スポンサードリンク

千葉最強の町中華、北葉飯店にて焼肉ライス&カツカレー 名物の餃子にも負けない激ウマな2品だった!

LINEで送る
Pocket

この日の晩ご飯は、1人外食となり、車を走らせ天台方面へ

これまで、ランチでは何度か訪問があるものの、晩ご飯では初となる

 

千葉都市モノレール天台駅から徒歩5分の中華料理店

「北葉飯店」にて晩ご飯を頂くことに

 

同店は、過去にも数度ブログで取り上げてきた通り

推定千葉市NO1の餃子! 北葉飯店にて餃子&白米コラボ 多幸感溢れる激ウマランチ

私が知る限りでは、千葉市最強の餃子を頂く事が出来る、最高峰の町中華となります

 

しかし今日の目的は、餃子ではなく、あの「裏メニュー」を頂いてみることに・・・

スポンサーリンク

天台駅近く、千葉最強の町中華「北葉飯店」にて、ついに裏メニュー「焼肉ライス」デビュー

知る人ぞ知る、ひっそりと佇む町の中華屋さんながら、その餃子のレベルの高さで注目を浴びる、北葉飯店

しかし、こちらのお店は餃子に限らず、とにかくなにを食べても美味いとのこと

 

ただ・・・そうは言われても、ある意味で町中華の敷居を高くしている要因となるのがコレ、

とにかく、多すぎるメニューの豊富さなのです

 

どれを食べても美味いと言われながら、これだけのメニューがあっては、どこから手を付けて良いものか分らず

結局、毎回注文してしまうのが餃子&炒飯という黄金コンビに陥る始末

 

しかし、今日の私はひと味違うのです!!

ここ、北葉飯店を紹介して頂いた、作草部の重鎮曰く

「北葉飯店の裏メニュ-、焼肉ライスが実に、良い意味でヤバい」とのこと

 

そんな裏メニューの注文することが許される程・・・

いや、裏メニューを注文するに相応しい、存在に成長しているのか自信は無いものの、そこまで言われる焼肉ライスを食べず、次のステップへは迎えず

 

精一杯の勇気を振り絞り一声

「焼肉ライス・・・あと、餃子も」

よし、言えたぞ!!

 

さあ、焼肉ライス・・・あるのか?無いのか??

 

大将:「はーい」

 

・・・通った!!

念願叶い、ついに北葉飯店の裏メニュー注文に成功

さあ、中華料理店の焼肉ライスが、どんなレベルに「良い意味でヤバい」のか、存分に味わってみましょう。

 

注文から待つこと10分、カウンターの奥から伸びる手により、手渡されたのがこちら

北葉飯店の裏メニュー「焼肉ライス」となります

 

一見すると、よく中華料理屋さんで見かけそうな、変哲のない豚肉

しかし、この豚肉がまさかの事態に・・・

タレを絡め、良い色に焼かれた豚肉を、箸で一切れ口に運ぶと・・・

 

多幸感しかないw

 

なにこの豚肉、ぷるんぷるんで上品な脂の旨味がたっぷり

柔らかくジューシーで、とても中華屋さんの焼肉とは思えない!!(失礼w)

 

このハイレベルな焼肉が生まれる理由、これはもう素材無くして考えられません

ここで使われている豚肉の銘柄こそ分りませんが、どこかしらのブランド豚を使用しているのではないか

そうで無ければ説明が付かない程、とにかくジューシーで柔らかく、プリンプリンなのです

 

そういえば、まるわの店長からの情報だと

「焼肉ライスを注文すると、無造作にマヨネーズも提供される」との話

 

カウンター越しに大将の様子を伺うと・・・あ、手元にマヨネーズが出てる

あれをこの後、手渡してくれるのかな・・・・と思いきや、

先に餃子が登場w

 

まあ、焼き立ての餃子をいち早く提供するのは、当然の話

でもこれで、注文の品は全て揃ったわけだから、次なる一手はマヨネーズしかない

マヨネーズしか・・・

 

すると、隣に居た女将さん

マヨネーズ、冷蔵庫にしまっちゃったよw

 

冷蔵庫から出没したマヨネーズは、手渡すでも、使う訳でも無く、再度冷蔵庫へフェードイン

勇気を振り絞り、裏メニューを注文することには成功したものの、更なるリクエストとして、マヨネーズを要求する程の勇気はなく、添え付けのキャベツは焼肉と一緒に頂くものとなりました。

※ 焼肉のタレでも十分美味しく頂けました

 

 

ちなみに、この日のお新香はキュウリ

付け合わせのスープも相変わらずの美味さとなっており、千葉NO1と信じてやまない餃子同様に美味しく頂き、至福の時間を過ごすものとなりました。

スポンサーリンク

裏メニューの焼肉ライスに勝るとも劣らない、北葉飯店のカツカレーが神がかった美味さだった

ようやく裏メニューである「焼肉ライス」を頼むことに成功し、至福の時を過ごす中

メニューにふと目をやり、私の視界に入ってきたのが「カツカレー」の存在

 

もちろん、ここ北葉飯店は中華料理店であって、カレー店ではない

しかし、このカレーが気になってしまった要因となるのは、この日食べた「焼肉ライス」の豚肉たち

この豚肉が、町中華とは到底思えない美味さを誇っていた事を察すると、こちらのカツカレーにも只者では無い豚肉が使われているのでは無かろうか?

そんな疑問が、私の脳裏によぎったのです

スポンサーリンク

 

北葉飯店のカツカレー・・・

一度気になりだしたら最後、数日間にもおよび私を悩ませる存在となった、その正体を明かさなければ夜も眠れない

という訳で、焼肉ライスを頂いてから僅か三日後、今度はカツカレーの正体を明かすべく、再び北葉飯店へ。

 

連チャンでの訪問となった2日目は、お盆真っ只中のランチ

開店と同時にお店へ着くべく、車を走らせて店の前まで行くと、早くも開店待ちのお客さんを発見

さすがのお盆とあってか、家族連れでのお客さんも多く、開店と同時に注文が殺到(焦)

 

一気にお客さんが押し寄せ、慌てふためくもの・・・

と思いきや、なんて事ない表情を浮かべながら対応を始めるご主人&女将さん

 

一気に忙しくなった店内の様子に、申し訳無い気分になりながら「カツカレー」をオーダー

オーダーと共にご主人は鍋を振りながら餃子を焼き始め、

女将さんはと言えば、引き出しに隠された粉、パン粉を付けながらカツを揚げていき、二人とも会話を交わすことなく阿吽の呼吸で次々とオーダーを完成

 

その惚れ惚れする調理工程を、カウンター越しに凝視すること7~8分

こちら、北葉飯店のカツカレーが完成を迎えました。

 

カウンター越しに調理工程を見ていた所、こちら北葉飯店のカレーは事前に煮込んだカレーではなく、注文後に1つずつ作り上げるスタイルの様子

その為、煮込まれてる系カレーの様に、野菜等が溶け込んでいるタイプのカレーとは対照的に、一つ一つの具材が、しっかり主張されているタイプの様です

それでいながら、カツカレーの「カツ」が、すっぽり隠れてしまう程、たっぷりのカレーとなれば、これはもう楽しみですね

 

ちなみに、中華料理ではないカツカレーであっても

北葉飯店の定番2品、

・中華スープ

・お新香

は他の注文同様、変わらず健在となっておりました(笑)

 

それでは早速、カレーから頂いてみましょう

まず具材は、玉ねぎと豚肉となっており、割とシンプル

時間を掛けて煮込むタイプではなく、注文後に各具材を炒めつつ、スープとカレー粉を合わせる行程で作られているので、具の存在感がハッキリしています

 

中でも、驚かされる存在感を与えている具材が、やはりこちらの豚肉

チンジャオロースのような細切りの豚肉がたっぷりはいっているのですが、これがもう、思惑通り

前回頂いた「焼肉ライス」の豚肉同様、柔らかさと脂の美味さを備えた肉がたっぷり使われており、一般的な中華屋さんのカレーに使われる豚肉とは訳が違います(笑)

カレー自体は、市販のカレー粉をそのまま利用している様なので、強いスパイス感や辛味は薄いものの、スープの旨味と玉ねぎのシャキシャキ感が良いアクセントになっています。

 

そして、一方の主役、豚カツですが・・・

カレーがたっぷり掛かっているため、カツを探すのに手間が掛かったものの、ようやく救助成功

どうやら、揚げたカツを縦横にカットして盛り付けている為に、一つ一つが小ぶりにカットされていることも、救助難易度を上げた理由となります

 

しかし、この一口サイズへのカットが実に良いんですよね

カツカレーの性質上、食べる際に使うのは当然、スプーン

ただ、一般的なカツカレーの場合、スプーンよりカツの方が大きく、食べづらさを感じてしまいます

 

対し、縦横にカットされたこのカツであれば、上記の通りスプーンにキッチリ収まるサイズに

このサイズであるからこそ、ご飯、カツ、カレーを三者そのまま、同時に口へと運ぶことが可能に。

 

で、こちらのカツですが、もう言わずもがな・・・です

カレーの具材として使われている豚肉が、あの絶品レベルなのだから、カツについても当然同レベルの豚肉が使用

いや、サイズ感が大きくなっているだけに、先ほどの豚肉以上に脂の甘みがサックリ伝わる豚カツとなっています

 

カツの厚さは控えめな分、肉のサイズは大きいものの、一口大にカットすることでカレーとも絡みやすく、食べやすさも申し分なし

肉を薄めにしているためか、カツカレーとしては、少し衣が厚付きにも感じましたが、これもまた中華屋さんのカレーっぽくて、自分的には好印象

戦前の予想通り、いや予想を上回って、美味しさも食べ応えもあるカツカレーとなりました。

 

今回の2度に渡る訪問で強く感じたのは、なんといっても肉の美味さ

調理の工程や火加減、味付けも重要な要素なのでしょうが、素材そのものが持つ旨味を強く感じました

 

北葉飯店=中華だけに、次なる一手には麺類への進出を考えていたものの

(これまで散々訪問しておきながら、実はまだ麺類に関しては未食だったり…)

これは予定をあらため、肉メニューの制覇を優先した方が良いのかも・・・

 

とは言え、さすがの町中華だけに、制覇までの課題は多数

北葉飯店マスターへの道のりは、まだまだ険しいものとなるだけに、楽しみも尽きそうにありませんね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

北葉飯店

■ ほくようはんてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-12-6

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00

■ 定休日:火曜日、水曜日

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。