スポンサードリンク

京成千葉中央から徒歩2分、四つ葉珈琲を初訪問 カフェメニュー取り揃う店内で頂くガッツリ漢メシ!? 大人の生姜焼き丼を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日の「Cafe食堂hideaway」に引き続き、この日もまた、カミさんとのランチへ出向くことに

ここ最近、どんな風の吹き回しなのか、やたらと「カフェ」風なお店へと行きたがり、この日もまた、前日同様にカフェ飯へ

 

少し前に、SNSかなにかで知り得たらしく、気に掛けていたことから・・・

と、連れ出された先は、京成千葉中央駅すぐ側

 

飲食店が建ち並ぶ、富士見町エリアの反対側、新宿方面(駅の西口)に昨年オープンした

「ホテルシュランザCHIBA」1Fに構えるこちらのお店

「四つ葉珈琲」となります

 

その店名通り、拘りのオーガニックコーヒーを提供する同店

コーヒーだけに留まらず、フードメニューも充実しており、いわゆるカフェらしい

・パン、サンドイッチ

・パスタ類

だけに留まらず、ご飯ものをしっかり頂く事も出来るとか

 

そんな訳で、私的には不本意ながら

(この日の気分は、かつ丼を食べたかったw)

2日連続、小洒落たカフェにてランチを頂くものとなりました。

京成千葉中央駅すぐ側、ホテルシュランザ1Fに昨年オープンのカフェ、四つ葉珈琲を初訪問

京成千葉中央駅から、徒歩2分の駅チカにて

昨年末、ホテルシュランザCHIBAの1Fにオープンした四つ葉珈琲

 

同店は、ホテル1Fの店舗らしく、朝8時のモーニングから、ランチ、ディナーやお酒に至るまでを提供するカフェとなっております

店内の雰囲気こそは、

 

こちらの通り、ファストフードを思わせる作りとなりますが、ウッディにまとめられた内装を含め、小洒落た雰囲気のお店

 

また、ランチやモーニングのフードメニューだけに留まらず、

スイーツやドリンク類、中にはタピオカなども提供されており、食事以外の目的でも利用しやすいお店となっております

 

そんな同店のフードメニューはというと、

カフェのランチメニューらしく、パスタやサンドイッチメニューが多数

ですが、その中には

・サバサンド

・チリカルボナーラ

など、定番そうに見せて一筋縄ではいかない、関心をそそるメニューがちらほら

 

また、ご飯orパンを別途注文することになるものの、

・10時間煮込んだチキンガーリックトマト

といったおかずメニューに始まり、

 

・焼きチーズカレー

・本日のカレー(日替わり?)

・大人の生姜焼き丼

・マリアナ直伝のチリビーンズをのせたタコライス

など、ご飯ものメニューも取り揃っております

 

マリアナが誰なのか気になるものの、メニューはまだ続き、

続いての裏面に行くと、これまた食欲そそる美味しそうなホットドッグが登場

 

こちらのホットドッグは、

・プレーン

・チーズ

・チリビーンズ

・チリチーズ

と4品が用意されており、更には上記写真の通り、サイドメニューがセットとなる

「ホットドッグプレートセット」なるセットメニューも用意されております

 

この他、アルコールメニューやおつまみ類

そして、店内メニューには掲載が無かったものの、

 

生クリーム25%とという、高濃度なクレミアソフトクリームに始まり

ハニートーストやフレンチトースト、プチパフェなどのスイーツ類も満載

 

ただ、これらのメニューを見る限り

・モーニング

・ランチ

・ディナー

といった内訳がされてないことから、全メニューが全時間帯共通で提供される、ということでしょうか?

 

この辺は未確認ながら、同店が開店となる朝8時から上記メニューを頂けるとあらば、新たな朝ごはん候補にもなりそうな予感

とは言え、ひとまず今日の所は、ランチとしての訪問

気になる品はいくつも見つかりましたが、まずは特Aに気になった「大人の生姜焼き丼」を頂いてみようと思います。

パン&パスタのカフェ飯並ぶ中で見つけたガッツリ系ご飯メニュー、大人の生姜焼き丼に大満足

そんな訳で、連日のカフェ飯となったこの日のランチ

 

千葉中央駅すぐ近く、四つ葉珈琲を初訪問するものとなったのですが、この日お店に着いた時刻は11時ちょうど

モーニングから営業している同店ですが、さすがにランチにも少し早い時間とあって、先客は1組のみ

近隣には専門学校なども多くあるので、お昼時には混雑を迎えるのでしょうが、この時点では一時の休息となる様です

 

そんな中で、まず先に到着したのは、カミさんのオーダーしたこちらの品

「10時間煮込んだチキンガーリックトマト」となります

同品のみ、ライスは別注文となる事から、追加でご飯をオーダー

 

ライスは男性からすると小ぶりにも感じますが、チキンのサイズ感はなかなか

商品名にも「10時間煮込んだ」とある通りで、丁寧な調理による柔らかさと、トマト&ガーリックの風味の染み込み具合を感じさせます

 

同品から遅れ、テーブルへと配膳されてきたのがこちら

私のオーダーした、本日のランチ

「大人の生姜焼き丼」となります

 

そのネーミングから、どんな品が提供されるものか訝しげな部分もあったものの

見ての通り、野菜をたっぷり使用した健康的な生姜焼き

 

平皿に盛り付けられている為、丼らしさは感じませんが、

その登頂には、玉ねぎと共にしっかり味を染みこませた生姜焼きがてんこ盛り

その上には、スパイスやハーブが振りかけられておりますので、これらによる味付けが「大人味」ということに思われます

 

一口目から、生姜焼きにガッつきたい衝動を抑えつつ

まずは血糖値の上昇を防ぐべく、野菜の方から

こちらは「生姜焼き丼」ではあるものの、やはりカフェ飯らしく、多数野菜を使用

多彩な葉物野菜に加え、シャキッとした歯ごたえと瑞々しさを感じるカブなど多数

 

これら生野菜への味付けはマヨネーズのみとシンプルですが、それ故に感じる素材の苦みや甘み

更には、生姜焼きから流れ落ちるタレも相まって、良い具合に味付けされたサラダと化しております

 

続いては、本日の主役となる生姜焼きの方へ

薄くカットされた玉ねぎがくたくたになる程、豚バラ肉と共に味付け&調理

シャキッとした歯ごたえある玉ねぎも嫌いじゃありませんが、このしっとり味を染みこませたタイプ、私好みです

 

そして、玉ねぎの存在を忘れさせてしまう程、更なるボリュームで盛り付けられた豚肉たち

商品名としては「生姜焼き」となりますが、そこまで生姜の風味を感じません

というより、後掛けされたハーブ類やスパイスで味付けられており、私が知る生姜焼きとは、全く別物の味わい

 

中華料理屋さんや定食屋さんらの定番でもある生姜焼きですが、

そのどれにも相容れない、ここ「四つ葉珈琲」オリジナルの生姜焼きと呼んでも過言じゃありません

 

しかし、この個性的なハーブ使いがお肉の旨味をしっかり引き立てており、好みの差はあれど、私的にはドストライク

玉ねぎにしっとり染みこんだ旨味、更には野菜らに掛かっていたマヨネーズともしっかり合わさり、スッキリした味わいながらご飯が進む

的確な表現には悩むものの、欧風?な味わいを感じさせる生姜焼きとなっておりました

 

ただ、唯一残念に感じてしまったのは、その汁気の多さ

前半を食べ進める内には気にならなかったものの、ご飯を食べ進めていく後半になるに連れ、

ご覧の通り、ご飯に生姜焼きの汁が染み渡りすぎてしまい、もはやベチョベチョ状態に

丼故の性、といえばそれまででしょうが、これも通常の深さある丼なら、ここまでにはならないはず

オシャレに平皿を用いて盛り付けた故、この様なご飯になってしまった事が少し残念

 

もしこちらの品を、丼にはせず

・サラダ

・大人の生姜焼き

・ご飯

と、定食のように3点別で盛り付けていたら、斬新なハーブによる味付け含め、

相当好みの生姜焼きに仕上がっていたのでしょうが、最後のご飯がべっちゃりしてしまった事には悔いが残ります

 

とは言え、その味付け、ハーブ使いは紛れもなく一級品

これは、サバサンドやタコライスといった他のメニューも、チェックしておきたいお店となりそうです。

 

 

という訳で初訪問を果たすものとなった、千葉中央駅すぐ側、四つ葉珈琲

店名や雰囲気からして、カフェらしい軽めのランチのみになるものと思いきや

おかず、ご飯共になかなかのボリュームを誇るものとなった、大人の生姜焼き丼

 

その味付けもまた、個性的な品となっており

これを「大人風味」と呼ぶかどうかは定かでは無いものの、他店では味わえない、同店らしい味付けを堪能しました

 

ただ一方、

「10時間煮込んだチキンガーリックトマト」を注文したカミさんですが

やはりこちら、ご飯の量が相当に軽かったらしく、味付けには納得したものの、ボリュームには不満があった様子

 

ご飯がそもそも、追加での単品注文である手前

もう少しボリュームがあったり、もしくはスープ等がセットに付いていれば、また印象は変わったやも知れません

いずれにせよ、意外性ある新店(今更ですがw)の発見となり、是非次はモーニングでの利用を狙ってみたいと思います。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

四つ葉珈琲

■ よつばこーひー

■ 住所:千葉県千葉市中央区新宿2-6-18 ホテルシュランザCHIBA 1F

■ 営業時間:8:00~21:00 (土~18:00)

■ 定休日:日曜日、祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。