スポンサードリンク

千葉駅から徒歩5分で見つけた和食割烹、鮮魚と季節料理 和処 平塚 旬の食材を中心に全てが絶品!!

LINEで送る
Pocket

この日の夜は、家族が留守であることから、地元の友人を誘い外食へ

子供を連れずに出向けるチャンスということで、食べログ上に1000軒以上溜っている

「行ってみたいお店リスト」を消化すべく、新規のお店を開拓する事となりました。

 

向かった先はJR千葉駅から徒歩5分ほどとなる、登戸1丁目

千葉駅から市役所前に向けてモノレールが走る大通りを始め、通称裏千葉とも呼ばれる新田町、新町とも並びであることから、地元では密かなグルメスポットとして知られる場となります。

 

そんな中から、この日の新規開拓に選んだお店がこちら

3F~8Fフロアはマンションながら、1~2Fには飲食店が入るCity5

 

これまでにも、ランチにディナーに、多くのお店へと訪問してきた同ビルですが、その中で未だ訪問できずにいた

「鮮魚と季節料理 和処 平塚」という和食割烹にて、おつまみとお酒を楽しんでみようと思います。

スポンサーリンク

地元では密かなグルメエリアのCity5 同2階の割烹、鮮魚と季節料理 和処 平塚

千葉駅から市役所に向かうモノレールが、大きく左折する登戸二丁目交差点

その交差点内にあるのが、マンションでありながら飲食店がひしめいていることで、地元でも有名なグルメスポットとなるCity5になります。

 

本ブログで過去に取り上げた、

千葉駅から徒歩5分の隠れ家的ダイニングバー、JAM TREEにて「ガーリックの魔術師」に遭遇!
寿司たかおかで、この世の贅を味わい尽くした帰り道のこと 食べログ千葉県1位の超実力寿司店、たかおか 千葉の魚介を活かした理想の江戸前「アルデンテ」寿司 このまま帰るには、さ
2018-07-03 10:04
登戸1丁目 partⅡ 夜はスナック?昼ブッフェ? コスパ高めの謎多きランチ
季候も良く、外を徘徊したくなる天気の続く、五月上旬。 この日は、千葉そごうに所用があり、ついでという訳で千葉駅周辺にてランチを散策。 千葉駅から市役所前へ向かうモノレー
2017-05-09 09:34
千葉駅徒歩5分 彩季のリーズナブルな700円均一ランチ
赤潮の影響からか、どこにいても磯臭さの漂う千葉駅界隈。 加えて、ここ数ヶ月駅周りのコインパーキングに、凄まじい勢いで満車が続き、ランチに車を停めるにも一苦労する日々。 なぜ
2017-07-16 13:24
千葉駅近く、なでしこ牧場 人気のランチは新鮮野菜が食べ放題!
京成千葉駅から徒歩5分。 気付けば近年、やたらと飲食店が増え続けている、モノレール沿い(登戸一丁目)の通り。 同通りにある飲食店の中で、これまで未訪問だったお店がこちら
2017-06-16 09:45
登戸1丁目の人気イタリアン、イル・クオーレで初ランチ
お盆に突入し、千葉駅の裏側エリア、俗に言う「裏千葉エリア」の多くの店が連休に入る中。 先日、どうしてもパスタが食べたくなり、お休みの店がひしめく裏千葉界隈を散策している最中、
2017-08-16 10:12

これらのお店も全て、ここ「City5」内に店舗を構えているものとなります。

 

これだけ様々な飲食店がひしめくCity5の2Fに、2年程前オープンしたのが、本日訪れた「鮮魚と季節料理 和処 平塚」

事前の情報によると、こちらの店主さんは京料理のお店で10数年修行

同期間を経て、2年前にこちらへお店を構えており、京料理を中心とした本格和食と日本酒を味わえるお店とのこと

 

提供されるメニューも、必然的に旬の食材が中心となる模様で、

この日のお勧めメニューにも、秋の食材が多数並んでおります

 

秋と言えば、サンマに戻り鰹、そして・・・キノコ(涙)

ご存じの方もいらっしゃる通り、食物への好き嫌い無い私にとって、唯一の天敵となるのがキノコとなるのです

(天敵というか、むしろアレルギー)

 

同メニューに並ぶ「松茸と鱧の土瓶蒸し」なんぞは、旬の食材を愛する日本人にとって、秋を代表する唯一無二の味覚

しかし、そんな土瓶蒸しも私にとっては、「良い香りがする芳香剤」にしか過ぎず、その味覚の一端すら感じる事は無いのです…

 

とにかく秋と言えば、やれキノコ・・・やれキノコ・・・と、思いがけない所にもキノコが顔を出す季節。

スーパーマリオをプレイする際にも、キノコは避けて走る抜ける程にキノコNGを掲げている私にとって、秋の食材並ぶ場は、どこにいつ潜んでくるやも知れぬキノコの包囲網をいかにしてくぐり抜けるか、作り手と私との間に繰り広げられる、戦略の読み合いとも言えます。

 

そんな秋の食材がひしめくお勧めメニューに対し、こちらが年間通じ提供されている(と、思われる)レギュラーメニュー

お勧めメニューに比べ、常備されている料理の数は少なめとなりますが、それもこれも「旬の食材」を大切にしている、和処ならではということでしょう

 

ただ、そんな限られたメニューの中にも

・くじらのたれ

・厚切りハムカツ

と、私の酒のツマミベストセレクションに名を連ねる好物たちを発見

勝手ながらこちらの店主さんとは、味覚の趣味が合いそうな予感を受けますね(笑)

 

そして、もひとつめくった先には、

数多く取り揃えがある日本酒、そしてワインも提供されている模様

ワインについては、てんで知識がなくサッパリですが、日本酒(通称、ジャパン)の方は通好みな銘柄が豊富に見受けられます

せっかくの和食となるので、乾杯の一杯目こそビールにしつつも、二杯目からは和の食材にジャパンを合わせるべく、且つキノコ包囲網をかいくぐるメニューをオーダーしていくことに

 

まずは一杯目のビールと共に、お通しとなる

茹で落花生(おおまさり)と、茄子の味噌和えを頂きながら、本日の酒宴が幕を開けました。

ちなみにですが、茄子に和えられている味噌、これがいきなり美味い!

これは予想を裏切らない、素晴らしい戦いが繰り広げられそうです。

スポンサーリンク

京料理出身の大将が手がける、旬の野菜と鮮魚を活かしたお酒が止まらない料理づくし

そんな訳で火蓋を切った、「鮮魚と季節料理 和処 平塚」にて展開される、キノコ包囲網をかいくぐる戦い・・・

ではなく、有名京料理店出身となる、店主さんの手によって作り出された、旬の食材を活かした料理を味わう一食ですが

 

まず1品目に提供されたのが、

こちらのポテトサラダとなります

 

推定ながら、Eカップはありそうな程にたっぷり盛り付けられたポテト

具材には定番のキュウリ、ハム、卵はもちろん、サツマイモが使用されているのが秋らしく特徴的です

サツマイモにより、甘さが高まっている分、そのカウンターとしてカレー粉がまぶされており、甘みの奥からホンノリした辛味と深みが混合

たかがポテトサラダを、言葉通り「されどポテトサラダ」と呼ぶにふさわしい一手間、味の工夫を感じるひと品目です。

 

続いての2品目となるのが、こちら

鮮魚のお造り、5点盛りとなります

この日提供されたのは

・戻り鰹(脂がたっぷり乗っているものの、鰹特有の血なまぐささは皆無)

・インドマグロの赤身(今時期は、脂のノリが少ない本鮪より、インドマグロですね)

・サンマのお造り(今年は北海道産を中心に扱っていたものの、先の震災の影響で他の産地に切り替えざるを得なくなったとのこと)

 

上記3品は、どれも秋の旨味を感じる素晴らしい品々となったのですが

それをも凌駕し、思わず柏手を打ちそうになった2品となるのが

・平目のお造り&縁側の昆布締め

昆布締めにして熟成された旨味がとにかくハンパじゃありません

脂の乗った縁側と、風味と淡い味わいがジワジワ溶け出す白身、どちらも何度と味わいたい程

 

・活タコの油たたき

タコのたたき・・・?鰹みたいに炙ったもの??

じゃあ、油って・・・??

と、疑問だらけの正体は、表面が軽く炙られギュッと締まった食感

対し、生に近い内側は活ダコらしい特有の食感が味わえ、1枚で二度美味しい仕上がりに

スポンサーリンク

 

といった具合に、5点盛られたお造りだけでも、様々な角度から飛び交う「旨味」という名のラッシュを浴びせられるものとなりました。

 

散々喰らった美味さのコンボに追い打ちを掛けるかの如く、

名残の季節に突入してしまった、トウモロコシのかき揚げ

 

そして、

旬のサンマを贅沢に、丸々一尾使った「秋刀魚のおろし煮」となります

 

かき揚げは言わずもがな、トウモロコシの甘みを全身で感じるひと品

夏が旬の野菜だけに、季節的には名残と言えそうですが、それでも衰えぬ甘みは、辛口日本酒のお供に最適

 

そして、もうひと品となる「秋刀魚のおろし煮」ですが、ここにはついに・・私の天敵(キノコ)が、息を潜め埋伏しておりました

こちらのキノコを丁寧に避け、友人の元へ送り出しつつ、秋刀魚と大根おろしを合わせて一口

焼き、揚げを経て、大根と共に煮込まれた秋刀魚は、数々の手間を経ているものの、身はふっくらしながらジューシーさを保っています

しかも、わざとか小骨を残しているのですが、その一本一本までが柔らかく、食感のアクセントとして活きています

出汁をふんだんに吸った大根おろしと合わさることで、旬の秋刀魚本来の美味さに加え、深みと甘みも増し、割烹らしい丁寧な仕事・味わいを堪能出来ました。

 

そして、箸休め的にも最良のタイミングで現れたのが

いぶりがっこ、そしてクリームチーズ・・・

かと思いきや、まさかのマスカルポーネチーズ添えとなります。

 

クリームチーズといぶりがっこの組み合わせは、ある種定番になりつつあるペア

対し、ここに合わせるマスカルポーネは、初の顔合わせとなるのですが、これがまた絶妙

 

チーズとしては軽めの食感であるマスカルポーネが、いぶりがっこの食感をしっかり際立てています

それでいて、甘さは控えめであることから、たくわん本来の味わいが強く感じられ、そこにビターなコクが加わることで、日本酒との相性が最良

他のお酒なら、クリームチーズもアリですが、こと日本酒で頂く事に特化すれば、マスカルポーネの組み合わせは最高ですね。

 

鮮魚と旬の食材を多数味わい、イイ感じに仕上がってきた所で、ここからは揚げ物中心に重たいメニューを連発

まず1品目には、

年中通して提供されているメニューの中から「地鶏の竜田揚げ」をオーダー

 

唐揚げでは無く、竜田揚げとする当たりに、和処らしさを感じます

またここに来て、初の肉料理となるのですが、鶏肉は柔らかく相当にジューシー

下味には生姜などの香り、風味も感じられ、実に品の良い竜田揚げとなります。

 

そしてお次が、

こちらのアジフライとなります。

 

アジフライについては、本日のお勧めメニューの中でも、特にお勧めであることをほのめかす印が付いていたことより注文

サクッと薄付きの衣をひとかじりすると、その奥からはとにかく「フワッフワ」な鰺が姿を現わします

脂のノリはそこそこながら、身が甘く、そしてとにかくフワッフワ

食感の心地よさが味わい深く、お酒のパートナーにこそ相応しいアジフライじゃないでしょうか。

 

そして、お次は

割烹らしいひと品と言える、牛すじ煮込みとなります

 

この日は10/2、豆腐の日ということで焼き豆腐もしっかり味わいたく頼んだこちら

まず驚かされるのが、ごぼうの太さと食感

そんな大きいごぼう、大丈夫?と心配したくなるサイズなのですが、隅々まで味が染みており実に美味

 

この出汁を吸った焼き豆腐も当然の美味しさに仕上がっており、一口で食べ干すのが勿体ない程

そして、この美味さを作り上げている主役となる牛すじ、もう言うまでもありません

全体にトロットロと溶け込んでいるものの、美味さは十分に蓄えており、甘みと辛味を秘めた深い味わいが得られます。

 

とにかく、どれを食べても毎度唸らされる、和食の奥深さを味わうばかりとなった、この日のおつまみ

その最後に注文し、そして最も印象深く刻まれたひと品がこちら

蛸と紅生姜のかき揚げ、となります

 

ここまで来て、最後の最後にもう一品の揚げ物ってw

と思っていたものの、紅生姜と蛸が、油の中で織り成すマリアージュが、一体どうなるものか

一度は味わってみたく頂いてみたものの・・・これが今日イチの秀逸なひと品に!!

 

カラッと揚がった薄付きの衣と合わさる蛸と紅生姜、その風味は一瞬たこ焼きの様

でもあるのですが、やはりかき揚げということで、両者だけに留まらない複雑な素材同士の絡み合いが生まれます

中でも青海苔の風味、そして酸味を効かせた紅生姜が実に良く、シンプルな塩のみの味付けの中にあって、素材の美味さが引き立っています

 

紅生姜をメインに据えた料理と言えば、まず思い浮かぶのは串揚げ

串揚げの紅生姜も確かに美味しいのですが、アレのみであると、どうしても酸味ばかりが強い印象が拭えません

かたや、こちらのかき揚げには、たっっぷりの紅生姜が使われている反面、蛸やネギ、青海苔などの風味が重なり合い、酸味の奥に様々な素材の持ち味を感じます

ちょっと他店ではお目にかかれない、稀少且つ極美味いかき揚げを〆に頂き、大満足を為し得る結果となりました。

 

この日が初訪問となった「鮮魚と季節料理 和処 平塚」

数多くの飲食店が入る建物ながら、ひとかどの雰囲気を漂わせているのも当然、とも言える料理の品々を味わうものとなりました

また、頂いた料理もさることながら、接客を担当している女性スタッフさん(片方は店主の奥様?)の対応も、感じが良く丁寧で好感触を受けました

 

路面店も多く並ぶ通りとなるため、マンションの2Fという立地は、決して好立地と言い難い場ですが

その「隠れ家感」も、このお店を知るお客さんにとっては、ちょっとした優越感に浸れる要素とも言えそうです

 

チェーン店ばかりが並び、若者向け、大衆向けの格安居酒屋が多い千葉駅周辺からは対照的に

ちょっと大人の雰囲気を感じつつ、落ち着いた空間で美味しい料理を味わいたい

そんな時には、徒歩10分弱の足を伸ばしてでも訪れたい、気の利いた良店を見つけるものとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

鮮魚と季節料理 和処 平塚

■ せんぎょときせつりょうり わどころ ひらつか

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-13-22 シティファイブ 2F

■ 営業時間:17:00~23:00(ランチに関しては未確認となります)

■ 定休日:日曜、第三月曜日

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。