スポンサードリンク

千葉中央駅前、rix’s cafe(リックスカフェ)で優雅?な、パスタランチ

最低気温が半世紀ぶりに記録を更新したなど、10月とは思えない、涼しいを通り越し寒さすら感じた、先週のこと。

記録的な冷え込みの影響からか、はてまた連日、真面目に仕事へ打ち込みすぎた影響からか、この日の前日よりとにかく腰が痛い。

 

ここまで凝り固まった腰痛を癒やすには、普通のマッサージでは心許なく、ワンランク上の癒やしを得るべく、千葉中央駅近くにある「リンパマッサージ」を予約することに。

同予約の時間まで30分強の空き時間が出来たので、同マッサージ店の入るビルの1F、

京成千葉中央駅の真向かいに位置する「rix’s cafe(リックスカフェ)」でランチを頂きました。

スポンサーリンク

打ちっぱなしなコンクリートに開放感ある窓、今時カフェな雰囲気溢れるrix’s cafe

千葉中央駅の真ん前ながら、rix’s cafeのある新宿エリアは閑静な住宅街。

雑居ビルや飲食店、ネオンが立ち並ぶ富士見町側と比べ、異世界の様な静けさが漂う同エリアでも、随一の「オシャレ度合い」で呼び声高いカフェとなるのが、こちらrix’s cafe。

 

ビル自体は築年数も長く、決して新しくは無いものの、木目調で統一された外装に始まり、

店内外からも開放感が伝わる、大きな窓。

晴天時にはテラス席も設けられており、道路を挟んだ向かいの公園の緑も相まって、ここが千葉であることを忘れさせてくれます。

 

そんなオシャレカフェのランチも当然、洒落ており、

日替わりのパスタが

・イワシとキノコの柚子胡椒

・アンチョビトマトソース

・向きアサリとほうれん草のクリームパスタ

以上の3種類が提供されています。

 

日替わりのパスタ以外にも、

・サラダ&パンのランチ

・トマトチキンカレー

・クリーミーカレー鍋焼きうどん

・白いビーフストロガノフ

などが、この日のランチには並んでおりました。

 

また、週末限定になりますが

「大人のお子様ランチ」

という、名前だけでも胃酸の働きが活発になりそうな品も。

 

とは言え残念ながら、この日は週の真ん中水曜日。

という訳で、真ん中もっこりな「アサリとほうれん草のクリームパスタ」をオーダーすることとしました。

スポンサーリンク

日替わりランチよりアサリとほうれん草のクリームパスタをオーダー

こちらのrix’s cafeへ、ランチで訪問したのは実に2~3年ぶりとなります。

 

オシャレ過ぎるカフェ、というお店の雰囲気に加え、天気の良い日には、表に建ち並ぶテラス席。

そんな優雅な雰囲気に包まれ、ランチの一時を過ごすことが許されるのは、意識高い系女子のみ。

事実、週末の同店のランチと言えば、20~30代の女性比率95%。

 

そんな優雅なカフェに、私の様な「尿酸値高い系男子」が足を踏み入れるには敷居が高く、訪問のチャンスはあれども、入店には至らず気付けば数年が経過。

この日はたまたま、同ビル内のマッサージを予約していた為、気恥ずかしさよりも利便性が勝り入店するに至った次第です。

ちなみに、開店後しばらく経過した11:20に入店したのですが、悪天候の影響からか先客もおらず、気恥ずかしさを感じる心配もなく、胸を張ってランチをオーダー。

 

注文から待つこと10分程で、ランチプレートが到着。

日替わりパスタよりセレクトした、

「アサリとほうれん草のクリームパスタ」

に加え、ドリンク、サラダ、そしてスープ。

全4品が付いたランチの価格はジャスト1000円となります。

 

まずは、血糖値の急激な上昇を抑えるべくサラダより。

この日のドレッシングはブルーチーズ系。

決して好きなテイストではありませんが、そこまで臭みも強くなく、食べやすい風味になっています。

野菜の方も、みずみずしく新鮮ながら、余計な水分は抜けており、シャキッと美味しく頂けます。

ただ、コーン多めのサラダだけに、パスタ用のフォークでは食べづらさを感じたのが難点です。

 

続いてスープですが、トマトベースの中にタップリと豆類が。

何豆かと聞かれ、回答できる程、豆に対する知識はありませんが、とにかく豆。

良く分りませんが、きっとこれも、ヘルシー志向の女性から支持されるんじゃないでしょうか。

 

そしてここからは、本チャンとなるパスタに挑みます。

麺は乾麺と思われますが、中心にわずか芯を残すアルデンテでしっかり茹で上がってますね。

塩加減も程良く、クリームソースの味付けも文句なし。

 

何よりこの決め手は、タップリ盛られたアサリでしょう。

アサリのパスタと言えば一般的にはボンゴレでしょうが、まさかのクリームとコラボ。

唯一の欠点である「貝」の食べづらさを克服すべく、むき身で盛られている辺りからも、女性への配慮が感じられます。

 

コンクリート打ちっぱなしの店内に、大きな窓ガラスをあしらい天井も高く、開放感溢れるカフェでのランチ。

まあ、その風貌からも察する通り、男性が満足できるボリュームには至りませんが、オシャレなカフェランチなのにジャスト1000円、という価格帯を考えればシックリくるどころか、満足度は高めに思います。

 

そもそも、こちらの店名は「rix’s cafe」な訳ですから、食後にケーキ等を頂きながらコーヒーをたしなみ、会話に花を咲かせる、というのが正しい利用法。

勢いよくパスタをほおばり、颯爽とお店を後にする(マッサージの予約が迫っていたので)。

といった活用法からして無粋な訳ですから、rix’s cafeの本領を100%味わったとは言い難いものの、「意識高い系女子」気分を味わう、優雅なひと時を堪能させてもらいました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

rix’s cafe

■ りっくすかふぇ

■ 住所:千葉県千葉市中央区新宿2-2-5 一藤ビル1F

■ 営業時間:[ランチ]11:00~14:30[カフェ]14:30~17:00[ディナー]17:00~24:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。