スポンサードリンク

千葉の人気カレー店、バルサ 新千葉の2号店に初訪問したものの…

先日、『桜井 有吉のTHE夜会』にてカレー特集を目にして以来

カレーの禁断症状に陥ってしまい、久々に本格的なカレーを食べよう

と、足を伸ばしたのがこちら

千葉市中央区登戸に2年前にオープンし、瞬く間に町内の人気者となった

「カレーハウスバルサ」

その2号店となり、新千葉にある農業会館前に昨年オープンした

「カレーハウスバルサ 新千葉店」。

 

同店は、登戸店を営む店主が、国より親戚を呼び、開店した2号店となる。

登戸のバルサには幾度と足を運んでおり、そちらの味には大変満足しているものの

こちら新千葉店にはまだ足を運んでいなかったため、今回初めてのランチ訪問となります。

 

スポンサーリンク

登戸エリアの人気カレー店バルサが早くも2号店をオープン

カレーハウスバルサ 新千葉店も、登戸店同様に元は居酒屋だったテナントを居抜きで再利用している様子。

店内の内装にも、居酒屋時代の面影が随所に見えているものの、

タペストリーや小物類を上手にレイアウトし、アジアンの雰囲気に寄せている。

 

で、肝心なメニューはと言うと、こちらは登戸店と同様で

ランチセットは

・チキンカレー

・キーマカレー

・海老カレー

・ほうれん草とジャガイモのカレー

・フィッシュカレー

・ダル(豆)カレー

・マトンカレー

以上7種類のカレー&日替わりカレーの中から

セット内容に応じ、1種or2種のカレーを選択するスタイル。

 

セットによっては、ご飯&ナンを同時に頼めるものもあるのだが、

バルサのナンはとても美味しい反面、サイズのデカさがすこぶるヤバい。

 

通常サイズのナンを注文してしまっては、食べきれないこと明白となるので、

【ラジャセット(2種のカレー&ライス&サラダ&ドリンク)】に

追加オーダーで【ミニナン】を頂くことにした。

 

スポンサーリンク

バルサの2号店、ということで目をつぶりたいものの・・・

カレーを待つ間、ここしばらく風邪(正確にはインフルエンザ)で寝込んでいたこともあり、野菜不足を補うべくサラダを注文。

※ サラダを含むグランドメニューも、ランチ帯から注文が可能。

 

せっかくならでは、と同店らしいサラダ(名前は忘れたが辛いチキン風の名前のサラダ)を頼んだところ

見ての通り、目にもHOTなサラダが登場。

強い赤みを放っているドレッシングは、その見た目通り相応の辛さを放つ。

が、チキンとの相性が素晴らしく、野菜と一緒に掻き込むことで辛みの平均化を保つことが出来ている。

 

サラダをつまみながら待つこと5分、いよいよカレーが登場。

今回オーダーした「ラジャセット」では、2種類のカレ-をチョイスできるので

・海老カレー

・マトンカレー

の2種による共演をセレクトしてみた。

※ ちなみに、辛さは「大辛」をセレクト。

 

また、同セットの場合、2つのカレーがご飯を境界線として盛り付けられるのだが

個人的にはこの、境界線で2種のカレーが混じり合い産み出されるハーモニーがたまらなく好きだったりする。

 

ひとまず海老カレーからいってみると、よし、想像通り。

バルサ登戸店と比べても引けを取らない、旨味、スパイスの辛み、具材と、

三位一体の相乗効果でカレーを作り上げられている上、大辛ならではの刺激がまたタマラン。

 

続いて、マトンゾーンにスプーンを運んでみると・・・

ヌルい。

 

海老カレーを食した後、となるのでタイムラグは5秒程ある。

が、その5秒間で冷めるほど、この店内は冷え切っていない。

むしろこのマトンカレー、屋外で調理されたのでは無いのか、と勘ぐるばかりに実にヌルい。

 

更に付け加えるなら、マトンカレーの方には全くと言って良い程、辛みを感じない。

大辛をオーダーしたのだから、両カレー共に大辛クラスの辛さで登場することを期待しているものの

辛みがタップリ詰っているのは海老カレーのみ。

 

マトンカレーに至っては、辛みを感じない上に、その温さも相まって

ギリギリでマトンの旨味は味わえるものの、冷め切ったカレーとご飯との相性がすこぶる悪くなっている。

 

とは言え、前述した通り、ラジャセットには

「2種あるカレーを境界線で混ぜ合わせて食べる楽しみ」

がある。

 

海老カレーの熱さ&辛さを、マトンカレー併せることでなんとか平均値を作り出すことが出来るが

一方のカレーのみ、ヌルい&辛みが無いという手抜きは、さすがに褒められたものでは無い。

 

そしてなにより、情けなくなったのが、同カレーと同時に注文したミニナン。

カレーを食べ終える頃になっても到着しないので、さすがに不安を感じ確認したところ、

みごとオーダー漏れとなっていた模様。

 

『だったら、もう大丈夫だから作らなくて良いよ』

と、声を掛けたにも関わらず、

『スグデキルカラ、マッテテ』

と、1分後にナンが登場。

ミニナン(100円)、だというのになかなかの迫力…

ではない。

 

店内が明らかに暇を持て余している雰囲気であるにも関わらずオーダー漏れをしている上、

大辛を注文したのに辛くない&ヌルいカレーが出てくる体たらく。

 

バルサ登戸店の店主については、オープン当初から通っていたのだが

当時から味はもちろんの事、細かなサービスまで行き届いており、個人的にも応援したいお店であった。

 

その2号店となる「カレーハウスバルサ 新千葉店」なのだから

私個人の気持ちとしては、ぜひこちらのお店にも頑張って貰い、繁盛店となって欲しい気持ちはある。

 

が、好きなお店だからこそ、キツく言いたくなってしまう程に

この日の接客や、提供された品には、随所に手抜きを感じずには居られなかった。

 

とは言え、未だオープンして半年足らずの新店。

これから営業を続けていくことで身に付くことや学ぶことも多数あるだろう。

 

何より、親戚に呼ばれたとは言え、勝手知らない異国の地で開いたお店でもあるのだから

少しキツメにレビューを書いてしまったものの、今後も美味しいカレーを提供して貰いたい。

※ ヌルい&大辛の辛さじゃ無い、と伝えたものの、カレー自体はすこぶる美味しかったです。

 

PS:同店の影響時間&定休日について、食べログ上では【無休】とされていますが

お店の袖看板によると【第1、第3土曜日 定休】となっているのでご注意を。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

カレーハウス バルサ 新千葉店

■カレーハウス バルサ 新千葉店

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉2-8-8 1F

■ 営業時間:[月~土]11:00~15:00 / 17:00~23:00 [日]11:00~23:00

■ 定休日:第1,第3土曜日

 

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。