スポンサーリンク

若葉区の人気店、餃子の並商にてテイクアウト タルタルまぜそば&並商餃子、新メニューの「とんかつ弁当」までを一斉食べ比べ!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、本ブログで公開した

都賀~若葉区近郊のテイクアウト情報

でも、いの一番に思い浮かぶお店となったのが、餃子の並商

 

現状の緊急事態宣言が発令される以前より、餃子を始めとしたテイクアウトが購入でき、我が家でも幾度とお世話になっているお店となります

 

そんな並商が、前日よりTwitterにて

「タルタル混ぜそば」を期間限定にて復活したとの情報をキャッチ

しかも、この混ぜそばが・・・テイクアウトも可能、とのこと!!

 

これは見過ごせない情報となり、この日のランチは前日から餃子の並商を第一候補に選択

ダイエット中のカミさんは

「カロリー多すぎるから遠慮する」と、早々に退却

 

かくして、私そして子供のランチを購入すべく、餃子の並商を訪れるものとなりました

・・・が、この日はスマホで撮影した写真でも、その勢いが分かるほどの土砂降り

河川が氾濫しかけている地域もあるとのことで、大雨洪水警報が出るほどの荒天

 

ただでさえ、新型コロナの影響で多くの飲食店が打撃を受けている所に、天は一体、どれほどの試練を与えようとするのでしょうか

嘆きの声も束の間、雨を避けながら猛ダッシュで入り口へ

こちらにある張り紙によると、現在は

・オープン~15:30まで → 店内飲食可

・17:00~ → テイクアウトのみ

といった営業スタイルになるとのこと

 

とは言え、本日は最初からテイクアウトのみが目的

久々に頂く、タルタル混ぜそば始め、お持ち帰りメニューで自宅のランチを満喫してみようと思います。

都賀駅から車で5分 餃子の並商にて久々のテイクアウト 本日の目玉は限定メニュー、タルタル混ぜそば

という訳で、テイクアウトの購入に訪れるものとなった、餃子の並商

この日、お店に着いた時刻は11:50頃

 

同店では現在、朝10時よりテイクアウトの予約注文を受け付けており、事前に予約を入れての訪問となります

ただし、電話受付は10時からながら、調理には入れるのは開店時刻の11:30からになるとのこと

そんな事情もあって、注文した品がおおよそ完成を迎える、11:50にお店へと到着

 

大雨洪水警報が発令されている悪天候ながら、店内にはすでに多くのお客さんが来店済み

普段に比べると、カウンター席らに余裕をもたせている様子が感じられますが、それでも流石の人気ぶりとなります

 

さて、そんな餃子の並商にて提供されている、テイクアウトメニューは以下の通り

看板メニューの餃子はもちろん、唐揚げや焼売、モツ煮などのお惣菜類は一通り購入可能

先日より復活を果たした「並商ごはん」も持ち帰りが可能な他、提供期間は限定ながら、各種まぜそばも随時テイクアウト可能な商品として紹介されております

※ まぜそばを始めとした限定メニューについては、お店のTwitterより随時ご確認下さい

 

上記の他にも、チャーハンのテイクアウトもある他、少し前よりスタートしたもう一つの気になるメニュー

それがこちら、

千葉県民なら、誰しも一度は口にしており、その都度なんとも不思議な感想に至るあの弁当

万葉軒が誇る名物、トンかつ弁当をインスパイアした、並商らしいお弁当が、なんと300円にて販売とのこと

 

これは是非とも、一度食べてみたかった品となるのですが、前述した通り、私の本命はタルタル混ぜそば

ということで、上記したトンかつ弁当は子供のお昼ご飯にしつつ、食べ残した分を私が頂く体で、各種テイクアウトを購入

 

急ぎ帰宅し、我が家の食卓に並ぶものとなった、本日のランチがこちら

餃子の並商の看板メニュー、焼き餃子

そして期間限定メニューとなる、タルタルまぜそば

 

続いては、子供用に購入しつつ、私も興味津々となる

万葉軒インスパイア、トンかつ弁当

 

更には、晩ご飯&晩酌のお供にと購入した

 

ざめしの具&ザーサイらと共に、本日のランチを頂いてみようと思います。

餃子の並商の新お持ち帰りメニュー、このボリュームで300円!?なとんかつ弁当始め、肉感たっぷり餃子に大満足

という訳で、久々のテイクアウトを購入するものとなった、餃子の並商

本日、私が頂くのは期間限定にて販売中となる、こちらのテイクアウトメニュー

タルタル混ぜそばとなります

 

以前にも限定にて提供されており、頂く度に

「なんとも下品・・・いや、ジャンクだけど味わい深い」

といった感想を抱かざるを得ない、カロリーの上乗せ感がハンパない同品

 

これに加えて焼き餃子も購入してみたものの

いざ実物を前にし、その重量感を肌身で感じると、餃子を追加した判断が悔やまれるほどです

 

早速、混ぜそばらしくかき混ぜようと箸を投入するのですが・・・

うーん、持ち上がるのはチャーシューのみ

やはり店内で頂く、作りたての様に軽く混ぜようとするのは難しい様です

 

多少力業にはなるものの、ググッと箸をそこまで差し入れ、なんとか麺を引っ張り出す

そして持ち上げた麺を基軸にしながら、丼内全てを天地返し!!

 

いささか強引にも思える作業ながら、これを繰り返すこと数回

登頂に積もったタルタルがイイ感じに全体へと馴染む一方

せっかくのチャーシュー達が、少しずつ身を削っていく姿が、不憫に思えてしまいます

(よくよく考えたら、具材を別皿に移しておけば回避できた、と後悔)

さて、顔を出し始めた麺がこちら

まぜそばらしい、食べ応え抜群な太麺の姿をようやく確認

まるでカップ焼きそばを思わせる、タレと絡まった色合いからしても、ジャンクな味わいを感じさせます

それでは早速、麺を一口

ワシッとした強い食感に、しっかり絡まったタレの味わい

 

少し濃い目に感じる味わいではありますが、これはしっかり混ざっていなかったから故ですね

タルタルが絡むことで、味わいは強くなるものの、卵らのまろやかさが加わることで、塩味は抑えられ甘さが加わってきます

 

千切りされたキャベツがトッピングされていますが、これが良いアクセントに

シャキッとした食感に加え、野菜ならではの味わいが加わることで、強いタレの味付けを軽くしてくれます

 

トッピングされた豚、鶏と2種のチャーシューも、それぞれで異なる風合いをプラス

豚からは脂の甘みを、鶏からは柔らかしっとりした仕上がりから感じる旨味をそれぞれ感じさせ、

更なる旨味の拍車を果たしているのが、この軟骨たち

並商ご飯や各麺類にもトッピングされる、軟骨のトロッとした食感、旨味は、並商ならではのトッピングとなり、このジャンクでカロリーの権化とも言うべきまぜそばでも、その存在感を陰らすこと無く、煌々とした輝きを放っております

 

ただ、こればかりはテイクアウトである以上、仕方ない話で

「出来たて」の状態で持ち帰っているものの、やはり調理後から数十分が経過

もちっとした強い弾力ある麺故に、時間の経過と共に固さを感じ、混ぜそばながらに混ぜること自体も難しくなっている点でして

 

コンビニのそうめんなどに見る「ほぐし水」みたいなものがあれば、食べやすくなるのかな、と思う反面

そんなの使ってしまえば、当然、混ぜそばとしての味わいも薄くなる訳ですから、これはもう解決しがたい問題で

ご飯類に比べ、麺類のテイクアウトが難しい事は承知ながら、それに敢えて挑戦する心意気は嬉しいものの、やはりお店で頂く出来たてに分があるものと感じました

 

一方、その他のテイクアウトについてですが、

まずはこちらの餃子

餃子であれば、電子レンジで温め直すことも可能ですが、本日はまだ温かさを保っていたので、そのまま頂く事に

 

並商の餃子を頂くのは、地味に久しぶりとなるのですが、

ここの餃子の特徴は、とにかく肉感がたっぷり

野菜を多く使用するお店が増えているのに対し、こちらの餃子は食感すら残した肉をたっぷり使用

餃子ながらに「肉、喰ってる」感を強く受ける餃子となり、ご飯が進む味わいとなっております

 

そしてもう一方の新メニュー、トンかつ弁当ですが

これはもう、並商らしいジャンク極まりない味わいのお弁当

 

見た目は確かに、万葉軒をインスパイアした様相に見えるものの、

その味付け等は、並商オリジナルと呼ぶ方が相応しいお弁当でして

強めのソースによる味付けが、トンカツはもちろん、ご飯にまでたっぷり浸透

 

トンカツそのものは、色んな意味で「万葉軒インスパイア」なものとなりますが、全体に広く行き渡ったソースの味わい

そして、このソースに絡むマヨネーズとの組み合わせが、思わずニヤッとしてしまう相乗効果をもたらします

 

ただ毎日頂くには、塩分過多にも感じる一方、このボリュームで300円と聞けば、黙らざるを得ないお得なお弁当

メンマにたくわんと、ちょっとしたトッピングも付いており、価格以上の満足度を得られるお弁当となりました

 

 

といった感じで、久々のテイクアウト

しかも今回は初の試み、混ぜそばを持ち帰りで頂くものとなった、餃子の並商

 

看板メニューである餃子は、日頃よりテイクアウトしている品

しかも勝手知ったる餃子だけに、なんら不安のない安定感抜群・肉感たっぷりな1品に

 

同じく混ぜそばについても、冷めた分だけ麺に固さは感じてしまいましたが

それを除けば、なんら不満のないジャンクな味わい故に、タルタルソースですら品性を与えている様に錯覚する、良い意味で「並商らしい」混ぜそばとなりました

 

そして、先日より販売を開始した、トンかつ弁当

これも、見た目こそインスパイアながら、味付けは並商そのもの

ご飯が進むこと間違いない味付けに、とにかく300円では得られないボリューム感と、どれも一様にして満足するものとなりました

 

加えて、サイドメニューより購入した

・ザーサイ

・ざめしの具

については、それぞれ晩ご飯&お酒のお供として頂いてみようと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

餃子の並商

■ ぎょうざのなみしょう

■ 住所:千葉県千葉市若葉区若松531-200

■ 営業時間: 11:30~15:30 / 17:30~21:00(土日、祝は11:30~21:00)

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。