スポンサードリンク

0の付く日は500円! 富士見町ぜろやで、サービスメニューの油そばを食べてみた

先日、2018年の恵方巻について情報収集すべく、ランチ後に千葉駅界隈をフラフラと徘徊・・・散歩していた時のこと。

ふと足下を見ると・・・

富士見町のみゆき通りにて、こんな看板を発見。

毎月、10日20日30日はぜろやの日、だそうです。

 

ちなみに、この日は1月30日という事で、1月最後の「ぜろやの日」だったんですね。

たまたま通りかかった店先で見つけた、お得情報。

とは言え、この日のランチはすでに終了。

 

さて、、、どうしたものか。

ラーメンではさすがに重たいけど、油そばならば「おやつ」感覚でイケるのでは無いか?

そんな、根拠の良く分らない思考が私の頭に巡り出し、看板に導かれるまま、気付けばぜろや店内へと誘われておりました。

スポンサーリンク

みゆき通りのぜろや、毎月0が付く日はラーメン&油そばが500円!!

毎月「0」の付く日に開催されている「ぜろやの日」には、醤油豚骨&油そばが500円になるとのこと。

こちらの「ぜろや」で普段、注文する品と言えば

・激辛とんこつ(多分、千葉で一番辛いラーメンだと思います)

・台湾飯

の2品ばかり。

 

千葉,グルメ,JR千葉駅,とんこつラーメンぜろや,ラーメン,ランチ

醤油とんこつは、過去にも注文したことがあるものの、油そばはこれまで未食。

 

普段なら候補に挙がらない油そばを注文してみるにも、ぜろやの日は良いチャンスかも知れません。

ということで、この日のランチ(正確には2食目)には、ぜろやの油そばを注文してみることにしました。

スポンサーリンク

ちょっと甘めな油そば お勧めは紅しょうが&にんにくトッピング

再三記載している通り、この日は月に3回のイベント日。

その影響もあってか、正午を過ぎたものの店内は満席続きとなっており、カウンター席も隣のお客さんとぶつかるスレスレの大賑わい。

 

外に列が出来る程ではないものの、これだけ賑わっている「ぜろや」を見たのは初めてかも?

といった程の盛況ぶりながら、店内のスタッフは女性2名のみ。

この1月に、稲毛海岸にも2店目を開店した影響からか、人員不足で営業している雰囲気を感じました。

 

とは言え、2名の女性スタッフさんは、忙しいながらもテキパキと仕事をこなしており、その様子には好印象を受けます。

(別に女性スタッフさんだから評価が甘いとか、そういうのじゃありませんw)

 

忙しく駆けずり回る様子を伺いながら、注文より待つこと7~8分

本日特化の500円となる、油そばが到着となりました。

デフォでは麺にタレを絡めていないスタイルですね。

ということは、タレは麺の下に隠されているものと思われます。

具材にはネギ、玉子、メンマ、海苔、そしてタップリのチャーシューと定番スタイル。

 

では早速、麺をかき混ぜながら頂いてみます。

一口運び、まずグッとくるのがタレの甘さ。

油そば(まぜそば)にも多様化の波が押し寄せてはいますが、ここまで甘めのタレは初めてかも?

と、感じるばかりに甘みの強さが際立ったタレとなっています。

 

平打ちの中太麺とタレの絡みは良いものの、食べ進めていく程に甘みが強く感じられ、このまま最後まで頂くには、重さが先行してしまうのでは・・・

と、何かしらの味変を探してみると、テーブル上に

・おろしニンニク

・紅しょうが

・ラー油

を発見。

 

なるほど、きっとこれらの味変こそが、この油そばの真骨頂なのではなかろうか?

という訳で、前述した調味料を全て投下してみると

こんな具合にバージョンアップを果たしました。

 

では引き続き、バージョンアップ版を一口。

あ、絶対これだわ。

紅しょうがの酸味、ニンニクの旨味&辛味、ラー油の刺激、これら三昧が合わさることで、甘さが抑えられ、しつこさも軽減されます。

 

むしろ、先ほどまで甘さに辟易していたタレが、紅しょうがを加えることによって深みすら感じる味わいに変貌。

ラー油とニンニクの辛味もアクセントになり、バランスの良い油そばにステージアップします。

特に説明書きがありませんが、この紅しょうが&ラー油、そしてニンニクのトッピングは、この油そばに於いてはマストじゃないでしょうか。

 

なお、こちらの油そばは、一般的なまぜそば同様に「追い飯」までが無料で付いてくるとのことです。

レンゲ一杯分のご飯、とのことなので大分小ぶりかとは思いますが、最後は追い飯を投入して〆、が可能とのこと。

ただ、私はこの日2食目のランチとなりますので、追い飯の注文は遠慮させて頂きました。

 

前半はタレの甘さが強く、若干萎えそうになったものの、紅しょうがらのトッピングで見る見るうちに革新を果たした、ぜろやの油そば。

トッピングの海苔が、刻みでは無くシートだったので、油そばとの一体感を感じない点が気になりましたが、それ以外は満足のいく結果となりました。

しかも、これに追い飯までを加えて500円で頂けてしまうとあらば、文句を付ける方がお門違いでしょう(笑)

 

なお、上記した油そばと豚骨しょうゆラーメンが500円で頂けるのは、毎月

・10日

・20日

・30日

の「0」が付く日のみとなりますので、ご注意下さい。

(あ・・・てことは、2月は2回しか無いのかw)

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

豚骨ラーメン ぜろや

■ 豚骨ラーメン ぜろや

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見1-8-5 いけざわビル 1F

■ 営業時間:ランチ:11:30~13:30 夜:16:00~翌3:00

■ 定休日:不定休

JR千葉駅からふくろう交番前の信号を渡り、栄町方面(みゆき通り)へ

300mほど進んだ左手になります

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。