スポンサーリンク

ダーツバーでジンギスカン? 西千葉駅徒歩2分、ダイニングバーSPROUT(スプラウト)の初ランチで頂く、本場北海道のジンギスカン定食

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ここ最近、散歩する機会が多い西千葉駅界隈なのですが、先日も近くを歩いていると見慣れない看板を発見。

北海道の食材タップリのランチ・・・

そもそも、こんな所に飲食店があっただろうか??

 

建物の中に入って、詳細を覗いてみると

どうやらこちらのビル(駅前西友の並び?にあるビル)の地下1Fに、ダーツバーが出来ていた様です。

 

ダーツバーでありながら、ランチも営業。

しかも、北海道の食材を使ったランチとあり、そこには

・北海道産クラフトビール

・ジンギスカン

・道産海産物

など、津軽海峡を越えて訪れた、食欲そそる文字情報を多数発見

 

地元西千葉のお店だけに、これは早々にチェックしておかねば・・・

という事で後日仕切り直し、西千葉駅前に昨年4月オープンのお店「SPROUT (スプラウト)」のランチへ訪問してみました。

夜はダーツバーながらランチも営業 西千葉駅前のSPROUT (スプラウト)

改めて訪問した、SPROUT (スプラウト)ですが、

こちらの看板によると、昨年4月にオープンしていたダーツバーとのこと。

夜に飲むとあらば、千葉駅界隈が多く、西千葉の飲み屋さんは何年と未確認だったので、新たな発見となりました。

 

しかも、ダーツをメインにしているものと思いきや、フードやお酒類にもこだわりがある模様。

まあ詳しいことは、店内に入り散策してみましょう。

 

という訳で入店した時刻は、11:30を少し回った頃。

近隣の飲食店は、学生達で混み合い始めている時間となりますが、こちらにはまだお客さんは入っておりませんでした。

営業形態がバーで、しかも地下とあらば、ランチ営業には不向きと言えるだけに難しそうです。

 

ちなみに店内の様子はこんな感じで、

ガッツリしたバーカウンターがありつつ

(何故かけん玉もありつつ・・・)

 

奥のテーブルスペースには、

ダーツを2台ほど発見。

 

また、バーカウンター上の黒板には、

ランチ同様に北海道の郷土料理?を中心としたメニューが多数。

 

ちなみにランチメニューは、

・ジンギスカンランチ

・鶏のザンギランチ

・カラバトカレー

の3品となります。

 

ちょっと聞き慣れない「カラバトカレー」が気にはなったものの、今日の気分は肉

しかも、本場北海道の空気が流れる中で頂けるジンギスカンとあらば、期待も高まるばかり

 

ジンギスカンには目がないものの、なかなかランチで頂く機会が少ない千葉~西千葉界隈

という訳で、本日のランチは「ジンギスカンランチ」をオーダーしてみるものとなりました。

北海道らしさ漂うメニューの中から、ジンギスカンランチをセレクト

注文を終えて、店内の様子に目を向けてみると

「読みづらい千葉の地名」なる一覧表を発見。

海士有木やら、不入斗、廿五里などなど、他県民からすれば難解な地名が並ぶものの、自己採点ながら全て回答できたことに、生粋の千葉県民として胸をなで下ろしてみました。

 

そんな時間つぶしをすること5分程、まずはサラダとお惣菜?が登場。

サラダのドレッシングは、胡麻風味なので、恐らく市販のものと思われます。

 

対しお惣菜の方ですが、これは・・・鰊(にしん)でしょうか

骨まで柔らかく煮込まれており、味もしっかり染みています。

 

ランチの一品にまで北海道の名産である鰊(多分・・だけど)が出てくるということは、こちらの店主さんが北海道の方しょうかね

色々聞いてみたい所ではありましたが、なにぶん人見知りなもんで、確認するには至りません(笑)

 

サラダや煮付けを頂きながら、更に5分程でメインが到着。

本日のランチ、その主役となるジンギスカンになります。

鉄板に盛られて登場したジンギスカンですが、見ての通り野菜がたっぷり

味付けは別途、手渡されたソースを掛け、自分で好みに調整するスタイルとなっています。

 

では早速、ソースを掛けてみると・・・

はい、出た!

 

アツアツの鉄板に掛かったソースが、画も言えぬ香りを漂わせます

調子が良ければ、この匂いだけでもご飯がイケてしまうヤツ

 

無論、匂いだけでご飯を頂くなんてハシタナイ真似はせず、しっかりおかずと共に頂きましょう

羊のお肉ではあるものの、ずんぐりむっくり、プリップリとした食感が、写真からも伝わるのでは無いでしょうか

プリップリをふた越した、ブリンブリンな肉感、たまりません

 

しかも、これだけしっかりした肉でありながら、ラム肉はカルニチンが豊富

脂肪をエネルギーに変換する、とも言われる神の様な栄養素、カルニチン

いくら食べても太らないどころか、食べる程に痩せてしまうとも言われる魔法の栄養素が、昼からたっぷり頂けるとあらば、そりゃご飯も進みます

 

 

ちなみにこちらの味付けは、自身でソースを後掛けし、調整が可能なスタイル

見た目的には、結構な味の濃さをイメージさせるも、意外な程にアッサリ目の味付けでして

 

序盤はその色味に気圧され、控えめに掛けてみたものの

「あ、ちょっと掛けすぎちゃった(汗)」

と、やり過ぎたくらいに回し掛けたくらいが、ご飯も進む程良い味加減となりそうです

 

そんなブリブリした羊肉を、白米の上でワンバウンド後、口の中へ…

お肉をしっかり噛みしめつつも、余韻が残る間に白米を掻き込めば、そこはもう北海道

大草原を駆け巡る羊の群れが、押し寄せてくる姿が目に浮かび・・・は、流石にしないか

 

鉄板上には野菜がたっぷり盛られ、加えてジンギスカンともなれば、ヘルシーこの上無いダイエット食

それでありながら、肉を味わう充実感、その旨味と共に頂く白米もまた、ツヤッとした甘み溢れるご飯

加えて、魚の煮付けに味噌汁、更にはドリンクまでが込みで800円とあらば、十分なお値打ちランチとなりました

 

 

ただ、ここ西千葉は学生街だけに、食欲旺盛な若者に向けて

・安い

・ガッツリ肉

・量もある

の、三拍子が揃った飲食店がひしめくエリア

 

それらと差別化した上で、一層の「北海道らしさ」が味わえるランチが頂ければ、楽しみが増えそうですので

今後は更なるメニューの追加、そしてより一層がっつりしたランチメニューが加わることを期待したい、そんな初訪問となりました

 

それにしても「カラバトカレー」って、結局なんだったんだろう…

これを初対面の店主さんに、直接聞き出せるような、物怖じしない&人見知りしないハートの強さ

これを身につけることも、今後の私にとって大いなる課題となりそうです。。。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

SPROUT (スプラウト)

■ すぷらうと

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-21-7 日東不動産ビル B1F

■ 営業時間:[月~金]11:30~24:00 [土・祝]17:00~24:00

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。