JR稲毛駅近くの新店、ブルズステーキダイナー ガリバタコーンでジャンクな1皿、ブルッズーライス

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ラーメンランチから離れていた反動で

暫く続いてしまったラーメン店巡り

 

本日は一休みとして、

ラーメン以外からランチの候補を捜索することに

 

少し前となる8月末に、JR稲毛駅近く

オーガニックファーム Chiaro」があった跡地

 

こちらに新たなお店がオープンしておりまして

店名から察するに、恐らくは富士見町にあるお店の2号店では・・・と推測

 

事前情報では詳細まで分からなかったことで

本日はその、稲毛駅近くの新店を訪れてみようと思います

 

という訳で、この日向かった先がこちら

JR稲毛駅から徒歩3分ほど

オーガニックファーム Chiaro跡に8月末オープンとなりました

「ブルズステーキダイナー」を訪問してみるものとなりました。

富士見町のステーキ屋さんが稲毛にも新店をオープン、ブルズステーキダイナーを初訪問

という訳で、本日足を運んだ先となるのが

JR稲毛駅近くに8月末オープンした「ブルズステーキダイナー」となります

 

前述した通り、千葉・富士見町にも

同じ様な名前のステーキ店があるのですが

参照:中央区富士見町、ブルズステーキハウスの金曜限定メニュー 牛肉たっぷり激辛カレー⇒

 

あちらはステーキハウス

対するこちらはダイナーとなりまして

 

店名に微妙な違いはありますが、

店内の壁には一面、ガッツリと牛

 

更に、店内の中央にもまた、

ドカンと牛が身構えている、牛三昧

 

以前の「オーガニックファーム Chiaro」とは

内装の方も一新されているこちらの店内ですが

 

さて問題となる富士見町のお店との関係性

意を決してお店の方に訊ねてみると

 

やはり予想通り(当然ちゃ当然か)

こちらは富士見町にあるブルズステーキハウスの2号店とのこと

 

ひとまず、謎も解けた所でメニューに向かいますが

まずこちらはグランドメニュー

ランチからでも注文可能とのことでして

ステーキ前にお酒と食べたい、そんなおつまみが多数

 

更にページをめくると

こちらにはチリコンカンやアヒージョ

ナチョスにチョリソとスパイシーなメニューが多数

 

あらためてメニューを見れば見るほど

富士見町のお店と同様の構成である事が分かりますね

 

そして最後は、お待ちかねのステーキ

更にはランチメニューとなるのですが、

店名にもありますブルズステーキは

125gから400gまでサイズは全4種

 

その他、チキンステーキに派バーグ

ハンバーグとチキンらのコンボもオーダー可能

 

ちなみにランチでは、各種メインのお値段はディナー同様ながら

ライスがセットとなってオーダー出来るものとなります

 

といったメニューが並ぶ、

稲毛の新店「ブルズステーキダイナー」

 

やっぱり食べておきたいのはステーキとなるのですが

125gでは少し物足りず、かと言って200gだとお値段は2200円

 

なんの祝いでも無い本日

2000円越えのランチをオーダーするのは気が引けますし

 

かと言って、チキンステーキか

と問われれば、これまた違ったりもしまして

 

悶々としながらメニューを眺める中

ふと目に停まったのが、ブルッズーライスなる品

 

説明によれば、大盛り牛すじガーリックライス

とのことでして、想像は付かないものの美味しい事だけは間違い無さそうな、この説明

 

大盛り、ガーリック、この2語が揃えば間違いなかろうと

本日はこちら「ブルッズーライス」を頂いてみようと思います。

鉄板を埋め尽くすペッパーライスにコーン、ガーリックを従えたブルッズーライスを食べてみた

この日、お店に着いた時刻は

開店直後となります11:30

 

まだ先客の無い中での訪問となりましたが

お昼が近付くに連れ、少しずつお客さんの姿も

 

徐々に賑わいを見せてきた中

まず先に提供となりましたのが、

こちら、大根のサラダになります

 

ドレッシングは梅ベースとなっており

フォークでも食べやすい大根というのが嬉しいポイント

 

そんなサラダを摘まみながら待つこと数分

鉄板と共に良い薫りを携えてきた本日のランチはこちら

稲毛の駅チカ新店、ブルズステーキダイナーで頂く

ブルッズーライスになります

 

商品説明からも、ジャンクな雰囲気は感じてましたが

想像を越えて、ジャンクさに磨きを掛けたこちらのライス

 

いわゆる鉄板焼き店らしいヤキメシスタイルのご飯に

コーンとガーリック、そしてバターをもトッピング

 

ステーキソースで味付けされている様でもあり

チャーハン系好きであれば、間違いなく刺さる1品になりそうです

 

周囲には牛すじも並んでおり

ご飯のボリュームについても、たっぷりの盛り付け

そんなバターについては、早々に混ぜ合わせて頂くのがお勧めだそうで

まずは鉄板の熱が冷めぬ間に、しっかりバターを全体にコーティング

 

コーンとバターだけでも美味しい事は間違い無し

そこにガーリックとご飯ですから、もう分かりやすいあの味わい

 

想像を膨らませながら、

バターを全体へと絡めていくと

ご飯上に掛かったソースも広がり

イイ感じの色味を成したご飯が完成となりました

 

それでは早速、こちらを頂いていきますが、

まずはご飯を主軸に一口目を味わってみます

 

しっかり効いたブラックペッパーのスパイシーさ

そこにガーリックが拍車を掛けつつ、ステーキソースが〆を飾る

 

予想通り、いや予想以上にジャンクな味わいですが

好きなんですよね、結局こういうのが

 

少し塩味が強くも感じますが

それでこそ、ご飯が進む味付けにもなりまして

 

たっぷり盛り付けられたご飯ながらも

それを1粒残さず味わいたくなる、正にオトコ飯な1皿となります

 

続いて、具材となります牛すじに手を伸ばすと

これまたスジ肉とは思えない柔らかさで

ステーキさながらの食感、味わいを楽しませてくれます

 

同店ではこの牛すじを使ったカレーも提供されており

過去に富士見町店にて、同カレーを実食済み

 

その際にも、お肉の美味しさに舌鼓しましたが

今正に、その記憶が蘇るかの如く美味しさを楽しませてくれています

 

こちらもしっかり味付けが成されており

ご飯のおかずとして、十分過ぎる品に

 

しいて挙げるとすれば、ご飯に対しお肉は控えめとなるので

別料金などで増量出来るトッピングがあっても嬉しいですね

 

そして、ジャンクな鉄板ライスに

更なる拍車を掛けてくれるのが、

鉄板全体に敷き詰められた、こちらのコーン

 

序盤に溶かしたバターがしっかり溶け出し

更には、ブラックペッパーやソースとの一体感で、もはやおつまみの様な味わいに

 

とは言え、コーン特有の甘みも楽しめる他

ご飯と一緒に頂く事で、その食感がアクセントとして働きかけてくれます

 

そんなご飯にコーンも満載なブルッズーライス

想像を越えるジャンクさながら、事前の予想通りストライクな1皿に

 

ただ序盤こそ、その濃い味が溜まらなく愛おしいものの

量も量だけに、食べ進めることで、塩味の強さが気になる所も

 

ここに酸味のある付け合わせ・・・

それこそピクルスなんかが加わってきますと

 

最後まで飽きを感じること無く

楽しみを継続出来る品になるのかな、といった印象となりました。

 

 

という訳で、初訪問を果たすものとなった

稲毛駅近くの新店、ブルズステーキダイナーでの初ランチ

 

ステーキをメインにするお店となりますが

本日の所は、ブルッズーライスを頂いてみる事に

 

商品説明からも想像した通り

いや想像に拍車を掛けた、ジャンクな鉄板メシとなりましたが

 

濃い目の味付けに、ガーリック、バター、そしてコーン

三拍子が揃ったご飯は、ヤミツキになる味わいを形成

 

後半こそ、その塩味を少し強く感じるものとなりましたが

ガッツリ満足を得る一食となりました

 

とは言え本来、こちらのお店は

店名通り、メインとなるのはステーキのお店

 

本日頂いた牛すじにも大満足となりましたが

次回は満を持して、ステーキを頂いたみたい所です。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ブルズステーキダイナー

■ ブルズステーキダイナー

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-1 川村ビル 1F

■ 営業時間:11:30~17:00 /17:00~22:00

■ 定休日:無休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。