スポンサードリンク

幕張の人気中華、芳葉 フォトジェニックなチャーハンは可能性も無限大だったw

LINEで送る
Pocket

12月も後半へと突入し、町は当然ながらクリスマスムード一色。

当然、我が家にも間もなくクリスマスが押し寄せており、この日は我が子へのサンタクロースを担うべく、幕張イオンのトイザらスまで仕入れへ。

 

トイザらスであれば、蘇我でも長沼でも事足りる所を、敢えて幕張まで足を伸ばしたことには、当然ながら「別の目的」が存在します。

そう、以前より気になっていた、「JR幕張駅ちかくの町中華」こと「芳葉」への訪問を目的とした、幕張行きなのです。

 

という訳で、イオンへ向かうよりも先に、まずはJR幕張駅の方へ。

駅周辺にはコインパーキングが多数あるものの、どれも銀行等との提携駐車場となり、お値段が張るのがネックではありますが、目的の為にもここは我慢。

JR幕張駅を背に、14号方面へ向かうと、ローカルな町並みこと「幕張銀座通り」なる看板を発見。

こちらの商店街一覧に・・・あったぞ目的のお店、芳葉が。

 

商店街入り口から1~2分程進んだところとなる、

町中華風ではあるものの、どこかシックでオシャレな佇まい。

こちら「芳葉」で本日のランチを頂いてみます。

スポンサーリンク

JR幕張駅から徒歩5分、芳葉 地元の人気中華料理店ながら、アイディアの詰まったメニューが多数!

到着時刻は11:35頃となり、開店から数分が経過。

まだ開店間もない時刻ではありますが、すでに店内の7割にお客さんが入っており、早くも人気ぶりがうかがえます。

 

なお、店舗は入り口のある左手建物だけでなく、連なる右手側のテナントも「芳葉」になっております。

外から見ると、左手側のみがお店になっているのですが、いざ店内に入ると右手側も「芳葉」となり、店内は広々しています。

 

では、気になるメニューですが

これぞ町中華!!

と呼ぶふさわしいメニューの多さが、まず目につきます。

 

町の中華屋さんならではの定番メニューが続いているもの、良く目を凝らすと

・ザーサイメン

・じゃじゃめん

・ミルクたんめん

・ペペロンらーめん

・芳葉めん

など、一瞬手が止まり、想像を膨らませても追いつかないメニューが多数。

 

もちろん、麺類だけに留まらず

・納豆と挽き肉の炒飯

・EXドライカレー

・冷しゃぶサラダ丼

・芳葉肉飯

などご飯モノにも、小憎たらしい程に魅力的なメニューが並んでおります。

 

メニューの豊富さは、上記だけに留まらず一品物にも派生。

麺類、ご飯モノメニューに比べると、想像を刺激される珍しさはありませんが、ちょっとつまみたい一品からお酒のお供まで広い品揃えが。

また、お勧めメニューで組まれた1~9番までのスターティングメンバーを見ていると、1~9番まで順に討ち取りたい食欲に駆られてしまいます。

 

これだけ充実した品揃えであるにも関わらず、私が「芳葉」を長らく気に掛けてきた最大の理由はこちら。

吉本所属芸人「グランジ」考案の辛々愚羅児麺・・・も気になるのですが、その隣り。

「富士山チャーハン」こそが、長らく私が「芳葉」への訪問を夢見てきたきっかけとなるのです。

スポンサーリンク

数々の魅力的なメニューを押しのけ、思慮に思慮を重ねて「富士山チャーハン」を注文

という訳で、この日の注文は訪問を前にしながら一点突破を心がけていた「富士山チャーハン」に。

ところが、またしてもここで悩みが勃発….

 

というのも、こちらの「富士山チャーハン」という品は、チャーハンの中心部に「芳葉」のおかずメニューをトッピングした、夢の様なチャーハンとなるのです。

そして、トッピングできるメニューの種類は・・・・まさかの、全おかずメニューより好きなものを選ぶことが可能とのこと。

 

1番から9番まで、全打者を打ち取りたい欲求に駆られる程、魅力の渦に飲み込まれているというのに、更にその中から1品を指名せよ、との所業。

レバニラ、回鍋肉とチャーハンの共演も楽しみながら、あんかけ系をトッピングし、二種のチャーハンを味わうも捨てがたい。

または、甘酢系のおかずをトッピングし、途中で味変できるチャーハンなんて、まるで貴族じゃないか…

 

結局、独力によるピンポイント指名は諦めるものとして、

お店のお勧めでもある「揚豚肉と野菜のあんかけ」をトッピングした「富士山チャーハン」を注文するものとなりました。

 

数ある選択肢から、1品を選ぶことを諦めたとは言え、なんたる画ヂカラ!!

山のごとしくみ上げられたチャーハンも圧巻ながら、山頂より沸き上がる豚肉&あんかけが、また見事に食欲をそそる演出を果たしております。

 

崩すことが勿体ない程、美しく組み上げられた富士山ですが、食欲にはあらがえず、容赦なくスプーンを一差し。

まずはチャーハン単体を頂いてみると、パラッとした食感に加え、一般のチャーハンよりも気持ち固めな歯触り。

味付け自体は塩、コショウ、そして卵とシンプルに仕上がっていますが、パラッパラに油を纏ったお米より香ばしさも感じられます。

 

チャーハン単体では、気持ち薄味にも感じますが、それは当然、火口に眠るおかずとの相乗あっての品だからでしょう。

という訳で、続いては「豚肉&あんかけ」と一緒にチャーハンを頂きます。

 

優しい塩味ながら、野菜の旨味がたっぷり染み出たあんかけ。

そして、餡によるシットリ感と、カリッとした衣、2つの味わいが楽しめる豚肉。

これら全てを身に纏って再降臨するチャーハン、言わずもがな「美味い」に決まっています。

 

ボリュームもさながら、様々な具材や餡との組み合わせで、スプーンを進める度に異なる味わいが楽しめる。

これこそ「富士山チャーハン」最大の楽しみ方と言えます。

加えて、トッピングできる具材が多彩な訳ですから、1週間と言わず1か月2ヵ月であっても、連続で通い続けられそうな、飽きを感じない一品でした。

 

ちなみに、「芳葉」ではもう一つお勧めの品として紹介されていたのがこちら。

町中華と言えば、やっぱり欠かせない「焼き餃子」となります。

具材には8:2程の割合で野菜が多めに入っており、甘さがしっかり染み出ています。

 

肉汁が爆発する、いわゆるオカズ系餃子と言うよりは、サイドメニューで摘まみたい一品、そんな風合いですね。

ちなみに、こちらの餃子は、「焼き」だけでなく、揚餃子、水餃子といったアレンジも可能とのこと。

個人的には、揚げ餃子を食べてみたい気になりました。

 

なお、この日はトイザらスへの買い物がてらの立ち寄り、ということでかみさんを同伴。

一緒にいたかみさんが注文したのは

 

グランジが考案した「辛々愚羅児麺」を、ご飯ものへのアレンジした「グランジライス」となります。

 

ご飯の上にたっぷり掛かるスープは、正にタンタンメンそのもの。

たっぷり投入されたピーナツペーストが甘く香るこちらのご飯。

その甘さ故に、ご飯との相性はいかがなものか・・・?

 

と、スプーンを進める1口、2口は、ピーナツの甘さが先走り、なんとも言えない味わい…

なのですが、3口、4口と進めるにつれ、ピーナツを飛び越え、唐辛子と豆板醤の辛味がオフェンスへ一気に参加。

 

食べ進めていく間に、気付けばオフェンスメンバーが入れ替わる、高速サイドチェンジの様な味変に襲われ

「あれ・・・これってさっき食べてたのと同じご飯・・・か?」

という不思議な感覚に陥られます。

 

私は数口、頂いてつまんだ程度ではありましたが、最後まで完食したかみさん曰く

「過去に食べたことの無い、でもクセになる辛さだった」

とのこと。

 

富士山チャーハンだけでも、鬼の様な選択肢がある中、麺類、その他ご飯モノも加わり、正に

「飽き知らずな町中華」を体言化している、幕張の人気店を堪能するものとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

芳葉

■ ほうよう

■ 住所:千葉県千葉市花見川区幕張町5-477-18

■ 営業時間:11:30~14:30 /17:30~23:00(日・祝は22:00まで)

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。