スポンサーリンク

道場坂下近く 鉄板焼ステーキ 井むら灯でもテイクアウトを開始! 肉の旨味120%・絶品過ぎる牛肉カレーに遭遇!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

海鮮食堂かいじや、鶏料理の専門店せん吉らが並ぶ、県知事公社前の通り

上記した2軒の間に昨年、リニューアルオープンしたのが

「鉄板焼ステーキ 井むら灯」というお店

 

その前には、ステーキ大門というお店があり、

こちらもまたステーキを始めとした鉄板焼きが頂けるお店でして

 

ステーキ大門については、オープン当初に一度訪問していたものの

東千葉の新店、鉄板焼きステーキ 大門(現在は井むら灯にリニューアル)で頂くハンバーグランチ
高品の交差点から126号方面に向かう大通り。 千葉市内の環状道路計画、などと呼ばれているが実態の定かで無い同通りには飲食店が多く、高品~126号間には ・武蔵家 ・杉田家
2017-03-22 10:52

現在の「井むら灯」になってからは未訪問のままとなっていたお店でして

 

ご近所でありながら、これまで足を運べずにいた理由

それは・・・

ランチの営業開始が12時~と遅めであることでして

 

普段より朝ごはんを食べない私は、早ければ10時頃

遅くても11時には空腹の絶頂に到達

 

11:30開店のお店であれば、歯を食いしばり待つことは出来るものの

そこから更に30分、ランチのお預けをくらいのが実にキツくのし掛かってくるのです

 

僅か30分、されど30分が我慢できない故、これまで足を運べずにいた、井むら灯

しかし、最近同店の前を通ると、通常の開店時刻である12時よりも早い時間からお店の前に看板を発見

 

しかもそこには

「お持ち帰りステーキ弁当 牛肉カレー」

と書かれた手書きの文字も

 

実際の営業開始時間については確認出来ていないものの

少なくとも、12時を待たずにお弁当が注文できるのなら、私の空腹も持ちこたえられるのでは無かろうか

 

そんな訳で、わずか30分の営業開始時刻の差で、これまで足を運べずにいた

こちら、鉄板焼ステーキ 井むら灯でしたが

お弁当の販売を開始したことにより、同お持ち帰りにて、初利用するものとなりました。

県知事公社すぐ、ステーキ大門跡に昨年オープン、鉄板焼ステーキ 井むら灯でもお弁当を販売開始

お店の前を車で幾度か通る際に、目にしていた井むら灯のお持ち帰り

車内から確認出来た文字は

・ステーキ

・牛肉カレー

・弁当

の3文のみ

 

これを元にしてお持ち帰りの電話注文をするのは、少々情報不足と感じ、お店のHPおよびブログを確認してみることに

そちらで確認出来たテイクアウトメニューは

・ステーキ弁当(980円)

・牛肉カレー(880円)

の2品のみ

 

お店自体が鉄板焼きの専門店となるので、ステーキについては間違い無い品

むしろ気になるのはカレーの方、ということで、カミさんに話を持ちかけた所

「私はステーキ」と、どこぞの姫の様な有り難いお言葉を頂く事に

 

とまあ、カミさんがステーキを頼んだことによって、自動的に私は逆張りへ

お店の営業時間については確認出来ていなかったものの、11時を過ぎた所で電話を掛けてみると

「15分ほどで出来上がりますよ」とのこと

 

すでに空腹は絶頂を迎えていることから、それでは・・・

と注文を済ませ、すぐに家を出発

途中コンビニに寄りつつ、自宅から車で5分で井むら灯へ

 

若干狭めの駐車場にはすでに他のお客さんの車が停車中

トータル3台分のスペースとなりますが、お店の前の通りは交通量も多くなるので、駐車時には注意が必要ですね

 

車を無事に停め、お店の前に張られたお持ち帰りメニューを見ると

こちらには、先日目にした

・ステーキ

・牛肉カレー

の記載を発見

 

これらのみがテイクアウトの対象かと思いきや、

あらためて良くメニューを見ると、その他の品も発見

 

前述したステーキ(90gor180g)、カレーに加えて

・和牛ステーキ弁当(90g) 3000円

・豚の生姜焼き・鰯の蒲焼き弁当 880円

・豚の生姜焼き・ぶり照り焼き弁当 990円

・チキンコンフィ・ピリ辛フランク弁当 880円

と、4品のお弁当が提供されている他

 

・パリパリサラダ(中or大) 330or550円

・ニンニクほうれん草スープ 330円

・シフォンケーキ

など、サイドメニュー?もテイクアウトが可能となっておりました

 

もちろん本日は、既に注文済みとなるのですが、予想外のメニュー数

中でも、鰯の蒲焼きやピリ辛フランクは、その名前だけでも食い付きたい品だけに、これは今後に備えておかなければ

 

そんなメニューの確認をしつつ、店内の方へ

現在はテイクアウトの販売に加え、店内での飲食も可能となるそうですが、

この日は短縮での営業となる為、テイクアウトのみとのこと

 

事前に注文した品を受け取り、帰宅後早速袋から取り出してみた品がこちら

左がステーキ弁当となり、90gと180gから選択出来るとのことで、私もおこぼれに預かりたく、180gにて注文

そして右が牛肉カレー、以上の2品を持ち帰ってくるものとなりました。

180gの大ボリュームステーキはもちろん、肉の旨味が溢れかえった牛肉カレーの絶品さに思わず興奮!!

という訳で、まさかの初訪問がテイクアウトとなった、鉄板焼ステーキ 井むら灯

 

まずはこちらが、カミさんのオーダーした

ステーキ弁当(180g)となります

 

ソースがたっぷり掛かったステーキは、1枚90が2枚入り

その下には、同じく鉄板で焼かれたとおぼしき、野菜炒めもトッピング

脇には、大根や人参らの煮付け、そして薬味ばかりのピクルス?も添えられております

 

さて、ちょっと気になったのがこちらのご飯

白米にしては、ちょっと黄色みがかっているなあ・・・と思ったら

実はこちら、筍ご飯になっております

 

筍のサイズが小ぶりにカットされているので、パッと見では気付かないものの、しっかり見るとその姿を発見

ステーキと共に頂く事を前提にしているからか、出汁の味付けは控えめですが、これは筍ご飯好きの私としては、想定外の豪華さです

 

一方、私のオーダーした牛肉カレーがこちら

吉牛でいうところの特盛り?いや超特盛??

は、ありそうな大きめの器にご飯、カレー共々たっぷり盛り付けされての提供となります

 

その量のすさまじさからか、それとも車の運転に難があったのか

しっかり蓋をした器でありながらも、その外周に飛び散ってしまうほどのカレーの盛られ具合

加えて、目視でも確認出来るほどに、たっぷりの牛肉がゴロゴロ混入中

食べる間もなく、これは間違いのない「美味いカレー」のビジュアルを成しています

 

ちなみにこちらのカレーを手渡される際、店主さんより

『ちょっと今日、気合いが入り過ぎちゃいまして(笑)カレー、もしかしたら辛いかも知れません』

との説明を受けておりまして

 

気合いが辛さに直結する、その仕組みはよく分からないものの

カレーに於ける辛さは、美味さのバロメーターと判断する私としては、願ってもない一言

 

受け取る際にももちろん

「むしろ、大歓迎です(笑)」

と、喜びの声を伝えてきたのですが、さていかほどの辛さを宿しているのでしょうか??

 

早速、カレーの方からまず一口

前述した通り、店主さんからは

「気合いの入った辛さ」との説明を受けているので、しっかり身構えて頂くものの・・・

 

うーん、肉の甘みがハンパじゃない

 

姿形を残す牛肉も多数入っているものの、それ以上にカレー内に溶け込んだ旨味がハンパじゃありません

肉の甘みに加え、野菜らの旨味もしっかり溶け込んでおり、両者の合わさった味わいが口いっぱいに広がっていきます

 

が、そこから遅れること数秒

おぉ・・・来たぞ、なかなかの辛味が

 

店主さんの気合いが、初対面の私にもしかと伝わるほど

甘みを感じた一口目、その奥からジワジワと忍び寄る攻撃的な辛味

 

唐辛子系の様な、つんざく辛味では無いものの、徐々に、そして確かにしっかりとした辛味を感じさせます

ですが、この遅れてくる辛味のタイミングが心地よく、

しっかり溶け込んだ肉の旨味を存分に感じさせ、その後を追って辛味が到達

 

旨味と辛味、双方のバランスが非常に高い水準で組み合わさったカレーとながら

これはちょっとやそっとのレベルでは無く、ここ最近味わった中でも、間違いくトップクラスに君臨するレベルです

 

肉感もしっかり残し、旨味も蓄えつつ、辛さも万全

そんなカレーですから、当然ながら

ご飯との相性も抜群

その器のサイズ通り、量も申し分無く食べ応えも文句なし

 

そして、地味に嬉しいのが

こちら、玉ねぎのアチャール

インド系のカレーでは定番ながら、欧風のビーフカレーでは珍しい付け合わせ

こちらもしっかりした辛味で味付けされており、口直しを兼ねつつも風味の異なる辛さを楽しめてしまいます

 

そして、なにより忘れちゃいけないのが、

このカレー一面に溶け出しつつも、時折形を残している牛肉達

使用されている牛肉の部位も様々入っている様で、脂の乗った部位からスネ肉の様な肉感ある部位まで様々

 

口に運ぶ度に、異なる肉の味わいが噛みしめられる上、旨味も詰まった

肉好きが大興奮すること間違い無い、極上のビーフカレーとなります

 

ちなみに、お裾分けにありつくべく大きいサイズで注文したステーキの方も、

こちらもまた、カレーに負けず劣らず立派な牛肉

ステーキ自体は薄めのカットとなっておりますが、お弁当で頂くには十分なサイズ

 

そのお値段ながら、赤身の持つ肉の味わい、脂の甘み両者がしっかり感じられる上

ちょっと多めに掛かったソースが甘辛い味付けとなり、これまたご飯が進む組み合わせとなっております

せっかくならば、とそんなステーキをカレーと組み合わせてみれば

そりゃそうだよ・・・極上に決まってるわ

 

どちらも負けず劣らず、肉の味わいを堪能出来るお弁当となり

ベクトルこそ異なれど、その美味しさは間違い無く太鼓判を押せる品々となりました。

 

 

といった感じで、初訪問がテイクアウト利用となってしまった、鉄板焼ステーキ 井むら灯

ステーキについては、間違いの無い品であることが予想できておりましたが

良い意味で大きく期待を裏切ってくれたのが、前述した通り牛肉カレーの存在

 

骨の髄まで、肉の旨味が詰まったカレーは、

千葉に於けるビーフカレー界の王様と称しても差し支えないほど

私の胃袋を掴み、離さない極上カレーとなりました

 

お値段880円ながら、ボリュームも抜群

加えて、その辛さも私好みとなっており、非の打ち所が見当たらない完璧なカレー

 

ただ一点だけ、不安?要素を挙げるとすれば

本日のカレーに関しては店主さんが

『気合いが入って辛くなりすぎたかも』と発言していた点でして(笑)

 

私的には好みの辛さに仕上がっており、大満足となったのですが

もしこれが、気合いの入っていない日のカレーだった時に

果たして、同じレベルで満足出来る辛さになっているのか、が不安?要素に(笑)

 

まあ気合いの有無に関わらず、その肉感だけでも大満足出来るカレーですので

今後もこれをお店で頂けるのなら、定期的にリピートすること確定、となりそうな1品でした。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

鉄板焼ステーキ 井むら灯

■てっぱんやきステーキ いむらてい

■ 住所:千葉県千葉市中央区道場南2-5-10

■ TEL:043-301-3484

■ 営業時間:12:00~15:00 / 18:00~22:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。