スポンサードリンク

京成みどり台すぐ側「喫茶 比絵呂」 地域随一の入りづらさも、最強コスパのピエロランチはお値段500円!?

LINEで送る
Pocket

先日訪れた、台風一過のこと

都内からの帰宅難民と化し、仕方なしにTwitterなどを見ながら時間を潰していると、なにやら美味しそうな投稿を発見

 

よくよく読んでみると、みどり台にある喫茶店?定食屋??の

「比絵呂(ピエロ)」の投稿だったようです

 

ピエロぁ・・・懐かしいなぁ

以前は京成みどり台駅から、千葉大方面へ向かったマルエツ(現在は取り壊され空き地に)の近くにあった喫茶店で

現在は同ビルを退去し、3~4年前から同じく京成みどり台駅近くとなる、勢拉のお隣あたりに引っ越していた、確かそんな記憶が

 

このノスタルジーを埋めるには、比絵呂(ピエロ)に向かうしかない!!

という訳で、翌日のランチに向かった先がこちら

・・・比絵呂(ピエロ)、だよなぁ

 

先日の台風による影響なのか、それともそれ以前からのものなのか

首の皮一枚ならぬ、ベルト一本でギリギリ支えきっている袖看板

そして、そこに刻まれた店名も「ピエロ」であった面影を僅かに残した「I エ I」のみ

横書きにすると、顔文字っぽくなり可愛げの出るカッティングシートで張られた店名ですが、これも縦書きにするとただの棒に過ぎない様です(笑)

 

大丈夫・・・だよなあ??

と、不安げに足下を見ると

こちらには、真新しさを感じるメニュー表を発見

しかも、そのお値段なんと、500円!?

 

ただ、こちらもメニュー毎に価格帯が異なっており、どれが今の提供価格なのかは分らず(笑)

それであっても一様に「安い!!」ことだけは間違いなさそうなので、とりあえず店内へと入ってみることに。

スポンサーリンク

老舗の多い西千葉エリアでも、入りづらさはTOPクラス みどり台の喫茶「比絵呂(ピエロ)」

という訳で、恐る恐る足を踏み入れた、京成みどり台駅すぐ近く

同エリア屈指の人気ラーメン店、勢拉のお隣にお店を構える、喫茶?定食屋さん?の比絵呂(ピエロ)

 

前述した通り、数年前まではマルエツ近くにお店を構えていたこちら

当時は何度か訪問したことがあったのですが、現住所に移転してからの訪問は、これが初めて

 

お隣の勢拉に足を運んだ際、同地にピエロが移転していた事には気付いていたのですが、なんせ・・・

前述した写真の通り、その雰囲気は実に入りづらい訳です(笑)

 

そんな門戸を、恐る恐る開いてみると・・・

中には、気の良いおばちゃんが2名おり、二名共が

「どうぞどうぞ!!」と言わんばかり、丁寧で腰の低い接客にて店内へと誘われました。

そんな店内ですが、表から見えている以上に中は広く、入り口付近にはカウンター席が6席程

 

その奥には、テレビ台を兼ねたテーブル席(6名掛け)が設けられており、

更にその奥には、座敷席が4席ほどと、その外観(失礼w)とは似つかわしい広さとなります。

隣の勢拉同様、近隣に住む千葉大生からすれば、十分通える圏内のお店となるので、団体でも収容可能なお店は重宝しそうです。

 

そんなピエロのメニューですが、

店外に掲載されていたメニュー同様、やっぱ安い(笑)

 

店名を刻んだお勧めメニューとされる

「ピエロランチ(目玉焼き、コロッケ、チキンカツ、焼肉付き!!)」の680円を筆頭に

6~700円台のメニューが中心となっており、最も高いカツカレーですら880円

 

更に驚かされるのは、裏面のメニュー

こちらには、コロッケ定食、アジコロ定食、親子丼の500円を皮切りに

最も高いと思われるかつ丼ですら700円で収まる、驚愕のお値段

 

それにしても、

・コロッケ定食 500円

 

この価格に対する

・アジコロ定食 500円

・アジフライ定食 550円

というこの値段設定は、果たして適正というか、理に叶った価格設定なのでしょうか?

 

コロッケのみで500円

しかし、そこにアジフライが付いても500円

なのに、アジフライ単体になると550円

 

うーん、It’s プライスマジック

これもまた、ピエロを名乗る故の化かしあい、という事でしょうか

 

しかし、豊富なメニュー揃いはまだまだ続き、上記した定食メニューに加えて

パスタ、サンドイッチ、そしてカレーまで登場

ちなみに、通常のカレーに加えてサイズ小さめと推測される

「スモールカレー」も発見

 

なお、スモールカレーに関しては

「大盛りは、ありません」との注意書きも

(私もそう思ってた所だわ)

 

そして、最後の一枚をめくると

ここ「比絵呂(ピエロ)」が喫茶店であることを思わせる様なドリンクメニューが

しかし、その価格もアイスコーヒー180円から始まっており、一体どこで利益を挙げているのかが見えてこない価格設定

 

どさくさに紛れ、同ページには

・ウインナー

・チーズ

・冷や奴

などのサイドメニュー?なのか、定食のオプション??なのか、果てまたツマミ???なのか

いずれにせよ、用途も分らなければ、分量も見えてこない謎メニューが姿を現わしております

スポンサーリンク

 

という訳で、数年ぶりの訪問ながら、早くも混乱しか招かない、比絵呂(ピエロ)のランチメニュー

ここは「メニュー左上の法則」、ならびに「店名が刻まれたメニューはオススメの法則」に倣い

「ピエロランチ」をオーダーしてみるものとしました。

スポンサーリンク

680円?500円? 結局どっちか分らずも、安いことは間違い無い「ピエロランチ」を食べてみた

注文を終え、テレビ台を兼ねているテーブル席にて

「議会でのど飴を食べるのは、有りか無しか?」

について、公共の電波を使い真剣に答弁しあっている大人達を眺めながら

 

「本当にそれが、今この瞬間、公共の電波を使って伝えるべきニュースなのか?」

と疑問を持ちながら、待つこと8分程

 

本日のランチがこちら

「ピエロランチ」となります

 

メニュー上の説明にもあった通り、豪華絢爛なおかず達

そして、大盛りとも何も伝えていないながら、

ご飯の方も、この通りこんもり山盛り状態(笑)

学生が多いエリアだけに、自動的に大盛りご飯を提供する習慣が身に付いている様です

 

さてさて、本日のメインとなるおかず達ですが

目玉焼き、コロッケ、チキンカツ、焼肉と

500円だか、680円だか分りませんが、とにかく安いランチながら、4品もご登場

しかも、目玉焼きという表現は誤報な様で、正確にはハムエッグ(しかも、卵は2個使用!)に上方修正されている始末。

 

揚げ物に焼肉まで付いて、更にはハムエッグかあ・・・・

 

ん、待てよ。

ふと気になったことがあり、あらためてメニューに目を向けてみると

・・・あった、ハムエッグ定食

 

しかもお値段、ピエロランチと同価格の680円

ついでに付け加えると、ベーコンエッグ定食まであった(同じく、680円 笑)

 

一体、何が主役で何がバイプレーヤーなのか

自由気ままに舞台を飾る品々に、さすがの私も思考が追いつかなくなってきました。

 

そんなピエロランチですが、

揚げ物にソースをかけ出す前に、まずは焼肉から頂いてみることに

 

一口頂くと・・・

うん・・・あれだな

素材の味を大切にするタイプだ

 

塩とか胡椒はおろか、タレ的なものも一切絡めず

ただそのまま、素材の味を大切にするために、その商品の名前にただ忠実に

「肉をただひたすらm焼いてみた」そんな味わいを与えてくれる焼肉です

 

いわゆる焼肉、といえばご飯が進む濃口を想像する訳ですが

ここピエロで提供される料理は、原則として揚げ物が中心

 

それ故に、油っこさや化学調味料(恐らく既製品の揚げ物でしょうから)が強く

どうしても濃い味になりがちなことを考慮し、せめて焼肉くらいは・・・

と、いった気遣いなのかどうかを、私には計り知ることが出来ません

 

が、ひとつだけ事実があるとすれば

「この焼肉では、ご飯は進まない」

という事くらいでしょうかw

 

という訳で、焼肉でのご飯投入を諦め、揚げ物の部へ

と、その前に付け合わせのキャベツを一通り頂いてしまったら

あ、なんか地味になって来た(汗)

 

見た目の奇抜さは一気にナリを潜めましたが、まあ仕方がない

焼肉の控えめな味付けを挽回すべく、ソースをしっかり身に纏った揚げ物を一口、そしてご飯へ…

 

どれも揚げたてアツアツではあるものの、おそらくというか、普通に考えて絶対に、先ほどまで冷凍されていた既製品ですね

まあ、それだって良いんです

だってこのランチ、500円(もしくは680円)なのですから

 

美味しいご飯をしっかり味わうのでは無く

たまたま寄った、親戚のおばちゃんの家で

「お腹空いたー なんかない??」

と声を掛けた末に出てきた、そんなご飯

 

それがここ、ピエロがお届けする「ピエロランチ」なのです

揚げ物が例え既製品でも、しっかりアツアツで提供されていれば、美味しさは2割増し

ハムエッグには、豪華に卵が2個、そしてハムは食べやすく1/2ずつにカットされている

その心遣いだけで、十分なんです

 

例え焼肉に味が無くたって、良いじゃ無いですか

だってこのランチ、500円(もしくは680円)なんだもの。

 

そう自分を戒めながら、食べ進めること5分

気付けばお皿の上は全て、綺麗サッパリと片付いておりました。

 

味はともかくとして、満腹度合いは十分

帰り際にお会計をお願いすると

「はーい、500円です」

 

・・・やっぱ、500円だった(汗)

 

久々に頂くワンコインランチ、そのお値段を考えれば十分過ぎるボリューム

しかも帰り際には、何故か飴ちゃんくれたし(笑)

 

20数年前から、時間が止まっている様な錯覚すら覚える、京成みどり台の比絵呂(ピエロ)

そこには、古き良き時代から脈々と受け継がれてきた、

「若い学生達を、お腹一杯にして帰らせてあげたい」

という、お母さん達の心優しき思いが、今に至るまで流れ続けているのでしょう。

 

まあ私、どこをどう切り取っても、学生には見えないと思うけど

そしてこの店、今の場所に引っ越してきてまだ、3~4年ですけどね(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

比絵呂

■ ぴえろ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-10-10

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:土曜・日曜日

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。