スポンサーリンク

千葉中央のチーズ専門店、Cheese Cheese Workerが平日ランチを開始! ハンバーグとパルミジャーノで仕上げる?ミートソースパスタを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

約三ヶ月に渡る休校が開け、学校もいよいよ通常通り再開に

 

これによって、ようやく子供から解放されたランチを頂けるものとなったのですが

いざ子供がいなくなったからといって、ここぞとばかりに食べたいものも浮かばず

 

そんな中、少し前より始めていたInstagramにて

これまでディナー営業のみ行っていたお店が、このコロナ渦の影響でランチも開始

といった情報をチラホラ目にすることに

 

その中でも気になったお店となるのがこちら

昨年11月、千葉中央の銀座通りにオープンした、チーズ料理の専門店

「Cheese Cheese Worker」となります

 

たまたまながら、オープンの情報を確認し、開店日当日に訪問した同店

千葉中央にオープン、チーズ&ワインのお店 Cheese Cheese Worker 千葉店 話題のシカゴピザ始め、見た目だけじゃ無い【本物のチーズ料理】を堪能!
11月の三連休、その中日 多分に漏れず、家族で外食へと出向く相談をするも ・千葉大が学園祭につき、西千葉周辺のお店はほぼ満席 ・三連休の中日となり、休みのお店が多数 といっ
2019-11-08 07:27

 

チーズ専門店に対し、正直言って良いイメージが無く、さほど期待もせず訪れたものの・・・

コレが良い意味で想像を裏切る結果となり、以来再訪のチャンスを伺っていたままのお店でもあります

 

そんなCheese Cheese Workerが、このコロナ渦でテイクアウトを開始

それと共に、ランチの営業もスタートしたとあっては、期待も高ぶるばかり

 

そんな訳でこの日のランチは、久々にカミさんと2人、Cheese Cheese Workerを訪れてみるものとなったのです。

昨年オープンのチーズ料理専門店、Cheese Cheese Workerが平日もランチを開始、とのことで行ってみた

昨年11月のオープン日以来、2度目の訪問となったCheese Cheese Worker

とは言え前回はディナー、そして今回はランチとなるので、頂ける料理も様々異なるはず

 

いずれにせよ、良いイメージを頂いていたお店となりますので、ランチにも期待を込めての入店となります

 

この日、お店に着いた時刻は11:40頃

開店から間もない店内ですが、先客は1組のみ

 

広い店内だけに、少し寂しさを感じますが、現在の状況を鑑みると仕方ないのかも知れませんね

 

席の方へと案内され、それではまずランチメニューをチェック

ランチにはセットとコース、2種のパターンが用意されており

それぞれで選択出来るメイン料理も異なるものとなっております

 

ランチコースは1500円、2500円の二種が用意されていますが

見たところ、メイン料理はいずれも共通した品から選択する模様

 

両価格での違いとなるのは、

・1500円 → 1口デザート

・2500円 → デザート

といった差、くらいでしょうか??

 

1000円の価格差を生み出すデザート、むしろ気になる(笑)

 

とは言え、午後は午後で仕事も詰まっていることから、そこまでのんびり出来ず

今日の所は、通常のランチセットを軸に選択してみることに

 

こちら、ランチセットのメインとなるのは、全9種

以前訪問した際、思いがけず絶品だった唐揚げから始まり、オムライスにカレー

 

ハンバーガーにハラミタリアータ?

チーズキーマMAGMA?に、パルミジャーノとハンバーグ??

 

写真がないテキストのみのメニューだけに

私のイマジネーションも追いつかず、なかなか苦戦するメニュー揃い

 

ただ、なんとなく分かるのは、こちらのお店はその名の通り、チーズの専門店

チーズ要素を含まない品よりは、チーズが光る品を選ぶ方が、間違いは無いこととなるでしょう

 

 

となれば、気になるのは・・・

やっぱ、チーズキーマMAGMA鉄板、かなあ

 

と悩む所、カミさんが同品を頼んでみるとのこと

ならば、おこぼれに預かりつつ、毎度恒例の私は逆張り

 

ここで選ぶ「逆」は・・・

パルミジャーノとハンバーグで仕上げるミートパスタ、でしょうか

 

そんな流れで注文の品を決定

各ランチセットにはドリンクが付くとのことで、そちらも合わせて注文してみたのですが

更にはこちらのドリンク

お替わり自由な上に、お持ち帰りもOKとのこと

 

食後に必ずコンビニでコーヒーを買う私的には、このサービス何気に嬉しかったりします

そんなアイスコーヒーを頂きながら、注文の品到着までの時間を、グランドメニューを眺めながら過ごしてみることに。

話題の料理が多数集まるチーズ専門店で頂く、ハンバーグとパルミジャーノで仕上げるミートソースパスタ

という訳で、アイスコーヒーを頂きつつ、夜のメニューも再チェック

以前訪問したのは、半年前となりますので、メニューもガラッと変更されたようでして

 

同店の看板メニューとも言うべき、

シカゴピザについては、ミートソースに加え

パンプキン蜂蜜付き、という、もう一種のピザが追加されております

 

チーズ系のピザに蜂蜜の取り合わせは、誰もが知る鉄板の美味しさ

かぼちゃが加わることで何を生むかは想像つかずも、これは間違い無く食べてみたい1品

 

そのお隣は、チーズを使ったアペタイザー

燻製のチーズがやたら美味かったなぁ・・・

 

なんてことを思い返しつつ、次のページを見ると、

こちらのページからは、揚げものに燻製

肉に野菜らが並ぶものとなっております

 

そして最後のページは

前回訪問時、子供が満面の笑みで飛びついたチーズフォンデュ

更にはステーキ、パスタ、リゾットらといったメニュー構成

 

掲載されている品については、そう大きく変わっていないように思えますが

小さいながら、メニュー上に写真が掲載されるようになった事で見やすさはアップ

写真付きで眺めると、やっぱり食欲も掻き立てられます

 

さて、そうこうする間に、まずは私の元へパスタが到着

これが到着した時点での品となるのですが・・・、

茹でたパスタの上に、ハンバーグ??

 

もちろん、これが完成では無く

ここから最後、スタッフさんの手によって、目の前で仕上げが開始されるものとなります

 

提供されたパスタ、その上でハンバーグを崩しながら

共に提供されたソースをかけ入れ、そして最後にパルメジャーノチーズを振りかけると

ようやく完成を迎えたこちらの品が

「パルミジャーノとハンバーグで仕上げるミートパスタ」となります

 

なるほど、商品名のしっくりくるこちらのパスタ

ハンバーグを贅沢にもまんま使っており、ソースとミートを皿の中で合わせ完成させる訳ですね

 

ただ、こちらの仕上げですが

前述した通り、スタッフさんがテーブル上で行ってくれるものの

 

まあ、そういった性質なので仕方ないことなのでしょうが・・・

チーズはまあともかく、パスタのソースがまあまあ、テーブルに飛び散る訳でして

 

幸い、私は

「・・・危なそうだな」

と直感的に気づき、自らテーブルより離れたものの

 

もしそうでなかったら、かき混ぜた際のミートソースがシャツに・・・

なんて悲劇も起こりえる訳ですから、仕上げに入る前に一言あった方が良いのかな、とは思います

 

さて、そんなミート盛り盛りパスタはセットとなっており、

こちらのオニオンスープ、ゴボウのマヨ和え

 

更には、

チーズがたっぷり盛り付けられたサラダまでがセットとなります

 

スープの塩味が、強過ぎに感じる所はありましたが

それを除けば、どれも相応に満足のいくセット

 

ただ気になったのが、テーブルに置かれている食器類は

フォークやナイフ、スプーンとなるのに対し

前述したゴボウの小鉢が小さく、フォークでは食べづらい・・・

 

というか、フォーク自体が器の中に入らないんですよね

せめてお箸を用意しておいて頂くか

もうちょい大きめの器を使うなどあると、嬉しいかなあと思います

 

それでは本題となるのが、こちら

パルミジャーノとハンバーグで仕上げるミートパスタでございます

 

ソースとは別添えで、パスタの上に盛り付けられたハンバーグ

こちらを崩し、器の中でソースと一体化させ、完成を迎えるパスタ

 

まるっと入ったハンバーグを崩しているので

食べ応えありそうな、ガッツリ肉感溢れるミートソースに仕上がっております

 

それではまず、ソース&パスタの方から

こちらに使用しているパスタは乾麺でしょうか

 

茹で加減はほどほど、食感もそれなり

ソース&具材に重きを置いている故か、パスタ自体は平均的な味わいとなっております

 

対するソースですが、具材としてのミートは、見ての通りハンバーグ

ですので、こちらにはミートは入っていないものの

そのソースの味わいには、しっかりとした牛肉の旨味を感じさせます

 

ソース自体は甘めながら、肉の味わいでほんのりした苦みも感じる一方

やはり、このソースの美味しさを左右する存在となるのは、

こちら、ほんの数分前まではハンバーグだったミート

ミートソースというよりは、ミートボール程のサイズ感となっております

 

せっかくなので、この大ぶりなままを一口

うん、しっかりハンバーグ

 

がっしりした肉感はもちろん、そこから流れる肉汁

パスタの上で頂いてはいるものの、トマト風味を纏ったハンバーグそのままの味わい

 

 

ただ、牛肉の食感がしっかりしているだけに、

パスタよりもむしろ、ご飯と食べたくなるようなハンバーグでして

 

これをパスタの上でソースと共に仕上げることが、果たしてプラスに働いているのか?

と言われると、これはなんとも・・・

 

また、仕上げにトッピングされたパルミジャーノチーズですが

こちらも、肉の味わいが強い故か、あまり引き立つことが無く、存在を忘れる程でして

 

アイディアとしては面白さを感じる一方、飛び散るソース然り

別添えしたソースとミートを、食べる直前に混ぜ合わせる事が

なにを生み出しているのかを問われれば、正直私には分からない・・・といった部分を感じました

 

 

一方、カミさんがオーダーしたのがこちら、

これまた、溢れるチーズが目を惹く品

チーズキーマMAGMA鉄板となります

 

MAGMAが何を指し示しているのか、は分からないものの

鉄板の余熱により、いつまで経ってもトロトロ感が残るチーズ

 

これはもちろん、鉄板の有効活用であり

見た目の華やかさだけで無く、理にかなったひと品と言えるでしょう

 

そんなプルプルチーズを割ってみると、

中から飛び出すのは、ご飯とキーマカレー

更にその奥からは、半熟状態に仕上がった玉子も飛び出します

 

たっぷりチーズの効果で、カレーの辛味は感じさせないものの

見た目の華やかさだけで無く、鉄板で焼かれたご飯の食感

カレーと玉子、チーズの相乗効果をも味わえる、チーズ専門店ならではの1品と言えそうです。

 

 

といった具合に、ランチでは初訪問となったCheese Cheese Worker

お酒と共に頂く、チーズを活用した様々な料理には満足しておりましたが

 

本日頂いたパスタの方は、以前のイメージが良く、ハードルが上がっていたこともあってか

商品としては面白さを感じはしたものの

敢えてその一手間が必要かを問われると、なんとも言いがたい結果となりました

 

また、チーズの味わいを感じづらかったことも

チーズ料理の専門店らしくないな、と感じた要因とも言えます

 

一方、カミさんがオーダーしたキーマカレー

こちらについては、素材の特徴や味わい

美味しい食べ方を追求された、さすがのひと品

 

見た目以上にボリュームも持ち合わせており

食べ応え含め、満足出来るさすがの1品と言えそうですね

 

 

ちなみに、本日の帰り際

同店のエレベーターを降りた所で見つけたのが、

こちらの看板

 

同じビルの3Fに入る、牛タンの美味しい焼き肉店

こと、独眼牛のランチメニューを発見

 

ロースにカルビと、和牛メインの焼肉となるのでしょうが

こちらのお店は、やっぱり牛タンだよなあ

 

と思いきや、メニュー一番下に「牛タンカレー」を発見!

しかもお値段、、、500円!

これは近日中に、チェックすべき新たな課題となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

Cheese Cheese Worker 千葉店

■ チーズチーズワーカー ちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-4-10 千葉銀座ビル 4F

■ 営業時間:11:30~23:00

■ 定休日:月曜日

千葉中央駅周辺で食べるべき絶品ランチ厳選13店! 新店から名店まで勢揃い!!⇒

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。