スポンサーリンク

市役所前近くの人気店、ユイットルのテイクアウトメニューがリニューアル! 定番おつまみヤゲンアラビアータにムール貝、絶品アジフライもお持ち帰り可能に!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この4月より、アカウントをこっそり育て始めたInstagram

https://www.instagram.com/kokou_chiba/

 

本ブログの追記情報的に、お勧め飲食店を紹介する傍ら

私自身の情報収集ツールとしても便利に活用させて頂いているのですが

 

その中で先日、モノレール市役所前駅近くにある人気店

フレンチ居酒屋「ユイットル」のテイクアウトメニューがリニューアルした

との情報を発見!!

 

 

せっかくならば、この新たなテイクアウトメニューを持ち帰り

宅飲みを美味しく彩ってみよう

 

との話になりまして

この週末日曜日は、ユイットルのテイクアウトを自宅にて楽しむ事に

 

そんな訳で、事前に注文を済ませること30分

予約したテイクアウト各種を受け取るべく訪れた先がこちら、

モノレール市役所前駅から徒歩5分

JR&京成千葉&千葉中央各駅からも徒歩10分程

 

登戸一丁目交差点からすぐにある、小洒落た一軒家風居酒屋

「千葉葡萄酒食堂 Huitre(ユイットル)」を訪れるものとなりました。

市役所前駅のフレンチ居酒屋、ユイットルのテイクアウトがリニューアル! 店内ランチも営業再開中!!

そんな訳で、テイクアウトメニューで宅飲みを繰り広げるべく

3ヶ月ぶりに足を運ぶものとなった、裏千葉こと新田町のユイットル

 

こちらのテイクアウトについては、

以前の「自粛期間」にも利用させて頂いたのですが

参照:市役所前駅近く、ユイットルのお持ち帰りで自宅飲み! ⇒

 

店内で頂く料理と変わらず

豪華絢爛な食材が詰まったお持ち帰りメニューばかりとなり

自宅にいながら、ユイットルを再現出来る華やかさに大満足

 

今回もまた、同様の宅飲みを楽しもうと

新たに加わったテイクアウトメニューに期待を寄せ

インスタにアップされたメニューに目を向けたところ・・・

 

小さくって、読めない。。。

 

というのも、Twitterであれば

投稿された画像の拡大が可能となる中

 

インスタの場合、投稿した画像は

どれだけ高解像度で撮影した画像であっても

最大1080pxまでしか表示出来ない仕様となっておりまして

 

これを知ってか知らずか

細かなテキスト主体となる画像を、そのままアップする方が多い反面

 

このテキストをインスタ上で読もうにも

文字が大きくならず、読みづらい(もしくは読めない)訳でして

 

ピンチで多少なり拡大は出来るものの

今度は拡大する自分の手が邪魔となり、結局肝心な部分が読めず

 

これをなんとか解決しよう、と

最後の最後、PCでインスタの投稿を開き

ブラウザの表示サイズを拡大することで、なんとかテキスト情報を判別・・・

 

そんな苦労を積み重ねてきた、現在のユイットルで販売される

テイクアウト情報は以下の通りとなりまして、

新たに加わったテイクアウトメニューとなるのが

オードブルにワイン、チーズ&パンが付いたセット

 

こちらを筆頭に、

・ムール貝のマリニエール

・ガーリックシュリンプ

・牡蠣フライ

・海老フライ

・アジフライ

・ローストビーフサラダ

などが、新たにお持ち帰り可能となっております

 

その他にも、店内飲食では定番となっている

・枝豆ペペロンチーノ

・鶏もも肉のコンフィ

・キャベツのアンチョビソテー

・ちりめん山椒とネギのオムレツ

・とろサバの燻製オーブン焼き

なども、お持ち帰り可能なおつまみメニューに

 

そんな感じに、様々なメニューがテイクアウト可能になる一方

少し前より販売されていたお弁当類も若干リニューアル

 

以前のお弁当にあったハンバーグらは姿を消してしまった様ですが

・広島県産 牡蠣のペペロンチーノ(パスタ)

・濃厚ボロネーゼ

・牛肉赤ワインカレー

などが新たなお弁当メニューに加わったようです

 

また、営業時間についても若干?の変更が加わっている様でして

以前は水曜~の営業となっていたランチについて、現在は

月~金の平日、12時からがランチ営業の時間になるとのこと

(テイクアウトについては11時から受付)

 

また、ディナーの営業時間も以前よりは短くなっており

開始は16:30からながら、平日では22時まで

週末等で23時までになるなど、細かな変更が見受けられます

 

以前であれば、この界隈ながら

深夜まで営業している希少なお店であったユイットルですが

 

それをして、今の様に営業時間は大幅に短縮

ホント新型コロナの影響は、いつになれば終息することやら・・・

 

 

さて、そんなユイットルでの本日のテイクアウト

家録画はしたまま溜まっている「半沢直樹」を

一気にまとめ上映し、その合間に頂くお酒

 

そして、そのお供としてチョイスした本日のおつまみがこちら

テイクアウトメニューへ、新たに加わったアジフライ(3枚入りで800円)

テイクアウトの定番おつまみでもある、ヤゲン軟骨のアラビアータ(800円)

 

そして、ユイットルに足を運んだ以上、欠かすことが出来ない

「オードブル盛り合わせ(1,200円)」

 

以上の3品をお供に従え、半沢直樹上映会をスタートするものとなりました。

ランチの人気メニュー、アジ&牡蠣フライが加わった、ユイットルのテイクアウト ムール貝にガーリックシュリンプも!

新たなテイクアウトメニューを目当てとして、足を運んだユイットル

ですが、結局蓋を開けてみたところ

今回購入したテイクアウトのウチ、新メニューとなるのはアジフライのみ

 

その他2品は、以前からも販売されていたものの

ユイットルのテイクアウトで宅飲みするなら、欠かすことが出来ない

そんな2品を購入の末、帰宅するものとなってしまいました

 

もちろん、本来ならば新メニューとなる

・ムール貝(1,100円)

・ガーリックシュリンプ(800円)

・牡蠣フライ(4個 800円)

などを頂きたい所ですが・・・

 

各品共に、上記したとおりのお値段

これら全てに加え、絶対外せないヤゲン軟骨&オードブルを買いそろえれば

お値段もそれなりになる上、まずもって食べきれるのか否か・・・

 

 

結果、無難と言われれば、それまでになってしまうものの

絶品であればこその定番、それらが揃ったテイクアウトとなってしまいました

 

さて、そんなお持ち帰りのおつまみ達ですが、

まずはこちら、

宮崎県産ヤゲン軟骨のアラビアータからとなります

 

パスタでも定番となるアラビアータ

トマトソースにガーリック、そして赤唐辛子をたっぷり効かせた

ウマ辛ソースで頂く、ヤゲン軟骨

 

程良いトマトの酸味、ガーリックの風味

そして、赤唐辛子の刺激がお酒のアテに抜群過ぎる1品となりまして

ヤゲン軟骨特有の、コリッとした食感

軟骨周りに残る鳥肉にも各種旨味がバッチリ染み渡り

ビールからワイン、果ては焼酎まで、どんなお酒にも相性抜群

 

更には、この残ったソースを用いて

・バゲット

・パスタ

などと頂く事も出来てしまう、優秀すぎる使い回しも可能

 

と、ユイットルのお持ち帰りで

宅飲みする上では欠かすことが出来ない、最強過ぎる万能ツールとなっております

 

 

続く2品目は、今回新たに加わったテイクアウトメニュー

こちらのアジフライとなります

 

同店がランチを再開した際に訪問し

そのタイミングでも頂いたことがある、こちらのアジフライ

 

魚介類の仕入れでも定評のあるユイットルですので

お持ち帰りとは言え、このアジフライにも格別の期待が

 

自家製とおぼしきタルタルソースを付けながら、

一口頂いてみますと・・・

はい、読み通り

 

フワッと柔らかな身から、滴り落ちる上品な脂

大爆発、とまでは言わずも

ぷくぷくまんまるに肥えた、アジならではの旨味と甘みが広がっていきます

 

共に頂くタルタルソースも、ちょっぴり酸味を効かせた味わいで

脂の旨味が強いアジフライを、スッキリした味わいに微調整

 

衣の付き具合も心地よいアジフライだけに

もしこれを、揚げたての瞬間に頂ければ・・・と

更なる欲張りな感情が目覚めてしまう、そんな逸品となりました

 

 

そして、最後にご紹介するのは

ユイットルで食事を頂くのであればこそ

店内飲食は勿論、テイクアウトであれ、欠かす事が出来ない

オードブルの盛り合わせとなります

 

本日のオードブルには、総勢10品が勢揃い

こちらは、カミさんと共にシェアしながら頂くものとなりましたが

 

まずはこの2品

ピンクペッパーらを効かせたサーモン

そして、ピクルスらを加えたリエット?と共に頂くバゲット

 

テイクアウト故、時間の経過もあってか

カルパッチョと言うよりはマリネ風?に仕上がったサーモンですが

ここに添えられた各種ペッパーが良い風味を与えてくれます

 

サーモンの程良い脂に、酸味が加わった上

ピリッとスパイシーさを与えられることで

口溶けする間に、3段階の味変を見せるなど、変化を楽しめるサーモン

 

もう一方のバゲットですが

これはもう。。。絶品

 

細かな説明が付きづらい程、複雑な味わいを形成しているものの

バゲットにも存分にマッチしており

濃厚な旨味を口いっぱいに広げてくれる品となりました

 

そして、オードブルである以上

私的には欠かすことが出来ない品となってくるのが、

こちらの、パテ・ド・カンパーニュ

生ハムにサラミ、ローストビーフといった肉肉しい面々

 

本来ならば、ワインと共に頂くのが定石

となりそうな肉主体のおつまみ達ですが

我が家にワインが常備される訳も無く、ここはビールと共に頂く事に

 

とは言え、ビールであっても美味しく広がる、様々な動物性の脂質

そこにハーブやスパイスらの風味も加わっていき

個々の素材の味わいと相まって、これもまた複雑な旨味を広げてくれます

 

これ程の食材が、パック一杯に詰まりながら

そのお値段は、文句なしの1,200円

 

これを頂かずして、ユイットルは語れない

定番中の定番ながら、それ故の大満足を果たすおつまみ詰め合わせとなりました。

 

 

といった流れで、3ヶ月ぶりにテイクアウトを頂くものとなったユイットル

新たなメニューが加わったとの情報を元に足を運んだのですが

やはり、定番の壁が分厚すぎる故、なかなか新メニューにまでは手が伸ばせず

 

とは言え、今回頂いた新メニュー

「アジフライ」は、予想を裏切らない絶品ぶりとなり

800円というお値段ながら、あのアジフライが3枚も入った豪華な1品に

 

ですが、それをも凌ぐ最強コスパ

そして満足度を誇る「オードブル」が存在する手前

どうしても、多数メニューにまで手を伸ばせないという、もどかしさも。。。

 

自宅にあと、もう一人二人いれば

更なるおつまみテイクアウトの追加注文も可能となるのでしょうが

そればっかりは、さすがに叶わない相談ですね(笑)

 

ですが、次こそはテイクアウトと言わず

ランチに夜に、やっぱりお店で出来たてを頂きたいなあ・・・

そう思わせてくれる大満足の品々となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

千葉葡萄酒食堂 Huitre

■ ちばぶどうしゅしょくどう ユイットル

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町35-3

■ 営業時間: 12:00~15:00 (月~金)

16:30~22:00(日~木) / 16:00~23:00(金・土・祝前日)

■ 定休日:土・日はランチのみ休み

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。