スポンサードリンク

四街道市役所そばに8月オープン イタリアンバール GOCHI 和の素材が活きたパスタランチ

LINEで送る
Pocket

今日と同じ、台風一過となった先週月曜日のこと。

この日は四街道方面に所用があり、好天の中をドライブがてら、六方町の「麺やだいご」に寄ろうとしたものの、臨時休業とぶつかり敢えなく撃沈。

 

仕方なく先に用件を済ませ、四街道で最近人気を博している「麺屋堂々」を訪れて見たものの、今度は月曜定休にぶつかり二度目の撃沈。

僅か数十分の間に2連敗を喰らうと、さすがにラーメン熱も冷めてしまい、知人に

「なにか近所でお勧めのランチは無いものか?」

と尋ねた所、お勧めされたのがこちらのお店。

四街道市役所のすぐ向かい、市内でも人気の居酒屋「かわらや」の隣に、今年8月オープンしたばかりの新店、「GOCHI!」というイタリアンバル。

という訳で、この日は四街道に新しくオープンしたイタリアンバルにてランチを頂くものとなりました。

スポンサーリンク

四街道市役所すぐ近くに8月オープン、イタリアンバール GOCHI

前述した通り、今年の8月にオープンしたばかりとなる、イタリアンバル GOCHI。

以前はお蕎麦屋さんだったテナントを改装しオープンしたお店なのですが、その内装は蕎麦屋の雰囲気を微塵も感じさせない、カジュアルイタリアンな造りとなります。

 

全席お揃いのテーブルで統一され、バルというかイタリアの定食屋さんの様な雰囲気を持つお店。

奥には3席程のボックス席も用意されているので、家族連れだけで無く、ちょっとしたデート等にも活用できる、普段使いしやすい雰囲気。

 

ではメニューの方はと言うと、

ランチで提供されているのは、3種のパスタからお好みの一品を選ぶセット。

 

パスタは日替わりになっている様で、この日提供されていたのは

・秋刀魚と小松菜のペペロンチーノ

・林豚とごぼうのトマトソース

・ベーコンとキノコのクリームソース

以上3種のパスタとなっております。

 

上記以外に、テイクアウトも可能なピザ、更には通常のランチセットに+500円で頂ける

ボルチーニのトマトクリームといった品も。

 

どれも珍しいパスタとなり、気になる所ですが、きのこアレルギーを持つ私は自動的にキノコ類をシャットダウン。

結果、きのこを含まないことが予想される

「秋刀魚と小松菜のペペロンチーノ」

をオーダーしてみることにしました。

スポンサーリンク

定番イタリアンに和の素材が活きた、技術の高さを感じるパスタランチ

パスタソースはどれも定番なものであるのに、それぞれに含まれる具材は

・秋刀魚(&小松菜) ・ごぼう(&林豚)

などなど、パスタには珍しい、和の素材が使われている所が特徴的なイタリアンバル、GOCHI。

 

土地柄か、ご年配のお客さんが多い事を配慮してのメニュー構成なのかも知れませんね。

実際この日のランチにて、私の隣席で食事していたお客さんも、高齢の男性二人組。

私の後に入店した3人組も、6~70代と思われるご夫婦、そして娘さんといったご家族。

 

市役所付近には大型マンションが出来ており、若いご家庭の転居が増えてきているとは言え、やはり昔ながらの土地持ちで済んでいる方が多い地域。

その地域に根ざしてお店をやっていくのなら、そこで受け入れられる素材を使っているあたりから、シェフの創意工夫が感じられました。

 

そんなことを考えている間に、まずはセットのサラダが登場。

見ての通り、セットのサラダではあるものの、中々のサイズ感です。

レタスや葉物野菜が中心になるのですが、その登頂に盛り付けられているのは、なんと素揚げされたごぼうの千切り。

これが、揚げたパスタの様な食感ながら、ごぼうならではの繊維質や独特な風味を出しており、実に面白いトッピングになっています。

ドレッシングも、人参をベースにしたものと思われるのですが、酸味もさながら甘みが高く、実に手の込んだ美味しいドレッシングとなっていました。

 

サラダ1つ取っても期待値を上回る味&素材&外観で提供され、パスタに対する期待値も高まる頃。

いよいよ、今日の本丸となる「秋刀魚と小松菜のペペロンチーノ」が到着しました。

焼きや刺身ならともかく、小骨が多くパスタとの相性に疑問を感じていた秋刀魚ですが、まさかの切り身?としてパスタに登場。

共に盛り付けられている小松菜、ネギが色彩を豊かにし、ニンニクの香りと共に食欲をそそります。

 

それでは早速、パスタから一口。

こちらの麺は乾麺となるのですが、わずかな芯を残す見事な仕上がりのアルデンテ。

パスタソースも美しいばかりに乳化しており、しっかりとパスタに絡み、ニンニクとオリーブオイルの旨味が伝わってきます。

 

続いて、この皿の主役と呼ぶべき品、秋刀魚を頂いてみます。

青魚特有の生臭さは感じないものの、旬の魚らしい脂の旨味はぎっしり。

 

一口食べて、疑問に感じたのですが、この秋刀魚、身はふっくらしていながら、小骨を一切感じません。

例え圧力鍋で火入れをしたとして、あれだけの数ある骨を感じさせないことなど不可能でしょうが、このパスタに盛られている秋刀魚には、小骨が1つも見当たらないのです。

パスタに投入されるまで、どんな調理工程を歩んできているのか全く分らないのですが、小骨を感じさせないことにより、一層パスタとも絡みやすく、他の食材には無い秋刀魚特有の旨味が見事、パスタとの一体化を産み出しておりました。

 

サラダに使用されていたごぼう、1つとして小骨を感じない秋刀魚。

どちらも秋を代表する和の食材でありながら、ここ「GOCHI」のシェフの手によって、見事なまでにイタリアンの食材へと変貌しておりました。

こちらのランチパスタは日替わりで提供されているとの事なので、場所柄から定期的な訪問は難しいものの、季節毎の食材をあしらったパスタを食べてみたくなる、そんな良店を発見することができました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

イタリアンバール GOCHI

■ いたりあんばーる ごち

■ 住所:千葉県四街道市鹿渡933-21 ハイルーツビル1階

■ 営業時間:11:00〜15:00 / 17:00〜22:00

■ 定休日:不定休

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。