スポンサーリンク

牛肉ゴロゴロ! 絶品欧風カレーを頂くべく、中央区道場の鉄板焼ステーキ 井むら灯へ 鉄板を目の前に頂くステーキ&ハンバーグに加え新情報も!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

テイクアウトでのランチが増えた、この5月

以前より気になってはいたものの、営業開始時間の兼ね合いで足を運べずにいたお店の1つ

 

鉄板焼ステーキ 井むら灯

道場坂下近く 鉄板焼ステーキ 井むら灯でもテイクアウトを開始! 肉の旨味120%・絶品過ぎる牛肉カレーに遭遇!!
海鮮食堂かいじや、鶏料理の専門店せん吉らが並ぶ、県知事公社前の通り 上記した2軒の間に昨年、リニューアルオープンしたのが 「鉄板焼ステーキ 井むら灯」というお店 その前に
2020-05-14 07:28

 

お店の前を通った際に、同店が和牛カレーの販売を行っているとのこと

で早速そちらを頂いてみたのですが・・・

これがまあ、べらぼうに美味い!!

 

そんなカレーが、テイクアウトだけで無く、お店でのランチでも提供されているとのこと

是非もう一度食べてみたいカレーなのは勿論のこと、その他店内で食べられるランチも気になるばかり

 

これはそろそろ、お店の方にも向かわねばならないか!?

といった話になり、この日のランチは

こちら、鉄板焼ステーキ 井むら灯を訪問

今回はテイクアウトでは無く、鉄板を前に店内にて、ランチを頂いてみるものとなりました。

県知事公社近く、鉄板焼ステーキ 井むら灯へ 今回は店内にてランチを頂くべく2度目の訪問

そんな訳で、再度のカレーを頂きたく、お店を訪れるものとなった井むら灯

 

前回は事前予約を入れた上での、テイクアウトの受取

店内を覗きはしたものの、ちょうどこの日は店内ランチはお休み

 

以前、同地にて営業していた「ステーキ大門」と、変わらない内装・・・

に見えてはいたものの、詳細までは確認できずとなっておりました

 

が、今回は2回目の訪問で、しかも店内飲食

開店直後となる12時にお店へ向かうと、まだ先客は無し

 

テーブル席か、カウンター(鉄板前)のどちらでもどうぞ

と声を掛けられたことから、カミさんが鉄板前の席を選択し、そちらへ通されるものとなりました

ステーキやハンバーグなど、鉄板を使う料理を頂くなら、もちろんここは特等席

ただ、私が食べたいのは、鉄板を使わない「和牛カレー」だけに、この席を陣取るのも気が引けるような・・・

 

まあ他のお客さんもいなかった訳ですし、今日の所は無礼を承知

鉄板を前にしながら、カレーを頂かせて貰いましょう

 

さて、そんな井むら灯の店内ランチメニューは以下の通り

まず基本となるのが、こちらのランチセット

 

同セットでは、

・USサーロインステーキ(150g)

・国産ハンバーグ(180g)

・日替わりシーフード

これらのいずれかがメインとなり、これに加えてサラダ、もやし炒め、ご飯、赤だしが付くとのこと

 

同セットは1500円となるのですが、ここに差額を支払うことで、メインを変更する事が可能とのこと

また、+400円にはなりますが、ご飯をガーリックライスに出来るなど、鉄板焼きならではの楽しみ方が多数選択出来る様です

 

ランチのコースは他にも用意されており、

まずこちらは、その名も厚切りランチ

名は体を表すの如く、ステーキが300gもしくはフィレ200gと大幅にパワーアップ

 

もう一方はレディースメンズランチ

と、男女どちらでもOKとおぼしきコース名になるものの、メインはフィレの70gと小ぶりに

 

その代わりか、

・3種の焼き野菜

・ファーストドリンク

・デザート

・コーヒー

までがセットとなっており、お値段は2500円

 

いずれも、普段使いするにはちょっとお高めなものの

少し贅沢なランチを頂きたい日には、手を出しやすい価格設定となっております

 

そして最後は、ランチながらも豪華なコース

1人前4500円のシェフコース

日替わりシーフードに3種の焼き野菜

これに加え、4品からいずれかのメインを選ぶ、豪華仕様

 

誕生日や記念日であれば、是非選びたい

そんな豪華さがメニューからも伝わってきます

 

そして最後は、そのお隣のランチ限定2品

こちらはセットにならず、メイン(ステーキはご飯付き)のみとなりますが、その分お値段も800~1000円とリーズナブルに設定

 

そして私の目的となるのも、こちらの「牛肉カレー」となります

 

ステーキやハンバーグについては、サラダ等のセットがあるものの

カレーについては、そのリーズナブルさがウリからか、単品のみになる様子

 

せっかくならばサラダ等も欲しかった所ですが

(いかんせん、鉄板前の一等地を陣取っただけに申し訳無く)

かといってカレーを諦めることは出来ず、申し訳無いながらも「牛肉カレー」を頂く事に

 

そして、この日同伴したカミさんの方は

ランチセットをUSステーキ150gにて、それぞれオーダーするものとなりました。

 

 

なお、井むら灯のディナーメニューについては以下の通り

夜はコースをメインとして提供しており、

・和牛ステーキセット(全8品 5,000円)

・和牛”灯”セット(全10品 6,500円)

・井むらディナー(全13品 10,000円)

といった3つのコースを中心に提供となっております

(全コース共に、メインは選択可能)

 

また、それ以外のアラカルトについては店内に掲載があり、

牛すじ煮込みや鉄板チーズ三種盛り、イカの一夜干しといったおつまみメニューから

トウモロコシのポタージュ、オニオングラタンスープなど

 

ナポリタンやウニのクリームパスタといった品もある他

下記バターやオマール海老、アワビにハマグリなどのシーフードを鉄板焼きで頂く事も可能に

 

コースのみならず、アラカルトを中心につまみながら

お酒と共に頂く、そんなスタイルでも楽しめそうな品々となっております

 

家からも近く、これならお酒をメインにしながら足を運んでも楽しそう・・・

そんな妄想を膨らませている中、ふと壁面に目を向けると

チキンコンフィーにハヤシライスなどといった裏メニュー(ランチ)を発見

そして、その下には「和牛カレー」

 

恐らく、私が本日頼んだカレーと同じ品でしょうが

こちらは1200円ながら、サラダ付きとのこと

 

セットのカレー、あったんかい。

ハンバーグにステーキ、シーフードなど目移りするも、初志貫徹「和牛カレー」を今度はお店で頂く事に

もう少し早く気付いていれば、カレーをセットに出来たものの

二度目の訪問とは言え、前回はテイクアウトを受取に寄ったのみ

 

店内に入り、お店の方の様子を伺いながら頂くランチは、実質これが初めてとなる本日のランチ

ほぼほぼ初対面での訪問となれば、今更カレーをセットにして欲しいなどと

言い出すことが出来ない、人見知りでお馴染みの私は、そのままカレーを待つことに

 

一方、ランチセットで注文しているかみさんの前にはサラダが到着

こちらがシャキシャキ季節のサラダとなります

レタスやキャベツなど、使用される野菜は一般的ながら、その上には揚げた蕎麦がトッピング

 

更にはドレッシング、こちらは数種の野菜から作った自家製とのこと

人参や玉ねぎの甘み、辛味を感じさせ、素材そのものの美味しさを感じるドレッシング

サラダとの相性は言わずもがな、トッピングされた揚げ蕎麦に至るまで美味しく頂けるサラダ、とのことでした

 

そんなサラダを横目に見ながら、目の前ではステーキの調理がスタート

温まった鉄板の上に引かれた油、そしてステーキ

 

鉄板の上で、徐々に汗を流し出すステーキの様子を伺いながら

ここぞ、というタイミングでコテを差し入れステーキを反転

 

裏面にも熱を宿しつつ、再度頃合いを見計らい

今度はブランデーを回しながらのフランベヘ

 

おぉー、と思わず声を挙げた私を見るや、ご主人もニヤッと得意そうな表情を

これは、話しかけるチャンス・・・

 

と見て、私の方から

「前にテイクアウトでカレー食べて、ドップリハマっちゃったんですよ」

などと会話の糸口を模索

 

するとご主人からも、カレーに関する話題が返球され

ここからは見事、千葉~東京間に於ける「欧風カレー談義」がスタート

 

以前、こちらにあった「ステーキ大門」でも

同じように鉄板を挟み、シェフと向かい合うスタイルのお店となりましたが

あちらの頃は、ご主人と会話が始まることなく、淡々とした食事にて終了

 

対する、井むら灯

鉄板を前にお客さんと向かい合う、このスタイルをしっかり活かし

お客さんの興味ありそうな話題を振ってくる当たりは、流石の話術

 

ほぼ初対面ながら、あれよこれよと会話を楽しんでいる間に、

本日のランチ、牛肉カレーの到着となりました

 

カミさんのステーキに添えられる、もやしとベビーコーン

こちらを鉄板で焼いている傍ら、芽キャベツとトマトも鉄板で焼いていたものの

 

これをどこに利用するのか・・・と思いきや

まさかのカレーへトッピング(笑)

例えカレーであろうとも、鉄板焼きのお店「らしさ」を楽しませてくれる様です

 

大皿にたっぷり敷き詰められたトロトロのカレー

見るからに肉の溶け込んだ、肉三昧な味わいを感じさせますが

それと共に、形を残した牛肉もたっぷり投入済み

 

前回はテイクアウトながら、お持ち帰りである事を感じさせない

極上に美味い欧風カレーでしたが、果たして本日の出来映えやいかに?

 

早速、カレーの方から一口頂いてみると

はーい、来たコレ

一口で優勝を確信する、超絶絶品カレー

 

僅か一口のカレーであるにも関わらず、そこに感じる味わいの深さ

たっぷりの肉、その旨味が溶け込んでいることを確信するも

それだけに留まらない、甘みや苦み、様々な味わいが一気に広がり出します

 

そして、奥深く複雑な味わいながらに、しっかりと生きたスパイスの辛味

辛さ無くしてカレーとは呼べない私にとって、素材の美味しさを活かしつつ

それでいながら辛さを高め、刺激を感じられるバランスこそ、私には欠かせない絶品カレーの条件となります

 

旨味にコク、更には辛さもしっかり感じさせてくれるカレー

その中で、ひときわ面白い存在となっているのが、

こちらの芽キャベツ

目にする機会も少ない野菜ですが、これを軽くソテーしカレーにトッピング

シャキッとした歯ごたえに、程良い固さ、そしてなんと言っても素材の甘み

 

同じくトッピングされたトマトの方も、甘酸っぱい味わいを与えており

辛味のベクトル高めな欧風カレーを引き立てる、見事なトッピングを担っております

 

そして、前回のテイクアウト同様

こちらのカレーにもトッピングされているのが、

こちら、玉ねぎのアチャール、、、の様な漬物

 

前回のテイクアウトで頂いた際には、アチャールかな、と思わせる辛味が強かったのですが

本日の玉ねぎは、どちらかと言えば甘酸っぱい仕上がり

 

ただ、この甘酸っぱさもまた、薬味のような働きをしており

脂質多めなカレーに、程良い口直しとしての役目を担ってくれます

 

もちろん、そんなカレーがご飯に合わない訳はなく

バランスを間違えてしまいそうな程に、ご飯がススムススム

なんならご飯をお替わりしたい、そんな衝動に駆られるものの、コロナ太りを解消せねばならない時期故、そこは我慢することに

 

提供から、ものの5分ももたず、一気に完食した井むら灯のカレー

テイクアウトで美味しかったものが、お店で食べれば美味しいのは当然の理屈

存分に堪能させて頂きました

 

 

一方その頃、隣でステーキをほおばるカミさん

本日は横並びであった事から、写真撮影が面倒くさくなり、その注文については撮影しておらず

 

ですが、こちらには、150gのステーキを筆頭に

・たっぷりのもやし

・ヒゲが美味しいベビーコーン

などもあしらわれており、どれもがお値段に見合った美味しさとのこと

 

また、ご飯と共に付いてきた「赤だし」

これが出汁の味わい濃く、これまた絶品なひと品だったとのことでした

 

 

そんな余韻を楽しんでいる間に、今度はご主人から

『肉蕎麦って好きですか?』と、唐突な質問がw

 

好きもなにも、虎ノ門にある「港屋」に出会って以来

幾度足を運んできたことやら

 

一時、全国で「港屋インスパイア」が増えた折には、千葉でも同系統の肉蕎麦を探し回ったことも

市内でお気に入りであった「つけ蕎麦 ICHI」も1年程で閉店してしまい、今ではスープカレー同様、市内では見る機会のめっきり減った、私の好物で・・・

 

そんな思いを散々っぱら語った所、ご主人から

『実は先週、肉蕎麦が食べられるお店をオープンしたんです』とのことw

 

なにその新情報!?

しかも、こちら井むら灯のご主人がやってるお店なの??

 

聞けば聞く程、明日にでも行ってみたくなる新店情報をキャッチ

この話については、また別の機会にお伝えするものとして(早速食べに行ってきますw)

 

絶品カレーを味わいに足を運んだ、二度目の井むら灯

そのカレーが変わらず絶品だったのは勿論のこと、まさかの私の好物

「肉蕎麦」に関する新たな情報もキャッチ

 

今回の訪問で見つけた、ハヤシライスも気になるメニューな上

鉄板焼きを始め、まだまだ懐の深そうなご主人

 

今後も定期的に足を運び、その仲を近づけていけば

更に面白そうな情報らが待っていそうな、そんな印象を存分に抱かせてくれる初店内飲食となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

鉄板焼ステーキ 井むら灯

■てっぱんやきステーキ いむらてい

■ 住所:千葉県千葉市中央区道場南2-5-10

■ TEL:043-301-3484

■ 営業時間:12:00~15:00 / 18:00~22:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。