スポンサードリンク

千葉中央の焼き肉 もろっこ 夜型に嬉しい、深夜も営業している焼き肉店

10月21日、土曜日。

この日東金アリーナでは、千葉県を代表する、あるファイターの戦いが繰り広げられておりました。

 

その名も、

『永田裕志 デビュー25周年興行「Blue Justice VII」』。

同試合のファイナルマッチにて永田は、同期入門であり盟友でもある中西学と戦い、雪崩式エクスプロイダーからのナガタロックⅡ、垂直落下式ブレーンバスターからのエクスプロイダーで見事に勝利。

 

同試合を一緒に観戦した友人と興奮冷めやらぬ中、帰宅の途に着き、千葉に戻ってきたのは22時過ぎ。

少し遅めの晩ご飯にて、深夜まで営業するお店を探した結果、立ち寄った先となるのがこちら

旧パルコの裏手にお店を構え、深夜までも営業している「焼肉 もろっこ」にて、「Blue Justice VII」の反省会をスタート。

スポンサードリンク

日曜以外は深夜まで営業中 千葉中央 焼肉もろっこ 

土曜日とは言え、チェーン店を除き0時前後で閉店するお店が多い中、こちらの「焼肉もろっこ」は日曜日意外は、朝4:00まで営業の焼き肉店。

栄町まで足を伸ばせば、24時間営業の焼き肉店も数多くあるものの、永田裕志を語り合う男二人が杯を交わすにも、この時間帯の栄町は誘惑多く、且つカオス過ぎることから、こちらのお店をセレクトした要因となります。

 

さて、ここ「もろっこ」の肉揃いですが、

まずは稀少部位の並ぶ高級ラインが一通り。

値段は張るものの、肉汁溢れる姿に想像力を掻き立てられる品々です。

 

続いて、お値段お手頃なお値打ちシリーズ。

ホルモンも並んでますが、そこまで品数が多くなく、赤肉系の方が主流の様子です。

その分、海鮮や焼き野菜シリーズが豊富に揃っていますね。

 

そして、つまみとして欲しくなる一品物もそつなくカバー。

土地柄か、深夜でも女性客の多い場所なので、サラダ類やスープ類も豊富に揃っています。

 

最後に、〆のご飯モノも多数メニューから選択可能。

珍しい所ではホタテ雑炊、鳥クッパなんて品を発見。

 

メニュー一通りに目を通した感触として、特筆して物珍しさや期待を煽る品は無いものの、深夜営業ながら高水準のお肉が頂けるお店、といった感じでしょうか。

店内の作りも、ボックス席が多く(テーブルが小さいのが難ですが)、周りを見ても男女のカップルで来店されている方が大半。

時刻も22:30に差し掛かる頃となるので、きっとこの後は・・・なんて余計な詮索をしたくなりますが、止しましょう(笑)

スポンサードリンク

リーズナブルな部位から高級ラインまで、幅広いお肉の取り揃え

メニュー一通りの確認が終わり、いよいよ焼肉スタート。

 

まずは口火の定番となる「上ネギタン塩」から頂きます。

肉の厚み、柔らかさはさすが「上」な風合いです。

ネギは別添えで提供されましたが、お肉にもお情けばかりにネギが引っ付いています。

 

続いて、頂いたのは「もろっこカルビ」となります。

店名を冠にしている商品だけに、サシの入り方がハンパありません。

価格だけで見れば、上カルビよりもワンランクアップしたお肉となるので、けっこうな稀少部位になるのではないでしょうか。

 

その外観から察する通り、脂の量もハンパなく、数枚焼いただけで早くも網が半壊状態(汗)

コイツをキレイに焼き上げるには、なかなか骨が折れました。

が、その努力の甲斐と、お値段に比例するだけの脂のウマサ、肉の柔らかさが堪能出来るカルビとなります。

ただ流石に、ここまで脂の乗ったカルビとなると、若かりし頃に比べ低下した昨今の消化能力では、ひと皿食べればもう十分。

 

という訳で、ここからは脂控えめなお肉に移ります。

まず選択したのは、お値段もお手頃な1300円となる「すき焼カルビ」。

薄切りのカルビになるのですが、これをサッと両面軽く焼き上げ

 

「すき焼」の名前通り、生卵にINして頂く品となっております。

 

生卵を絡める「すき焼風焼肉」といえば、都内に数店ある「焼肉ジャンボ」が有名ですね。

同店のメニューがメディアに取り上げられて以来、上記の様な『玉子絡め系』を提供するお店が千葉にも増えてきましたが…

こちら、もろっこに関して言えば、雰囲気を真似てみたものの、ジャンボのそれとは全く異なる、別焼肉といった感想でした。

 

脂みなぎるお肉も十分頂いたので、この辺からはおとなしめなメニューへと推移します。

まずは牛の軟骨をさっぱり塩で頂ける「ウルテ」、そしてアスパラ焼き。

どちらもソツナク美味しいものの、特筆する程のものでもありません。

とは言え、これ位の時間にツマミとして頂くにはジャストフィットな品でもあります。

 

そして、〆のスイーツならぬ〆肉には

その外観からも、肉肉しさが伝わってくるハラミをセレクトしてみました。

ただ、こちらのハラミ、漬けダレに大量のニンニクが入っており、これが肉を焼く際にやたらと焦げ付くのが難点でして。

肉質も柔らかく、赤身の旨味も下味も十分なだけに、この焦げ付きやすさだけ、どうにか出来たら有り難いのですが…

 

といった具合に、深夜営業の焼き肉店ではありながら、ゴールデン帯に営業するお店と変わらないメニューが頂けました。

気付けば時計の針も深夜1時を越えた所。

 

本日のメインテーマである「永田裕志25周年」に始まり、同大会にゲスト出演していた「TAKAみちのく」率いるKAIENTAI

更には、今週の注目イベント「2017年プロ野球ドラフト会議」や来年のチーム構想に至るまで、話題尽きない焼肉を堪能。

 

それもこれも、隣席を気にせず会話できるボックス席の構造、更には焼き肉店でありながら豊富に取り揃えられている焼酎、日本酒、ワインの相乗効果でしょう。

ひとつ道路を挟んだ先に並ぶ、ディープな焼き肉店ではなく、落ち着いた雰囲気で深夜まで焼肉を堪能したい。

そんな方にはお勧めのお店となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

焼肉もろっこ

■ やきにく もろっこ

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央2-6-3 YUSA Bldg.

■ 営業時間:[火~土]11:30~14:00 / 17:00~翌4:00  

[日・祝]11:30~15:00 / 15:00~24:00

■ 定休日:月曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。