スポンサードリンク

ご飯だけじゃない! 穴川の人気アジアン料理店 BAGOOSは2大人気ヌードルも凄かった!

タイやベトナム、インドネシアを中心としたアジアン料理

と聞いて思い浮かぶ代表となるのは、カレーにナシゴレン、ガパオライスなどなど・・

 

いずれにしても、ご飯モノが思い浮かぶイメージがある一方、

アジアン料理にも、フォーを代表に様々な麺類が・・・

 

あるにはあるけど、日本の蕎麦やうどん、ラーメン、イタリアンのパスタなどに比べると、どうしても頭1つ抜けきらない感が、私の中にありました。

しかし、そのイメージを覆す「アジアンならではのヌードル」を

こちら稲毛区役所向かいにある、人気アジアン料理店「バグース (BAGOOS)」にて堪能させて頂きました。

スポンサードリンク

リピート率NO1の声にも納得、クセになる旨味&辛味の詰まったインドネシア風ミルク麺

国道16号と14号を結ぶ幹線道路沿い、稲毛区役所向かいに位置する人気アジアンレストラン、バグース (BAGOOS)。

開店から10年の老舗ながら、私がこのお店を知ったのは、恥ずかしながら今年に入ってからのこと。

 

とは言え、それ以来すっかりバグースの虜となってしまい、最近はアジアン料理が食べたい=バグースが思い浮かぶ程になりました。

で、こちらのランチメニューはと言うと、過去にも紹介しているのですが、

参照:稲毛区役所向かいの隠れ名店 アジアごはん BAGOOSのウマ辛アジアンなオムライス ⇒

この通り、ご飯モノが人気の中心となっており、私もこれまでに多数のアジアンご飯を頂いてきました。

 

ですが、同店のランチはご飯だけに留まっておらず、麺類も実は多数の取り揃えが。

という訳で、全5品とどれも魅力的ではあるものの、

バグースの麺類メニューの中でも「リピート率NO1」と名高い品、

その名前からでは、全く味の想像が付かない

「インドネシア風ミルク麺」を選んでみることにしました。

 

さて、普段とうって変わってスピーディーな展開となるのですが、

こちらが、バグースの麺類の中でもリピート率NO1の品

「インドネシア風ミルク麺」となります。

 

その外観からは「THE アジアンヌードル」といった風合いを感じますね。

立ちこめる香りからはココナッツミルクの甘い匂いが漂い、東南アジアの風を感じます。

※ 東南アジアには行ったことがありません。

 

こちらの品、パクチー抜きが出来るとのことでしたが、今回は敢えてパクチー入りで注文。

というのも、パクチー自体は苦手であるものの、こういった麺類の場合、スープにパクチーが入ることで完成形に至るのでは・・?

という勝手な思い込みより、パクチーアリを頂いてみることにしました。

ではまず、スープから一口。

甘く香るココナッツミルクの匂いからは想像出来ない、パンチある辛みがグッと押し寄せてきます(汗)

まず一口で「ハウッ!!」となる辛さが押し寄せるものの、その辛味は打ち寄せる波の様にサッと引き、後に残るのはエビの旨味とココナッツの甘み。

 

甘さと辛さ、双頭の刺激が際立つスープではありますが、この主役は紛れもなく海老。

濃厚な旨味を蓄え、スープ内にペースト状にて広がっている海老の旨味が、スパイスやココナッツミルクでは賄えない「旨味」の中心にドッカリ鎮座しています。

 

このスープをしっかりと吸い上げた具材達も、当然ながら旨味の塊そのもの。

海老出汁をしっかりその身に蓄え、濃厚ながら上品な味わいに仕上がっています。

 

これらの旨味を身に纏った麺も、甘さと辛さの双方に挟まれつつ、互いを上手いこと吸い上げていきます。

良い意味で、辛さと甘さの融合が不十分なのか、口に入れる度に、微妙なバランスの違いを楽しむことが出来るのも特徴の1つですね。

麺をすする度、微妙に異なる味わいを楽しめるこのスープは、確かにリピート率NO1であることに納得出来る完成度の高さを誇っております!!

パスタの常識を覆す、日本人好みの旨さが爆発! 牡蠣のアラビアータ

さて、普段と違うスピーディーな展開で「インドネシア風ミルク麺」を紹介したのですが・・

その理由というのも、実はもう一品、あわせて紹介したい品があったからでして。

 

先ほどご紹介した「ヌードル」と双璧を成す、バグースのランチメニュー、もう一つの麺類

それがこちら「パスタ」となるのです。

スポンサードリンク

パスタと言えば、今更私が説明する必要などない、イタリアンの代表食。

アジアン料理を専門とするバグースに於いては、本来なら門外漢とも言える麺類になる筈。

 

ですが、ここバグースのランチメニューには、多数のパスタが取りそろっております。

しかも、そのメニュー構成は地中海の風を全く感じない、香辛料と東南アジアの風が吹き荒れるパスタばかり。

 

アジアン料理のスパイス、香辛料とパスタの組み合わせなど、いかがなものか??

と、当初は疑問を感じていたものの、その誘惑に晒された結果、ついに先日その禁断の門を開いてみることにしました。

 

期待と不安、両者が入り交じる中で注文した「アジアンなパスタ」がこちら

バグースのパスタメニューでも、人気NO1にランクインする

「広島産牡蠣の鉄板トマトアラビアータ」となります。

 

写真からでも伝わる、バッチバチに熱された鉄板、一面に広がる真っ赤なソース。

その上に身を投げるは、中華麺でも、フォーでもなく、紛れもない「パスタ」となります。

 

アツアツの鉄板に盛られて提供されるパスタ、と言えばそう。

昭和の香り漂う喫茶店の「ナポリタン」を彷彿とさせるビジュアル・・・

 

ですが、その実態は全く以て非なるもの。

アツアツのパスタを少しずつ、口に運んでいくと、口内へ一気に広がるトマトの旨味。

しかし、それを追随し即追い抜く速さで、とうがらしをメインにした劇的な辛味と、牡蠣の出汁を中心に添えた磯の旨味が溢れてきます。

 

さらにこのソースには、生クリームに代わってココナッツミルクが使われているなど、アジアン要素も詰まっているものの・・・

このソースが持つ味の深みについて、私の持つボキャブラリーでは、どの様に説明すべきか引き出しが見当たらない程。

ですが、食べてみれば分ります、これはパスタではあるものの、その実態は紛れもなく「東南アジアの味」である事が。

 

続いてパスタの方ですが、こちらはモチモチした麺が使われており、アジアンな風味ではあるものの、歴としたイタリアンを感じます。

ですが、アツアツの内こそモチモチ食感一辺倒ながら、鉄板の熱が加わるにつれ、ソースに浸った後半のパスタには、カリッとした食感が追加されて来ます。

徐々に食感のアクセントが代わるこの感じは、イタリアンでも無ければ、ましてやアジアンでも無い。

 

敢えて例えるなら、そう、ジャパニーズパスタこと、喫茶店のナポリタンそのものなのです。

アジアンとイタリアンを融合したパスタではあるものの、その2つが結びついた先に生まれたのは、牡蠣から染み出る磯の風味と、鉄板の熱で火を通されたパスタから織り成す、ジャパニーズパスタに降り立つものとなりました。

 

ラーメンでも唸らされ、更にはパスタにも唸らされるバグース (BAGOOS)。

アジアン料理 = やっぱりご飯、という私のイメージはもろくも崩れ去ると共に、結局美味いお店は、何を出しても美味いよね、とあらためて感心させられるものとなりました。

 

PS:冬季限定メニューも始まってまして、

 

今回、一緒に行ったかみさんが、上記限定メニューより

「牛すね肉と野菜のスープ煮込み」を注文してみました。

ホロッホロに柔らかく煮込まれたすね肉は、ビーフシチューを彷彿とさせるものの、その味付けはさすがのアジアン!!

先ほどのアラビアータに比べれば、だいぶマイルドな辛みにはなっているものの、その分、複雑なまでに様々なスパイスが加わっております。

ハーブの香りも豊かな上、具沢山なスープとなっているので、ご飯なしでも十分お腹いっぱいになるボリュームだったとか。

 

そんな訳で、こちらの余ったご飯を頂き、アラビアータのソースと一緒に食べてみたのですが・・・

これがまた、激ウマでして(笑)

先ほどのアラビアータですが、パスタを食べ干しソースが残る様なら、ぜひご飯と一緒に頂くことをお勧めします。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

バグース (BAGOOS)

■ ばぐーす

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-4-4 リヴファームANAGAWA 1F

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~21:30

■ 定休日:日曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。