スポンサードリンク

千葉県初出店!蒙古タンメン中本 船橋店に初来訪!今の混雑状況は?

間もなく2016年も終わろうとする、12月28日。

今年も様々なことがあり、また数多くの店を周り、色んなものを食べてきた・・・

 

などと1年を振り返るものの、1つだけ年内に達成しなければならない事案がある。

今年11月に満を持してオープンしたものの、その大盛況ぶりに気後れしてしまい、未だ訪れる事が出来ずにいたあの新店。

そう、千葉県内に初出店となった「蒙古タンメン中本 船橋店」である。

 

開店時にはあまりにも話題になりすぎ、ディズニーランドさながら、1時間とも2時間待ちとも言われていた混雑模様。

ちょっと亀戸あたりまで足を伸ばせば、避けられる混雑のために1時間を待つ気力はなく、これまでタイミングを見計らってきたのだが・・・

 

やはり、2016年の新店は2016年のうちに訪問しなければならず、ついに重い腰を上げ

dsc_0390

2016年12月28日、年の瀬迫る中、蒙古タンメン中本 船橋店へ行ってきました!!

 

スポンサードリンク

オープン当初は1時間待ちの蒙古タンメン中本 船橋店 現在の混雑状況、待ち時間は?

千葉県初出店となる中本が船橋にオープンした当初(11月)は、

 

 

ご覧の通り、大行列が出来る混雑ぶりを博しておりました。

が、あれから1か月とちょっと。

 

現在の中本の混雑ぶりは、というと・・・

dsc_0389

12月28日、午前11:15(開店から15分後)でこんな具合。

店前には行列は出来ておりません。

 

が、店外にこそ行列は無いものの、この時間で既に店内は全席満席。

更に、店内に列が出来ており、同時刻で約15~6名待ちとなっていました。

 

とはいえ、ラーメン店は回転が早いもの。

15名ほどの列なら、10~15分待ちで済むだろうと予測し、店内に入り食券を購入。

 

dsc_0391

中本での定番といえば、やはり蒙古タンメンor五目タンメンにミニ麻婆丼が付いてくる定食。

が、ここ船橋店では、同店限定メニューとなる「得々セット」が加えられたとのこと。

同セットは、

・味噌タンメン

・蒙古タンメン

・北極ラーメン

の3種から2品を半ラーメンサイズで頂く事が出来る、船橋店限定のセットメニュー。

 

これまで、五目蒙古まではトライしてきたものの、北極ラーメンに手を伸ばす勇気がなく断念。

中本について語る以上、一度くらいは北極を食べてみたいものの、完食できる自信は無い。

でも、通常サイズの北極を完食する勇気はないが、半ラーメンサイズであれば、なんとかなるのでは無いか?

 

といった様に、北極を食べて見はみたいものの、その赤さ加減に一歩を踏み出す勇気を持てない迷える子羊に向け、さしのべられた一縷の望み。

それが、蒙古タンメン中本 船橋店限定メニューとなる「得々セット」。

 

ならば、迷うべき事は無い。

男として生を受けたからには、年に一度位、避けては通れない戦いがあり、今がその時。

震える指が向かった先は、「得々セット」のボタンとなった。

 

スポンサードリンク

蒙古タンメン中本 船橋店限定メニューの得々セットを頼んでみた

来店と同時に入店、食券を購入し列の最後尾へ。

そこから店内の様子を眺めていると、厨房には3名、ホールには女性定員さんが1名と、規模&盛況ぶりの割に人数は少なく、最小限のスタッフさんで回している模様。

 

人数は少ないとはいえ、そこは群雄割拠を生き抜いてきた猛者達。

手際の良さは職人クラスと呼ぶにふさわしく、次から次へと入る注文をハイスピードで的確にこなしていく。

 

何より目を見張るべきは、着席から着丼までの時間。

席に着くまで、店内で15分ほどの待ち時間があるものの、事前に食券を手渡していることもあり、着席後にオーダーした品が届くまでの待ち時間は僅か2分。

結果、席に着くまでに15分待ちではあるものの、注文の品を目にするまでの合計待ち時間は、17分となった。

 

そして、我が眼前に現れた赤の魔王、

dsc_0392

味噌タンメンが赤子の様に見えるほど、太陽のように煌々と輝く北極ラーメンの赤さ。

※ 今回注文した得々セットでは、味噌タンメン、蒙古、北極の3種から2つをセレクトできるので、味噌&北極をチョイスしました。

 

まずは舌慣しとばかりに味噌タンメンを頂くと・・・

うん、久々ながら「蒙古タンメン中本」の味がしっかり伝わる美味さ。

味噌タンメンであっても、辛さ具合は☆3あるので、辛いものが苦手な人には厳しいものの、辛いもの好きにならもっと上を目指したいレベル。

 

さて・・・2016年最後の大勝負。

赤の太陽こと北極、まずはスープからすすりに行くが・・・

 

あ、ヤバい(焦)これ、油断すると吹くわ(汗)

 

両隣共に、キッチリ他のお客さんが並ぶカウンター。

こんなところで唐辛子を気管にいれてしまい、吹き出すわけにはいかない!!

 

が、少しでも開いた気管にこのスープ&麺を含んでしまったら、大惨事が起こることこの上ない。

なんとか粗相だけは起こさぬよう、水をしっかり飲んで喉を潤し、続いて麺を口に運ぶ・・・

 

よし、なんとかイケる。

口周りの感度は0に乏しく、先ほどのスープが流れ込んだ胃からは違和感を覚えるものの、食べられない辛さでは無い。

 

ただし、油断したら間違いなく気管がバーンアウトを引き起こす。

北極の一点攻めは、まだまだ素人には危険が伴うことを察知し、

味噌タン → 北極 → 味噌タン → 味噌タン → 北極 → 味噌タン → 味噌タン → 

・・・etc

 

上記のローテーションを築いてみたものの・・・一足先に味噌が終焉を迎える。

分かりきっていたこと、と言えばそれまでなのだが、ここからはいよいよ北極の一点縛り。

 

もやしと水の力を借り、なんとか北極の完食を目指すと、不思議なことに辛さは相変わらずながら、その奥にある旨味に気付き出す。

辛さを越えた先に見えてくる旨味こそが、蒙古タンメン中本の真髄であり、多くファンを虜にしている理由なのだ。

 

噴き出す汗を想定し、弱めに設定されている暖房のありがたさに気付いた頃、ついに北極(半ラーメンだが)を完食。

噂に名高い、中本の北極をついに制覇したものの・・・

次からはやはり、五目タンメンに舞い戻るくらいが、自分にとって程良い中本ライフであることを認識しました。

 

PS:

11:15に入店し、席に着いたのは11:30。

そこから2~3分でラーメンが提供され、完食したのは11:40。

食後にお店を出ると、店内だけでなく店外にも行列が出来ており、列の合計は約40名にまで膨れあがっていました。

 

開店直後となる11時前後であれば、15~20分待ちで済みますが、お昼時が近づくほどに行列が増え

30分~1時間待ちとなる人気ぶりは、新規オープンから1か月が経過した今も、健在な様子です。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

蒙古タンメン中本 船橋店

■もうこたんめん なかもと ふなばしてん

■ 住所:千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋 1F

■ 営業時間: 11:00~21:00

■ 定休日:月曜日

 

スポンサードリンク

 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。