孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉駅西口に7月オープン、琉球麻辣食堂 滝汗必至のウマ辛ランチ、自家製辣油の赤麻婆飯

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、Instagramにて情報収集をしていたところ

千葉駅西口にある「ホルモン酒場 まなぶちゃん家」がリニューアルしたとの情報を発見

 

今年に入って以来、営業を休止していた同店ですが

どうやらこの7月末より業態変更し、新たなお店としてオープンしたのだとか

 

系列店となります、登戸一丁目の「肉バッカ」も

この6月より「スマイル食堂」としてリニューアルし、新たなメニューを提供

 

コロナ禍にありながらも、様々な努力を重ねる飲食店には

微力ながらぜひとも応援したいところでして

 

 

同情報を知り、すぐにでもお店へ足を運ぼうとしたものの

事前に目にしたメニューによれば、ランチメニューは麻婆豆腐のみになるのだとか

 

私とカミさんはともかく、夏休みの最中

子供を連れてでは足を運ぶ事が出来ず、早数日

 

8月に入り、私1人でランチへ足を運べる機会が出来たことから、本日はこちら

千葉駅西口近くの新店、琉球麻辣食堂を訪れたところ・・・

closeや無いか。

 

以前の「ホルモン酒場 まなぶちゃん家」が11時開店だったことから

こちらの新店も同じく11時オープンかと思いきや、今度は11:30になるのだそうで

 

時計を見ると、開店までは後10分

その辺をフラフラして時間を潰すことにしたのですが、

再度の緊急事態宣言に突入した千葉駅西口は閑散としており

こちら、駅と反対側のロータリーは全店休業中とのこと

 

反対、駅側のお店については変わらずランチ営業を続けており、

串かつでんがなの前では、私好み間違い無し

ジビエ串セットらが全品半額という大サービスを発見

 

しかも、現在は店内飲食にて

野菜や牛肉、串かつに加え豚カツすらもトッピングした

様々なカレーうどんの提供が行われているのです

 

カレーうどん好きながら、千葉ではなかなか美味しいうどんに巡りあえず

常日頃より悶々としてきた私にとって、このカレーうどんとの巡り会いは、世紀の大発見

 

麻辣食堂を諦め、今日の所はカレーうどんに・・・

と気持ちが傾き始めたものの、残念ながらこちらも11:30オープンとのこと

 

ちなみに、そのお隣となります

バブルスHANALEですが、こちらもランチ営業を行っているとのこと

更には4Fの本店ではお弁当を販売とのことですが・・・

 

バブルスの本店って駅ロータリーのお向かい

ホテルサンシティの2Fだったはずですが、もしや移転・・・?

参照:千葉駅西口の目の前、ホテルサンシティ2Fのビアレストラン、バブルスで頂く鶏の竜田揚げ塩ダレ定食 ⇒

 

更に、駅から100m離れた

すたーきっちんも、新たにランチを始めたとの事

 

同記載されたカレンダーに寄れば、この日は営業・・・

となっておりましたが、帰りに再度お店の前を通ったものの、営業している雰囲気は感じられず

 

以前のカフェ営業の際も同様でしたが

こちらのお店、やったりやらなかったりが多いんですよね。。。

参照:千葉駅西口近く、炭火串処 すたーきっちんが日曜限定でカフェ営業中! ⇒

 

そんなこんなで行ったり来たりを続け、気付けば10分が経過

猛暑の中をフラフラし、滝汗をながしながら

 

今度こそは、と再度の訪問

琉球麻辣食堂へと突入してみようと思います。

千葉駅西口に7月23日オープン 沖縄×中華料理のお店、琉球麻辣食堂をランチ初訪問

千葉駅西口周辺を徘徊すること10分

開店時刻となる11:30を迎え、再度訪れるものとなった琉球麻辣食堂

 

こちらのランチメニューについては店頭にも掲載があり

四川麻婆飯を筆頭に、麻婆豆腐をご飯で頂く品々が提供

 

赤、黒、緑と3色の麻婆豆腐がありますが

それぞれラー油、花椒、パクチーらが加えられる様です

 

それ以外に麻婆かた焼きそばもある他

おかず1品オール200円との記載も

 

ピカチュウのようなシーサーのイラストも添えられる看板ですが

ひとまず店内に入ってみることに

 

 

同店は「食堂」となっておりますが

システムもまた食堂スタイルになっております

 

入店後、先に注文&会計を行うスタイルとなっており

ランチのメインについては、前述した通り

 

それ以外にスイーツ、おかず各種が用意されており

こちらは日替わりとのことでしたが、本日は

焼売に唐揚げ、青椒肉絲らが1品200円にて注文可能となっています

 

その他、夜のメニューについては、店頭のチラシより確認が行えまして、

 

こちらもまた、中華料理各種を頂く事が出来ます

 

見た感じでは肉料理を豊富に取り揃えており

青山シャンウェイ発祥?となる毛沢東スペアリブなども頂けるとの事

 

夜のメニューには麺類だけでなく、ご飯ものも用意されており

麻辣麺やシビレ担々麺、辣炒飯に琉球魯肉飯なども興味をそそります

 

また、琉球を名乗るお店とあってか

あぐー豚のしゃぶしゃぶ、火鍋なども頂けるとの事

 

ランチとはまた異なる品揃えとなっており

これはあらためて、夜の部にも足を運んでみたい品ぞろいですね

 

また、リニューアル以前の

「ホルモン酒場 まなぶちゃん家」時代と同様

同店屋上スペースを利用した、ビアガーデンも運営中とのこと

 

同スペースについては事前予約&コースでの注文となるそうですが

千葉には数えるほどしか無いビアガーデン、当然これも興味をそそるばかり

 

といった品々が頂ける琉球麻辣食堂ですが

本日はランチ、麻婆豆腐各種からの選択となります

 

赤か黒かそれとも緑か

いずれも捨てがたく、なんなら混合にしたいところとなりますが

 

せっかくの四川風なら、辛味を増して味わいたいことから

赤麻婆飯を頂きつつ、おかずの方から焼売を共に頂いてみるものとなりました。

たっぷり豆腐に食感・旨味豊かな挽き肉たっぷり 琉球麻辣食堂で頂く赤麻婆飯&焼売

開店直後に訪問となった琉球麻辣食堂ですが

当然、先客は無く一番手での入店

 

店内の作りはホルモン酒場 まなぶちゃん家時代と同じものとなります

 

注文後、お水等はセルフサービスで用意するものとなり

各種準備を済ませ、席で待つこと5分少々

こちらが本日のランチ

赤麻婆飯と焼売になります

 

お皿一杯に盛り付けられた赤麻婆豆腐ですが

豆腐の形もしっかりしており、食べ応えを感じさせるボリューム

豆腐とご飯の白に対し、とにかくしっかり赤みを放つ麻婆サイド

紅白のコントラストが映える1品ですね

 

加えて麻婆豆腐の量がとにかくたっぷり

ご飯の方はサイズ感が見えてきませんが、威勢良く盛り付けられた麻婆はお盆にも飛び交うほど

 

それではまず、その辛味の程を計り知るべく、

ご飯らと共に麻婆豆腐を一口

 

まず飛び込んでくるのは、唐辛子系の辛味でして

おそらくは自家製とされるラー油由来の辛味に思われます

 

それを追う形でシビレも感じられますが、こちらは控えめ

恐らく、ベースとなっているのが四川麻婆で、そこに辣油を加えている様です

 

辛味の度合いとしては、食べやすい適度なレベルで

中本で言うところの4~5といった感じでしょうか

 

辛党としてはもうひと越え欲しくも思いますが

食べ進めることで蓄積される辛味が味わえるタイプにも感じます

 

特徴として豆腐の食感がしっかりしており

ご飯とのコントラストを楽しめる、そんな麻婆豆腐でして

また、挽き肉の方も食感をしっかり残しており

肉の旨味も感じられる、食べ応えあるスタイル

 

ご飯との相性は良好な一杯で

想像通り、食べ進める毎に汗が流れ始めますが、ご飯がその辛味をしっかりキャッチ

 

欲を言えば、ここにシビレも加わると嬉しい所ですので

赤×黒の麻婆なんかも食べてみたい所ですね

 

 

一方、サイドメニューとして注文しているのが

こちらの焼売になります

 

こちらの焼売には琉球豚?だったかが使われてるとのことで

パッと見では気付かないものの、要所要所に沖縄由来の素材が使われている様です

 

さて、こちらの焼売ですが、

その雰囲気からも伝わる通り

肉感のしっかりした、ジューシーな焼売

 

食べやすいサイズ感ながら、肉の旨味もしっかり感じ

サイドメニューとして頂くに、ちょうどいい1品となりました

 

そしてもうひと品、侮れない存在となったのが

こちら、麻婆飯の付け合わせとなるスープ

 

掻き卵スープの様な見た目ながら

スープの味わいがかなり特徴的でして

 

何ベースなのかと問われれば答えに悩むのですが

これは触れずにいられない、絶品スープとなっておりました

 

ただ、やはりご飯の量がもう少し欲しかったようで

男性ならおかず1品、ないし2品を頼んで程良いボリュ-ムかな、といった印象を得る1食となりました。

 

 

といった感じで初訪問となった、

千葉駅西口近くの新店、琉球麻辣食堂

 

ランチメニューについては、麻婆豆腐を中心とした構成で

そこまで琉球サイドを感じる部分は無かったものの

 

夜のメニューについては、あぐーのしゃぶしゃぶ、火鍋ら

沖縄由来の素材を使った中華料理を楽しめる、そんな品を揃えるお店

 

また、麻辣を強調している通り

ランチの麻婆飯はもちろん、夜のメニューにも辛さを基調とした品が豊富でして

 

お酒と共に頂けば、間違い無く楽しめる

そんな印象を受ける、いわゆる飲めるタイプの中華料理店、といった一面も

 

ランチのメニュー数こそ限られてはいますが

夜メニューの豊富さを見る限り、同店の真骨頂は夜の部にある様に思います

 

個性的且つ辛味を備えたなおつまみ各種と共に頂くお酒

緊急事態宣言が明けた暁には、ぜひ再訪してみたい新店となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

琉球麻辣食堂

■ りゅうきゅうまーらーしょくどう

■ 住所:千葉県 千葉市中央区新千葉1-6-4

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00~23:00

■ 定休日:不明

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。