厚なにぼバターの後に漂う大葉の風味が実に心地よく感じられます

 

麺と共に絡まってくる、みじん切りの玉ねぎ

磯の風味を感じさせてくれる海苔らも、同じく風味や食感、味の妙を与えてくれるのですが

最終的に、それら全ての尖った味わいをいさめ、慈愛の神が如く包み込むのが、大葉の存在

 

にぼバターで始まり、玉ねぎ・海苔を経て、最後に辿り着く大葉

わずか数口でも病み付きになる、その味の変動は、全ての道が大葉に続く事によって完成を迎えております

 

とは言え、本日は調子の乗って大盛りをオーダー

いくら慈愛の神とは言え、大葉1つで最後まで走りきるのもいかがなものか

しかも本日は、久々の店内飲食となる上、ここ並商のテーブル上には多数の味変調味料がそろい踏み

 

せっかくならば、と大葉に続く別ルートを模索すべく、

後半戦は紅白二色のトッピング

刻みニンニクに辛味を追加し、更に混ぜ合わせて頂いてみると・・・

 

だよなあ、そりゃ美味いに決まってる

先ほどまでのビターでバターな味わいから、より一層品性は失われるものの

品格などと言う格式張った世界に収まりきらない、野生の様な荒々しい味わいにパワーアップ

 

大盛りであることを忘れさせる程、見事な味変がバシッと決まり

最後の最後まで、飽きる間も与えず、見事に完食を果たすものとなりました

 

そして帰り際には、冷凍餃子

更には、ざめしの具もしっかり受取り帰宅

さあ今夜は、またもや家にて並商が待ち構えております。

限定メニュー「にぼバターまぜそば」に大満足も、午後は自宅にて並商餃子を持ち帰り、1日通じて並商三昧

そして帰宅後、取り出したる本日のお持ち帰りがこちら

18個入りで1080円というお買い得すぎるお持ち帰り品

餃子の並商の冷凍餃子となります

 

2パックにそれぞれ、9個ずつ入った餃子

別添えで醤油と辣油も付いてくる他、

同餃子を自宅で美味しく焼く為のレシピも同封

こちらを元に焼き上がった、本日の晩ご飯がこちら

盛り付けにはかなり難があるものの、香ばしい焼き目もしっかり

餃子の並商にて購入した、お持ち帰り用冷凍餃子18個となります

 

ちなみにこちらの餃子の下へ「もやし」を据えるスタイル

これは浜松餃子に代表される、東海地方の食べ方なんだとか

 

我が家のカミさんが同地方の出身であることから、自宅で頂く餃子はほぼこのスタイル

餃子ともやしがマッチしているか、と聞かれれば正直どっちでも・・・

ですが、あまりそこを突っつくと家庭内に暗雲が浮かびますので、ひとまず受け入れているものとなります

 

さて、そんな事情も踏まえつつ、まずはシンプルにそのままで

焼きたてほやほや、アツアツ餃子をがっつり一口

 

うーん、美味い

先日、テイクアウトで購入してきた餃子も勿論美味かったものの

やはり餃子に於いて「焼きたて」に勝る調味料は無し

 

特に、ここ並商の餃子は肉多めで、皮の中から肉汁が溢れるスタイル

この餃子最大の強みである肉汁の旨味を存分に味わえるのは、焼きたてであってこそ

 

溢れる肉汁、がっつりした肉感

そこに合わさるニラたち香味野菜に、モチッとした皮の食感

これらが口の中で一気に広がる餃子を、やはり格別な1品です

 

そんな並商餃子ですが、せっかく自宅で頂くのであればこそ

様々な調味料での味変を楽しんでみたい所

 

まず取り出したるは、

自宅の冷蔵庫に潜んでいた、カルディにて購入している「食べる麻辣醤」

パンチある旨味にピリッとした辛味が特徴の麻辣醤を乗せると、うんこれも良い

肉汁と辛味が合わさることで、両者が良い具合に引き立ち合いますね

 

次の一手を考える中、ここで思いついたのが

並商の餃子への、ざめしの具乗せ

肉多めである事が特徴の餃子に、敢えての後乗せで野菜をトッピング

 

当然ですが、この組み合わせも全然アリ

皮の中から感じる香味野菜が、外からも加わる二段重ねに

中の具材と同じざめしであるからこそ、何ら違和感なく「野菜マシ」を味わう気分に浸れます

 

そして、ついでに試してみるのがこのパターン

もやしとともに頂く「浜松餃子」スタイルVer.並商

 

普段はこのパターンを「スーパータイヨー」の冷凍餃子で頂くのですが

同組み合わせが悪い、とまでは言わないものの

1+1が2以上になる様な、相乗効果を感じることは無し、といったところが正直な感想

 

ただ、本日頂く並商餃子は普段の餃子より、肉汁豊富でジューシーさが特徴

この組み合わせなら、普段とは異なる味わいを生み出すのでは無かろうか?

と試してみた所・・・

 

うん、この組み合わせは良い!

肉感たっぷりの餃子に対し、もやしの食感がアクセントになる上

しっかりした旨味が感じられるので、もやしの水分が邪魔にならない

 

もしや、浜松餃子という食べ方自体が、肉感強い餃子とこそ相性を発揮するものの

その根源たる部分を知らず、我が家では反射的に

餃子 = もやし を組み合わせていただけなのでは?

 

そう思わせる程、普段頂く餃子以上に、もやし×並商餃子がマッチすることを発見

今後、我が家の食卓事情を揺るがしかねない、新たな組み合わせを見つけるものとなりました

 

 

そんな訳で、元々は冷凍餃子の購入に向かったはずが

思いがけぬ形で遭遇した、なんともけしからん・・・が、抜群に美味いまぜそばとの出会い

 

そして、初の冷凍Verを持ち帰ってみたものの

これまた、お店で頂くものと変わらず絶品な上に、18個1080円というお買い得価格で

様々な味変と共に、餃子の奥深さを再発見するものとなった、餃子の並商

 

お持ち帰りメニューが豊富なお店だけに、まだまだ持ち帰ってみたい品は多数あるものの

やはり看板メニューである餃子は格別

味変のバリエーション含め、まだ見ぬ可能性と確かな手応えを感じるものとなりました

 

次はエスニック系の味変を試してみるか

それとも、中華ないし韓国系に走ってみるかなど、

たっぷりの餃子を美味しく味わう夢は、まだまだ広がりを見せていきそうです。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

餃子の並商

■ ぎょうざのなみしょう

■ 住所:千葉県千葉市若葉区若松531-200

■ 営業時間: 11:30~15:30 / 17:30~21:00(土日、祝は11:30~21:00)

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。