スポンサードリンク

千葉寺に2月オープン、ジ オールドマンズ カフェ パテ190gの豪快なハンバーガー

スポンサーリンク

4月とは思えない暖かさ、快晴に包まれた土曜日。

せっかくの好天・・・ということで、子供を連れて泉自然公園へ花見に。

 

子供は適当に遊ばせつつ、私の方は泉自然公園のキッチンカーに期待を寄せてみたものの、

「これぞキッチンカー!」を感じられるお店には出くわせず、帰宅の途へ…

 

このまま帰宅するのも癪に感じ、帰りの道中、千葉寺に新しいカフェがオープンしたことを思い出し、

今年の2月にオープンしたばかりながら、豪快なハンバーガーを提供していると噂の

「The old man`s Cafe(ジ オールドマンズ カフェ)」へ初訪問してみました。

スポンサーリンク

2月に千葉寺へオープンしたての新しいカフェ ジ オールドマンズ カフェ

千葉寺駅から徒歩数分ながら、住宅地エリアと少し分りづらい位置にお店を構える、ジ オールドマンズ カフェ(The old man`s Cafe)。

お店の入り口前に駐車スペースがありますが、車一台分と手狭になっているため、同駐車場が埋まっている際は、近隣のコインパーキングを利用するものとなりそうです。

ちなみに、最寄りの駐車場となるのは、千葉寺駅前にあるりブレ京成の駐車場となりそうです。

 

この日の訪問時刻は、14時頃。

土曜日とは言え、お昼のピークを過ぎているからか、店内の先客は1組のみ。

 

店内入ってすぐにテーブル席がありますが、その奥にはカウンター席と、カフェにしては珍しい、畳の小上がり席も用意されています。

ハンバーグをメインにしたカフェとしては珍しい作りながら、節々にセンスを感じるオシャレな造りでもあります。

 

さてさて、メニューの方ですが、こちらはカフェらしく

・サンドイッチ

・ハンバーガー

を主軸に据えたラインナップとなっております。

カフェの定番以外にも、

・タコライス

・フレンチトースト

・ミートソーススパゲッティ

(この日は、上2品の提供がお休みとなっていました)

などの提供がある模様ですが、テキストによる表記のみでは、今ひとつイメージが入ってこず…

 

その他、店内のPOPには

おかずパンと称された枠組みにて、

・タマゴパン

・ツナパン

・ミートドッグ

などの記載があるのですが、こちらもやはりテキストによる説明のみ。

前述したメニューに比べ、価格が安いことから小ぶりなのでしょうが、見た目でのサイズ感が伝わらないと、どう組み合わせてみれば良いのか悩みます。

 

そしてもういっちょ、

お店の雰囲気を壊さぬべく、英文を織り交ぜオシャレに説明される、こちらのメインメニュー。

所々に気を惹くフレーズが飛び込んでくるものの・・・英語推しではイメージが伝わって来ず。

 

せめて写真でもあれば・・・と、オシャレなお店を見る度、常々感じているのですが・・・

こういったオシャカフェを巡りが好きな層は、英文テキストから商品をイメージする想像力が備わっているのでしょうか。

テキスト調のメニューから作り手の意志を読み取り、眼前に現れるランチを想像するスキルが、私にはまだ足りていない様です…

スポンサーリンク

190gの巨大パテがウリ 看板メニューのオールドマンズバーガーセットをオーダー

メニューにいくら目を通しても、商品のイメージが全く浮かばない以上、これは頼む以外に術は無い

と、いい加減に見切りを付け、ひとまずはお店の看板メニューとされる「オールドマンズバーガー」をセットにて注文してみることに。

また、同伴していたかみさんの方はタコライスを、こちらも同じくセットにて注文する流れとなりました。

 

注文を終え、再度メニューを眺めながら、何がどう提供されているのかを学習するも、やはり分りづらい。

スペースに対する情報量が多すぎるのが原因なのか、やはりイメージ画が無い事がいけないのか。

メニューを良く見ると、カレーなども提供されていたりと、実は品数も豊富だというのに、その辺が伝わって来ないことに勿体なさを感じてしまいます。

 

そんなこんなをブツブツ呟く間に、まずはスープから。

コンソメベースのスープではあるのですが、サラダかと見間違える程、とにかく野菜がたっぷり。

玉ねぎ、人参、大根、ジャガイモ、そして・・・エノキなどなど、温野菜がたっぷり詰まっており、また野菜から染み出た旨味も十二分に備わっているスープとなります。

※ ちなみに、スープ右上にある「お猪口」はお水と、細かい所まで拘ってます。

 

スープから遅れること1~2分、同じくセットメニューの

サラダ&アイスコーヒーが到着致しました。

レタス、水菜、トマトと、一見普通のサラダではありますが、やっぱり普通じゃ収まりません。

スポンサーリンク

葉物野菜のみずみずしさ、シャキシャキ感はハンパなく、ドレッシングも手抜き無し。

 

それよりなにより、トマトの美味さが衝撃的です。

昨今、トマト=甘いを押し出しすぎてか、甘みにばかり感化した末、食感の悪いトマトが増えている中、こちらのトマトは甘さこそ抑えめながら、食感が最高。

硬すぎず柔すぎない、皮部分の絶妙な食感が活きており、みずみずしさも感じられ、久々に「美味い!」と公言できるトマトです。

 

サラダとコーヒーの美味さに、早くも喜びを隠し得なくなった所へ、一足先にタコライスが到着。

写真では伝わらないこの感動…

お洒落なカフェのタコライス、だというのに、とにかくデカいのです(笑)

 

スプーンの大きさから対比すると、そこまでのデカさには見えないかも知れません。

が、実はこのスプーンからして、ちょっとしたお玉のようなサイズ。

そして丼は、ラーメン丼とほぼ同等のデカさ。

 

そこにたっぷり入ったご飯、挽き肉、野菜達。

女子ウケするオシャレなカフェが提供する「タコライス」とは相当隔たりがあるボリュームにて出現となりました。

 

もちろん、デカさだけに留まりません。

前述したサラダ同様、新鮮でみずみずしく歯ごたえ良い野菜は健在。

タコライスの象徴とも言うべき挽き肉も、辛さは控えめながら甘みが強く、新鮮な野菜の旨味を引き立てています。

 

そういえば、サイドメニュー?に「ミートドッグ」とかあったけど、あれの中身ってこの挽き肉なんでしょうか?

だとしたら・・・お値打ちな美味さを誇る一品になりそうな予感ですね。

 

・・・と、かみさんが注文したタコライスを我先にとつまんでいる間に、本命のお出ましです。

パテのみでも190gの重量を誇る、お店の看板メニュー

「オールドマンズバーガー」となります。

 

まず、度肝を抜かれたのが、大ぶりなパテをも凌駕するインパクトを与えてきた、玉ねぎの存在です。

注文時に「玉ねぎはどうしますか?」と聞かれ、何も考えず『あー、入れて下さい』と答えたものの….

まさか、ここまでメガサイズの玉ねぎで現れつつ、玉ねぎが広がる姿たるや、お殿様のお戯れ状態。

お昼の真っ只中、しかも新興住宅ひしめく千葉寺の片隅に、こんな卑猥な玉ねぎを発見するとは、夢にも思いませんでした。

 

かなりの分厚さを誇るハンバーガーとなるので、提供時にバーガー袋を頂いたのですが・・・入れられない(笑)

デカすぎる玉ねぎがパテの上をスベりまくり、どうにも服従させることが出来ないのです。

ここは玉ねぎに一旦席を外して貰い、バンズとパテのみをバーガー袋に入れて頂いてみることに。

 

ほんのり焼かれたバンズのサクッとした食感、次には甘辛いソース、そして・・・肉肉しいパテ。

いわゆる肉汁系ではなく、荒々しい肉の食感が強いパテとなっており、それ故にソースの強さに負けない、肉本来の味わいが伝わってきます。

そんなパテを支えているバンズも、パリッとした食感に香ばしさが相まっており、しっかり濃厚なソースを受け止めきっています。

 

続いてもう一口進めると、今度はソースが豹変。

どうやらこのバーガーには、2種類のソースが使われており、初見はいわゆるトマトがベースなBBQソース寄りの味わいながら、二口目に飛び出てきたソースはサワークリーム系となっています。

普段、ハンバーガーのソースにサワークリームなど頂くことが無いからか、斬新かつ衝撃的、それで居ながらパテ&バンズとのシンクロ率も最高。

シンプルに分りやすいトマトベースより、むしろこのサワークリームにハマりそうです。

 

さらに、この日はセットでの注文となった為、食後には

ドッシリしたソフトクリームまでがご提供。

 

お店のスタッフさん(奥様?)曰く

「ソフトクリームは絶対に食べて欲しいんです」

とのことだったので、普段頂く事ないスイーツまでをセットにしてみました。

 

絶対に食べて欲しい、の言葉に嘘偽り無く、とにかく牛乳が濃厚。

それでいながら、甘ったるいしつこさは無く、初夏の暑さを忘れさせてくれる、爽やかな口当たりです。

・・・まあ、普段スイーツを食べ比べていない故に、説明するだけの引き出しが見当たらないのですが、単品なら450円するソフトクリームが、ランチセットなら+200円で頂けるのですから、これもまたお値打ち商品と言えそうですね。

 

ボリュームもさることながら、ソースやバンズに至るまで、計算された完成度の高い、オールドマンズバーガー。

しっかりメニューを読んでみると、これにチーズやベーコン、野菜等のトッピングも可能となるとのこと。

まだまだ未開の味わいを、多数頂けそうな新店の発見となりました。

 

惜しむらくは・・・・メニューの見づらさ、だけですね(←しつこいw)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

The old man`s Cafe

■ ジ オールドマンズ カフェ

■ 住所:千葉県千葉市中央区千葉寺町973-2

■ 営業時間:[火〜金]12:00〜15:00 / 17:30〜22:00[土・日・祝]9:30〜20:00

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク


スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。