スポンサーリンク

千葉駅すぐ目の前で頂く、コスパ最高のワンコインランチ!! ホルモン酒場 まなぶちゃん家の和牛ホルモンたっぷりカレーを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

数日前から、すこぶる調子が悪くなったスマホ

いい加減、機種変更することで腹をくくり、この日は午後イチで千葉駅のドコモショップを予約

 

そのついでに、ランチへと足を運ぶことになったものの

今更、食べ尽くした感すらある千葉駅周辺のランチ

 

加えてこの日は、月曜日と言うこともあって、定休日のお店も多く

これといった候補を持たずに、千葉駅周辺を散策することに

 

 

と思ったものの、この時点ではまだ正午に差し掛かったばかりだというのに

すでに外気温は30度を越す真夏日に突入中

 

これ以上、界隈を歩き回ってしまえば熱中症を招きかねない灼熱の中

ふと視界に入ってきたお店がこちら、

昨年の夏に京成の線路沿いへとオープンした

「ホルモン酒場 まなぶちゃん家」となります

 

オープン当初に一度、ランチを訪問している同店

店名では「ホルモン酒場」を名乗っていたものの

当初のランチにはそれらしき品が見当たらず、今ひとつコンセプトが見えずにいたのですが

 

少し前にTwitterの方でフォローを頂いており

その折に同店のランチメニュー等を目にしたところ

オープン当初に比べ、大幅にメニューが変更されていたことを確認

 

この日も、お店の前を通ってみたところ、

上記の通り、ワンコインで提供される品を中心に

リーズナブルなランチが頂ける様子でして

 

もう少し歩き回ってみたい部分もありましたが

あまりにもの外気温の高さが私の背中を押し

 

冷房に導かれるまま、ホルモン酒場 まなぶちゃん家を訪れるものとなりました。

千葉駅西口から徒歩2分、ワンコインランチがひしめく、ホルモン酒場 まなぶちゃん家へ

そんな訳で、冷房の涼しさに誘われるがまま、足を運ぶものとなった

ホルモン酒場 まなぶちゃん家

 

この日、お店を訪れた時刻は12時を回ったところ

時間的にも、お昼真っ只中となる頃合いですが、

こちらのお店も繁忙帯の真っ盛りとなっており、見渡す限りの席はほぼ入店済み

 

1卓のみ、空きを確認し店内へ入ってはみたものの・・・

ホール内にお店の方の姿は見えず

 

数十秒ばかり立たずずんでいると、中から女性スタッフさんの姿を確認

一人である事を告げると、空いている席を案内されるものとなりました

 

すでに満席となっている店内ですが

どうやらホールで接客を担当しているのは

先ほど目にした女性スタッフさん一人の様子

 

昼真っ只中で全席満席の賑わいの中

このホールを一人で切り盛りするとは、これは相当なスキルに見受けられます

 

さて、約一年ぶりに訪れるものとなった同店ですが

レジ脇にはケーキの入ったショーケースを発見

 

前述した通り「ホルモン酒場」というスタンスのお店になるものの

通し営業の影響もあってか、カフェの様な商品の提供も行われている様です

 

また、店内に掲載のあった張り紙によれば、

ホルモン担々麺やホルモン焼きそばなど

ご飯や肉類に留まらず、麺類の提供も行われているとのこと

 

ただ、以下のランチメニューを見る限り

上記麺類の記載が無いことから、これらについては

ディナー帯限定で提供されている品、となる様子が伺えます

 

そんなまなぶちゃん家のランチメニューですが、

まずはこちらが、今週のスパゲッティメニュー

 

同店は、今は閉店中となる千葉駅前の人気店

「トレビアン」を運営する会社と同じ経営母体

 

・・・だった気がするのですが

(正確には、こちらの系列店である「肉バッカ」が、トレビアンと同じ会社でした)

 

そんな流れを汲んでか、こちら「まなぶちゃん家」でも

全5種にわたるパスタメニューが展開されているようです

 

ランチのメニューはまだまだ続いており、

続いてこちらが、表でも見かけたワンコインランチ

 

全品500円というリーズナブルなお値段ながら

オムライスに牛丼、ニラ玉にもつ煮など、メニュー数は全9種

 

更には、日替わりのワンコインランチも用意されており

こちらに至っては、お刺身の定食が500円で頂けるとのこと

 

このお刺身の内容次第では、かなりなお値打ちとなりそうですが・・・

先ほどの通り、女性スタッフさんが一人で帆走する店内

とてもじゃないが、お刺身の中身を確認するなど、気の毒すぎて声が掛けられず(笑)

 

となれば、目視出来るメニューの方より選択を図るものとなりますが

ここはホルモン酒場、の意を汲みたいところ

 

結果、ホルモンを味わえそうなランチメニューに絞り込んだ結果、

「和牛ホルモンカレー」を頂いてみようと思います。

お昼には全席埋まる千葉駅前の繁盛店で頂く、ホルモン盛り沢山なワンコインカレー

忙しく走り回る女性スタッフさんの合間を見て

「和牛ホルモンカレー」を注文するものとなった、本日のランチ

 

よくよく考えてみれば、昨日のランチもカレーだったか・・・

しかも今日はこの後、船橋まで足を伸ばしつつ

「ジビエ焼肉」の予定が入っているにも関わらずの、ホルモンカレー

 

色んな意味で、昨日、この後に掠った注文となってしまい

反省をしてみたものの、時既に遅し

 

全席が埋まる繁忙帯ながら、ランチの開店も早い様子で

入ってくるお客さんがいれば、出て行くお客さんも多数

 

更には、2Fにもお客さんを通している様でして

1Fに2Fにと、階段をも行ったり来たり

 

そんな忙しく走り回るスタッフさんの姿を見つめ

心の中ではエールを送りながら、注文より待つこと10分少々

 

こちらが本日のランチ、

「ホルモン酒場 まなぶちゃん家」にて頂く、和牛ホルモンカレーとなります

 

前述した通り、ワンコインのランチとなっておりますが

カレー単品での提供では無く、サラダもセットとして提供される同ランチ

 

サラダの方も、レタスのみとはいかず

大根にトマト、コーンらをもあしらった

手抜きを感じさせない、しっかりしたサラダが提供

 

ドレッシングは梅じそ系となっており

冷えた器同様、暑い夏場にはもってこいの、涼しげなサラダとなっております

 

そんなサラダを頂いたところで、メインの方へ

こちらが、ホルモン酒場らしく

和牛ホルモンを使用したカレーとなっております

 

色味は割とビターで、スパイス系の苦みを感じさせる風合い

目視で確認できるほど、たっぷりのホルモンが使用されてもいますね

 

まずはカレーの様子を伺うべく、

具材は載せず、カレーとご飯のみで1口目を

 

色味通り、スパイスによるビターな苦みが感じられる一方

カレーの奥からは優しい甘みも混入

恐らく、ホルモンらの脂から染み出た甘さでは無いかと

 

その後より、ジワジワと伝わってくる辛味

激辛な味わいには届きませんが、程良い苦みに寄り添う形で

心地よい辛味が伝わってくるカレーとなっております

 

続いては、そんなカレーと共に頂くホルモンの方へ

使用しているのは和牛、となる様ですが

やはりカレーと入り交じった状態だけに

その部位がどのホルモンなのかを判別するのは難しい様です

 

ひとまずはその味、食感で確かめようと思いますが・・・

やはり、難しい(笑)

 

恐らくですが、内臓の中でも胃・・・

センマイあたりに思われますが、程良い食感を残しており

噛みしめるごとに、続々と甘みが増幅

 

この染み出る甘みが、カレー側のビター加減とマッチしており

両者を共に頂く事で、見事に相乗効果を果たしています

 

続いて発掘&頂く部位ですが、

こちらは・・・ハツ、かな?

 

先ほどに比べると、食感はだいぶ柔らかめ

強い味わいを感じないものの、何処となくモソッとした食感

 

おそらく、ハツなのかと思われますが・・・

やっぱり、カレーの中に埋まるホルモンの見極めは難易度高い(笑)

 

この他にも、ミノと思しき部位や

甘み、食感から察するに、シマチョウと思しき部位など

胃に腸にと、様々なホルモンが混在するカレー

 

最後の最後、自信を持って確認出来たのは、

こちら、ハチノスくらいとなりますが(笑)

いずれにせよ、多彩な部位がカレーに溶け込み

深い味わい、甘み、苦みらを形成する、ホルモン屋さんらしいカレーと言えます

 

なにより、これだけの部位が詰まったカレーながら

サラダとセットで、そのお値段は500円という超破格

 

しかもお店の場所は、千葉駅すぐ近くとなるのですから

お昼の繁忙帯に満員御礼を迎える賑わいぶりも納得のものとなりました

 

 

そんな感じで、約一年ぶりに再訪となった

千葉駅西口近く、ホルモン酒場 まなぶちゃん家

 

前回のランチ訪問時には、ホルモン屋さんらしさを感じる事は無く

お店のらしさや個性を見ること無いランチとなってしまいました

 

が、あれから一年

大幅に様変わりしたランチメニューより頂いた

和牛ホルモンたっぷりのカレーには、十分満足するものとなりました

 

ボリューム、具だくさんぶりにはもちろん

このレベルのカレーが500円で頂けるとは、むしろ驚きのお値段

 

ホールを一人で切り盛りしていた

女性スタッフさんの敏腕ぶりあってか?

と、一層エールを贈りたい気持ちが増すばかり

 

ただ1つだけ、要望を伝えるとしますと

本日頂いたカレー、スパイシーな上に辛味もそこそこの品でして

やはり、食べ進める中でお冷やのお替わりが欲しいところとなります

 

ですが、前述した通り

スタッフさんが一人、忙しく走り回っている姿を見ると

どうしても声を掛けづらい部分が・・・

 

セルフサービスでいっこうに構いませんので

どこかしらに、自分で告げるお冷やを用意しておいて貰えれば

より満足度の高まる、ワンコインランチになった様に思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ホルモン酒場 まなぶちゃん家

■ ほるもんさかば まなぶちゃんち

■ 住所:千葉県 千葉市中央区新千葉1-6-4

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:不明

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。